『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

アコースティックギター初心者です。
分からないことだらけなのですがよろしくお願い致します。

4ヶ月ほど前に初めてEpiphoneのナチュラルのお色のアコギを購入し、
1日30分ほど練習しております。
昨日楽器屋の店頭に同じギターが並んでいたので見たところ、
何か違和感を覚え、自宅に帰って確認してみたら、
私のギターは店頭のものに比べてお色が濃いように思えました。
ギター全部のお色が濃いわけではなく、
サイドと裏板はホームページに載っているようなお色なのですが、
表板だけが目で見て違いがはっきり分かるくらいにお色が濃くなっています。
ムラなどはなく、全体的に同じ色になっています。

普段はギタースタンドに立てかけて、薄い布をかけております。
サウンドホールが隠れるくらいの丈で、ギター全部は覆えません。
若干メッシュ状になっている生地で、遮光性はないと思います。
直射日光は当たりませんが、窓はあるので光は入る部屋での保管です。
使用後は布で空拭きするだけで、オイルなどは塗っておりません。

情けながら、どうしても欲しいギターだったのですが
3ヶ月ほど探しても楽器屋で見つからず、通販で購入したものでした。
今まで店頭で見たことがなかったのでお色の変化に気付きませんでしたが、
購入当初の写真などがないので、最初からこのお色だったかもしれません。
初心者なのでよく分かりませんが、購入当初と比べても
音にも特に変化は出ていないように思えます。
ただ、初めて買ったギターだったので大切にしたかったのに、
私の保管状態が悪いために変色してしまったのだとしたら
ギターに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ギターのボディーの色は自然に変わることがあるのでしょうか?
あるとしたら、どうしたら防ぐことができるでしょうか?
保管環境が原因だとしたら、今後どのような点に気をつけて
保管したらよいでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

直射日光に当てていなくても普通に使っているだけで色は変わります。


これは、塗装面が紫外線の影響を受けるためで、一般的に「焼ける」と言います。

「表面だけが色が濃くなっている」と言うのは、表面だけではなくて全体的に濃くなっているのですが、
サイドやバックの材質が元々濃い茶色をしていませんか?それで濃くなっているのがわかりにくいだけだと思います。

もちろん直射日光に当てれば進行は早くなりますが、普通に使っていても焼けるものなので防ぐ方法はないですね。
ケースにしまって出さなきゃいいかもしれませんが、それじゃ弾けないし(笑)

まあ、いつまでも新品みたいにピカピカしてるより、適度に焼けて来た方が使い込んでる感じがして
楽器としての風格も出てくるのでは・・・と僕は思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
自然に焼けていくのでしたら防ぎようはないのですね。
私の扱いが悪いせいで変色してしまったのなら……と不安でしたが、
普通に使っていても色が変わっていくものと仰って頂けて安心致しました。

サイドやバックを見てみましたが、そちらはEpiphoneのサイトに載っている
画像のような薄いベージュのお色をしておりまして、
サウンドホールから内側を覗いてみても、
材質自体が濃いとは感じませんでした。
いつもトップが窓に向くように、バックは壁を向くように置いていたので、
トップだけ色が変わってきているのはそのせいかもしれません。

確かにケースにしまっていればずっと綺麗でいられますが、
それでは意味ないですね(笑)
観賞用に買ったわけではないので、使っていくうちに
サイドやバックも同じ色になっていってくれたらと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/01 09:18

他の意見同様ナチュラル系の塗装は濃い目のあめ色に変化するのはごく


自然なことです。

ただしこの変色を抑える方法が一つあります。それは室内の照明を”美術品展示用”の蛍光燈に換えてしまうことです。

この品物は主に美術館の展示スペースの照明に使われているもので紫外線を出しません。したがって貴重な文化財の保護には大変役立つものです。これを使ってみてはどうでしょうか。かなり退色を遅らせることができます。

なおこの物は一般に市販されている蛍光燈より割り高なもので、店に特別注文というかたちで購入することになるはずです。それがダメならば”いい風合いに色がなった”と考えることでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ナチュラル系の塗装が飴色に変化するのはごく自然なことなのですね。
実用として長く使っていらっしゃるのに
ずっと色が変わらないギターをお持ちの方がいらっしゃって、
私のものは色に変化が出るのが早かったように思えたのですが、
きっとその方と私とは保管方法など違いがあるのでしょうね。

蛍光燈の件、大変参考になりました。
とはいえ高額なギターでもなく、観賞用に買ったわけではないので、
”よい風合いの色になった”と考えて、大切に弾いていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/01 09:54

ん?


ナチュラルのアコギは経年変化で色が濃くなるのは当たり前。

それが良いところだと思います。

履き込んだジーンズが色あせていくのがカッコいいのと同じだと
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
木材製品ですし、お色が変わるのはやはり当たり前ですね。
同じギターで同じナチュラルのお色のものを
3年以上使っている方がいらっしゃるのですが、
(もちろん鑑賞用ではなく実用として)
その方のギターはほとんど色が変わっておらず、
まだ4ヶ月の私のギターがこんなに色が変わってしまったのは
私の扱いが悪かったせいではないか……と不安でした。

ジーンズの例え、とても納得致しました。
使い込んで、よいお色になるよう大切に弾いていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/01 09:49

使えは、直射日光にあたらなくても、反射光で、


「こんがり」焼けます。(^^

新品のとき、アイドルのシール貼って、何年後に
そのシールをはがすと、ちょうど、「日焼け」の跡のように、
色の差がわかります。(^^;

変色防止は、ケースに入れて置く。。。のがベストだと思いますが
なんのために買ったのか?
意味ない。。。ような(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
直射日光でなくても反射光で焼けるのですね。
部屋が和室でふすまが白なので、反射光も強かったかもしれません。

購入当初はスタンドを持っておらずケースに入れていたのですが、
ケースに入れていると出し入れが面倒で触れる機会が少なくて(^^;)
焼けが嫌でケースに入れたままでは買った意味がなくなってしまいますね。
変わっていくお色もそのギターの味として、大切にしていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/01 09:41

ギターに限らずナチュラルカラーの木工品なら色焼けしますよ。

自分もギターもナチュラルカラーですが、20年も経っているので飴色になってきています。サイドと裏は光が当たりにくいので変色が少ないのだと思います。変色させない方法は光に当てないことです。でも色が濃くなっていくごとに渋みが加わって愛着がわいていくのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ギターでも色が変わっていくものなのですね。
ヴィンテージギターも飴色になって渋みが出ているものが多いですが、
最初からあのようなお色なのかと思っておりました。

20年! さぞよい音とお色になっていることでしょうね。
私もせっかく選んだギターですので、大切にしていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/01 09:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日焼けしたギターはかっこ悪い?

高校生の娘が、発足したばかりの学校の軽音楽部に入り、ギターをやることになりました。
親馬鹿ではありますが、ずっと私の趣味になんら興味を示さなかった娘がバンドをやるのが嬉しくて、私が若い頃から使っていた70年代のフェンダー・ストラトキャスターをプレゼントしました。

周りが初心者セットの楽器ばかりの中、わりと高いギターであることに娘も喜んで、さっそく学校へ持っていったのですが、帰ってくるなり「新しいギターが欲しい」と言い出しました。
他の部員からギターがかっこ悪いと言われたそうです。
理由を聞けば、質問のタイトルが示すように日焼けしたギターだったからです。
このストラトは元はホワイトでしたが、長年にわたり使い続ける中でアイボリーをもっと濃くしたような色に変色しています。
ギターを「汚れている」と表現されたそうです。もちろん相応の傷もあります。

学校という狭い世界の話しですし、これが原因でイジメられても困るので、仕方なく新しいギターを買い与えることになりそうです。
私はヴィンテージ感があって良いと思っているのですが、やはり今時の若者にはクスミも汚れもなく、傷すら付いていないようなギターのほうがカッコ良いのでしょうか。
若い方はもちろんですが、日焼けした白ギターを使っている方のご意見もお待ちしています。

高校生の娘が、発足したばかりの学校の軽音楽部に入り、ギターをやることになりました。
親馬鹿ではありますが、ずっと私の趣味になんら興味を示さなかった娘がバンドをやるのが嬉しくて、私が若い頃から使っていた70年代のフェンダー・ストラトキャスターをプレゼントしました。

周りが初心者セットの楽器ばかりの中、わりと高いギターであることに娘も喜んで、さっそく学校へ持っていったのですが、帰ってくるなり「新しいギターが欲しい」と言い出しました。
他の部員からギターがかっこ悪いと言われたそう...続きを読む

Aベストアンサー

私は、楽器が好きなので、フェンダーストラトは白とサンバーストの2本を持っていますし、アコギもギブソン、マーチンなどの良い物を持っていますが、いずれも日焼けしてアメ色っぽいです。ウレタン塗装は紫外線で黄変するので仕方がありません。ケースに入れてコレクターズアイテムとして秘蔵すれば別ですが。
>このストラトは元はホワイトでしたが、長年にわたり使い続ける中でアイボリーをもっと濃くしたような色に変色しています。

なんと!フェンダーのホワイトが黄色っぽく焼けたものは、特に「バナナイエロー焼け」と言って、マニア筋でも評価が高いのです。お持ちのストラトは、うらやましいような楽器です。初心者用エレキセットが20セット買えるくらいのお値段です。

当然のことながらアメ色をしていても、カッコ悪いなどとは罰当たりです。
価値のわかる人が見れば、「よい楽器をお使いですね!」と言ってくれますが、若い人はどうでしょうか?70年代のフェンダーといえば、普通の人の手の届く価格ではないですから、高校生には勿体無いともいえます。盗難の危険も高いです。
部屋や教室に置いて、体育の授業をして帰ってくると無くなっているということも考えられます。バンドをバリバリやっている子なら70年代フェンダーの価値はわかりますし、出来心で手を出す可能性は十分あります。オークションに出せば数十万円の現金に化けますから。そのような意味から、高校生の初心者に分相応の楽器を買ってあげるほうがよいと思います。
ちなみに、70年代フェンダーの価値は以下のサイトなどで解りますから、一応娘さんに「このような価値のある楽器だよ!」ということは教えてあげればよいと思います。
「それなら欲しい!」と言われるかもしれませんが、上記の理由で、初心者が無造作に扱ってよい楽器ではないので、ライブ本番で使うくらいにして、普段はストラトのコピー物を使っておかれるほうがよいと思います。
http://www.oihata.com/fender/intoro.htm
http://www.oihata.com/fender/sale.htm

私は、楽器が好きなので、フェンダーストラトは白とサンバーストの2本を持っていますし、アコギもギブソン、マーチンなどの良い物を持っていますが、いずれも日焼けしてアメ色っぽいです。ウレタン塗装は紫外線で黄変するので仕方がありません。ケースに入れてコレクターズアイテムとして秘蔵すれば別ですが。
>このストラトは元はホワイトでしたが、長年にわたり使い続ける中でアイボリーをもっと濃くしたような色に変色しています。

なんと!フェンダーのホワイトが黄色っぽく焼けたものは、特に「バナナイエ...続きを読む

QYAMAHAのギターって特徴がない?

アコースティックギターをやりたいなと思いギターショックに行ったとき、店員の人にいろいろ聞いたのですが、ヤマハのアコギは音に特徴がないからやめた方が良いと言われました。10万円くらいするギターだったと思います。国産のギターを買うなら、Yairi,Takamine,Ariaあたりを買えば間違いないと言われました。天下のヤマハなのに、特徴ないの?と思ったのですが、本当にそうなんでしょうか?私には音を聞き分ける力も演奏する力もないので、そういうものなんだと思ってしまいました。ちなみにその人は若そうでバイト君な感じがしました。

Aベストアンサー

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普及品の安物でも同じ音がするという意味ではありませんよ。やっぱり価格帯なりラインナップなりの音の良し悪しはあります。でも、どのモデルでも何かしら「YAMAHAで~す」というエッセンスがある音がするというのは、私と同業の大抵の人間が、ほぼ同意見ですね。

また、これは一つの極論としてですが、「上手い人は当然良い音がするが、下手な人でもそれなりの音がする」という面もありますね。
これは、ギターテクニックとしての側面ではなく、マイクを通せばそういう音になる…という、私らエンジニア側の感覚論なんですが、マーチンやギブソンなどは、いくら高級モデルでも下手な演奏だと「これがマーチンやギブソンとは思えない」くらいひどい音になる事もザラですが、YAMAHAは下手な人でも『何とか崩れきらずに踏みとどまった音』に収まってくれますね。
ただ、そういう特性が、初心者ギタリストの成長を阻害するモノかどうかは、私にはわかりませんけど。

また、これはいつも私が「YAMAHAというメーカーは恐ろしいなぁ…」と感心している事なんですが、同系列の全く同じモデルのギターが何台か有ったら、どのギターもほとんど同じ音がします。少なくともマイク通すと、一台一台の音の差が非常に小さい。こういうことは、他のメーカーではまずお目にかかった事がありません。

それと、録音の時などは、「一番良い音がするポイント」を探して選んでマイクを据えるのが常なんですが、ギブソンなどはポイントが凄いシビアで、マイクの位置が変わると音ががらりと変わるので、ギタリストの納得いく音にするのにめちゃくちや手間がかかるのですが(だいたいギブソン弾きは自分の音にメチャクチャうるさい傾向もあったりしますが(^^ゞ)、YAMAHAは良い音がするポイントが非常にワイドで、まぁハッキリ言ってセッティングはメチャクチャ楽です(爆)

そして、他の方も言われていましたが、ギターと他の楽器のアンサンブルでは、ある程度の腕前の人が弾く限りは、「他の楽器の音を殺すことなく、自分の音が埋もれる事もなく、さりとて極端に主張の強い音を出すでもなく」…という、有る意味『非常に優等生的な音』で鳴りますね。
これも、PA屋にとっては非常にありがたい音です(^^ゞ

なので、大抵のPA屋は、プレイヤーのギターがYAMAHAだったらホッとします(^^ゞ

今まで述べてきた意味で、『アクの無い音』というのが特徴…ということは言えるかもしれません。

あと、これは知り合いのギタリストの受け売りですが、彼曰く
「YAMAHAのギターは、当たり外れがまず無いし、だいたいは良い音するんだけど、何か『音でこういう主張をしたいっ』と思って弾いた時に、楽器に後ろ髪引かれるような感じがして、今ひとつハジケられない」
なんてことを言っていました。
なので、ギタリストの立場では、そういう「優等生的で音の主張が少ない」なんていう意味で『YAMAHAは個性が無い』という意味での『特徴がない』という評価は有り得るかなぁと、私の立場でも思えない事はないですね。

YAIRIを持ってるギタリストは、知り合いにあまり居ないので詳しくないですが、Takamineなんかは、当たり外れという意味ではないですけど、私にとっては結構1台1台の音の個体差は大きい感じがしますね。まぁ、Takamineはエレアコを扱う場合の方が多いので、余計そう感じるだけかもしれませんが…

ただ、こと他の楽器とのアンサンブルに限っては、下手なマーチンやギブソン弾きだと、PA屋がいくらがんばっても音がメチャクチャになる事が(アマチュアだと)非常に多いので、アンサンブル用ギターとしては、私の中ではYAMAHAが世界のナンバー1です。

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普...続きを読む

Qフレットの減りの判別方法

こんにちは。

ヤフオクなどでギターを見ていると
「フレットの減りは~です。」
といった表記が良く見られます。

フレットの減りはどのように確認するのでしょうか?
今まで意識した事がなく、良くわかりません。

私が10年くらいに買ったギターには
フレットに弦でできたへこんだ跡があります。
ちょうど各弦の下にできていてボコボコしています。
これがフレットの減りなのでしょうか?

それ以外のフレットの減り方はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることでどうしてもできてしまうものです。また、弦をフレットにこすり付けるような奏法(チョーキング)などを多用する場合、それがフレットの減りを促すこともあります。その場合、弦の下ではなく、弦の横でもフレットが減ることになります。
フレットの減りは、音程の狂いを招いたり、スライド奏法などの時の指触りが悪くなったり、程度がひどくなるとビビリや音切れ、チョーキングの際の音詰まりの原因になったりすることがあります。

フレットについては、特に金属の弦を使うギターでは長期的には消耗していくものになります。フレットの減りについては、ある程度は避けられないことになるでしょう。
減ってしまったフレットについては、軽度であればすり合わせ、重度であればフレット交換で状態を修正できる可能性があります。すり合わせはフレットの上部を複数のフレットに渡って均等に削り落として最も低いところに高さをあわせ、フレットの上部の角を落として新品のような状態にする修正です。フレットの最も低いところでまだ十分なフレットの高さを確保できる場合は、フレットのすり合わせを行ってフレットの状態を回復させることができます。もし、すり合わせを行った後でフレットの高さが十分に確保できないくらいにフレットが減ってしまっている場合には、フレットを交換する必要があります。
すり合わせもフレット交換も、素人作業では精度を出すことが難しいことも多いため、どちらも専門家の手に委ねた方が良い修正といえます。フレットのすりあわせについてはリペアショップにもよりますが10,000円程度から、フレット交換については30,000円前後の費用がかかると思います。フレット交換に関しては、ネックにバインディングが入っていたり、セットネックやスルーネックのギターでは、より費用が高くなることも多くあります。また、特にフレット交換については修理費が高くなる傾向があるため、ギターによってはギターそのものを買い換えた方が安く上がることもありえます(そうした場合、リペアショップの良心で修理を拒否するところもあるようです)。

参考まで。

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることで...続きを読む

Qギターの日焼け

メイプルのネックは日焼けによってヴィンテージギターのような濃い色のメイプルネックになっていくとの事ですが、短期間で日焼けさせることはできるのでしょうか?
それともネック自体が傷んでしまったりするのでやめた方が良いのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も昨今の、その種の動向は関心しません。
愛器は自分と共に時を経て、それなりの風格を得る。
見せ掛けは無用、音楽そのものでもっとやるべきことが沢山あります。
ご一考願います。

Q湿度調整剤の効果について

ギターケースに入れる湿度調整剤ですが、これは実際にどれほど効果があるのでしょうか。

フェルナンデスは40g、グレコは60gや70gという容量ですよね。
単なる除湿剤と専用の湿度調整剤をいっしょにしていいものかわかりませんが、押し入れなどに置く350gの除湿剤をギターケースに入れて湿度を計ったところ、4日間入れていてもケースを置いた部屋の中と5%程度の変化しかありませんでした。
部屋が約72%、ケースが約67%でした。

湿度計は故障や個体差も考え、念のため同じメーカーの物を3個、別メーカー1個を入れてみましたが数値はほぼ同じでした。
これが天候などでプラス10%や20%にスライドした場合、ケースに入れても入れなくても楽器には悪いように思います。

それで、ギターケース用の湿度調整剤ですが、これはわずか40g程度でも押し入れ用などと比べて急速かつ大量に湿気を吸い、また吐き出すようなものなのでしょうか。
また、メーカーが言うようにひとつで半年や1年も使え、ギターに最適な湿度をケース内で保つということは、仮に部屋が80%もあったとしてもケース内は50%から60%ぐらいに保つということなのでしょうか。

実際に使っておられる方、いかがですか?

ギターケースに入れる湿度調整剤ですが、これは実際にどれほど効果があるのでしょうか。

フェルナンデスは40g、グレコは60gや70gという容量ですよね。
単なる除湿剤と専用の湿度調整剤をいっしょにしていいものかわかりませんが、押し入れなどに置く350gの除湿剤をギターケースに入れて湿度を計ったところ、4日間入れていてもケースを置いた部屋の中と5%程度の変化しかありませんでした。
部屋が約72%、ケースが約67%でした。

湿度計は故障や個体差も考え、念のため同じメーカーの物を3個...続きを読む

Aベストアンサー

長年ギターを弾いていますが、ケース用の調整剤なんてただの気休めに近いものです。考えてみてください。あの小さな袋の中に一体何グラムの水分を吸収できるでしょうか?まぁ無いよりマシ、程度に思っていた方が無難です。
今の季節の日本であれば、外気は40%の湿度なんて普通にありますから、ケースを開いて数時間外に出しておく方がよほど乾燥します。

ただし、楽器的に一番危険なのは「乾燥しすぎ」および「急激な乾燥」で、これはひどければボディの板が割れたりします。それから見れば、湿度70%の方が安全といえます。(湿度が高くても普通は割れません。狂いや剥がれの方が修理しやすいのです)


さて、前回のご質問からの続きですが、こういうものがあるのを忘れていましたので追記しておきます。
多少値が張りますが、「エアコン購入+電気代」や引越しよりはずいぶんリーズナブルだと思います。
楽器店等では数百万する楽器の保管にも使用されている物です。
http://www.dry-cabi.co.jp/product/wetcabi.html#title02
※ もしかしたらすでに生産中止か受注生産品ですが、かつては3本収納のものは20万円弱で販売されていました。

こういう製品は除湿剤でコントロールしているのではありませんが、装置自体は結構単純で壊れにくいので、古いカメラ用防湿庫を手に入れギターの入る箱を作るなりして取りつければ自作が可能です。

長年ギターを弾いていますが、ケース用の調整剤なんてただの気休めに近いものです。考えてみてください。あの小さな袋の中に一体何グラムの水分を吸収できるでしょうか?まぁ無いよりマシ、程度に思っていた方が無難です。
今の季節の日本であれば、外気は40%の湿度なんて普通にありますから、ケースを開いて数時間外に出しておく方がよほど乾燥します。

ただし、楽器的に一番危険なのは「乾燥しすぎ」および「急激な乾燥」で、これはひどければボディの板が割れたりします。それから見れば、湿度70%の方が安全と...続きを読む

Qギターの日焼け

ちょっと変わった質問だと思いますが。
私のギターはEpiphone Les Paul Customのアルペンホワイトなんですが、中古で買ったものでした。
で、買った当初から日焼けして、クリーミーな感じになってました。
しかし、そこが気に入って買ったのです。でも自然塗装(?)なのでかなりムラがあります。

そこで、綺麗に日焼けさせる方法はありませんか?どうにかしてムラをなくすことはできますか?
また、日焼けさせることによってギターの質に何かしらの影響はあるのでしょうか?
どんな知識でもいいので、解決策がある方は教えて下さい。

Aベストアンサー

紫外線を照射するとか・・・
http://www.cosmobio.co.jp/kiki/contents/000200.asp

キセノンライトを使うとか・・・
http://www.tozaidensan.co.jp/lamps/xenon_index.htm

でも白系の「まだら」はタバコのヤニや手あかなどの汚れによる場合が多いです。車用の「白色車用ワックス」で磨いてみては如何でしょう?

Qギターに傷をつけてしまった。。

タイトルどおりです‥。半べそかいてます‥。
ボディに5ミリ程の傷(塗装のめくれ)と、凹みをつけてしまって、塗装が濃い色なんで目立っています。。
楽器店に問い合わせたところ、2~3万ぐらいかかるそうです‥。(最低限で1万)
アコースティックギターは、これからずーっと使うつもりで5~6万で購入しました。
2~3万出して直してもらうか、最低限で直してもらうか、それとも、そのままにしておくか‥、今、とても迷っています。。
どちらにしても、近いうちに、詳しい見積もりなどを聞く為に楽器店へ持って行きますが、みなさんはこんな時どうされますか?アドバイス、または、考えを教えて下さい。お願いします。。

Aベストアンサー

これから二度とキズつけないように注意しながら扱えますか?
リペアした後、不可抗力によって再びキズがついてしまったらどうしますか?

僕は「そのまま」をオススメします。

これからずっと使うつもりで購入なさったのならば、そのアコギは生涯の伴侶ということですね。
ならば、何故キズついているのに直さないでいいのか?

あくまで僕個人の考えですけど、
そのアコギは伴侶でもありますし、あなた自身の「軌跡」を映し出す記念碑でもあるからです。
自分の不注意でつけてしまったキズ、大いに結構じゃないですか。
僕のベースにも自分のせいで付いたキズがあります。しかし、不思議とリペアに出す気は全くありません。何故なら、そのキズにも自分が歩んできた家練習・スタジオ・ライブなどなど、様々な軌跡・思い出が刻み込まれているからです。

楽器を「綺麗に扱う」のと「大切に扱う」ことは別物だと考えています。
一度、考え方を変えてみてください。
その後で、再びリペアに出すか出さないかの決断を下すと良いと思います。

流石に音が変わってしまう様な酷いキズは別問題ですけどね(^^;

これから二度とキズつけないように注意しながら扱えますか?
リペアした後、不可抗力によって再びキズがついてしまったらどうしますか?

僕は「そのまま」をオススメします。

これからずっと使うつもりで購入なさったのならば、そのアコギは生涯の伴侶ということですね。
ならば、何故キズついているのに直さないでいいのか?

あくまで僕個人の考えですけど、
そのアコギは伴侶でもありますし、あなた自身の「軌跡」を映し出す記念碑でもあるからです。
自分の不注意でつけてしまったキズ、大いに結...続きを読む

QMartinとPro Martinの違い

MartinとPro Martinの違いって何が違うのですか?
同じブランドですか?

Aベストアンサー

Pro Martin!
懐かしいですねえ。国産パチものです。つまり国産ギターがかつて作っていたMartinの類似品です。おそらく今は作ってないんじゃないかな。
GibsonならぬGansonとかGrecoならぬGnecoとか(これは珍しい国産ブランドのまたパチもの)それにFernandesなど大メーカーでもコピーモデルは普通でしたから。むしろいかにオリジナルに近いかを競っていたじだいもあったわけで。(今でもコピーモデルは作られていますが、さすがに「類似品」はねえ・・・)
そういうなかで作られていたものの一つですが、多分今は商標にひっかかると思うので作ってないと思うんですが。

というわけでヤフオクなどでProMartinを平然とマーチンだとかいて売ってる人がいますが詐欺同然なので買ったりしないように。(そういうのがほしけりゃまた別ですが)

Qつや消し仕上げ(サテンフィニッシュ?)のギターについて

Martin D-16GT使っています。購入してからまだ1ヶ月半なのですがバックとサイドの「すべすべ」塗装が一部「つやつや」になってきてしまいました。
最初は「トップを磨くときだけに使っているポリッシュがついてしまったのかも。やってしまったなぁ...」と思ったのです。
けれど、つやつやになっている箇所がギターを弾くときに服に接触している箇所と同じであることに気がつきました。これって、もしかして服によって塗装を傷つけてしまってるんでしょうか?そんなことってありますか?

原因が服であるとは考えられないなら、これからポリッシュをいっさい使わないことでこれ以上の変化を食い止めることができますけど、原因が服だったら、どの種類の服が悪さをしてるか全くわからないので困ってます・・・・
ギターと相性が悪い布の種類なんかも教えていただけたらかなりありがたいです。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

ちなみにサイドとバックのフィニッシュの種類は公式サイトのカタログによると

Semi Gloss/ Light Red Mahogany Stain/ Dark Filler

と書いてあります

Martin D-16GT使っています。購入してからまだ1ヶ月半なのですがバックとサイドの「すべすべ」塗装が一部「つやつや」になってきてしまいました。
最初は「トップを磨くときだけに使っているポリッシュがついてしまったのかも。やってしまったなぁ...」と思ったのです。
けれど、つやつやになっている箇所がギターを弾くときに服に接触している箇所と同じであることに気がつきました。これって、もしかして服によって塗装を傷つけてしまってるんでしょうか?そんなことってありますか?

原因が服であるとは...続きを読む

Aベストアンサー

同じものを持っている訳ではないので一般論になってしまいますが、
高級ギターほど塗膜は薄く柔らかく繊細です(塗膜を厚く丈夫にすることは技術的にもコスト的にも簡単ですが、表板の鳴りを抑制してしまいます)。服との化学変化ではなく、摩擦で磨かれてしまったのだと思います。
>Semi Gloss/ Light Red Mahogany Stain/ Dark Filler
「濃い色の目止め材を施し、明るい赤いマホガニー色で染色し、最後は半光沢仕上げにしてある」というだけの意味で、塗料の化学的特性については書いてありません。多分伝統的なニトロセルロースラッカーだと思いますが。

Qアコギ 中級者とは?

アコギ暦4年くらいで毎日弾いてます。
一応、押尾コータローさんやトミーエマニュエルの曲とかも何曲か弾けます。
コピーについては楽譜を見れば大体弾けますが、CDとかに合わせてアドリブを弾くとか、
適当にアレンジを加えて弾くとかは出来ません。
自分のレベルッて中級者と呼べますか?
4、5年アコギをやってる人は私が出来ないソロやアドリブなんかも弾ける人のほうが多いでしょうか?
楽典も読んだりしたこともありますが、どうもスケールを覚えたりとかが苦手で、
アドリブ練習はしてこなかったです。
ギターやってると話すとどのくらい弾けるのってよく聞かれるのですが、
「中級かな」っと答えてますが、どうなんだろ?って思って質問してみました。

Aベストアンサー

アドリブといってもピンキリですが、キーが決まっているコード進行に対して、ペンタトニックやマイナースケールで適当なソロフレーズをアドリブで弾くということはそれ程難しいことではありません。

単純なブルース進行のバッキングに徐々にソロも加えていくというのが最初は分りやすくてお勧めです。
最初の8小節がバッキングで次の8小節がソロというように完全に分かれてしまってもOKです。バッキングパターンやソロフレーズも単調にならないようにおかずを増やしていきます。
慣れてきたら、バッキングとソロの切替のタイミングを2小節、1小節、2拍...と短くしていき、好きなタイミングでソロフレーズを入れられるようにします。
大切なのはリズムとコード進行はしっかりとキープすることです。

次に、決まったベース(音)パターンやバッキングパターンは維持しながらソロフレーズを入れられるようになると、アドリブしているカンジがでてきますし、色々な曲に応用ができるようになっているはずです。

アドリブをマスターするには、個人練習も大事ですが、バンド(ギタリスト同士でも可)でセッションをすることで色々と学べると思います。頑張ってください。

アドリブといってもピンキリですが、キーが決まっているコード進行に対して、ペンタトニックやマイナースケールで適当なソロフレーズをアドリブで弾くということはそれ程難しいことではありません。

単純なブルース進行のバッキングに徐々にソロも加えていくというのが最初は分りやすくてお勧めです。
最初の8小節がバッキングで次の8小節がソロというように完全に分かれてしまってもOKです。バッキングパターンやソロフレーズも単調にならないようにおかずを増やしていきます。
慣れてきたら、バッキングと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング