どなたか光延反応について詳しく知っている方はいませんか?
今もどこかの大学で教授をなさっているらしいのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 光延反応、、、



 その昔私が有機化学の研究室にいた頃、日本語の文献ででてきたその名前。漢字に弱い私は、「こうえん」反応と読みました。となりにいた助手の先生に「こうえん反応ってなんですか?」と聞いてしまい、「みつのぶ、だよ」と馬鹿にされてしました。

 みつのぶ反応はよく雑誌会で出てきていたので知っていたのですが、まさか漢字で「光延」だとは、、、

 というわけで、私にとって光延反応とは、ヒドロキシの反転反応ではなく、漢字の読み方として永遠に頭に残っているのでした。ちゃん、ちゃん!

 で、参照URL中のPDFが詳しいと思います。

参考URL:http://www.tokyokasei.co.jp/note/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。詳しく載ってました。
これでわかりました。
確かに変わった名字ですよね。僕も中国の人かなって
勝手に思ってしまいましたが、日本のかたですね。

お礼日時:2001/02/11 09:55

masa1000rxさんの回答で充分ではと思いますが、以下のサイトは如何でしょうか?


「化学 1999年6月号」
http://www.jssp.co.jp/f_chem_rev/sosetu31.html
(中・大環状天然物合成の新展開:2 大環状ラクタム形成反応)

著者名で検索すると以下の成書があります。
------------------------
ヌクレオシド・ヌクレオチドの合成 / 水野義久, 光延旺洋, 畑辻明著. -- 丸
善, 1977. -- (合成化学シリーズ)

有機化学  向山光昭,野平博之,光延旺洋∥著
出版地 :東京
出版者 :日刊工業新聞社
出版年月:1970
資料形態:307p  22cm  1100円
シリーズ名: 基礎化学シリーズ  
注記  : 叢書の編者:林茂助
件名  : 有機化学
内容  : 付 参考書
NDLC: PA312
NDC : 437
-------------------------------
更に蛇足ですが、
http://www.agnes.aoyama.ac.jp/Chem/ChemHP/org2/m …
(光延 旺洋教授)
この方でしょうか?
http://www.agnes.aoyama.ac.jp/Chem/ChemHP/org2/w …
(光延研の研究業績リスト)

青山大学大学院 理工学研究科にいらっしゃるようですね?

ご参考まで。

参考URL:http://www.kagakudojin.co.jp/chemistry/chem_1999 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご丁寧に参考文献まで教えて頂いて本当うれしいです。
さっそく学校で文献を取り寄せてみたいと思います。
青山学院大学にいらっしゃるんですか。どういう方なのか、
失礼がなければお会いしたいと思ってます。
どうも有難う御座いました。

お礼日時:2001/02/11 10:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鈴木宮浦カップリングにおけるパラジウム触媒について

ボロン酸を用いた鈴木宮浦カップリングにはゼロ価のラジウムを用いるのが一般的ですが、時々2価のパラジウムを用いている例があります。この場合パラジウムは触媒サイクルの中でどのように働くのでしょうか。ゼロ価の場合の最初の酸化付加のステップが付加脱離に変わるだけで後は同じなのでしょうか。
この分野に詳しいかたがおられましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

>此の反応では、炭酸ナトリウムのような塩基を用いますが、これにより0価のパラジウムを生じるのでしょうか。私の考えでは、この反応では酢酸パラジウムのような2価のパラジウムから付加脱離によりArPdXが生じ
さらにトランスメタレーションによりArPdAr2が生じる
次の還元的脱離によりPd(0)が生じこれが普通の触媒サイクルに乗ると思っているのですがどうでしょうか。

その通りですが、塩基はパラジウムだけを活性化しているのではありません。ホウ素に塩基が作用することによってホウ素上の置換基とパラジウム上の配位子の間でトランスメタル化が進行するのです。トランスメタル化に次いで還元脱離が起きることによってPd(0)が発生し、それが活性種となるのです。

塩基が存在しなければホウ素とパラジウム間でのトランスメタル化がほとんど進行しない(と考えられている)ので、触媒活性種が生じない→反応が進行しないことがわかっています。

どうも私が用いた還元剤という表現がまずかったようですね。「塩基」がいかに重要かということをもっと強調しておくべきでした。たとえばPPh3のような配位子がなくても、Pd(OAc)2と塩基さえあれば触媒反応が進行する例も知られています。

>此の反応では、炭酸ナトリウムのような塩基を用いますが、これにより0価のパラジウムを生じるのでしょうか。私の考えでは、この反応では酢酸パラジウムのような2価のパラジウムから付加脱離によりArPdXが生じ
さらにトランスメタレーションによりArPdAr2が生じる
次の還元的脱離によりPd(0)が生じこれが普通の触媒サイクルに乗ると思っているのですがどうでしょうか。

その通りですが、塩基はパラジウムだけを活性化しているのではありません。ホウ素に塩基が作用することによってホウ素上の置換基とパ...続きを読む

Qトリフェニルホスフィンオキシドの除き方

合成にトリフェニルホスフィンを使いたいのですが、トリフェニルホスフィンとトリフェニルホスフィンオキシドの除去がよく分かりません。
沈殿を濾過した上で、シリカゲルで精製するとありますが、濾過だけでは何%くらい除去できているのでしょうか。またシリカゲルではどの溶媒で溶出するのが一般的なのでしょうか。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

Wittig反応でしょうか?

ホスフィンオキシドはかなりの高極性化合物なので、ヘキサンなどの無極性溶媒には溶けにくいです。
クロロホルムなど使うと溶けます。
なので、貧溶媒を使ってろ別すればある程度は減らせます。
ですが、完全に除くのは難しいですし、どうせその後でカラム精製するのならここでの除去率は低くても構わないでしょう。
クルード量が減った方がカラムがやりやすくはなりますけどね。
気になるのなら、ろ過前後でのTLCの変化や、より厳密にやりたければNMRを取ってみればわかるでしょう。

また、トリフェニルホスフィンはかなり溶けやすいので、ろ別で除去するのは難しいと思います。

トリフェニルホスフィンはカラムで結構動きます。
ヘキサン-クロロホルム混合系で簡単に流れてきます。
オキシドは対照的に非常に極性が高く、ヘキサンなどでは動きません。
クロロホルムを増やすとか、酢酸エチルを加えるとかしない限りは除去は容易でしょう。

生成物のピュリティにもよりますが、ホスフィンはいなくて、オキシドと分離したいだけなら、ろ別後にシリカゲルパッド(あるいはショートカラム)をヘキサンなどの低展開力溶媒で流し、オキシドを吸着させてのぞくこともできるかと。

いずれにせよ、質問者さんの手元に実験の詳細があるわけですよね?
展開溶媒などが載っていないのなら、ヘキサン・酢エチやヘキサン・クロホでいじって選んでください。

Wittig反応でしょうか?

ホスフィンオキシドはかなりの高極性化合物なので、ヘキサンなどの無極性溶媒には溶けにくいです。
クロロホルムなど使うと溶けます。
なので、貧溶媒を使ってろ別すればある程度は減らせます。
ですが、完全に除くのは難しいですし、どうせその後でカラム精製するのならここでの除去率は低くても構わないでしょう。
クルード量が減った方がカラムがやりやすくはなりますけどね。
気になるのなら、ろ過前後でのTLCの変化や、より厳密にやりたければNMRを取ってみればわかるでしょ...続きを読む

Q塩基性の強さ

塩基性の強度を知るためにはどうすればよいのでしょうか?たとえばTEAとt-BuOKのどちらが塩基性が強いのかを比較する場合などです。pKaで比較するのかなと思うのですが、いまいちよくわかりません。

Aベストアンサー

TEAとはトリエチルアミンでしょうか。
塩基の「general base」としての強度は「共役酸のpKa」を比較し、pKaが大きい方が強塩基になります。
トリエチルアミンEt3Nの共役酸はEt3HN^+ですしtertBuOKの共役酸はtertBuOHです。
tertBuOHのpKa:18.0
Et3HN^+のpKa:10.88
(pKw=pKa+pKb=14、pKb=3.12→pKa=10.88)
ですので、tertBuO-)の方が強塩基。


人気Q&Aランキング