日本経済を回復機能に乗せるための最重要課題についておねがいします。
IT革命の加速が世界経済に与える影響について教えてください。とてもこの分野に弱いのですがテストなんです!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

誰にとっての最重要課題でしょうか?


それによっても答えは変わってくると思いますが。
私なりの見解で書きます。
経済を回復させるために最も重要なのは、
消費者の購買意欲を活性化させることではないでしょうか。
このため必要なのは、まずお金。
消費者に使用可能なお金を行き渡らせること。
雇用の機会を増やすことも重要です。
次に、企業側が消費者が欲しいと思うような商品、サービスを提供すること。
このためには企業による新製品の開発研究、
労働者、従業員への教育、研修が必要でしょう。
企業がこのような活動を行うためには新たな投資と
新しいアイディアや意欲を持った労働者の雇用が必要となります。
(つまり、卵が先か鶏が先かといった...)

さて、日本経済の停滞のもう一つの見方として
起業率の低さがあげられるのではないでしょうか。
アメリカの起業率と比べても圧倒的に低いですし、日本ではむしろ廃業率の方が高いくらいです。
(つまり企業の数がどんどん減っている)
この原因は日本の教育制度にあると思われます。
アメリカなどではハイスクールでも自分で独立して会社を作るための勉強が
当たり前のように行われています。
日本ではそのような勉強は全く行いませんし、高校、大学を卒業した学生のほとんどが
企業に就職することを考えますよね。(最近はフリーターも多くなっているようですが)
これは長らく日本の教育が、良いサラリーマン、お役人を育て上げるために
作られてきたからだと思われます。
日本経済回復(復活)の鍵は、実は教育を変えることにあるのかも知れません。

IT革命うんぬん...
世界経済のグローバル化、高速化...
アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪を引く
世界中どこにおいても瞬時の取引が可能になりますが、
その影響もすぐさま世界中を駆けめぐるようになるでしょう。
先進国にはメリットが多く開発途上国にはデメリットが多い感じ。
インフラが整い教育も進んだ国はますます利益を手にし、
そうでない国は次々と資源を奪い取られていきそうな気がしますね。
強大国と弱小国の国家間の格差がますます広がりそうです。
森内閣がこのあたりに危機感を持っているのは、
実はこの分野において日本の国力がじわじわと下がっているからに他なりません。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!問題の題名が『誰に』というのが書いてないのですが、参考にさせていただき今からレポートを書こうと思います!ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2001/02/11 21:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング