永代供養とお墓のことで質問です。

今から20年前に兄が亡くなりました。
両親のうちどちらかが先に亡くなった時に、一緒にお墓に入れてあげようと、お骨をずっとお寺に預かってもらっているのですが、このまま預かってもらって親と一緒にお墓に入れるか、このままだとかわいそうなので永代供養してもらうか迷っています。
調べてみてもなかなかこういうケースがみつからなくて、どうしたらいいのかわかりません。
どうしたらいいのでしょうか?
永代供養するとどうなるのでしょうか?
一緒のお墓に入らなくても両親が亡くなったとき、あの世でちゃんと会えるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 20年もお寺に預けておられるのでしたら,そのまま預けて置かれてはいかがでしょうか。


 ご両親のいずれかが亡くなられた時にお墓を建立されるのであれば,その際に一緒に納骨して差し上げれば良いと思います。
 ご両親・そして質問者ご自身もいずれはそのお墓に入られるのに,お兄さんだけ永代供養で別というのは,心苦しくないですか。
 うちの母の姉が幼くして亡くなり,母の父が亡くなった時に,新しく建てた墓に納めました。




現時点で永代供養
    • good
    • 0

ご両親のどちらかが亡くなった時にお墓を建てようとお考えのようですが、それならばお兄さんのためにお墓を建てても良いのではないでしょうか。

そのお墓にご両親も入れるということです。そうすればいつまでも埋骨をせずに、多分お寺の納骨堂に預かってもらったままでいるということは避けられると思います。
それとも、お墓を持つことが出来ない事情でもあるのでしょうか。たとえばご両親が反対しているとか。
文面から見ますと、お墓を継承でき、供養も出来る状況だと考えられますが、この場合には私は永代供養はおすすめしません。
なお、一緒のお墓でなくても、、あの世でちゃんと会えるのかという心配はありません。大きな命の流れにもどるわけですから、ちゃんと会えると考えています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお墓の移転について、お寺さんとの関係、費用について

現在お墓が箱根にあります。住居は三島となります。車で約1時間の距離ですが、冬場には箱根は雪が降るので、気軽にお墓参りもできない状況が続きますし、老いたら箱根まで車で行くのも困難となると思うのでお墓を移転したいと考えています。(住居の近くに)

檀家でありますがこのようなことをお寺さんに相談することは失礼にあたりますか?近隣の同じ宗派のお寺を紹介してくれるとは思いますが、お墓を移転するに当たって問題、やるべきことはありますか?
また一般的に費用はどれくらいかかるのでしょうか?
お墓自体(石塔他)をそのまま移転することは可能でしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

良くある話です。

会社の人は、 山梨 河口湖の方に墓が有り すでに 親の世代から 息子が墓守しており
現地に 親戚も 住んでおらず 疎遠になりかなないので

地元へ墓を 移しました。
移転先 現住居近くの寺に 墓を捜す 元の墓の寺に 移転の相談をする。
会社の人の場合 元のも 無縁仏が増え 檀家も減少し 経営が厳しく かなりの金額を取られたそうで
〇〇〇万とか
相場が有って無い様な物です お坊さんと相談か
檀家の 役をやってる人に 仲介してもらい 相場を知り 可能な額を 交渉とかするしかないでしょう

過疎地の寺には 手切れ金的に 支払わないと 仏さんに 対しても 良い結果が生まれないのでしょうね。
墓を 動かすのは 大変です。

Q永代供養について教えてください。 私は子供がおらず、私で墓じまいです。 永代供養って、本当に永代なん

永代供養について教えてください。
私は子供がおらず、私で墓じまいです。
永代供養って、本当に永代なんでしょうか?
そもそもそのお寺が亡くなったら、どうなるのでしょうか?
亡くなってしまってからは、金銭も払えないので結構お高いのですよね?相場ってお幾らぐらいでしょうか?同じような境遇の方、アドバイスをお願い致します。また、墓じまいの流れなどもご存じでしたらお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが思われている、永代とはどのくらいの年月なのでしょうか。

1回忌、3回忌、・・・・という法事に、お寺さんに1回あたりにお支払いする、お布施・お車代・御斎(おとき)あわせておいくら位になるとお考えですか?


お支払いになられる、永代供養料と比較して考えてください。


何となく、判ってきませんか?

Qお墓の移転

こんばんは。
道路の拡張工事でお墓を移転することになりました。
このお墓は、私の曽曽祖父の代に、近所の方が移転するので
畑をやるからお墓を守って欲しいと譲り受けたそうです。
たぶん、江戸末期とかそのくらいの古いものです。
自然石に戒名が掘ってあり、5石くらい南向きに並んでいてひとつだけ
西向きに建っています。
移転の際、お坊様に御供養は頼みますが、墓の位置などは
そのままの状態で移転したほうが良いのでしょうか?
拡張工事は、消防法に引っかかるため町の方から公道を拡張するように
という指示があったためです。
古いお墓だし、直接の先祖ではないので何か祟りでもあったらと
不安です。近所の方というのは名前も現住所もわかりません。
ものすごく古い話で知っている人が誰も生存してないからです。
分かる方いらっしゃいましたらお願い致します。

Aベストアンサー

お墓のことは、宗派によって異なります。お寺さんがいらっしゃるのでしたら、

そちらに聞かれた方が良いと思います。

浄土真宗でも、西と東では異なります。

ちなみにお西さんでは、魂を抜いた後はもうそこにはいないとの考えですので、

はっきり言えばどう処分してもいいのですが、だいたいの人は石材店に相談します。

向きに関しては、その土地にあった向きがありますので、必ず西向きにする必要は

無いと思います。隣の人のお墓を向いてるのもどうかとは思いますが。

Q今ある先祖のお墓を永代供養したいのですが

実家のお墓について相談です。
祖父が自分でお墓をつくり(本家ではないので)、祖父母と叔父および祖父の親戚筋関係(詳細不明)が入っています。父は長男で、ほかに未婚の叔父と叔母がおります。私は、兄(既婚で子供あり)妹(バツイチ子無)の妹にあたります。母方の祖母は父方とは別のお寺で永代供養をしていただきました。
兄が父方のお墓をつがない事になり、父方のお墓をどうするか問題になっています。仮に妹の私が墓守を引き継いだとしても子供がおらず私の代で終わってしまうため、父の兄弟(叔父叔母)と相談してお墓を父の代で終わるように頼んでいます。
そこで質問ですが、現在お骨が入っているお墓からお骨を取り出しかつ現存の叔父・叔母も入れるような共同の永代供養してもらえる墓地はあるのでしょうか。祖母が入っている永代供養は一人一区画と決められています。できたらみんなばらばらにならず1つの場所で、また後々墓守の引き継ぎを探す必要がないようお寺に供養を続けていただきたいのですが可能でしょうか。現在の檀家から抜けて別の宗派の永代供養墓地にはいる事はゆるされるのでしょうか。また父方の実家に(父は長男ですが家をでたため)仏壇と複数のお位牌があります。私が引き継いでも私が死んだときにどうするかといった問題を姪っ子に関わり合いがないようにしておきたいと兄ともども悩んでおります。できたらあわせてお寺で受け入れていただきたいのです。さらにお骨を出したとのお墓はどうしたらよいでしょうか?
田舎ですので父方の生地ではお寺が1つだけ、全家庭昔から檀家です。

実家のお墓について相談です。
祖父が自分でお墓をつくり(本家ではないので)、祖父母と叔父および祖父の親戚筋関係(詳細不明)が入っています。父は長男で、ほかに未婚の叔父と叔母がおります。私は、兄(既婚で子供あり)妹(バツイチ子無)の妹にあたります。母方の祖母は父方とは別のお寺で永代供養をしていただきました。
兄が父方のお墓をつがない事になり、父方のお墓をどうするか問題になっています。仮に妹の私が墓守を引き継いだとしても子供がおらず私の代で終わってしまうため、父の兄弟(叔父叔...続きを読む

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

基本的に、お寺での供養はどのような場合でも「永代供養」です。お寺には檀家さんの過去帳があり、朝晩のお勤めで回向供養しています。
かりに、あるお家の子孫が絶えてしまって先祖祭祀をする方がどなたもおいでにならなくなっても、お寺としての供養がなくなってしまうわけではありません。

この事と、最近ひろく行われている「永代供養墓」というものは、似ているようで実はかなり違うものです。
守る人のいなくなったお墓は、整理されて「無縁仏」として合祀されます。こうした無縁仏を合祀した大きな墳墓を「無縁塔」とか「三界萬霊塔」などと呼んできました。
現在のように一般のお家でも後継者が少なくなっている状況では、境内にお墓を建ててもらう事は、お寺にとっても経済的なリスクがあります。子孫が絶えてしまえば、墓地管理費や祭祀にかかわる収入が絶えることになりますし、残ったお墓の撤去や遺骨の合祀はお寺の負担(持ち出し分)になってしまいます。
そこで、どこかの頭の良いお坊さんが、「どうせ、いつかは無縁仏になるのなら、最初から無縁仏にして、まとまった金を取ってやろう」と始めたのが「永代供養墓」です。「永代供養墓」と言いながら、その実態はほとんどが「三界萬霊塔」と何も変わりせん。区画売りしているものも、要はロッカー式霊園の小さい物、というに過ぎません。
結局「最初にまとまった金を払って、とっとと無縁仏になりなさい」ということです。お寺にとっては永代供養墓という名前の無縁塔を新たに作る初期投資が少しかかりますが、「不良在庫」としてのお墓を抱えるリスクを回避して、何十万円かのまとまった収入を効率よくあげるための、非常に都合の良いシステムです。

このように、永代供養墓は、ほとんどのお寺で経済的な理由から始められているので、「お金になるなら」どこのお寺でも受け入れてくれるはずです。ただし、「一度きりの機会だから、できるだけお金を取る」という考え方で運営されているお寺も少なくないので、複数のお寺から資料をもらい、よく比較検討される事をお勧めします。

現在のお寺のお墓をなくして、遺骨をどこかの永代供養墓に移すには、
(1)法律で定められた改葬の手続きをとって、ご遺骨を移します。
(2)ご遺骨を取り出した後のお墓は、itirikiさんのご実家の負担で撤去・整理して、敷地を更地にしてお寺にお返しします。
(3)お寺によっては檀家を抜ける時に「離檀料」などを差し上げなければならない事もあります。

仏壇と位牌は、そのまま受け取ってお祀りして下さるお寺は、まずありません。離檀される時に、現在のお寺にお願いして、魂抜きの法要をして頂いた後に処分します。処分は、お寺でして下さる場合もありますし、自分で小さな破片に壊して可燃ゴミとしてクリーンセンターなどに持ち込むことになります。そのようなサービスを行っている仏壇屋さんもあります。


永代供養墓とは、また違った意味合いで身寄りのない(なくなる)ご遺骨を引き受けてくださる、お寺としては一心寺さんが有名です。ご希望の方法に近いかもしれません。
下記のURLを参照してみてください。
http://www.isshinji.or.jp/

参考URL:http://www.isshinji.or.jp/

曹洞宗の僧侶です。

基本的に、お寺での供養はどのような場合でも「永代供養」です。お寺には檀家さんの過去帳があり、朝晩のお勤めで回向供養しています。
かりに、あるお家の子孫が絶えてしまって先祖祭祀をする方がどなたもおいでにならなくなっても、お寺としての供養がなくなってしまうわけではありません。

この事と、最近ひろく行われている「永代供養墓」というものは、似ているようで実はかなり違うものです。
守る人のいなくなったお墓は、整理されて「無縁仏」として合祀されます。こうした無...続きを読む

Qお墓の移転(改葬?)時、檀家を抜ける

近々お墓を移す予定です。

現在他県に父方の先祖代々の墓があり、父の遺骨も納められていて(父が長男です)檀家なのですが、
現在の住まい近くの霊園を買って父や先祖の遺骨を移そうと考えています。
父の兄弟とはあまり付合いも無く、その方々もお墓を継がないと言うので、移転(改葬?)を機に檀家も辞めたいと思っているのですが。
移転する(お寺に移転を伝える)と、自動的に檀家ではなくなるのでしょうか。
檀家を辞めるには?
また逆にお墓を霊園に移しても檀家でいる事はできるのでしょうか。

法律上の手続き(埋葬、改葬許可)は他の方の質問と回答で解ったのですが・・・

Aベストアンサー

檀家を止めたいのなら、その旨もはっきりと伝える方がいいと思います。
又、お世話になっていたのでお布施を幾らかお包みしたほうが良いと思います。

お墓を霊園に移した場合でも、希望すれば檀家でいられるようですよ。
(お寺にもよるかもしれませんが)
通常のお墓参りは霊園に、法要のときはお寺で行う、といったやり方もあるらしいです。

どちらにせよ、移転の手続きもありますからお寺さんと直接お話してみるのが良いのではないでしょうか。
墓石屋さんや霊園の担当者の方にも相談してみたらアドバイスをもらえるかもしれませんよ。
その道のプロの方ですから…

Q納骨堂、永代供養、お墓のマンション?について

先日実家の親とお墓の話になりました。
私は40代後半、親は2人とも存命で70代後半、生きる死ぬの状態ではありません(笑)

少し前に、”生前にお墓を準備しておこうと思う” と親が言いましたが
お墓とか高いだけで、特に大阪なのであっても辺鄙な場所が多いし
反対したことはありました。

両親とも、長男・長女でなく、田舎を離れて何年にもなるので
実家の墓に入ることはありません。

それでちょっとだけ私も調べたりして
お墓でなくても、お参りするのに便利で
小さいブースみたいな墓代わりみたいのでいいやん、と今回も伝えました。

ただ意外とお墓のマンションは高いようです。
納骨堂=永代供養なのでしょうか?
そういったのもあるようですが
結構何箇所もあってそれって、HPとかみて本人の気に入るお寺
をチョイスすればいいのか??

実際は急死しない限り、まだまだ先のことと思いますが
そのような事前準備ってしておいたほうがよいでしょうか?

あと納骨堂、永代供養、お墓マンションの違いや
メリットデメリットなど教えていただきたいです。

Aベストアンサー

最近では墓地を探すのも大変になりましたから、何処の御寺でも納骨堂を
建てられるようになりました。
我家では御墓がありますので納骨堂とは無縁の話しなので、永代供養に関
しては詳しくありません。
永代使用料を支払って納骨堂に納骨させて頂くようですが、永代使用料と
永代供養費は同じではないと聞いた事があります。
納骨堂を使用させて貰う料金と、供養して頂く料金は別物のようです。

前もって納骨堂を予約?するのは無理だと思います。葬儀が終わって納骨
をする四十九日法要までに御寺と相談をして、御寺の納骨堂に空きがあれ
ば使用が出来るはずです。

自分が好きな御寺に納骨をさせて頂くのは、それは無理だと思いますよ。
全宗派を一括して納骨して供養して貰える事はありませんから、あなたの
家の菩提寺に納骨堂があれば納骨をさせて頂く事は可能です。
曹洞宗なら曹洞宗、真宗なら真宗の檀家でないと納骨させて貰えないはず
です。あなたが好きだと言われる御寺に納骨を依頼したいなら、現在の宗
派から、あなたが好きな御寺の宗派に変えるしかありません。

宗派を変えるのは自由です。現在の御寺から別の御寺に鞍替えするのも自
由です。ただ、現在の家の菩提寺に行かれて「宗派と寺を変えます」と言
っても、御住職は直ぐに「良いですよ」とは言われないでしょうね。
それなりの筋は通す必要がありますし、それなりの御礼は出す必要もあり
ます。一番の問題は次の新しい御寺が了承して貰えるかです。
もし了承して貰えない時は、あなたやあなたの御両親は無宗派になります
ので、そこの所を良く考えられて下さい。
宗派を変えたり御寺を変えると言う事は、それ相当の出費が必要になると
言う事です。

最近では墓地を探すのも大変になりましたから、何処の御寺でも納骨堂を
建てられるようになりました。
我家では御墓がありますので納骨堂とは無縁の話しなので、永代供養に関
しては詳しくありません。
永代使用料を支払って納骨堂に納骨させて頂くようですが、永代使用料と
永代供養費は同じではないと聞いた事があります。
納骨堂を使用させて貰う料金と、供養して頂く料金は別物のようです。

前もって納骨堂を予約?するのは無理だと思います。葬儀が終わって納骨
をする四十九日法要までに御寺と相談をして、...続きを読む

Qお墓の移転について

私は長男です。お墓の移転について悩んでおります。
10年ほど前に両親が亡くなっております。
お墓は戦時中に亡くなった姉のため急遽たてたもので、
不安定な場所にどうにかたっている状況です。
また、裏の崖が崩れてきており、できれば早急に
移転すべきだと思っております。
私も年をとり、自宅近くへ墓を移したいと考えております。
姉妹と私は田舎から出ておりますが同じ県内ですので、
移転しても、お墓参りが不便になることはありませんし、
また姉妹はもともとお墓にはまいっておりませんので、
改葬したところで、気付かないような気もします。
もちろん改葬についての負担は私が出すつもりですが、
昔より私が何かしようとすると文句をつける姉妹には
永代供養に出すなど言われそうで悩んでいます。
移転したいと告げれば反対されることは目に見えています。
しかし勝手に移転すると(その場合は移転先を連絡するつもりですが)
何をされるかわかりません。

姉妹と両親とは亡くなる直前まで音信不通でした、
私のすることと、お金の関わることには非常に敏感です。
どなたかいいアドバイスをいただけると助かります。

私は長男です。お墓の移転について悩んでおります。
10年ほど前に両親が亡くなっております。
お墓は戦時中に亡くなった姉のため急遽たてたもので、
不安定な場所にどうにかたっている状況です。
また、裏の崖が崩れてきており、できれば早急に
移転すべきだと思っております。
私も年をとり、自宅近くへ墓を移したいと考えております。
姉妹と私は田舎から出ておりますが同じ県内ですので、
移転しても、お墓参りが不便になることはありませんし、
また姉妹はもともとお墓にはまいっておりませんので、
...続きを読む

Aベストアンサー

家族問題では、全て上手く行かそうとするのは無理です。
どこかでキチンと線引きをすべきです。

その墓所の管理は誰がしているのでしょう。
供養法事、施餓鬼など諸費用を分散しているなら全員の合意が必要です
この場合は解決できなければ、管理をご姉妹に一任し、以後一切関与しない旨の合意をし、正式な書面(形が整っていればOKです)にして、両者の捺印の上でそれぞれで保管しましょう。
 出来れば分骨したいところですが、そうでなければご自分で墓を経て、先祖霊としてご両親を含めて銘を刻んでおけば大丈夫です。

が、(文章の流れから察するに)相談者様が全てを行なっているなら、場所が危険だという正当な理由もあり、移転する事は報告だけで充分でしょう。
反対されても、粛々と準備を進めるべきです。
この場合は後々のまさかの事態も考えて、過去5年分以内の出来るだけけ多くの諸費用の領収書は整理して保管してください。

口だけ出す親族ほど迷惑な者はありませんが、一つ一つキチンと分けていくべきです。でないと幾らでも家庭内に割り込んでくるのが親族ですから。

Q永代供養墓にすべきかどうか

私は30代男性(独身)で兄弟はおりません。
昨年、母が亡くなり、一周忌迄に納骨する予定です。家には継承する代々の墓はありません。
父も親戚も高齢ですので、墓守は実質的に私のみとなります。
私は実家から電車で2時間程度の距離で一人暮らしをしておりますが、
今後、いずれは転勤で遠方に引越す可能性もゼロではありません。

法事は、現在私の家の近所のお寺さんにお願いしておりますが、そこは永代供養の
お寺さんです。
感じの良いお寺さんなので、その寺に納骨しようかと考えているのですが、
合祀という形態に多少の抵抗があり、悩んでいます。

十分に供養をしたいと考えているので、できれば寺院墓地が良いのですが、正直、経済的に余裕がありません。

以下、質問です。
1)そもそも私が墓守をできる年齢である以上、永代供養墓にする意味(メリット)はないのでしょうか。
 よくよく調べると永代供養墓と無縁墓の実質的な違いが無いように思えてきました。
 そうであれば、一家の墓を建て供養すべきかと悩んでいます。

2)公営墓地(公園墓地)に納骨する場合、法事や彼岸等の供養はどこに頼めばよいので
 しょうか。

よろしくお願い致します。

私は30代男性(独身)で兄弟はおりません。
昨年、母が亡くなり、一周忌迄に納骨する予定です。家には継承する代々の墓はありません。
父も親戚も高齢ですので、墓守は実質的に私のみとなります。
私は実家から電車で2時間程度の距離で一人暮らしをしておりますが、
今後、いずれは転勤で遠方に引越す可能性もゼロではありません。

法事は、現在私の家の近所のお寺さんにお願いしておりますが、そこは永代供養の
お寺さんです。
感じの良いお寺さんなので、その寺に納骨しようかと考えているのですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家には継承する代々の墓はありません。
 お父さんは分家ですかね。だから墓はないのかな。
 もし、あなたに(実子にしろ養子にしろ)子ができて子孫が家を守れる見込みがあれば、墓はあったほうが良いでしょう。
 その見込みがないのなら、とりあえず供養を寺に頼んでおきましょう。あなたが死んだときのために親族や自治会などに連絡先を伝え、あなたの永代供養料も済ませて置けば良いです。
 もし、あなたの--というよりお父さんに始まる分家が続くようなら・・・はっきり言うとあなたが結婚したり子供ができたりしたら、その時に墓を立てればよいです。
>できれば寺院墓地が良いのですが、
 と言う事は、その菩提寺は永代供養だけでなく寺院墓地もあるのですか??
 寺院墓地はそんなに高くはないと思いますけど、そのお寺の方針によります。真宗とかだと高いようですね。・・・私の宗派(浄土宗)だと数万円で寺院墓地が手に入れられますが・・。まさか、お墓のために宗旨変えはないでしょうが・・

>そもそも私が墓守をできる年齢である以上、永代供養墓にする意味(メリット)はないのでしょうか。
>よくよく調べると永代供養墓と無縁墓の実質的な違いが無いように思えてきました。
 いいえ、無縁仏になったら供養はしてもらえません。寺院墓地ならしてもらえるけど、その場合はある程度待ってから永代供養のために骨壺を取り出して移動させる。
>そうであれば、一家の墓を建て供養すべきかと悩んでいます。
 墓守がいなくなったら無縁仏になっちゃう
 墓地は手に入れたとしても、墓を立てるのは、子々孫々のめどが立ってからで良いですよ。そうしないと無縁仏になってしまう。そのほうが悲劇です。

>公営墓地(公園墓地)に納骨する場合、法事や彼岸等の供養はどこに頼めばよいのでしょうか。
 菩提寺に頼めば供養はしてもらえます。供養のためにお坊さんに交通費出さなきゃならなくなる。

 もし現在お願いされているお寺とあなたとの関係が判りませんが、もしお父さんの出身の本家のかかわりでしたら、過去帳( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E5%B8%B3 )の関係もありあまり移動はされないほうが・・

>家には継承する代々の墓はありません。
 お父さんは分家ですかね。だから墓はないのかな。
 もし、あなたに(実子にしろ養子にしろ)子ができて子孫が家を守れる見込みがあれば、墓はあったほうが良いでしょう。
 その見込みがないのなら、とりあえず供養を寺に頼んでおきましょう。あなたが死んだときのために親族や自治会などに連絡先を伝え、あなたの永代供養料も済ませて置けば良いです。
 もし、あなたの--というよりお父さんに始まる分家が続くようなら・・・はっきり言うとあなたが結婚したり子...続きを読む

Qお墓の移転費用について

義理の両親がお墓を移転し新しく建立しました。主人は長男なのですが、この場合費用は負担するものなのでしょうか?何も知らず納骨?に行き、親戚の人達はみんな祝儀(っていうのかな?)を持って来ていて恥をかいてしまいました。いずれは私たちの入るお墓なので、はやり負担をするものでしょうか?それとも祝儀という形でよいのでしょうか?それでしたらおいくらぐらい包むものでしょうか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>主人は長男なのですが、この場合費用は…

同居していて同一生計なら、応分の負担をすべきでしょう。墓石業者に支払う金額の何割かを、水引の掛かった袋に包むのでなく、裸の現金でお父様に支払えばよいと思います。

しかし、文面から、同居しているわけではないようですね。
この場合は、他の親類と同じように、「祝開眼」「祝建墓」などと書いた祝儀をお渡しするのがよいでしょう。仏事ですが、紅白の祝儀袋であることにご注意ください。

>何も知らず納骨?に行き…

最近亡くなられたどなたかの納骨も一緒に行われたのですか。
もしそうであれば、黄色と白の袋で、「御仏前」も包む必要があります。
お坊さんも、赤いろうそくで開眼の読経、次に白いろうそくに替えて納骨の読経と、2段階を踏んだはずです。

>いずれは私たちの入るお墓なので、はやり負担を…

別居とはいえ、事実上の「跡取り」なら、祝儀でなく負担のほうがよいかもしれません。
しかし、現実的には、負担は祝儀の何十倍もの金額になります。
しかも、今回のお墓の移転に関しては、お父様が施主であり、事前に金銭の相談はなかったようですから、お父様とご主人、双方の経済力にもよりますが、今回は甘えておいてよいのではないでしょうか。

>それでしたらおいくらぐらい包むもの…

結婚式の祝儀と葬式の香典以外の冠婚葬祭で迷ったら、1万円を基本にしてよいと思います。今回のようなお墓や仏壇の開眼や法事、あるいは病気や火災などの見舞などなど、近親でのちょっとした冠婚葬祭は 1万円で、あとはTPOに応じて増減を図ります。

>主人は長男なのですが、この場合費用は…

同居していて同一生計なら、応分の負担をすべきでしょう。墓石業者に支払う金額の何割かを、水引の掛かった袋に包むのでなく、裸の現金でお父様に支払えばよいと思います。

しかし、文面から、同居しているわけではないようですね。
この場合は、他の親類と同じように、「祝開眼」「祝建墓」などと書いた祝儀をお渡しするのがよいでしょう。仏事ですが、紅白の祝儀袋であることにご注意ください。

>何も知らず納骨?に行き…

最近亡くなられたどなたかの納...続きを読む

Qお墓の引っ越しに伴う、永代供養について

先日、父方の叔母が亡くなりました。
お墓をどこにするかで、親族との相談が難航しております。

■家族構成(6人兄弟)
長女
次女・・・叔母A(独身・未亡人)~★今回、亡くなった叔母。祖父母の墓守(本州在住)をしていた。
三女・・・叔母B(既婚・子供2人)~▲遺産相続人

故長男・・・亡父C(妻である私の母は存命・子供2人・単体で他県の市営墓地にお墓あり)~●私が長女にあたり、長男の兄には娘が2人有。(転勤族)
次男・・・叔父D(既婚・子供2人)~クリスチャン
三男・・・叔父E(既婚・子供2人)~当初、叔母Aと祖父母の墓を引き継ぐ予定だったが、墓守を拒否

お寺・・・祖父母と叔母A(今回逝去)の永代供養を拒否。(本州)

■状況
今回亡くなった叔母A★が、祖父母の墓守をしていたのですが、今回逝去したため、
三女の叔母B▲が、遺言状により、遺産を全額相続。

実は、遺産を引き継がない存命の兄弟が、墓の継承と位牌の受け取りを拒否しました。
そのため、祖父母の墓がある寺に永代供養をお願いしたところ、住職に永代供養を断られたそうです。

そんなわけで、故長男である亡父の墓に、祖父母と叔母Aの遺骨を引っ越し、長男の兄に位牌も受け取るよう、叔母B▲(既婚)に求められております。

■困っている点
私の亡父は長男であり、兄も長男なので、亡父一人が入っている墓に祖父母と叔母を納骨するのが筋なのですが、墓守を引き継ぐべき立場の兄が、転勤族です。
そのため、実質、墓守は長女の私と未亡人の母が行うことになります。

また、母が今回亡くなった叔母Aと不仲であったこともあり、亡父の入っている墓に祖父母と叔母のお骨を納骨することに、納得しておりません。
また、3名分の墓の引っ越し・永代供養に比較すれば、亡父の墓に納骨する方が、費用的に安価であるとは思います。
しかし、元々、私の母と亡父、二人だけが入る予定でお墓を立てておりました。

宗派は祖父母も亡父も同じですので、亡父の市営墓地にある墓はそのままで、別途、私どもの在住する地域のお寺に祖父母と叔母A★のみ、永代供養をお願いすることは非常識でしょうか?

やはり、そんなことはできないとお寺に断られるかもしれませんが、
何卒、皆様のお知恵をお貸しください。

先日、父方の叔母が亡くなりました。
お墓をどこにするかで、親族との相談が難航しております。

■家族構成(6人兄弟)
長女
次女・・・叔母A(独身・未亡人)~★今回、亡くなった叔母。祖父母の墓守(本州在住)をしていた。
三女・・・叔母B(既婚・子供2人)~▲遺産相続人

故長男・・・亡父C(妻である私の母は存命・子供2人・単体で他県の市営墓地にお墓あり)~●私が長女にあたり、長男の兄には娘が2人有。(転勤族)
次男・・・叔父D(既婚・子供2人)~クリスチャン
三男・・・叔父E(既婚・子供2人)~...続きを読む

Aベストアンサー

散骨も一つの方法です。
http://www.saigetuan.com/scattering/index.htm?gclid=CKuZrMvu2LECFRBTpgodVgYA4Q

http://www.chikusenkyo.com/seihu4.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E9%AA%A8

参考URL:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0816/339510.htm?o=0


人気Q&Aランキング

おすすめ情報