最新閲覧日:

”最近はドッグイヤー”だとか”今年はドッグイヤー”だとかいうことをよく聞きます。”マウスイヤー”というのも聞きました。なんとなく慌ただしいイメージは分かるのですが、意味が分かりません。
”今年はスネイクイヤー”っていうのなら分かるんですが…
あとホースイヤーに念仏とか…
ふざけてすみません。教えてください。

A 回答 (1件)

デジタル用語の基礎知識(参考URL)によると…


“人間の平均寿命は、犬の平均寿命の約7倍といわれている。
つまり、人間と犬の一生を比較すると、犬の1年は人間の7年に
相当することになる。インターネットの世界は技術革新が急激で、
1年間の変化が、それ以外の世界の7年分にも相当するというところ
から、「ドッグイヤー」という言葉が生まれた。”とのことです。

「ドックイヤー」がさらに加速すれば「マウスイヤー」ということに
なりますよね。

受け売りでゴメンナサイ。

参考URL:http://www.recruit.co.jp/DS/HENSYU/KEY/0057/0057 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速参考URLを覗いてみました!
今まで有耶無耶にしていた言葉をたくさん見つけました!!
”聞かぬは末代の恥”になるところでした。すぐにお気に入りに入れておきました。
ありがとうございました。
でもやっぱり「干支ではない」って書いてありましたねー。みんな一度は考えるんだ。

お礼日時:2001/02/11 13:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