人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

病院側から死亡者の病理解剖を申し出てくる時は、どういう時で、どういう意味がありますか?
病院は大学病院ではない公立病院です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

基本的には、医師なら全例に病理解剖をしたいのですが時間や費用の面で病理解剖をしないのが一般的になってしまいました。

でも、思ったとおりに治療効果がでなかったりするとやはり解剖をお願いしたくなります。以前、心筋生検でARVDと診断がでていましたが、病理解剖で心サルコイドーシスとわかった症例もありました。生検はごく一部しかみれないのでこういう事も稀にあります。画像診断で全てが分かるわけではないので納得できないときには特に病理解剖をお願いする事になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>基本的には、医師なら全例に病理解剖をしたいのですが時間や費用の面で病理解剖をしないのが一般的になってしまいました。

そうなのですか。知りませんでした。ありがとうございます。

もう10年以上も前のことで、私の祖母のことなのですが、前日まで全く元気で、当日、朝、起床後「気分がすくれない」と床に戻ってから意識が混濁し、かかりつけの町医者さんが往診に来られた時は瞳孔が開いていたそうです。すぐに救急車で搬送。幸い搬送先病院での処置で意識と安定を取り戻し、生命の問題はない、大丈夫だと言われ、一応2~3日の検査入院して帰れるとのことでした。
その日、親族が付き添いを申し出たのですが、完全看護だからと帰され、家に戻った夕刻、容態急変の連絡。再度、病院に駆けつけた時には人工装置でようやく心拍が認められる程度にまで悪化しており、その後、息を引き取りました。
そして、病院側から解剖の申し出があったそうです。
しかし、親族は、可哀想だから、という情緒的な理由だけで解剖を拒否しました。私は解剖してもらって、何故、全く大丈夫だと言われていたのが急変し、死にまで至ったのかを知りたかったです。今でも心残りなのと、何故、病院は解剖を申し出たのかが気になっていたので質問させていただきました。
丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/27 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家族が亡くなった時、病院側から解剖をお願いされたら?

主人の父が数ヶ月前癌で亡くなりました。
肝臓の癌が全身に転移しており、初診時にはすでに末期でした。即入院で、1ヶ月程で亡くなりました。
死亡直後に病院側から義母に解剖のお願いがあり、義母は「お父さんの死の原因を突き止めたいし、医大生の勉強になるから」と言い、主人は「手術も何もしてなく綺麗な体なんだから、そのままで送ってあげれば良いじゃないか」と反対したのですが、結局義母の意見を聞き入れ、解剖を承諾したそうです。
その後私と主人は、病院側から祭祀料(火葬費用や棺代等)と火葬場までの交通費が出た事を知りました。
正直主人の実家は経済的にかなり厳しいようです。葬儀も家族だけでひっそりと行いました。お墓を建てる費用も無いし、仏壇もありません。(主人は私の実家に婿入りしています)
その数週間後、今度は主人の妹が亡くなりました。同じく癌で入院中でした。
すると、今度もまた義母は解剖を承諾しました。義妹はまだ20代前半でした。
正直私は義母の気持ちが解りません。若くして亡くなった娘の解剖まで承諾してしまうなんて。
「これからの医療の為に役立てるなら」と言ってはいますが、もし私が義母の立場だったら、実の娘には綺麗な体のままで天国に言って欲しいと思うのですが・・・。こんな事思いたくないけど、どうしても「費用節約の為?」って思ってしまいます。
何でも良いので、皆さんの意見をお聞かせ下さい。

主人の父が数ヶ月前癌で亡くなりました。
肝臓の癌が全身に転移しており、初診時にはすでに末期でした。即入院で、1ヶ月程で亡くなりました。
死亡直後に病院側から義母に解剖のお願いがあり、義母は「お父さんの死の原因を突き止めたいし、医大生の勉強になるから」と言い、主人は「手術も何もしてなく綺麗な体なんだから、そのままで送ってあげれば良いじゃないか」と反対したのですが、結局義母の意見を聞き入れ、解剖を承諾したそうです。
その後私と主人は、病院側から祭祀料(火葬費用や棺代等)と火葬...続きを読む

Aベストアンサー

お義母さまの真意はわかりませんが、私の身内の多くは、死後の形式にあまりこだわりません。金銭には充分な余裕がありますが、「死んだら葬儀は要らない」という人が多いです。まあ、実際にはそうもいかないので、ひ孫までを集めて、お香典は一切お断りしてやったりしましたが。

なので、数日後には焼かれる身体をそのままにするよりは、「原因を知りたい気持ち」「医療への貢献」などが、当然、優先されます。死後の臓器提供や献体に登録したりしようとしている身内も、私を含め何人かいます。

「費用節約の為」という発想には驚きです。でも、いろいろな人がいますから、そうかもしれないし、そうではないかもしれない、としか言いようがありません。ただ、もしも私の家族が亡くなって、医師が信頼できる人であったら、たとえ反対する人がいても解剖を承諾したいと思うでしょう。そして「承諾しましょうよ」と反対者に言うと思います。そして反対者が折れてくれたら「納得してくれたんだな」と思ってしまうでしょう。

そして、自分が死んだ理由もわからず、肉体が無駄に焼かれたら、大事な家族の魂は嫌がるだろう、とも思ってしまうでしょうし、何よりも、大切な人をなくしたやりきれなさを、「原因解明と貢献」という形で発散させたいと思ってしまうかもしれません。

お義母さまの真意はわかりませんが、私の身内の多くは、死後の形式にあまりこだわりません。金銭には充分な余裕がありますが、「死んだら葬儀は要らない」という人が多いです。まあ、実際にはそうもいかないので、ひ孫までを集めて、お香典は一切お断りしてやったりしましたが。

なので、数日後には焼かれる身体をそのままにするよりは、「原因を知りたい気持ち」「医療への貢献」などが、当然、優先されます。死後の臓器提供や献体に登録したりしようとしている身内も、私を含め何人かいます。

「費用節約...続きを読む

Q献体 (死後自分の遺体を解剖学の実習のために提供すること。) について、教えて下さい。

献体 (死後自分の遺体を解剖学の実習のために提供すること。) について、教えて下さい。


☆はじめに☆  賛否両論あるとは思いますが、ここでは賛否両論の質問ではありません。


献体の登録を生前から希望している身内がおります。やはり家族は反対なのですが、本人は、とても強い希望があります。

現在、そのご本人様は、インターネットを使っていないことと、当方、長女の配偶者という立場ですからか、

「『献体』 について、いろいろと調べて欲しい。」 と、頼まれております。


私自身は、今まで、献体 について詳しく調べたこともないため、どこまで有益な情報が集められるか心配です。


そこで皆様のお力をお借りしたいのですが、

何でも構いません。

どうか、“献体” について、前向きなお話をお聞かせ頂けないでしょうか?


例えば、登録なら、こちらの病院がお勧めだよとか、こういう方法が社会に最も貢献できるよとか、 そういう情報も とてもありがたいです。

具体的な登録方法とか、または、献体 についてのホームページなどのURLをお教え頂けますと、ありがたいです。



また、

例えば、臓器提供の登録などと比べて、社会への貢献度など、どういった違いなどがあるのでしょうか?


宜しくお願い致します。

献体 (死後自分の遺体を解剖学の実習のために提供すること。) について、教えて下さい。


☆はじめに☆  賛否両論あるとは思いますが、ここでは賛否両論の質問ではありません。


献体の登録を生前から希望している身内がおります。やはり家族は反対なのですが、本人は、とても強い希望があります。

現在、そのご本人様は、インターネットを使っていないことと、当方、長女の配偶者という立場ですからか、

「『献体』 について、いろいろと調べて欲しい。」 と、頼まれております。


私自身...続きを読む

Aベストアンサー

ご遺族のお気持ちとのことでしたが、ご参考になるかわかりませんが・・・
私は現在、医師として働いておりますが、10数年前に献体を通じ勉強をさせていただきました。
当時、6人でお一人を担当させていただき、3ヶ月にわたり人体について学びました。
確か、教養課程が終了後にすぐ始まるカリキュラムでしたから、医療の現場に足を踏み入れた実感を初めて感じる場でもあり、生命の尊厳について真剣に向き合える貴重な時間でもありました。
礼を尽くすのはもちろんですが、実習前の黙祷から始まり、グローブを使用することは許されず、必ず素手で扱いました。
すべての過程が終了した後、荼毘に付し慰霊祭を執り行います。大学講堂の壇上に献体された方たちの慰霊を祀り、左側にご遺族の方々、右側に大学幹部たちが座り、粛々と進められました。
佳境に入り、学生の代表が謝辞を述べているときでした。遺影を見つめこちらに一瞥もしないご遺族方の姿を見て私はハッとしました。
献体を通じ医学に貢献されようと崇高なお考えの下にご自分の体を提供されたご本人のお気持ちには頭が下がります。私達もそのお気持ちに恥じぬよう精一杯、学ばせていただきました。しかし、ご遺族のお気持ちはどうだったのだろう・・・・
恥ずかしながら、私はそのとき初めてそこに考えが及び、自分達の不明を恥じました。
同時に、献体されたご本人とご遺族のお考えとは明らかに隔たりがあり、未だその事実に釈然とされていない方が多いのではないのだろうか?とも思いました。
ご生前にどういった話し合いがもたれたかは知る由もありませんが、いくらご本人の意思とはいえ、親族を失い、献体を受けた事実をなかなか受け入れられないという印象でした。
これらは客観的な事実のほかに私の主観が勝手に入ってしまっていますが、少しでもご参考になればと思い投稿させていただきました。

ご遺族のお気持ちとのことでしたが、ご参考になるかわかりませんが・・・
私は現在、医師として働いておりますが、10数年前に献体を通じ勉強をさせていただきました。
当時、6人でお一人を担当させていただき、3ヶ月にわたり人体について学びました。
確か、教養課程が終了後にすぐ始まるカリキュラムでしたから、医療の現場に足を踏み入れた実感を初めて感じる場でもあり、生命の尊厳について真剣に向き合える貴重な時間でもありました。
礼を尽くすのはもちろんですが、実習前の黙祷から始まり、グロー...続きを読む

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日

通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?教えて下さい!

Aベストアンサー

> 通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?
「通常」はないです。決まっていません。

> 普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?
普通は、「葬儀の日の前夜」が「通夜式」です。
普通は、「通夜式」の日について、亡くなった日を基準に考えることはしません。

亡くなった日を基準に「通夜式」の日から決めてしまうと、「通夜式」の日と「葬儀」の日の間に、日にちが開いてしまうことが起こり得るからです。

私の勤務先の方のお母さまが亡くなられた時は、亡くなった日から7日後に「通夜式」があり、その翌日が「葬儀」でした。
火葬場の都合ではなく、お寺さまの都合だったので、「通夜式」の際には、既に荼毘に付されていました。

Q末期ガンの点滴でどこまで存命できますか。

母親が甲状腺ガンの末期で現在肺、心臓の周囲に転移しています。それらが直接命を脅かすものではなく、新たに転移したガンが喉を圧迫し、食べることも水を飲むこともできない状況です。また、タンが詰まって呼吸や喋るのも困難な状況です。
現在、一般的な点滴を一日2本、モルヒネ入りの薬剤を常時腕から取り入れています。
(看護婦さんからは2本でも多いかもといわれました。)

胃ろうという選択もあったのですがカロリー輸液がガンも成長させるかもしれませんし、大して延命にならないのであれば苦しいだけなのではとホスピスを選びました。
ただし、ホスピスは点滴をしないのでもし、強い希望があれば、してもらえるかもとのことでした。
様子を見ながら、徐々に減らしていくというのは理解できるのですが、点滴の増減は各ケースによるので、いきなり止めるというのに不安があります。

