ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

昨秋菊の大きな鉢植えを沢山購入し庭先に置きましたが冬になり全て枯れました。枯れた部分を取り去ってこの鉢の土に種を蒔いたら花が育つ可能性はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

菊は多年草です。


枯れたと思っても、この時期には根元から新しい芽が出てきます。
6月頃、挿し芽をすれば簡単に根を出してその年の秋にはまた同じ花を楽しめます。
お気に入りの鉢からすっぽり抜き出して、そのまま地植えにして芽が出るまで待ちましょう。

本題です。
植木鉢は勿論何度も再利用します。
綺麗に洗って乾燥しておけば何にでも使えます。

土も、これまた再利用可能です。
鉢から上げて、新聞紙などの上に広げて、根などは取り除いて天日で乾燥させます。
このままでも使えますが、堆肥等を混ぜて土に活力を持たせます。

先に出ました連作障害が起こる作物も有りますので、この辺りは調べてください。勿論菊の後の土は菊栽培は出来ます。

農家の方達が、畑の土をそのまま何十年、何百年も使っていることをお考えになればご理解できるでしょう。

これから質問の回答です。
横着して、引っこ抜いた菊の後に種蒔き.また苗を植えても育ちますが、土が締まって育ちは悪いです、又肥料不足になりますし、酸素不足も起こります。
一度鉢から出して上記のことは最低限守りましょう。

「花作り(野菜作り)は土作りから・・・」諺です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に解説して頂きまして有難うございました。お陰様でとても良く解かりました。
沢山の枯れた鉢を見る度にこのまま捨ててしまうのは何だか可哀想な気もし又毎年買わなければいけないのだろうかと思っていました。
教えて頂いた様にして今度は庭土で再びきれいな花を楽しみたいと思います。土のリサイクル方法も教えて頂いて有難うございました。とても参考になりました。

お礼日時:2008/03/28 10:32

菊でしょう?


宿根草なので地上部は枯れても根は生きているはずです
そのまま種を播くと菊と一緒に芽が出ると思います
菊が枯死していたとしても一旦抜き取って2番の方の要領でやってください
物によっては土質が合わないこともあるので「苦土石灰」を規定量混ぜて2週間以上放置してから使えばいいです
移植を嫌う植物以外は1番の方の方法をお勧めします
1番の方と2番の方の併用ということです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お陰様で更に良く解かって来ました。
又この可愛い菊の芽が出てくるのかと思うと嬉しいですね。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2008/03/28 10:19

可能ですが、一度鉢の中の土を出して、できればふるいを使ったりして振るったりして使うと良いですよ。

根っこなどは取り除いたりしたほうがいいので・・・。プランター類は毎年そんな感じでリサイクルしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか・やはりリサイクル出来るのですね。ダメなら土は庭にばら蒔こうと思っていましたが。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2008/03/28 10:15

理屈だけ言うと育つんでしょうが、


本来は小さなポットに種をまいて
ある程度育って移植します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早いご回答をどうも有難うございました。

お礼日時:2008/03/28 10:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング