マンガでよめる痔のこと・薬のこと

知人(女性)が困っていますので、ご質問致します。

彼女にはお付き合いしてた彼がいたのですが、先日別れることになりました。
その彼には多額の借金があり、現在は自己破産の手続き中とのこと。
彼女は何年も前から彼にお金を貸しており、別れる時点では150万円くらいを彼に貸していたようです。
彼は自己破産を申し立てる際に、彼女に必ずお金は返すということで、債権者一覧に彼女の名前を書いておりません。
彼は4月に自己破産が承認(?)されるそうです。
彼女は借用書は交わさずに、口約束だけで彼にお金を貸しています。
今現在は、彼が借用書を書くと言っているそうです。

そこでご質問です。

 (1)借用書の日付は、自己破産が決定した後の日付を書いた方がよいのでしょうか。

 (2)もし彼が彼女に返済をしない場合、裁判を起こすなどをして返済を求める事は出来るのでしょうか。

良きアドバイスをよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、自己破産だけで借金がチャラになるわけではありません。

その後に免責決定を得て、それで初めてチャラです。免責決定を受けられそうなのでしょうか。

免責決定を受けられるとして、免責決定前に貸したお金は免責されますから返す必要がなくなります。だから(1)については捏造になりますが、免責決定後の日付を書くしかありません。

(2)について、裁判で返済を求めることはそれはできるでしょう。ただし、その段階になって相手が「実は免責決定前に借りたもので、すでに返済義務はない」と言い出したらやっかいです。実際に免責決定前に貸しているわけで、そう言われてなお引き下がらなければ、宣誓して尋問を受けていた場合偽証罪に問われてしまいます。
    • good
    • 1

破産法に以下の規定があります。


第二百五十三条 (免責許可の決定の効力等) 免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権については、この限りでない。
六  破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)
よって、“債権者一覧に彼女の名前を書いて”いなくても、“現在は自己破産の手続き中とのこと”なので、現時点或いは近い将来“破産手続開始の決定”があることを知るので、同請求権は債権者名簿に記載されなくても“責任免れる”ことになります。

但し、
第二百五十二条 (免責許可の決定の要件等) 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。
七  虚偽の債権者名簿...を提出したこと。
により、免責自体が許可されない可能性があります。

(1)借用書の日付は、自己破産が決定した後の日付を書いた方がよいのでしょうか。
これは、明らかに他の債権者に害を与える行為なので、不法です。場合によって、
刑法第百五十九条 (私文書偽造等)
3  前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
に該当する恐れもありますし、他の債権者から“知人”に対して損害賠償請求がなされる可能性もあります。

(2)もし彼が彼女に返済をしない場合、裁判を起こすなどをして返済を求める事は出来るのでしょうか。
上記により、真に免責が許可されれば、法令上の返済義務がなくなるので、裁判によっても返済を求めることは不可能です(これが免責の効果)。

“彼”が既に破産状況にあるのであれば、知人じたばたせずに、免責許可を得ることに協力するのが適切です。下手に小細工をすれば知人自体に新たな問題が発生したり、“彼”の免責が許可されない恐れがあります。
既に、破産状況でかつ免責が認められないようであれば、“彼”との間にどんな約束をしても、その実現がおぼつかないでしょう。

そして、破産・免責後に得た財産で任意に“知人”に返済を行うことまでは禁止されていないので、それを期待するしかないでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産後の借用書

個人間での貸し借りも含めて債務整理し、自己破産が確定。その後にある個人が「自分には返済しろ。破産に異議申し立てをしなかったから破産認定されたんだ。感謝して新しい借用書を書け」と言ってきた。
結局、A4ペラ一枚に「借りたお金は返します」という書類を書いた。
この破産認定後に書いた書類は有効でしょうか?
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

「破産確定」の段階であれば、まだ債務は全額残っているはずです。

それに、一部の債権者だけに返済をすることは、法律上許されていませんので、内容によっては、その借用書があなたに不利になる可能性があります。

もし、破産確定した後からの支払いにしているならば、その個人だけに優遇処置で内密に借金返済をするとしていることになるので、それでは破産はできても、免責がおりないかもしれませんよ。

ですから、「免責確定後」に、晴れて債務がなくなってからは”自由返済”という形で、あなたが個人的に友人に支払うとか、債権者から請求が来た分を払うかどうかを決められますが(ちなみに免責確定した分の支払い義務はありません)まだ破産確定した状態では、請求はなくても債務は100%残っているし、「破産者」になったという事実のみで、財産を動かすのはまずいです。

「破産」の確定後は、次の「免責」を待つ重要な時期で、債権者側はまだ返済請求できませんし、債務者は支払など絶対してはいけません。

もし、その書類が法的に有効になってしまえば(契約は一応、口約束でも有効ではありますが)破産はできても免責がおりず、破産取消のために裁判所に申立をしなくてはなりませんし、他の債権者にも全額支払いになってしまい、結局、任意整理など他の債務処理に変更せざるをえなくなります。

そんな事態になるような書類内容なのか不明ですが、とにかく、破産確定段階では債権者の請求も債務者の支払も許されませんから、書類が無効というわけでなく、いくら個人間でも、勝手に返済してはいけませんから、今は、借用書を盾にして請求されても、けして払わないことです。

もし、借用書と、それに応じて個人に支払したことが原因で、「詐欺破産」というはめになったら、刑事事件ですよ。

ですから、その個人の方には、返済するのかどうかは後で決めてもいいので、「法律上、まだ一部の人に勝手に返済できないので、”免責確定”するまで待って欲しい」と言っておきましょう。

書類が「免責確定後に支払う」としているならいいかもしれませんが、「破産確定」の現段階では、個人間であろうと相手は債権者ですので、1円たりとも絶対に返済してはいけません。

ちなみに、その個人の方の債務は、債権者一覧表に記入しているのですよね?
もし、裁判所に知らせていない状態であれば、これもまた、免責不許可事由になってしまい、免責がおりないかもしれません。

弁護士か司法書士に依頼しているなら、すぐに借用書を見せて(控えはとっていますか?)対応してもらいましょう。

破産が確定したからといっても、まだ借金はゼロではない上、もう免責申立に入ってはいるでしょうから、あなた本人が裁判所に行かねばならない免責審問がこれからあるかもしれないというのに、相手も素人だからわからないのかもしれませんけれど、時期的に、相手の請求も返済の約束も、とんでもないことです。

不当請求というより、法的にいって、返済を迫られて借用書を書いたりするには時期が悪すぎます。
債権者の個人とあなたの双方に、結果的に不利益になると思いますよ。

そういう時は、まず依頼している法律家に、すぐ電話でもして相談すべきです。

ちょっとした思わぬ事で免責がおりない可能性が出るし、たとえ生活のためでも債権者から買った物を換金するだけで詐欺にさえなるかもしれないのが破産処理なのですから。

即刻、相手に「約束を反故にするのではなく、免責確定後でないと返済してはいけないことになっている」と”法的な事情”を伝え、書類を破棄してもらうのが一番だと思いますし、あなたが「その個人だけには返済をしたい」と思うなら、「免責確定」後、相手とまた話し合ってから決めましょう。

「免責がおりてからでないと一部の人への返済は違法だし、借用書があっても、それのせいで返済がかえってできなくなる」と言うのがいいかもしれませんね。

それでもごねるなら、その個人の方を法律家のところに連れて行って、法律上での債権者側の話をしてもらったらどうでしょうか。
もしかしたら別料金になるかもしれませんが、勝手に、自己判断で誰かにお金を返していれば、破産できないだけでなく、犯罪になるよりいいはずです。

参考URL:http://www.kihsw.net/saimu/280.html

「破産確定」の段階であれば、まだ債務は全額残っているはずです。

それに、一部の債権者だけに返済をすることは、法律上許されていませんので、内容によっては、その借用書があなたに不利になる可能性があります。

もし、破産確定した後からの支払いにしているならば、その個人だけに優遇処置で内密に借金返済をするとしていることになるので、それでは破産はできても、免責がおりないかもしれませんよ。

ですから、「免責確定後」に、晴れて債務がなくなってからは”自由返済”という形で、あなたが個人的に友...続きを読む

Qお金を貸した相手が自己破産することになりました。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識のある知人に相談してもそういった契約は無効だと言われ
貸した相手の任意(善意?)で返してもらうほかないと言われました。

でも,正直納得がいきません。

返してもらう方法があればもちろんのこと
何かしらの天罰(反省させたい)を与える方法はないのでしょうか。
もちろん合法的にです。

貸した金額は相当な金額で,もちろんお金を貸すときは捨てたと思って貸せなければ
貸すものではないということもわかっていて,それで貸したのであきらめるほかないかもしれませんが
なぜゆえに,助けるつもりで貸したこちらが痛い目にあって
借りたほうがふんぞり返って生活するような事態になるんでしょうか。。。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無効」と言われました。挙句、大声で「そんな理不尽な事があるかい!わしん所みたいな町工場は死ね言うんかい!」と怒鳴りちらしたら、法廷から閉め出されてしまいました。もう悔しくて悔しくて何度もそいつの家に電話して「少しでも払わんかい!」と言ったら、逆に警察に通報され、警察署へ連行。事情が事情なだけに、逆に同情してもらい、すぐ帰されましたが、それが機に「中度の鬱病」を患うハメになり、今は3級の障害者手帳も持っています。ですからあなたの気持ち、痛い程によく解かります。

こういったケースは借りた側の「モラル」に任せるしかないのが現状です。合法的な仕返しをしたいというあなたの気持ちも良く解かりますが、残念ながら今の法律ではそういった方法はありません。何かしでかせば「違法」になり、僕の様に捕まるのがオチです。

唯一、道筋があるとすれば、「私は自己破産するかもしれないが、金を貸してほしい。必ず返す」という文言が契約書に書いてあれば、ある意味あらかじめ「借り逃げ」を前提にあなたに金を融通してもらった事になるのですから、「詐欺」と言えなくもありません。しかしあなたもそれを承知で信用貸ししたのですから、詐欺になるのかどうか・・・。その契約書、法律相談センターで見てもらってはいかがでしょうか。結論がどうあれ、あなたに納得いく説明をしてもらった方が良いかと思います。


僕にはこんな程度のアドバイスしかできませんが、お役に立てれば幸いです。

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無...続きを読む

Q自己破産後、一部債権者への返済は可能?

自己破産後に一部の債権者(例えば親や友達など)への自主返済も禁止されていると思ったのですが、「自己破産後」という条件付きですが、その場合、可能だというページを多く見かけます。
本当はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

自己破産の免責確定後に、一部の債権者(例えば親や友達など)への自主返済は可能です。但し、免責確定前に、将来支払うことを事前に約束しておくのは新たな債務を負担することにもなりますし、また債権者には意見を述べることが許されているところ、その約束をもとに事実上その機会を奪うことにもなり、不正な方法を用いて破産手続きを進めさせたとも言われかねません。最悪免責許可が取り消しされてしまう危険もあります。ですので、免責確定前には、そのような条件付きの約束は絶対に避けるべきです。そのうえで、手続きがすべて終わってから、約束はなかったけれど、あえて自主的に支払うのであれば問題はないと思います。


人気Q&Aランキング