医者に結論をせかされたこともあり、あとでネットでいろいろ調べてもしかしたら胃ろうもありなのか、あとは点滴だけの処置でも少しは延命できるのでは、もしくは何か他の選択はないのだろうかと思い投稿させていただきました。

明日ホスピスに入る予定ですので、できるだけ早くご回答いただければ幸いです。
急なご質問をして申し訳ないです。

母親が甲状腺ガンの末期で現在肺、心臓の周囲に転移しています。それらが直接命を脅かすものではなく、新たに転移したガンが喉を圧迫し、食べることも水を飲むこともできない状況です。また、タンが詰まって呼吸や喋るのも困難な状況です。
現在、一般的な点滴を一日2本、モルヒネ入りの薬剤を常時腕から取り入れています。
(看護婦さんからは2本でも多いかもといわれました。)

胃ろうという選択もあったのですがカロリー輸液がガンも成長させるかもしれませんし、大して延命にならないのであれば苦しいだけな...続きを読む

Aベストアンサー

がんは手の打ちようがなくなってから1~2ヶ月に、
自立不能になり数日後には、
亡くなると聞いております。
苦痛が強い場合には(最終)セデーションが行われる
ことがあるとも聞きます。
非がん疾患に比べ余命は推測しやすいと聞いております。

多くのがんの方は一般病棟で最後を迎えています。
ホスピスは病床が少なく入院できることは大変まれな
ことです。
基本的には治療はせず、心身の緩和ケアが行われます。
延命は、確か、原則しないと思いました。
治療し、延命するなら病院になるはずです。

リビングウイル(延命への方針)はどうなっていますか。
本人は?ご家族はこれを知り、基本的には尊重するもの
です。
子は1分でも1秒でも延命したいのが心理になりますが、
その良し悪しは冷静な時には分かると思います。
(私の場合は無知だったので、最終段階の「下顎呼吸」の
 直前の「一時無呼吸」の段階で人口呼吸器をつけて
 しまいました。
 しかし結果はほぼ変わりませんでした。
 後から、後のまつりと分かりました。)

ホスピスの医師とよく話あってください。

Q親子の縁を切るには手続きが必要ですか?

主人の父が昔から借金をしていて、とうとうヤミ金にまで手を出してしまったようなのです。

義父は2年前から独身一人暮らしですが、取立てが家に来たのか、先月末失踪したのです。
ところが、最近になってまた自宅に戻っていて、最近まで交際していた女性に、「食べ物やお金を持ってきてくれ」「お前の家の前で死んでやる」など、おかしなことを言って怖いと、その女性から義父の実の妹に電話があったそうなのです。

(私たち夫婦は最近引越をして、住所も電話番号も教えていなく、義父のほうも携帯電話が止められており自宅には固定電話がありません。)

伯父達は伯父の家にヤミ金から催促・脅迫の電話が来ているし、その女性になにかあった場合、こちらは知ってて何もしなかったと後々訴えられたら困るので、主人に義父の家に行って食べ物を渡し、女性に対する脅迫行為をやめさせるように言えと言うのです。

しかし、義父の家に行くのは、もしかしたら取立屋に会ってしまうかもしれないし、そうなればそのまま帰れるか分からないし… 義父も主人にお金を要求してくると思うのです。

主人は幼い頃から父親らしい事をしてもらっていないようですし、私も結婚してから会った事もほとんどないし、親らしいことをしてもらって憶えもなければ、こんなに主人を振り回している義父を恨んでいるくらいです。

借金のこともありますし、これ以上主人を苦しめるのは見てられません。
早く親子の縁を切り(主人も同意しています)、元の幸せな家庭に戻りたいのです。

私たちが婚姻届を出したとき、名字は義父と同じまま。
本籍も義父と同じ。筆頭者は主人になっています。

何か手続きは必要でしょうか。。。?

主人の父が昔から借金をしていて、とうとうヤミ金にまで手を出してしまったようなのです。

義父は2年前から独身一人暮らしですが、取立てが家に来たのか、先月末失踪したのです。
ところが、最近になってまた自宅に戻っていて、最近まで交際していた女性に、「食べ物やお金を持ってきてくれ」「お前の家の前で死んでやる」など、おかしなことを言って怖いと、その女性から義父の実の妹に電話があったそうなのです。

(私たち夫婦は最近引越をして、住所も電話番号も教えていなく、義父のほうも携帯電話が止...続きを読む

Aベストアンサー

今まで回答の方と同様です。法律的に親子の縁を切ることは出来ません。
また、直系血族及び兄弟姉妹は絶対的扶養義務者です。その中でも親子間の扶養義務はかなり重いです。しかし子が親を絶えず扶養しなければならないというものではなく、親が扶養を必要とする状態のときには、義務が生じるのです。また、そういう生活状態に陥った親は、扶養される権利を子に主張することもできるのです。(ただし、子に生活の余裕がない場合には、親を扶養することは義務となりません。)
親の借金については、子供に返済義務はありません。ただし、相続が生じ、相続してしまうと借金も相続し返済義務が生じます。したがって、相続時には相続放棄等の手続きが必要です。

Q癌の末期症状を教えてください。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む

Aベストアンサー

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む

Q長期療養型の病院に入院しているのですが…

母が約一年位前から長期療養型の病院に入院しています。
最近不安になることがあり書き込みをしました。
母の新たな病気の事で主治医ともめてしまいました。
その時感情的になり、泣いて母のことをちゃんとみてくれと伝えたのですが主治医は「ここでは検査できない」や「そんなに言うならほかの病院に移って検査したほうがいいんじゃないですか」など言われました。その時兄弟が落ち着いて私の代わり話をしてくれてようやくその病院の系列病院で検査をするといってくれました。(結局は今の病院で検査をしたみたいですが…)あと、そこにいた違う医者も「そんなに熱心にならなくても…」と言い愕然としました。もし「自分の親が同じ立場だったらどうするの?」と言ってやりたいくらいでした。
そのときに思ったのは長期療養型の病院は熱心に診てくれたりできないのかなと…今まで病院を転々とし、今の病院でやっと落ち着けたと思っていたのですが病院を変えたほうがいいのでしょうか?
これからもこのように新しい病気が発覚しても同じ対応だったら…と思うとやりきれません。
それと2012年にこのような病院がすべて廃止されると聞きました。そういうことも踏まえてそういった施設などを探したほうがよいでしょうか?

長分になりましたがアドバイスよろしくお願いします。

母が約一年位前から長期療養型の病院に入院しています。
最近不安になることがあり書き込みをしました。
母の新たな病気の事で主治医ともめてしまいました。
その時感情的になり、泣いて母のことをちゃんとみてくれと伝えたのですが主治医は「ここでは検査できない」や「そんなに言うならほかの病院に移って検査したほうがいいんじゃないですか」など言われました。その時兄弟が落ち着いて私の代わり話をしてくれてようやくその病院の系列病院で検査をするといってくれました。(結局は今の病院で検査をしたみ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
質問者様の苦しみ、そしてお母様に対する思いが
痛いほど伝わってきました。

私の母もさまざまな病院を転々としており、
つい先日まで療養型の病院におりましたが、
具合が悪くなり、普通の病院へ移動させたところです。

今までの患者の家族としての経験でしか申し上げられませんが、
療養型の病院は、患者一人に対する一ヶ月の国から支給される金額が決まっています。
その中ですべてをまかなっていきます。
そこで差額ベット代というもの請求し、利益を上げようとしています。

なので、結局患者は比較的安定し治療をさほど必要としない方か、
もしくは末期でもうあまり医療行為を行わない方が入るところなのかと実感しました
療養型の病院は人工蘇生も行わないと言われます。

病院というよりも、看護婦さんとお医者さんがいる宿みたいなものです。

なので、患者の容態が悪くなり、本人、家族が治療を希望する場合、
普通の病院に転院させてもらうように、医師に紹介状を書いてもらい、
かかりつけの医者があるならそこに、
または家族が探して患者を連れて行きます。

それを私は何度も繰り返しています。
病院側に任せるのではなく、私がイニシアチブを取って動きます。
療養型の病院に入院させたとしても、
母の状態の観察、また介護にも私は積極的に参加し、
変化がある場合、その場で対応を考えます。

それを繰り返します
日本のシステム上致しかたない現状です。

在宅で母の療養が可能ならば、
訪問看護婦さんに来てもらい、
容態に変化があるときはすぐに急性期の患者を扱う病院に外来受診に行き、その場で入院とか、すぐに検査、治療をしてもらうことのほうが本人にはいいのかもしれないと思いはじめました。

そのような病院は帰るところが決まっていれば、治療のための入院を拒否するところはありません。
1週間でも入院して、元気にしてもらって帰るのが理想的ですね。

基本は在宅で療養することを国は力を入れています。

「なんで私が?」と思うときがあるかもしれません。
でも、私がここまで生きてきたのは母親の忍耐と寛容さがあってこそ(それだけ泣かしましたから。。)
母が大切で大好きだから私はもうそれをすることを腹をくくりました。

きっと道はあるはずです。
あきらめずに、悲観的にならずにがんばってください。納得いかないシステムの中でも、沢山の方に助けられました。
がんばって!!!

はじめまして
質問者様の苦しみ、そしてお母様に対する思いが
痛いほど伝わってきました。

私の母もさまざまな病院を転々としており、
つい先日まで療養型の病院におりましたが、
具合が悪くなり、普通の病院へ移動させたところです。

今までの患者の家族としての経験でしか申し上げられませんが、
療養型の病院は、患者一人に対する一ヶ月の国から支給される金額が決まっています。
その中ですべてをまかなっていきます。
そこで差額ベット代というもの請求し、利益を上げようとしています。

な...続きを読む

Q生活保護受給者が死亡した場合

現在母が生活保護を受けてるのですが、仮に死亡した場合は
市(保護課)に連絡するものなのでしょうか?
それとも葬儀社に生活保護を受給してることを伝えれば良いのでしょうか?
お葬式の費用は出ないと聞いてますので
何もしてあげれないとは思っていますが
何か手順があるのであれば教えていただきたいと思いました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、生活保護受給に限らず、人が死亡した場合には戸籍の死亡届を
出さなければなりません。そして、死亡届を出して埋火葬許可証を
もらわないと火葬も埋葬もできません。

生活保護を受けていれば、当然、福祉事務所に届ける必要があります。
葬祭の費用は、本人の残した預貯金・現金などの遺留金品をそれに
充てます。また、身内が負担できる資力があれば、身内の負担が優先
されます。

葬祭扶助は、喪主が生活保護受給者、または、喪主が生活保護を受け
てはいないが、最低生活費以下の生活をしている者の場合になります。

この様に書けば、葬祭扶助が出ている例があると言われる方がおられる
でしょうが、それは法を逸脱しているか、もしくは、身内が葬祭を拒否
したたので、しかたなく民生委員などが葬儀を執行したための費用弁済
として支給しているからです。

Q末期癌の彼女を見てると自分の感情を抑えられないんです。

37歳になる婚約者なのですが、肝細胞癌の末期症状で、余後も1ヶ月と言われてから既に10日位経過している状況です。
現在の状況は、これ以上きつい治療をせず、出来るだけ痛みを緩和するケアをしています。痛み止めも飲む事も出来なく、1日1回の点滴によるモルヒネ投与、貼る痛み止めをしているのですが、その影響もあってか、常にぼーっとして、しゃべる事もままならない、終日ほとんど寝ているような状況です。食事も一切取れないで水分を補給するだけでいます。

昨日も看護師の方から、彼女自身、恐らく長く無いと言う事を悟っているという話しをされました。(余命宣告はしてません)あまりにも痩せこけてきている事や動けない事、元気だった頃の自分との違いに戸惑い、死を受け入れたく無いという思いでいると。それと予想以上に死期は早いかもしれないと話しをされました。

月曜日も病院へ行った時に、気のせいか、日曜日に病院へ行った時よりさらに痩せてしまって、うつろな状態にびっくりしてしまいました。彼女の姿を見ているのが辛く耐えられなくて涙を見せたら駄目だと思い彼女のそばに長く居てあげることが出来ませんでした。

出来るだけ長く彼女のそばに居てあげたいのですが、私自身、決して強い人間ではありません。情けないですが凄く泣き虫だと思います。今、自分の感情を上手くコントロール出来ないでいます。それでも傍にいて何か出来ることをしてあげたいのです。

最愛の人やご家族で今の私と同じような経験をされた方、その時どのようにして自分の感情をコントロールされていましたか?
また、何をしてあげましたか?
是非、教えて頂けませんか。宜しくお願い致します。

また、先日は余命宣告について皆様から暖かいご意見頂き有難うございます。考えた末、余命の話はしないことに決めました。ご意見下さった方には心より感謝致します。

37歳になる婚約者なのですが、肝細胞癌の末期症状で、余後も1ヶ月と言われてから既に10日位経過している状況です。
現在の状況は、これ以上きつい治療をせず、出来るだけ痛みを緩和するケアをしています。痛み止めも飲む事も出来なく、1日1回の点滴によるモルヒネ投与、貼る痛み止めをしているのですが、その影響もあってか、常にぼーっとして、しゃべる事もままならない、終日ほとんど寝ているような状況です。食事も一切取れないで水分を補給するだけでいます。

昨日も看護師の方から、彼女自身、恐らく長...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。いかがですか?

私、昨夜回答させていただいた後4年ぶりに号泣してしまいました。
回答して当時の去り行く者の変わりゆく姿、辛い治療、言動、全てを思い出し涙が止まらなくなりました。
強くいてくださいね。と言う私もそういう人間なんです。
それだけ今、辛い時なんですよね。弱虫ではないです。血の通った親でも大変だったことを婚約者にしてあげたいという質問者様の温かい心に感動します。

どうか自分をコントロールしようなんて無理は考えず、その心で接すれば自然に最高の接し方ができるはずです。
どうかお忙しいとは思いますが少しでも、夢を与えてあげてくださいね。落ち着いているとき「私はもうだめ」みたいなことを言ってきても無視。辛いけれど無視して明るく明るく。(とっても辛いですよ)「何?結婚してくれないの?」と明るく答えてあげてください。(言った後堪えられなかったら、さりげなくお手洗いへと言って少し離れて涙を拭く)
そうそう、お子様やあなたの写真を飾ってあげるのもいいです。1人で泣きたいとき、考えたいとき、写真は大きな力を発揮します。(写真を見て看護士さん達も彼女に対して会話が多くなり、それが彼女にはうれしいものになるのです。お子様の写真みて、かわいいって言ってもらえるとうれしいですし。あなたの写真があれば結婚の話で元気付けてくれる人も出てきますから)
これも短い間なので今無ければ早急に。

繰り返しで申し訳ありませんが、後はある程度今後の症状について知って覚悟していると落ち着いて対処できます。知らないと驚いたり泣きたくなったりで間に合いません。だから私はきついと思いましたがある程度末期肝臓癌の症状について説明しました。
他にどんな小さなことでもかまいません。何かありましたら質問してください。彼女の症状に合わせてアドバイス、そして希望されるなら考えられる置かれている状態を回答できると思います。
他人の私でも今涙が止まらないのですから質問者様だったら…

おはようございます。いかがですか?

私、昨夜回答させていただいた後4年ぶりに号泣してしまいました。
回答して当時の去り行く者の変わりゆく姿、辛い治療、言動、全てを思い出し涙が止まらなくなりました。
強くいてくださいね。と言う私もそういう人間なんです。
それだけ今、辛い時なんですよね。弱虫ではないです。血の通った親でも大変だったことを婚約者にしてあげたいという質問者様の温かい心に感動します。

どうか自分をコントロールしようなんて無理は考えず、その心で接すれば自然に最高の...続きを読む


人気Q&Aランキング