日本経済を回復機能に乗せるための最重要課題についておねがいします。
IT革命の加速が世界経済に与える影響について教えてください。とてもこの分野に弱いのですがテストなんです!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

誰にとっての最重要課題でしょうか?


それによっても答えは変わってくると思いますが。
私なりの見解で書きます。
経済を回復させるために最も重要なのは、
消費者の購買意欲を活性化させることではないでしょうか。
このため必要なのは、まずお金。
消費者に使用可能なお金を行き渡らせること。
雇用の機会を増やすことも重要です。
次に、企業側が消費者が欲しいと思うような商品、サービスを提供すること。
このためには企業による新製品の開発研究、
労働者、従業員への教育、研修が必要でしょう。
企業がこのような活動を行うためには新たな投資と
新しいアイディアや意欲を持った労働者の雇用が必要となります。
(つまり、卵が先か鶏が先かといった...)

さて、日本経済の停滞のもう一つの見方として
起業率の低さがあげられるのではないでしょうか。
アメリカの起業率と比べても圧倒的に低いですし、日本ではむしろ廃業率の方が高いくらいです。
(つまり企業の数がどんどん減っている)
この原因は日本の教育制度にあると思われます。
アメリカなどではハイスクールでも自分で独立して会社を作るための勉強が
当たり前のように行われています。
日本ではそのような勉強は全く行いませんし、高校、大学を卒業した学生のほとんどが
企業に就職することを考えますよね。(最近はフリーターも多くなっているようですが)
これは長らく日本の教育が、良いサラリーマン、お役人を育て上げるために
作られてきたからだと思われます。
日本経済回復(復活)の鍵は、実は教育を変えることにあるのかも知れません。

IT革命うんぬん...
世界経済のグローバル化、高速化...
アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪を引く
世界中どこにおいても瞬時の取引が可能になりますが、
その影響もすぐさま世界中を駆けめぐるようになるでしょう。
先進国にはメリットが多く開発途上国にはデメリットが多い感じ。
インフラが整い教育も進んだ国はますます利益を手にし、
そうでない国は次々と資源を奪い取られていきそうな気がしますね。
強大国と弱小国の国家間の格差がますます広がりそうです。
森内閣がこのあたりに危機感を持っているのは、
実はこの分野において日本の国力がじわじわと下がっているからに他なりません。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!問題の題名が『誰に』というのが書いてないのですが、参考にさせていただき今からレポートを書こうと思います!ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2001/02/11 21:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人類は工業革命で大半の人が工業を仕事として来ましたがロボット革命で工業分野は人ではなく機械が大半の作

人類は工業革命で大半の人が工業を仕事として来ましたがロボット革命で工業分野は人ではなく機械が大半の作業を行うようになり、今後もその流れは変わらず拡大する一方です。

大量の雇用を生んでいた工業分野で余った人は何をすれば良いのでしょうか?

介護は生産ではなく国内消費です。介護は雇用を生み出しますが外貨を稼げません。よって低賃金です。

工業分野並みの外貨を稼げて高賃金の工業の次に現れる労働って何ですか?

仕事がない世界は良いですが、労働がなくなるということは賃金が発生しない。低賃金化の流れは今後も続き拡大すると思われます。年収300万円代時代の到来。年収200万円代時代の到来は着々と進んでいると思われます。

経営者もロボットが全ての作業をしていくので利益率は下がり続けるのでこの工業革命→ロボット革命の流れは労働者だけでなく経営者も問題に突き当たると思われます。

ロボット革命は労働者だけの問題ではなく経営者の問題でもあるわけです。

ドライバーもロボットによる自動運転になれば経験者は不要となり全国の運送業もロボット革命の影響を受け低賃金となり職を失います。

日本政府は国内トラックの最大長21mを25mまで緩和してドライバーの数を減らす方針です。

人がやる仕事が減っていっています。

事務員も経理もロボット化で不要。代筆もロボットが手書き文書を作成する時代です。椅子も自動で所定のテーブル位置に会議後に自らの意思でロボットチェアは戻って行きます。

その余剰人材の活用方法を一緒に考えてください。

人類は工業革命で大半の人が工業を仕事として来ましたがロボット革命で工業分野は人ではなく機械が大半の作業を行うようになり、今後もその流れは変わらず拡大する一方です。

大量の雇用を生んでいた工業分野で余った人は何をすれば良いのでしょうか?

介護は生産ではなく国内消費です。介護は雇用を生み出しますが外貨を稼げません。よって低賃金です。

工業分野並みの外貨を稼げて高賃金の工業の次に現れる労働って何ですか?

仕事がない世界は良いですが、労働がなくなるということは賃金が発生しない。低...続きを読む

Aベストアンサー

根拠ないですね。

しかも人類の大半は、今でも第一次産業です。
工業なんて一部の先進国だけです。

発展途上国にも工場はありますが、就業人数はわずかなものです。

13億以上と言われる中国人の一体何人が工業人口だと思ってますか?

QIT革命が日本経済に与える影響について

日本経済が発展するためにはIT革命が必要であると、よく言われていますが、IT革命によって実際にどの程度我が国のGDPが上がっているのでしょう?また、将来上がるのでしょう?具体的な数字が記載されているサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

まずIT革命で10年は先行しているというアメリカの話をしましょう。アメリカではIT投資が膨大な量なされたにもかかわらず、長い間その影響が経済統計上に現れてきませんでした。
政府(商務省)をはじめ、ノーベル賞をもらった経済学者が固唾をのんで、この「ニューエコノミー」という現象がどのように現れるのかを見守ってきました。

通常、経済成長率(GDP成長率)は、資本、労働、そしてTFP(Total Factor of Productivity、全要素生産性または技術進歩)の3つの変数の関数であるという経済法則があるのですが、IT投資が、このTFPに現れてくるのを見守ってきたのです。そしてやっと一部の産業で、1995~6年頃から現れだしたと、最近商務省が発表しました。

ことかようにご質問は、微妙な問題なのです。ましてや遅れている日本で、GDPへどう影響するかなんて知ってる人がいましたら、知りたいです。ですからサイトに数字を発表する人がいましたら、ぼくもどんな人か顔が見たいです。

Q【日本はあと30年今の状態を耐えたらまた日本経済は回復する?】 今の日本経済の悪化は少子化の所為では

【日本はあと30年今の状態を耐えたらまた日本経済は回復する?】


今の日本経済の悪化は少子化の所為ではなく高齢者が大量発生しているのが原因であるということは団塊ジュニア世代が全員死ねば日本は総人口が減るものの高齢者負担も減るので日本経済はあと30年持ちこたえれば財政難でデフォルトすることは免れるという結論に達して借金をあと30年間出来る状況を作り出しておけばあとは借金が幾ら膨れようが何とかなるという方向で政治を回していくことになった。

あと30年間日本経済が倒れなければ日本経済の復活はあり得るというシナリオの元に政治をやれば日本復活は実現出来るのか教えてください。

このシナリオだと30年持たずにコケますか?

国が会社の株を支えて30年間を耐えきる作戦吉と出ると思いますか?

国が買い支えてもコケていく会社はどうすることも出来ないのが東芝を見ていれば分かりますが。

Aベストアンサー

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html

そんな単純なモノでもなさそうですね。
30年では足りないかな?

2060年頃は、人口が 2/3 になる割には、60歳以上の人口がさほど変わっていません。
つまり、60歳までの人口が 2/3 になる感じに予想されていますね。

人口が減っていく中で何もしなければ、出生率が上がることはあまり考えられないです。
景気が良くなる理由が無い中で、子供を作る余裕が無くなっていったり、子供に苦労させてまで・・・と思う人も増えたりと、ネガティブな方向性にしか向く要素が無いですね。

何もしなければ、何も無ければ、2060年以降何十年かすれば、人口ピラミッドは単純な筒状になり、人口ももう少し減って、全世代の人口が一律に近づくかも知れませんね。


30年も40年も先になれば、世界で何が起こるか予想は出来ませんから・・・
「いずれは、人口が半分ぐらいになって、全世代の人口が平均してくる・・・」、それでも楽観論かも知れません。

じわじわ経済規模が縮小していますから・・・
そして、2060年でも、人口比で単純に経済規模を予想すれば、そのときでもじわじわ減っていくようなグラフになっています・・・

もっと出生率が下がることはあっても、上がる理由が無いですから。
このグラフのように出生率が保てているかどうかも、若干怪しいですしね。



一旦経済成長が世界で落ち着いた後、日本は高齢化で人口が減り、経済がじわじわ沈んでいく。
昭和のような爆発的な経済発展や人口増加が、起きる理由も無いんですよね。
国際社会で老朽化した日本は、世界の中でどうなっているんでしょうね?
未来世代への借金はどうなるのか。
核廃棄物なんかもどうするんでしょうね。

いや、若い人、老人のヤリ散らかした政治の尻ぬぐいばかりだな。
ますます子供を産みたくなくなるかも。

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html

そんな単純なモノでもなさそうですね。
30年では足りないかな?

2060年頃は、人口が 2/3 になる割には、60歳以上の人口がさほど変わっていません。
つまり、60歳までの人口が 2/3 になる感じに予想されていますね。

人口が減っていく中で何もしなければ、出生率が上がることはあまり考えられないです。
景気が良くなる理由が無い中で、子供を作る余裕が無くなっていったり、子供に苦労させてまで・・・と思う人も増えたりと、ネガテ...続きを読む

QIT革命について

 IT革命についてのレポートが出ています。
 広辞苑で調べたのですが、もうすこし具体的な説明が欲しいです。
また、インターネットでも調べたのですが、どれも難しくていまいち理解できません。
 IT革命についての”生”の意見をお聞かせ下さい

Aベストアンサー

革命なんていう大仰な単語がついてるから身構えるんですが(^^;

実例を出しましょう。例えば。
人に文章で連絡を取る時、手紙だとエンピツで長々と書いて封筒に入れて切手貼ってポストに放って郵便局の人たちが配送して相手に届いて封筒を開けて、という作業が要りますが、ここを PC と Internet 、要するに E-Mail に置き換えると、こと配送の部分が飛躍的に速くなりますよね。
会計をやる時に様々な計算をこなして行かなければなりませんが、データを入力しておくだけで計算は勝手にやってくれるソフトを使用すれば、会計にかかる時間は格段に短くなりますよね。
etc、etc....

というような感じで、
-- 情報を PC で扱う事による効率化 --
の事を、IT革命と呼んでいるようです。
CRMだってKMだってEBPPだって、全部効率向上が目的。

現場にいる人間からすると、道具を上手く使って業務効率を上げるのは当たり前の事なのに何を騒いでるんだろう、とか思ったりします(^^;

QIT産業革命とはいったいなんでしょうか・・・

IT産業革命とはいったいなんでしょうか・・・

ぜひおしえてください><

Aベストアンサー

そもそも、産業革命とは何だったでしょうか。
言葉の表面上の意味から簡単にいえば、《産業の仕組みが根本から変ること》です。

IT産業革命は、「IT(情報技術)によって《産業の仕組みが根本か変わること》」です。

具体的には、一部の専門業者しか用いていなかったパソコンなどの情報処理機が普及したことで、いままではいちいち手書きで行っていた作業を簡略化したり、一度に大量の情報を「誰もが」発信できるようになったこととかですかねぇ・・・。

現在も「クラウドコンピューティング」など、IT産業革命は続いていますし、簡単に説明を述べることができる言葉ではないと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報