『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

クイーンのアルバム「Made in Heaven」を購入したのですが、
11曲入っていることになっているのに、実際は13曲入っていて、
12曲目は「yeah」という一瞬の、曲とは思えないものと
13曲目はタイトルなしの20分近い、静かな演奏のみ、と
なっています。
ipodに移しているときに気づいて、CDについてきた解説書(英語)
には、11曲しか書いてないし、何かの間違い(操作の手違いで、
関係ない曲が紛れたのか、とか)と思って悩みました。
海外版なので日本語の説明がなく、どういうことなのか、何を
意図しているのかさっぱり分かりません。
分かる方がいらしたら、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

関係ないものが紛れ込んだのではなく正式なシークレット・トラックであることは#1さんのおっしゃる通りです。



通説では、22分の長さがデビュー・アルバム『戦慄の王女』(1973年)から『メイド・イン・ヘヴン』 (1995年)までの22年間(18分目が1991年の死去にあたる)を表わしていて、フレディが現世を離れてこのアルバムをもって天界へ去ってゆくまでを表現しているとか。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Made_in_Heaven
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
さらに詳しく教えていただき、ますますアルバムの重みを感じてい
ます。
フレディーが末期に気管支肺炎に苦しんだことも知り、胸が痛みま
す。歌を歌う人にとって、呼吸器系の疾患は本当に苦しく辛かった
だろうなと・・・。
一瞬のyeah!も、彼の旅立つ時の挨拶のように聞こえます。
22分という曲の長さにも仲間たちの特別な思いが込められている
と知り、感無量です。18分目に曲に変化が見られるのか、じっく
り聴き直してみます。
教えてくださって本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/03/28 01:34

made in heavenは、フレディの死後、残された音源を元に残りのメンバーがオーバーダビングで完成させたものです。


「year」は、曲の一部を切り出して1トラックにしたもの、
13曲目は、長いインストになっています。

公式の見解ではありませんが、Queenのファンの間では、故フレディ・マーキュリーへの哀悼の意味を込め、天国をイメージして録ったのではないかと言われています。全てのCDに入っているので、手違いではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
フレディーへの哀悼の意味だったんですね。
何も知らずに聞いた者にとっては、まさにサプライズでしたが、
秘められた仲間の気持ちを考えると、感慨深いものがあります。
なんだこりゃ??と思って、消そうとさえしたんですが、意味が
分かると現金なものでしみじみ聴いてしまいます。
教えてくださって本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/03/28 01:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホワイト・クィーンの意味は?

Queenの曲に「white queen」というのがありますが、この白い女王とはどういう意味ですか?
white queen自体は、検索すると、チェスの白いクィーンのこととありました。そういえば、不思議の国のアリスにも出きますよね。
あと、未亡人になった女王が白い服を着たからと書いていたサイトもありましたが、欧米の王族の喪服は白なんでしょうか?
下記の歌詞を紹介したページに、ハムレットとの関連を示唆するサイトが紹介されていましたが、リンク切れで詳細わかりませんでした。
http://www2.ttcn.ne.jp/LetterOfTheWood/music_lyric.htm#white_queen_queen

どなたか1.2のどちらでも結構ですので、何かわかることがありましたらご教授ください。
1.white queenの一般的な意味
2.Queenのこの歌での意味

Aベストアンサー

今はCDですので二面が一つに繋がってしまっていますが、CDではなくドーナツ盤だった頃は
QUEEN II はサイド・ホワイト(白い世界)とサイド・ブラック(黒い世界)の 表と裏の二面だったのです。

1~5曲目までが白い世界、6~11曲目が黒い世界で、
白い世界には白い女王が登場し、黒い世界には黒い女王が登場しています(9曲目のThe March Of The Black Queen)。

白い女王は、ただひとつの意味ではなく、イギリス女王のイメージだったり、オフィリアやデズデモーナのイメージだったりの、
“白”のイメージなのだと、私は思っています。


白い世界は、厳かにProcessionでいざない、QUEENの歩みを順に表現しているようにも私は感じています。
偉大な父(偉大な王の姿にも重なる)の言葉を胸に、希望に満ちてロックの世界を歩み出した頃のこと (Father To Son)、
進もうとするたびに霧に包まれ、苦しみながら、祈るような思いで歩み続けた頃のこと (White Queen (As It Began))、
週刊誌の各ページに散々なことを書かれてばかりだった頃のこと (Some Day One Day)、
ようやく売れ始めたけれども理解されなかったりジャマされたりで憤りを感じていた頃のこと (The Loser In The End)、
私の勝手な主観ですけれども(^^;


それと、ハムレットとの関連を示唆~~~ は、リンク切れにはなっていないようですが・・、詳細、というよりもイメージの背景を探すには、いろいろと検索なさってみると おお! と気づくいろいろなものを見つけられるかもと思います。

今はCDですので二面が一つに繋がってしまっていますが、CDではなくドーナツ盤だった頃は
QUEEN II はサイド・ホワイト(白い世界)とサイド・ブラック(黒い世界)の 表と裏の二面だったのです。

1~5曲目までが白い世界、6~11曲目が黒い世界で、
白い世界には白い女王が登場し、黒い世界には黒い女王が登場しています(9曲目のThe March Of The Black Queen)。

白い女王は、ただひとつの意味ではなく、イギリス女王のイメージだったり、オフィリアやデズデモーナのイメージだったりの、
“白”のイメージなの...続きを読む

QQUEEN 「WeWillRockYou」の「ズンズンチャ」について

QUEENファン歴1年半の若造です。
今年の夏にミュージカルWeWillRockYouと、先日のさいたまスーパーアリーナのライブに行ってきました。
その時に疑問に思った事なのですが・・・

曲目「WeWillRockYou」の有名な「ズンズンチャ」のリズムに合わせて、観客は

「ズンズン」手拍子
「チャ」両手を開く

という振り付け?をしていました。これを仮にライブ版とします。

このリズムって本当は、「ズンズン」が足で地面を叩く音、「チャ」が手拍子ですよね。(いわばこれがオリジナル版?)

↑のライブ版の振り付けが一般的になっているんだと思うのですが、なぜオリジナル版ではなくライブ版の振り付けになったのでしょう??
その経緯など分かる方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

No1さんとNo2さんの云う通りだと思います。

ライブではファンの自然発生的なアクションが発生するものですよ。まして、クイーンファンなら!

クイーンもWe Will・・発表後、だんだんスタジアムタイプのライブが多くなってきましたので、屋外の地面では、足音が鳴らない、足の踏み場も無いって感じなんでしょう。
ちなみに”News of the World”発表後直ぐの日本公演(武道館)ではアリーナでは足踏み2+手拍子1の人が多かったです。というか私シマシタ。

質問者さんのおっしゃる手拍子2回→手を広げる・・どっかの曲で、逆パターンを観客がやっていた覚え、ありませんか?
そう当日はロジャーが歌った、Radio Ga Gaですね。
あれはPVではっきりとクイーンに向かって群衆があの
動作を振り付けでやっているんです。
だから、首から上しか見えない聴衆は、恐らく、そのパターンを踏襲して、しかもそれが自然発生的に、腕でアピールしていったのではないか・・・と。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング