今度 新婚旅行でパリに行くのですが 
お土産とかで ヴィトンとかお土産で同じ日に同じ店でFF1201以上使うと
 免税用紙を貰えるらしいのですが 
手続きはどういう流れで行っているのですか?
もし やられた方おられましたら ぜひ 詳しく教えてください
初めての 海外旅行で張り切ってます 主人と二人でツアーではなく
自力で(航空チケットとホテルは旅行会社に委託しましたけど・・・)
 楽しんで来ようと思ってます お勧めのパリサイト(できれば日本語)
など 教えてください  今はフランス語を少し勉強しています
  メトロって乗換えとかは難しくないのでしょうか?
こちらの方も教えてください  初心者なのでこちらもよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

免税用紙は金額を越えれば自動的に貰えるという物ではありません。

まず、手続きが出来る店は店頭に「TAX FREE」という白地に青・黒ラインのシールが貼ってある店に限られます。その店でお買い物をした後、同一店内の金額がFFR1201以上になった場合、自分から申し出なければいけません。英語で「Re-TAX PLEASE」とか「TAX FREE PLEASE」と言えば、係りの人が用紙を作成してくれます。その際、パスポート番号とかEUを出る日とかを記入しなければいけませんので、パスポートは持参した方がイイと思います。高級店などについては、金額が異なることがありますので、その店に確認した方が良いかと思います。手続きには時間がかかりますので余裕を持ってお買い物をしたようがイイですよ!
手続きが終ると品物と書類と封筒が手元に渡されます。EUを出る最終日、パリだけならパリの空港で手続きをする事になります。手続きに必要なものは、買った品物・書類・封筒・航空券・パスポートです。間違ってもスーツケースにしまわないように気を付けてください。
この手続きも混雑具合によりますが、かなり時間がかかることがありますので、空港には余裕を持っていったほうがイイと思います。免税手続きのカウンターも個人旅行では探すのが大変だと思いますので、予めガイドブックとかで調べていったほうがイイです。係官に上記のものを全て提示し終わると、書類に印が押されて帰ってきます。
今度は書類を封筒に入れてポストに投函するか、キャッシュリフォンドのカウンターに持っていって現金で戻してもらうか、等などイロイロあります。話せばまだまだ長くなりますが、今までのokwebのサイトにも同じようなものがありますので参考になさってください。

なお、パリのメトロは覚えてしまえばとても簡単です。ただ、路線が網羅されておりますので、出掛ける時な必ず路線マップを持参して(ホテルや切符売り場にあります)ください。切符は1枚づつ(確かFR8)買うよりも、カルネ(確かFR58)と言って10枚綴り物のが非常に安いです。市内であれば、何回乗換えをしても1枚のチケットで移動できます。ホームに下りる前に自分が行きたい方面の終点駅を確認します。列車の行き先は全て終点駅で表示されています。列車に乗る時も自動ドア出ない場合もありますので周りの人を良く見てやってみて下さい。車内アナウンスはありませんので、駅の看板を良く見ていてください。
乗り継ぎはオレンジ色の「コレスポンデンス」(勿論フランス語で書いてありますが)の看板に従って移動します。最終的に改札に向かう時は、青色の「ソルチ」が出口の意味です。車内ではスリが多いので充分注意してください。ドア付近に立つよりも座ってしまった方が安全かと思います。長くなりましたが、細かく話すともっと長くなってしまいますので、この辺にしておこうと思います。頑張ってくださいね!
    • good
    • 0

免税用紙はパリではないのですが、一緒に旅行をした友人が、イタリア・ローマでカバンを同じ店で数点買い物したときにもらったことがあります。


その後、その紙を最後のEU加盟国の空港(直行便ではなく、ロンドン経由東京だったのでヒースロー)でそういう受付の場があるので提出しました。
後、口座に振り込まれていた、と言っていました。特に難しいことは無かったように思います。
パリのメトロですが、東京の地下鉄と大きな違いはなかったように思います。
あらかじめ、どこの駅で乗り換えて、次にのる線の色(地図に記されています)を把握しておけば大丈夫です。
フランス語も分からず、一人で行きましたがメトロを充分に利用しました。
メトロよりもバスの方がむつかしい。
それではよいご旅行を~♪
    • good
    • 0

以下の「ISIZE」のサイトは如何でしょうか?


「海外旅行・ガイド」→「旅行準備ガイド」→「免税・持ち込み品禁止」→「VAT」

更に関連質問の回答(イタリア)が以下のサイトにあります。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=37905
この中の参考サイトでパリ(フランス)で検索して見てください。
特に「Michelin」は有名ですね!

経験談ですが、レストランで「ラ・セーヌ」はPigeon料理で有名です(予約要:料金↑)。「トールダルジャン」よりは良いのでは・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.isize.com/travel/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管?

お世話になります。
 弊社では、他社と契約書を取り交わす際に、
・他社の収入印紙を貼った契約書は他社で保管(印紙の消印は他社)
・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)
としています。
 しかし往々にして、他社に契約書を2通送り、1通送り返してもらう際に、他社の収入印紙を貼った契約書(印紙の消印は他社)を送り返されます。また、それが正しい、とおっしゃる他社の方もいらっしゃいました。

 果たして、「・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)」で正しいのかどうか、教えてください。
(印紙税を払った証明なのだから、自社側で保管すべきと思うのですが…)

Aベストアンサー

 契約書の内容は、自社保管分と他社保管分とは相違ありませんから(当然ですが)、収入印紙の消印を契約当事者が夫々押印すれば、どちらを保管するか迷う事はないと思います。
 つまり、契約書を2通作成し、夫々に署名押印する時に、夫々の印紙への消印も夫々押印すれば良いかと思います。(一枚の収入印紙に自社と他社の消印です。)
 又、消印一箇所にこだわるのでしたら、契約書は当事者間で取り交わす事ですから、収入印紙を自社印で消印した物は、相手方に渡します。
 相手方(他社)が収入印紙を消印した物は自社に渡されますから、それを保管すれば良いのではないでしょうか。

Q日帰りでパリからロンドンとパリからベルギーのブルージュへの行き方について

今度、パリへ旅行に行きますがパリから日帰りでロンドンへ行きたいと思っているのですが、ユーロースターでいけるみたいですが、具体的にどのように切符を手配して、ロンドンの駅から観光スポットへの行き方などなるべく詳しく教えて下さい。
また、パリからベルギーのブルージュにも日帰りで行けるみたいなのですが、どのようにして行けば良いのか?パリからオプショナルツアーとかあれば、そのサイトなど教えて下さい。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

数年前に北欧に住んでいたモ者です。下記の方が言われているようにParisVisionをよく利用していました。ロワールの古城やモンサンミシェル、勿論、ベルギーのブルージュへも行きました。確か、日本語もOKですし、簡単にネットからも予約できますし、何より丁寧に対応してくれます。(朝寝坊してしまい、予約、お金も支払っていたのに参加できなくなってしまい、相談したら別の日に振り替えてもらいホッとした事が何回かありました。(´Д`))只、このツアーは日本人専用ではないため色々な国の人が乗り込んできます。なので基本的に車内は【英語】です。色々な国の人とお友達になれる良い機会でしたが、やはり細かな説明などは、9割しか分からなかった記憶があります。
●Paris Vision(日本語):http://www.parisvision.com/jp/index.cfm

他には、空港についた時に沢山パンフレットがオプショナルの置いてあるのでそれを見てみると良いかも知れません。日系のオプショナルだと下記のサイトがあります。こちらも参考までに、ご覧になって見てください。
●ワールドブリッジ:http://www.world-bridge.co.jp/fr/pr_tour.html(ココもよく利用していますが、GOO!!です。スタッフは日本の方です。只、委託なのでツアーはやはり、基本は【英語】になる事も。)

●トラベルみも:http://travel.mimo.com/w/opttour/eu/fr1/PAR/index.html

ブルージュはとっても素敵な街でした。是非、素敵な旅を。σ(´∀`)

数年前に北欧に住んでいたモ者です。下記の方が言われているようにParisVisionをよく利用していました。ロワールの古城やモンサンミシェル、勿論、ベルギーのブルージュへも行きました。確か、日本語もOKですし、簡単にネットからも予約できますし、何より丁寧に対応してくれます。(朝寝坊してしまい、予約、お金も支払っていたのに参加できなくなってしまい、相談したら別の日に振り替えてもらいホッとした事が何回かありました。(´Д`))只、このツアーは日本人専用ではないため色々な国の人が乗り込んできます。...続きを読む

Q契約書 収入印紙

契約書に収入印紙を貼る場合ですが。

こちらが甲、相手が乙

乙から届いた2通の契約書の内、1通に収入印紙が貼ってあり、向こうの印鑑が押されています。
収入印紙にはどちらかの印鑑が押してあれば問題なかったと思いましたが。

こちらが返送するのは、収入印紙の貼っていない契約書に、
収入印紙を貼り、押印したものを返送するで間違いないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>こちらが返送するのは、収入印紙の貼っていない契約書に、
>収入印紙を貼り、押印したものを返送するで間違いないでしょうか?

特に問題はありません。

実は「印紙が貼ってなくても、契約書は有効」です。単に「課税文書に印紙が無いと、脱税になる」ってだけ。

で「印紙税の負担者」は、税法では「課税文書を二以上の者が共同して作成した場合には、当該二以上の者は、その作成した課税文書につき、連帯して印紙税を納める義務がある。」としています。

2名が2通作成したのであれば、1名が「半額を2通分、負担する」事になります。「半額を2通分の税額」は「1通分の税額」と等しいので「双方が、1通に1枚づつ貼って分担する」でも構いません。

消印については、税法で「印紙を消す場合には、課税文書作成者又はその代理人(法人の代表者を含む。)、使用人その他の従業者の印章又は署名で消さなければならない。」としています。

つまり、関係者誰か1名の割印かサインで消してあれば良く、契約者双方で割印する必要はありません。

因みに「2通のうち、どっちを返送しても同じ」です。まあ、慣例的に「相手の消印がある方を自分に残し、自分の消印があるのを相手に送る」のが多いようですが。

>こちらが返送するのは、収入印紙の貼っていない契約書に、
>収入印紙を貼り、押印したものを返送するで間違いないでしょうか?

特に問題はありません。

実は「印紙が貼ってなくても、契約書は有効」です。単に「課税文書に印紙が無いと、脱税になる」ってだけ。

で「印紙税の負担者」は、税法では「課税文書を二以上の者が共同して作成した場合には、当該二以上の者は、その作成した課税文書につき、連帯して印紙税を納める義務がある。」としています。

2名が2通作成したのであれば、1名が「半額を2通...続きを読む

Qフランス、パリから日帰り旅行

8月下旬に初めてフランスに行きます。
現地の友人と二人で旅行する個人旅行です。

プランを立てているのですが、パリで丸2日間の空き時間があります。

そこでパリから日帰りで他の町へ行きたいと考えているのですが、ガイドブックで調べた結果、
アミアン
ルーアン
オーセール
プロヴァン

の4つの町に絞りました。

これから2つに絞らなければだめなのですが、どれも魅力的でなかなか絞れません。

皆さんならこの4つの町から2つ選ぶとしたらどこに行きますか?
意見聞かせてください。



ちなみにヴェルサイユとモンサンミッシェルへは別の日に行きます。


僕たち二人共、ヨーロッパ独特の町並みや世界遺産などに興味があります。
歴史関係の遺産などにも多少興味があります。

逆に美術館や博物館には全く興味ありません。(ルーブル美術館も素通りです。笑)



よろしくお願いします。

Aベストアンサー

世界遺産となるとプロヴァンははずせませんね。
私も行ったことがありますが大変良かったです。私事ですが、以来中世にも興味を持てるようになりました。

あともう一つは難しいですね。

アミアンは大聖堂が世界遺産ですがそれ以外の見所は?。

ルーアンはモネ好きには必須でしょうが絵画に興味が無ければけっこうでしょう。

オセールは知りませんでした。
個人的にはアルザス風の家に興味がわきましたが・・・。

私のお勧めはプロヴァンとオセールかな。
僭越ではありますが、ロワール湖畔の城なんてはだめなのでしょうか?

Q契約書と収入印紙について

会社の福利厚生業務の一環で、法人会員契約をあるホテルと結びました。ホテル側から契約書が2通送られてきました。1通には収入印紙(4000円)が添付されています。
(1)収入印紙の貼付さていない契約書に押印してホテル側に返送するよう指示がされているのですが、この返送する契約書にはこちらで4000円の収入印紙を貼付、割り印をしてから返送すればいいのでしょうか?
(2)もし、こちらでも収入印紙を貼付するとなるとホテル側と合わせて8000円も収入印紙代がかかることになります。今回の契約は特に金銭の受け渡しは無いのですが、どうして収入印紙がひつようなのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)その通りです。
(2)基本契約に当たると思います
継続的取引の基本となる契約書
注)契約期間が3か月以内で、更新の定めのないものは除く。
例)売買取引基本契約書、特約店契約書、代理店契約書、業務委託契約書、銀行取引約定書など

Qパリ旅行-ベルサイユ情報教えてください。

9月25日にパリ行くのですけど、いろいろ教えていただきたいことがあります。
ベルサイユ宮殿に行こうと思っているのですけど、ツアーか個人で行くか迷ったのですけど、ゆっくり見たいので個人で行こうと思っています。入場券を買うのにかなり並ぶと聞いています。何かいい方法ありますか(いい時間とか、前売りとか、それともツアーのほうがいいのか)。また、見学の時にツアーなどに入ると普段では見学できないところを見せてもらえると聞いていますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

2年前、ツアーで行きました。

時間の制約がありましたが、
ガイドさんの説明がとても良かったので、それはそれで満足でした。

建物も庭も素晴らしいですが
家具や調度品、そして絵画も素晴らしかったです。

ルーブル美術館の絵と同じ絵がありますので
ぜひご覧になってください。
ダビッドの「ナポレオンの戴冠式」です。
女性のドレスの色が少し違いますが
話のネタになります。

行き方は下を参考になさってください。
けっこう詳しいです。

http://bbs.arukikata.co.jp/community/europe/board/index.php?qid=10201

参考URL:http://bbs.arukikata.co.jp

Q収入印紙について(仲介契約書・注文書)

契約書等の収入印紙について教えてください。
・物品を売る客先を紹介してくれる仲介者と交わす
仲介契約書には収入印紙は必要でしょうか?
 特に期間の定めは無く、金額も販売額の○%といった内容です。

・物品の注文をもらう際に、「物品発注書」でもらうか
「物品売買契約書」でもらうかによって収入印紙が
いる場合といらない場合があると聞いたのですが本当でしょうか?
(売買契約書だと収入印紙いらないが、発注書という形で
もらうと収入印紙が必要と聞きましたが...)

Aベストアンサー

smile_Joyさん、はじめにお断りしておきます。
私は、ご質問の「仲介契約書」は不課税文書だと思いますが、印紙税のことは、国税庁または所轄の税務署の担当部署(消費税課)に、契約書の現物を見せて(FAX可)お聞きになるのが一番です。smile_Joyさんが、お気づきになっていない課税項目が記載されているかもしれないからです。

さて、国税庁によれば、あっ旋仲介により売買等の当事者間で取引(契約)が成立したことに対して、委託者が仲介人に手数料を支払うことを約諾した文書(あっ旋手数料支払承諾書)は、不課税文書とされております。

ご質問の「仲介契約書」は、これに該当する文書だと思われますので、不課税となります。こうした文書も平成元年3月31日以前は、委任に関する契約書として課税されておりましたが、平成元年4月1日以降に作成されたものについては課税が廃止されております。

なお、委任に関する契約書であっても印紙税施行令第26条の要件に合致すれば、いわゆる7号文書(継続的取引の基本となる契約書)として課税されますが、ご質問の「仲介契約書」が、単に顧客をあっ旋紹介し成約謝礼を受け取ることを約するにすぎないものであれば、「継続的取引の基本となる契約書」には該当しません。

なぜなら、第一に継続的取引の基本となる契約書とは、なんでもかんでも継続的に取引すればこれに該たるというものではなく、「契約」の種類が限定されており、「売買のあっ旋仲介契約」は、これに含まれないからです。(ここを解説すると非常に長くなるので割愛します。)

第二に継続的取引の基本となる契約書は、2以上の取引が予定されるものでなければなりませんが、期間を定めず単に顧客をあっ旋紹介し成約謝礼を受け取ることを約するにすぎないのであれば、2以上の取引を予定しているとは言い難いからです。

この回答を書く前に、近くの税務署に問い合わせたところ、同旨の回答を得ましたが、なお念のため、smile_Joyさんも直接お問い合わせされることをお勧めします。

>物品の注文をもらう際に、「物品発注書」でもらうか「物品売買契約書」でもらうかによって収入印紙がいる場合といらない場合があると聞いたのですが本当でしょうか?

不課税の物品売買契約書では意味がありませんが、課税される運送契約や請負契約の場合は、発注書(注文書)・請書形式で印紙を節約することがありますね。

印紙税は、契約の成立等を証する文書に課される税金ですから、発注書・請書形式をとった場合、発注書は契約の申込文書として不課税となり、請書だけが契約の成立等を証する文書として課税され、結果として課税文書は1通で済むというわけです。

しかし、これには大きな落とし穴があり、見積書とセットになった発注書や契約当事者双方の捺印がある発注書、あるいは基本契約に基づいて発注書により自動的に個別契約が成立するような場合の発注書は、「契約の成立を証する文書」として課税されるので要注意です(基本通達第21条)

smile_Joyさん、はじめにお断りしておきます。
私は、ご質問の「仲介契約書」は不課税文書だと思いますが、印紙税のことは、国税庁または所轄の税務署の担当部署(消費税課)に、契約書の現物を見せて(FAX可)お聞きになるのが一番です。smile_Joyさんが、お気づきになっていない課税項目が記載されているかもしれないからです。

さて、国税庁によれば、あっ旋仲介により売買等の当事者間で取引(契約)が成立したことに対して、委託者が仲介人に手数料を支払うことを約諾した文書(あっ旋手数料支払承諾書)...続きを読む

Q東大寺のお土産屋さんの土産販売価格

東大寺に社会見学に行くのですが、近隣のお土産屋さんで販売しているお土産の価格でわかるものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

東大寺入り口参道左側の奈良漬屋サンの瓜奈良漬は1000円札でチョコットお釣りが来て美味しいですよ。試食してから買ってネ。

Q工事請負契約書の収入印紙

変更契約書に貼る収入印紙についておうかがいします。

当初の契約は60万円で200円の収入印紙を貼りました。
次回、契約金額は同じで、工期を延長した場合の契約書には
また収入印紙を貼るのでしょうか?
変更契約書にも60万円と記載されています

Aベストアンサー

*印紙税は、記載された内容によって
 課税されるか、されないかを判断しますので
 別の文書であれば、当然 印紙は必要です
 4000円になるのか200円なのかは
 文書の中身で判断します
  
契約書ではなく「注文書・請書」でした
*文章の中身が問題なので
 標題に何が記載されていても
 何の関係もありません

あと、減額された場合はどうなるのでしょうか
*別の文書であれば課税されます

したがって、印刷された文書ですべてを
判断することになります
(印刷しない文書であれば金額に関係なく印紙は
いりません。メールにするとか、お互いFD等でやり取りするとかです)
 

Q新婚旅行でウィーンとパリorロンドン・・?

5月GWから新婚旅行でヨーロッパ方面にいく計画をたてています。第一希望はウィーンで、これは外せないのですが、できれば他の国/都市にもいきたいと思っています。
全部で10日前後の旅行を予定しています。
- オープンジョーのようなチケットでなるべく安く移動できるようにしたいのですが、ウィーンに加えてパリやロンドンにいけるチケットは売られているのでしょうか?また、このようなルートで手配した場合にいくらくらいの費用(エコノミー)になりますでしょうか?
出発は4月30日もしくは5月1日を予定しています。
(チェコやハンガリーといった、オーストリア近隣の国々に行くという選択肢もあるかと思いますが、美術にゆかりのあるものを見たいのでフランス、もしくはイングランドの片田舎(バイブリーとか)に興味を持っていますので、全部は無理だとしても是非いってみたいと思ってます。)

ヨーロッパ旅行は初めてなので勝手がよくわかっておりません。ご経験のある方、詳しい方からのアドバイスをお待ちしております。

Aベストアンサー

オーストリア航空を使えば、成田⇔ウィーン間+2フライトと言うのが代理店HISなどで買えるのでロンドンかパリに行くことができますが、
例えば
成田→ウィーン→ロンドン→(バスか列車)→パリ→(ウィーン乗り継ぎ)→成田

(もちろんロンドンかパリ片方だけでも○です。)

とかいう感じです。大抵、15日から1か月のfIXチケットです。
またヴァージンやエールフランスだと
成田→ロンドン(パリ)→ウィーン→ロンドン(パリ)→成田
になります。

+2フライトがついていないなら、「エアベルリン」

http://www.airberlin.com/site/index.php?LANG=eng

や「ニキ」航空を使うと片道、5000円から15000円くらいでいけます(フライト時間による。空港使用税除く)

http://www.flyniki.co.uk/home.php

この場合、荷物の重量制限などをしっかりと確認したほうがいいでしょう(一人10KGから20KGくらい)

またマンチェスターやグラスゴーに行くなら、片道2000円位のもあります。(空港使用税除く)

オーストリア航空を使えば、成田⇔ウィーン間+2フライトと言うのが代理店HISなどで買えるのでロンドンかパリに行くことができますが、
例えば
成田→ウィーン→ロンドン→(バスか列車)→パリ→(ウィーン乗り継ぎ)→成田

(もちろんロンドンかパリ片方だけでも○です。)

とかいう感じです。大抵、15日から1か月のfIXチケットです。
またヴァージンやエールフランスだと
成田→ロンドン(パリ)→ウィーン→ロンドン(パリ)→成田
になります。

+2フライトがついていないなら、「エアベルリン」

http://www...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報