伝奇・幻想・不思議系の本でお薦めを教えてください。
<好みの作品> 
 夢十夜/夏目漱石
 冥途/内田百ケン
 田園に死す/寺山修司
 とらんぷ譚/中井英夫
 ゆめこ縮緬、絵小説/皆川博子
 螺鈿の小箱/篠田真由美
 女学校/岩井志摩子
 十字路のあるところ、針が飛ぶ/吉田篤弘
 スコープ少年の不思議な旅/巖谷國士 桑原弘明
<薦められたけど合わなかった作品> 
 日ぐらし御霊門/赤江瀑
 麦の海に沈む果実、六番目の小夜子/恩田陸
 幻想建築術/篠田真由美
 シメール、ラ・ロンド恋愛小説/服部まゆみ
 岸の館/佐々木丸美
 青年のための読書クラブ/桜庭一樹
 不思議な図書館/村上春樹

長編、短編集、詩集、歌集、画文集なんでも良いです。
好みの作品にあがっている著者の作品は大体読んでいますが
合わなかった作品に挙がっている著者は、その作品しか
読んでいないものも多いので、同じ著者でも他にお薦めの
作品があれば教えて下さい。


 
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

どこからどこまでを幻想文学とするかは、ちょっと難しいですけど、パッと思いついたものは


宇月原晴明「安徳天皇漂海記」
澁澤龍彦「高丘親王航海記」
夢野久作「ドグラ・マグラ」
吉川日出男「アラビアの夜の種族」
江戸川乱歩
当然エドガー・アラン・ポー
ボルヘス
マルケス
サド
カルヴィーノ
カフカ
ブルトン
稲垣足穂(私にはつまらなかったけど)
泉鏡花
ウイリアム・バロウズ
聊斎志異
宮沢賢治
なんて如何か。
ブローティガンなんかもそうかなぁ。

ランボーとか朔太郎なんかも幻想的だと思いますけど、どうかな?
    • good
    • 0

梨木香歩の『家守綺譚』をお勧めします。


この話を読み終えたとき『夢十夜』を思い出しました。
    • good
    • 0

乙一の作品はいかがですか。


ジャンル的にはミステリー、ホラー系のものが多いです。


私が読んだ中でお勧めなのは


『平面いぬ。』
ちょっとした気まぐれから、謎の中国人彫師に彫ってもらった犬の刺青。
「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、動き出し…。
肌に棲む犬と少女の不思議な共同生活を描く表題作ほか、
その目を見た者を、石に変えてしまうという魔物の伝承を巡る
怪異譚「石ノ目」など、ファンタジー・ホラー四編を収録する傑作短編集。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B3%E9%9D%A2%E3%81 …


『暗黒童話』
突然の事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。
臓器移植手術で死者の眼球の提供を受けたのだが、
やがてその左眼は様々な映像を脳裏に再生し始める。
それは、眼が見てきた風景の「記憶」だった…。
私は、その眼球の記憶に導かれて、提供者が生前に住んでいた町をめざして旅に出る。
悪夢のような事件が待ちかまえていることも知らずに…。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9A%97%E9%BB%92%E7%AB …


『死にぞこないの青』
飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、
大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。
先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、
全部マサオのせいにするようになった。
クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、
彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた…。
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E3%81%AB%E3%81 …


『ZOO』
毎日届く恋人の腐乱死体の写真。彼女を殺したのは誰か?
「犯人探し」に奔走する男を描く表題作など、
書き下ろし新作を含む10編を収録した短編集。
http://www.amazon.co.jp/ZOO-%E4%B9%99%E4%B8%80/d …


私は乙一の作品は全部好きですが、この4冊は特にお勧めできます。
なので、よろしければ是非読んでみてください。
    • good
    • 0

中井英夫の「とらんぷ譚」、私もお気に入りで時々読み返してます。



質問を見たときに、真っ先に浮かんだのは泉鏡花です。
他には横溝正史。「蔵の中」「かいやぐら物語」など初期短編には幻想的なものが結構あります。
次に氷川瓏。個人的に好きなのは「睡蓮夫人」「白い蝶」です。
    • good
    • 0

津原泰水『綺譚集(きたんしゅう)』なんてどうでしょう。


http://www.shueisha.co.jp/tsuhara/

参考URL:http://www.shueisha.co.jp/tsuhara/
    • good
    • 0

中国の「聊斎志異」はいかがでしょう。

清代に、口伝されていた怪異譚をまとめたもので、東アジア的不思議物語の元祖と言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

E.T.Aホフマン(ドイツ)の短編集。


怪奇・推理小説系で、読みやすいです。
他の回答者の方も書かれていましたが、エドガー・アラン・ポウも、いいですね。
    • good
    • 0

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」(早川書房)


村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」(新潮文庫)
    • good
    • 0

私は現在、高校生です。


友達に勧められた本で、まだ読んではいないのですが、
大まかな話を聞く限り、↑のような系列だとおもいます。
「モモ/ミヒャエル・エンデ」→これは物語ですね。
「星兎/寮 美千子」→不思議系です。

よろしければ、どうぞw
    • good
    • 0

泉鏡花『草迷宮』『海異記』など。


http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person50.htm …
岡本綺堂
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person82.htm …
泡坂妻夫 『泡坂妻夫の怖い話』
宮部みゆき『あやし 怪』『霊験お初捕物控』
などはどうでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不思議な雲は何故?

旅客機の窓から、下を見ていたら、機と同じ速さで動く雲を見つけました。
何故雲が飛行機と一緒に動くのか、分かりません。お教えください。

もう少し状況を説明しますと、
飛行機の遥か下に多量の雲があり地球表面は見えませんでしたが、多分海上を飛行していたと思います。
不思議な(?)雲は飛行機の下方100メートル以内と思います。(距離は自信なし)
飛行機直近だったかも知れません。
地球表面の雲とは全く別物であることは間違いありません。
不思議な雲の量は少しです。視界を遮らない程度でした。
飛行機と同じ速さでした。
私の座席は主翼より前で、見た雲は主翼より前方でした。
雲に気が付いてから、10分くらい後には消滅していました。
スチュワーデスに聞いたら、時々ある現象で、雲が偏西風に乗っている、との説明でしたが、
どうして、雲が飛行機と同じ速さなのか、私は納得出来ていません。
飛行機は、多分赤道より少し北のあたりを北上中でした。

このような現象はしばしば発生するのでしょうか。

Aベストアンサー

まず、風の影響で飛行機と同じくらいの速度で雲が移動していたというのは有り得ません。
雲が同じ速度なら周囲の空気も同じ速度、つまり飛行機の対気速度(空気に対する相対速度)がゼロとなり墜落します。
360キロの風を追い風に900キロで飛んでいれば、地上から見た速度は1260キロです。

推測ですが、その雲は機体や翼の影響で凝固した水蒸気ではないでしょうか?

上空では湿度100%近い状態にもかかわらず、雲が無い状態がよく発生します。飛行機雲もコレの影響で、湿度の低い状態では出来ません。

飛行機は猛烈な速度で飛んでいますから、周囲に気圧の高いところや低いところが存在し、その低いところでは水蒸気が凝固し、白い雲になります。(戦闘機の翼端が雲を引くのがこの現象です。)しかし、もともとの湿度がわずかに低いと圧力が回復した次点ですぐに水蒸気に戻り、見えなくなってしまいます。
このメカニズムにより、機体近くのある一点に白い空間が見え、さもその白い空間が同速で飛ぶ雲のように見えたのだと推測します。

Q小説家・今野敏のお薦めの作品を教えてください

今野敏の「隠蔽捜査」シリーズは面白かったのですが、「潜入捜査シリーズ」「ST・警視庁科学特捜班・青のファイル」は今一つでした(STシリーズはこれだけしか読んでません)。この作家は著作が多いので少し絞りこんで読みたいと思います。お薦めの本があれば教えて下さい。
また、他の作家の警察小説でお薦めの作品やシリーズがあれば教えてください。

Aベストアンサー

「安積班」シリーズはいかがでしょうか?
『二重標的』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784758432252

あとは、警察が主役ではありませんが「任侠」シリーズ
『とせい』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784122049390

他の作家の警察小説だと、逢坂剛さんの『禿鷹の夜』など。
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784163191706

Q不思議な雲

ここのカテゴリーで正しいのか解りませんが...
雲についての専門の方の意見を聞きたく、質問させて頂きます。

小学生の頃、下校時(午後1時頃)不思議な雲を見ました。
簡単に説明すると、普通の雲の上に、城が建っていました。
当時はまだ低学年でしたが、何となくではなく
はっきりとお城だと認識できました。
一人ではなく、姉や友人も一緒に(4人)見ました。

平等院鳳凰堂のような、紫禁城のような…
二・三階建て位で、屋根が大きく、鯱のような物も見えました。
城壁もありました。
城に続く階段のような細長い線もありました。

夢では無いのは確かです。
集団催眠のような、おかしな遊びをしてもいません。
ただ、一体何だったのだろう?と…
雲に直線や角が有るわけが無いと思うのですが、
偶然の産物にしても『城』に見えたのは
何故なのか不思議でたまりません。

雲について詳しい方がいらっしゃいましたら、
有り得ることなのか?
少しでも参考になるご意見宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

素人ですが、その雲が例えば5分以上形が変化しないのであれば、本当に不思議な現象だと思います。
近くに標高の高い山があるとレンズ雲・傘雲・吊るし雲が出来やすいですが・・
http://www.fuji-web.net/fuji/sizenkankyou/turusi.html
http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/200607170000/
http://meteo.air-nifty.com/blog/2009/05/post-401a.html

四角な雲の口
http://happytomatodesu.blog96.fc2.com/blog-entry-453.html

積雲は底が平らなものがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%8D%E9%9B%B2
http://rika.shinshu-u.ac.jp/ischool/tenki99/kumo/k_sekiunphoto.htm

他に変な雲各種
http://www.darkroastedblend.com/2008/12/punch-hole-clouds.html
http://people.icubetec.jp/a/b057202e64004a39945bfb13b6d4cb25
http://www.flickr.com/photos/yancunyong/967550590/in/set-72157600105955622/
http://www.flickr.com/photos/valiyum/2309606708/

素人ですが、その雲が例えば5分以上形が変化しないのであれば、本当に不思議な現象だと思います。
近くに標高の高い山があるとレンズ雲・傘雲・吊るし雲が出来やすいですが・・
http://www.fuji-web.net/fuji/sizenkankyou/turusi.html
http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/200607170000/
http://meteo.air-nifty.com/blog/2009/05/post-401a.html

四角な雲の口
http://happytomatodesu.blog96.fc2.com/blog-entry-453.html

積雲は底が平らなものがあります。
http://ja.wikipedia.org/...続きを読む

Q倉橋由美子・高橋和巳のお薦め作品

こんにちは。

「倉橋由美子さん」と「高橋和巳さん」の作品で、一番最初に読むとしたら、どの作品がお勧めですか?
・入りやすい
・長編でない(短編~普通)
・著者のカラーが出ている
などの条件にあてはまる作品を教えてください。
本は、量的にかなり読む方です。
軽いものから、重いもの、現代ものから時代もの
まで、いろいろ幅も広く読みます。
読んだ感想などもありましたら、併せて教えていただけるとうれしいです。
ネタバレも全くOKな人間なので問題ないです。
(普段、あとがきや解説から読むぐらいの人間です)
よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

2年程前に亡くなった父は、「散華」をよんでいましたね。私としてはお奨めは、やはり「憂鬱なる党派」でしょうか。あの漢文体の重苦しい雰囲気が出版当時の時代に重なっていたのだとおもいます。
当時は「吉本隆明」「井上光晴」「高橋和己」が3種の神器でしたね。
倉本さんは生憎機会がなくて読んでいません。書評では
長編より短編の方受けが良いようですが。

Q飛行機の窓の下に見える不思議な雲は何故?その2

2004/6/19に「kifuyuna」さんが提出された質問「不思議な雲は何故?」の再提出になります。

 恐らく、kifuyunaさんが見られたのとほぼ同じと思える雲を私も見ました。
8月10日19:00頃、宮崎から羽田への飛行機内の主翼付け根より前の左側窓より観察しました。

窓の下は雲海が広がりほとんど地表は見えませんでした。
太陽が後方で日没するかどうかという頃にkifuyunaさんが言われるのとほとんど同じ雲を窓より見ました。対空速度500km/hほどとアナウンスされている飛行機より100mほど下の空間を薄い雲(一様に薄いのではなく、模様に見える雲)が一面に広がっている。飛行機より離れると日陰に入った雲のように薄い雲になっていました。
雲の模様はしばらく見ていましたが、ほとんど変わらずでした。また、何らかの規則性も見えなかった。全くのランダムでした。

 一瞬はこれはジェット気流の雲かなと思いましたが、廻りの空気が飛行機と同じ速度で動いているとすると、飛行機は浮かないだろうと思いました。
 ネットの質問箱に過去問で同じ疑問を持った人がいないのかと検索してkifuyunaさんの質問を見つけましたが、飛行機雲の一種ではないかと言うベストアンサーでは無い様に感じたので再提出します。

一体この雲はなんでしょうか?

2004/6/19に「kifuyuna」さんが提出された質問「不思議な雲は何故?」の再提出になります。

 恐らく、kifuyunaさんが見られたのとほぼ同じと思える雲を私も見ました。
8月10日19:00頃、宮崎から羽田への飛行機内の主翼付け根より前の左側窓より観察しました。

窓の下は雲海が広がりほとんど地表は見えませんでした。
太陽が後方で日没するかどうかという頃にkifuyunaさんが言われるのとほとんど同じ雲を窓より見ました。対空速度500km/hほどとアナウンスされている飛行機より100mほど下の空間を薄い雲(...続きを読む

Aベストアンサー

以前、国際線の航空機に乗っていた際に同じ現象を目にして不思議に思い、主人の恩師(理系大)に聞いた事があります。

映像があれば明確な回答が得られたと言われましたが、当時も画像を残しておらず、口頭で聞いただけだったので、2~3の事例のみ回答していただきました。

一番有力な事例 気流でできる雲(雲に見えるチリや水蒸気の集合)ならよくあり、目にすることも多いとの事です。
CATをよりわかりやすく説明しているサイトがありましたので、いくつか載せておきます。

原理はコチラ サイト中程の絵が大変わかりやすいです。中程の「The causes」で数パターンのturbulenceについて説明されています。

http://www.casa.gov.au/scripts/nc.dll?WCMS:STANDARD::pc=PC_91477

wake turbulence 画像はコチラ

http://www.airliners.net/photo/1091105/L/

http://www.airliners.net/photo/1008033/L/

http://www.airliners.net/photo/0892875/

多分、他のご回答者様のご回答もこの回答と同じ意味合いの説明だと思いますが、そのご回答から、質問者様が連想した雲は下記のような雲の事ではないでしょうか。

http://www.airliners.net/photo/Hapag-Lloyd/Boeing-737-8K5/0237149/M/

このような状態を連想されたのであれば、「このようなものではない」と思われるでしょう。

上記に挙げました画像(または、wake turbulenceと画像等を検索していただくと、より多くの画像や解説が得られると思います)を見ていただけるとわかるように、
晴天時の乱気流が付近にあり(雲を撒き散らす役目として多少の気流があったほうが良い)、wake turbulenceが起きれば、ポツポツとランダムでも航空機と同じ速さの雲状のものを目撃する事が可能なのだそうです。

また、このような雲を見る機会は気流の左側に多いとの事、なぜ左側だかは忘れましたが、当時も機体の左側の座席で、左下後方からついてくる雲と左側面の雲を見て不思議だったので、左側と聞いて納得できました。

このような気流の他、水蒸気の多い場所ので反射など、いわゆる逃げ水現象や単純に機体の影が白く反射して映る現象など、事実上、可視が可能な現象もいくつかあるそうでした。

最後に、UFO、某国の実験、某国の透明な秘密機、その他のご回答を求めていらっしゃったら、的外れな回答で失礼をいたしました事をお詫びします。

以前、国際線の航空機に乗っていた際に同じ現象を目にして不思議に思い、主人の恩師(理系大)に聞いた事があります。

映像があれば明確な回答が得られたと言われましたが、当時も画像を残しておらず、口頭で聞いただけだったので、2~3の事例のみ回答していただきました。

一番有力な事例 気流でできる雲(雲に見えるチリや水蒸気の集合)ならよくあり、目にすることも多いとの事です。
CATをよりわかりやすく説明しているサイトがありましたので、いくつか載せておきます。

原理はコチラ サイト中程の絵...続きを読む

Q小説・物語などよりエッセイ・人生論・恋愛論・語学書・哲学書・新書系などの方が好きなのですが…

そんな僕はちょっとおかしいでしょうか?
巷では、読書≒小説を読む、みたいな風潮が強いと思いますが、本にはそれ以外にも多くジャンルが有りますよね。
僕はどちらかというと小説の方が苦手です。
特に、ファンタジー・SF系やミステリー系は全然関心を持てません。

小説はあまり好きじゃない、とみんなの前でもし言ったら、なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

Aベストアンサー

>なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

それはそう思う相手のほうが偏っていたり変だったりした場合でしょうね。

私も「マンガは読むけど小説はほとんど読まない」と言ったら、
活字だけの本をほとんど読まない人と思われたことがあります。
こんな難しい小説の本を読んでるんだぞ、のような自慢をされてしまいました。

そういう人は、学術的なことに興味ないタイプに多いみたいです。

Q日向灘で発生した不思議な雲

http://blogs.yahoo.co.jp/sora2005
にレーダー連続画像があります。

梅雨前線の南側、南西の温かい気流が流れ込んでいる場。
宮崎県の雲はどうして海上に出て発達したのでしょうか?

お考えでも結構ですのでお教えくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

動画だともっと分りやすいかも知れませんが、南西の風に流されながら焚き火の煙が立ち昇るように発達したように見えます。
たかが30分でと思いますが、地上の風速が8m/sですが上空は100~140ktに達する場合があります。
地上の5倍位の速さですが、博多の上空の赤く強いエコーの動きもほぼ同じようです。
雲の発生は風上で発生し風下で消えてその差し引きで大きくなったり小さくなったりするように見えます。
雲の源は南西からの湿舌といわれる湿った空気で、梅雨前線によって潜り込んで来る冷気に押し上げられ雲が発生するのでしょう。
この画像は夜ですが実際、飛行機から見るとその様子が手にとるように分ると思います。
 

Q安部公房さんの本で、好きな作品は何ですか? 因みに、自分は、安部公房さんの本は全部読みました。 初め

安部公房さんの本で、好きな作品は何ですか?

因みに、自分は、安部公房さんの本は全部読みました。
初めに「砂の女」を読んでから、ファンになりました。
他には、「箱男」、「密会」、「壁」、「砂漠の思想」等が好きです。

Aベストアンサー

”デンドロカカリア”と”水中都市”が、印象に残っています。不思議で、少しだけ怖い話が好きでした。

砂漠の思想、砂の女。。。砂に何か、惹かれるものがあったんでしょうか。

空の怪物アグイーが好きで、安倍公房作と、ずーっと思ってきましたが、ご質問で、調べてみたら、大江健三郎さんだったとわかりました。

Q地震雲?!

沖縄からです。ふと空を見ると不思議な雲が… 以前 地震雲を知り似ている様で気になり投稿です。どぅ思いますか?

Aベストアンサー

もちろん断言はできませんが・・・

違うと思います^^

根拠は? と聞かれると
うーん・・・ですが。

地震雲だともう少しはっきり出るような・・・
飛行機雲と言われればそれまでの様な・・・

wikiからですが・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:20080614_IwateEarthQuake_cloud.jpg
こちらの方が地震雲! と言えそうな雲ですね^^;

Qお勧めの本を教えてください。(小説・漫画(映像作品でもok))

お勧めの本を教えてください。(小説・漫画(映像作品でもok))

最近恋愛小説にはまっています。「*」の部分は参考程度に考えてください。どんなものでもかまいません。よろしくお願いします。m(_ _)m

*爽やかも甘いのもドロドロも好きですが、年齢差、同性愛、近親相姦、立場の差など、何か禁止があると良いです。破滅的な物語も好きです。

*中山可穂の「弱法師」、柴田よしきの「聖なる黒夜」、小島てるみの「ヘルマフロディテの体温」、村上春樹の「ノルウェイの森」、吉原理恵子の「間の楔」などが好きです。

*ケータイ小説は苦手なのでなるべく避けていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

〔ラノベ〕
・龍と魔法使いシリーズ/榎木洋子著
・天竺漫遊記/流星香
・ちょー美女と野獣/野梨原花南
・ケーキの王子様/藤村祐香(BL・ショタ)
・やさしい竜の殺し方/津守時生・・・コミックス版もでています(BL系)
・李歐(りおう)/高村 薫(BL系・ハードボイルド風味)

〔小説〕
・大江戸神仙伝シリーズ/石川英輔
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1831178
・月のしずく/浅田次郎
・シャトウ ルージュ/渡辺淳一
・恋愛中毒/山本文緒
・嗤う伊右衛門/京極夏彦(四谷怪談をベースにした悲恋物)
・雷桜/宇江佐真理
・聖なる黒夜/柴田よしき(ミステリー系)

〔コミックス〕
・心に星の輝きを、もっと心に星の輝きを/松葉博(平安恋愛系)
・緋桜白拍子/藤丞めぐる
・日出処の天子/山岸涼子(BL系にもはいるか? 聖徳太子)
・fromハピネス/NYAN
・かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~/桂遊生丸(原作:あかほりさとる 百合系)


人気Q&Aランキング