サトウハチローさんの「すてきな母さん」という詩で、今まで学習したことを踏まえるとどうも定型詩のように思えるのですが「反復される詩型ではないので、自由詩と考える」とありました。
「反復される詩型ではない」とはどういうことなのでしょうか?
同じ音数が反復されているように思うのですが…。
どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたらお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>これが定型詩でないとはどういうことでしょうか?



数えてみるしかないようなので、数えてみました。急いで数えたので間違いはあると思いますが。
結果、
連の1行目は(8・8)
連の2行目は(7・7)
連の3行目は(8・7)?
連の4行目は(4・4・7)?
連の5行目は(8・5)
以上連の間には一定の音数の共通性と反復はありますが、連の中の行の間には共通する音数と反復は見られません。この詩は、童謡か歌謡曲のために書かれたようなところがあるように思います。つまり、連の間の共通音数を第一に考えながら作られているようです。
定型詩ということについて考えると、定型詩は行の間の音数の共通性ということでもあるので、各行が75、75の音数で共通すれば75調の定型詩のようになるわけですが、この詩は、1、2、3行は音数が似ているようで違います。4、5行は似てもいません。また、行の間では75,75のように「反復される詩型ではない」のも事実です。ですから定型詩とは言えないと思います。


以上参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
お返事はNo,1の方の欄にまとめさせていただきました。

お礼日時:2008/04/17 07:41

定型とは郵便物の定型と同様かっちりデジタルな規格であり、


規格の認識があって例外的に字余り字足らずが許容されます。
問題の詩には先行認識される定型がありませんから、
定型詩ではありません。
たとえば中原中也には定型のような雰囲気の作品が
たくさんありますが、定型詩ではありません。
中也作品の中で本当の定型詩は特定されています。
詩人が誰であっても法則は同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
お返事はNo,1の方の欄にまとめさせていただきました。

お礼日時:2008/04/17 07:41

この詩にはたしかに 「同じ音数」 の 「反復」 はありますね。

字余りや字足らずがありますが、ひとつの連が 八七/七七/八七/八七/八五 の5行からできているようです。この詩は童謡の歌詞らしいので、音数と行数で調子をあわせる必然性もあります。だから 「反復される詩型ではない」 というのは、この詩が定型詩ではないことの説明として不十分だとおもいます。

定型詩というのは、かんたんにいえば、伝統的な特定の形式にしたがった詩のことです。日本の詩では短歌と俳句、中国では五言または七言の絶句と律詩がその代表です。短歌とか俳句とかいった名前は、そのまま詩の形式をあらわすものです。逆に言えば、それらの形式にのっとった詩が短歌なり俳句とよばれているのです。これにたいして、ご質問の詩にはその形式をあらわす名前がありません。音数と行数のおなじ詩はもしかしたらほかにも存在するかもしれませんが、それが詩の特定の形式として意識されているわけではないので、定型詩とはみなされないのです。

昔の定型詩の全盛期には、詩といえば定型詩でした( 「詩」 とはもともと漢詩のことです)。その後、近代とよばれる時代になってから伝統的な形式にこだわらずに書かれるようになったのが自由詩です。サトウハチローの詩は定型詩とみなすことのできない現代に書かれた詩なので、広く分けるとすれば自由詩とかんがえるのがよいだろうというわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
お返事はNo,1の方の欄にまとめさせていただきました。

お礼日時:2008/04/17 07:41

『定型詩』とは、詩句の数や配列順序に一定の形式をもっている詩のことです。

漢詩の五言絶句・七言絶句、日本の短歌や俳句などなど、がそれにあたります。
それに対して、伝統的な詩の韻律や形式にとらわれず、自由な内容や形式でつくられた詩のことを『自由詩』といいます。

質問の詩は、どう考えても、詩句の数や配列順序に一定の形式をもっているとはいえないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
お返事はNo,1の方の欄にまとめさせていただきました。

お礼日時:2008/04/17 07:40

母さん!思うとくもった空も


母さん!みんながおぼえるまでは
母さん!ねむそな顔などせずに
母さん!そよ風五月の青葉

バラバラですやん (^_^;

この回答への補足

こんばんは。早速のご回答ありがとうございます。
ですが、定型詩とは音数に一定の決まりがあるもので、字数ではないそうです。字数は確かにバラバラですが、音数は全部14音ですので、これは定型詩だと思ったのです。

補足日時:2008/04/02 23:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、お忙しいところ私の質問のためにお時間を割いて下さって
ありがとうございました。
お返事が遅くなってしまってすみません。
みなさんから頂いたご解答を元に、また自分でも調べてみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/17 07:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q短歌のウェブリング

短歌のホームページを作ったので、ウェブリングに参加したいと思います。「短歌の輪」に登録したところ、活動していなくて、参加できませんでした。他に短歌を扱っているリングをさがしているのですが、なかなか見つかりません。短歌は高齢者がつくったもので、若い方のリングはむいていないように思います。お勧めのがあったら教えてください。

Aベストアンサー

ご存知だと思いますが、webringjapanのHPです。
「短歌」で検索すると34個のwebringが引っかかってきます。
短歌は詳しくないのでおすすめのringについては他のかたがたの回答を待ちたいと思いますが、一応挙げておきます。

参考URL:http://www.webring.ne.jp/

Q575定型詩について

575定型詩には
俳句
川柳
57577定型詩には
短歌

わかりやすくジャンルわけすると上記のようなものがありますよね。


質問は、57575、などの詩文で書いてる人は
俳句川柳短歌に当てはまるのでしょうか?
それともまた別の形式名称があるのでしょうか?

75調の詩文とでもいうのでしょうか?

詳しい方がいましたら、おしえてください。

Aベストアンサー

ご自分で書いていらっしゃる「定型詩」にあてはまると思います。
他には「韻文」、日本の古語では「歌」(「詩」の読みに「うた」があることからわかります)

七五調の詩は「伝統的韻文」「古典韻文」とでも言うのでしょうか。
他に「音数律」。

明治時代に新体詩というのがありましたが、これは文語定型詩で、西洋の詩の要素を日本の伝統的なスタイルに取り入れようとしたものと考えることができると思います。

最近は「ラップ風」というのもありますね。詳しい分析は他にまかせますが、リズムはありますが一語の音数にあまり規定されていない物が多い、押韻とかに強い意識があるように聞こえます。

Q短歌を応募してみたい(プロを目指したい)

短歌をいくつか作っています。

教えていただきたいのですが、、、

(1)短歌を募集している賞は何がありますでしょうか?

(2)短歌を仕事にして、ご飯を食べている人はいるのでしょうか?

お願いします。
アドバイス待っています!

Aベストアンサー

> (1)短歌を募集している賞は何がありますでしょうか?

あります。
例えば、このようなサイトで探してみてはいかがでしょうか?

短歌の募集、公募、コンクール情報は短歌賞.com
http://tankasyo.blog17.fc2.com/

> (2)短歌を仕事にして、ご飯を食べている人はいるのでしょうか?

ごく一部の方(俵万智さんなど)以外は、短歌だけで収入を得るのは難しいでしょう。
こちらのサイトに詳しいことが載っています。

■“歌人・俳人” ってどんな仕事なの?
http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/servlet/gaisetsu/nanikana?jobID=0000523

Q【日本語】「嬢さん」は「じょうさん」ではなく「いとさん」って読むんですか? 今まで「お嬢さん」を「お

【日本語】「嬢さん」は「じょうさん」ではなく「いとさん」って読むんですか?


今まで「お嬢さん」を「おじょうさん」って読んでたけど正しい日本語は「おいとさん」?ってことですか?

Aベストアンサー

昔の大阪で、使用人を雇っているような家では
長女をいとはん、次女をなかいとさん、末娘をこいさんと呼んでました。
嬢さんをいとさんと読むのは当て字です

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141608634

Q短歌について質問です

今度から、趣味として短歌(和歌)を詠んでみたいなと思っている者です。
「百人一首」などの短歌をみていると、「日本っていいなぁ」とよく思っていました。が、短歌の詠みかた(?)というものがさっぱり分かりません・・・。
(つまりは、どんな風にして短歌をつくればよいのかがさっぱり分からないのです・・・。)

短歌について詳しい方もしくはそういうサイトを知っているという方は回答お願い致します。
大雑把な質問で失礼致しました。
乱文失礼致します。

PS:補足要求などがありましたら遠慮なくおしゃってください。

Aベストアンサー

書店に行けば「短歌入門」「短歌の作り方」なんていう本がたくさんあります。一冊買って、それを参考にすればよいと思います。

インターネットでは、前衛的な短歌(カンタン短歌なんていいます。これはこれで魅力的なのですが)の方が勢いがありますので、「百人一首」が気に入ったという方には、あまり向かないのでは? と思います。

Q詩の題名と、詩の詳細を教えてください。

雨はしょうしょうとふっている・・・。という詩の作者はたしか草野心平さんだったと、思うのですが、この詩の題名と作者と詩の詳細を教えてください。

Aベストアンサー

三好達治作「大阿蘇」では?

雨の中に馬がたっている
一頭二頭仔牛をまじえた馬の群れが雨の中にたっている
雨はしょうしょうと降っている
馬は草を食べている
尻尾も背中もたてがみもぐっしょり濡れそぼって
彼らは草を食べている
あるものはまた草も食べずに
きょとんとしてうなじを垂れてたっている
雨はしょうしょうと降っている
山は煙をあげている
中獄の頂からうすら黄色い
重っ苦しい噴煙がもうもうとあがっている
空いちめんの雨雲と
やがてそれはけじめもなしにつづいている
馬は草を食べている
草千里浜のとある丘の
雨にあらわれた青草を彼らはいっしんに食べている
食べている
彼らはそこにみんな静かにたっている
ぐっしょりと雨に濡れていつまでもひとつところに
彼らは静かに集まっている
もしも百年がこの一瞬の間にたったとしても
何の不思議もないだろう
雨が降っている雨が降っている
雨はしょうしょうと降っている

Q短歌について教えてください

自分が短歌を作ることを「短歌を詠む」といいますが、

他人が作った短歌をよむことも「詠む」というのですか? 

なんと、いうのでしょうか?

「鑑賞する」などではない平易な言いかたを教えてください。



 

Aベストアンサー

おはようございます。
「詠む」の意味からいえば、その場合に使うとおかしな感じがしますね。
短歌をたしなんでいる人たちの表現を検索してみました。

> 短歌を作らない、読むこともしない近所の奥様方は、「よく分かる」「私そのままよ」と大いに共感してくれる。

> 短歌を詠む、短歌を読む。この二つにはいくつかの共通のキーポイントがある。

> つまり短歌、詠む人、読む人のニュアンスは短歌や作者の個性、持ち味であり、短歌にたいする作者の価値観の現れであると考えられる。
> 別の見方をすれば、ニュアンスの違いは、詠む人、読む人それぞれの身丈の違いとも言えよう。
>  他人の歌を読んだと時の漠然とした違和感、それは作者と自分とのニュアンスの違いによるもの。

> 「現代短歌、詠む読むカタル」

> 【趣味】 短歌(詠む・読む)


http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_452650.html
> やさしい短歌~「読む」から「詠む」へ~
>
> これから短歌を始める方、作歌に行き詰まりを感じている方のために、近現代の歌人の作品を鑑賞することからはじめ、短歌の基本について丁寧に解説してゆきます。その上で作品を作り、創作の喜びを味わってゆきましょう。作品は添削指導を行います。

「読む」とするのがよさそうです^^

おはようございます。
「詠む」の意味からいえば、その場合に使うとおかしな感じがしますね。
短歌をたしなんでいる人たちの表現を検索してみました。

> 短歌を作らない、読むこともしない近所の奥様方は、「よく分かる」「私そのままよ」と大いに共感してくれる。

> 短歌を詠む、短歌を読む。この二つにはいくつかの共通のキーポイントがある。

> つまり短歌、詠む人、読む人のニュアンスは短歌や作者の個性、持ち味であり、短歌にたいする作者の価値観の現れであると考えられる。
> 別の見方をすれ...続きを読む

Q高村光太郎の詩「ぼろぼろな駝鳥」。詩の種類は何ですか?

高村光太郎の詩に「ぼろぼろな駝鳥」というのがありますが、この詩の種類は口語詩ですか?文語詩ですか?どなたか、理由を添えて教えてください。

Aベストアンサー

口語詩です。

旧仮名づかひで書かれてゐるので迷ふのでせうが、現代仮名づかひに直すなり音読するなりしてみれば、口語で書かれてゐるとわかるはずです。
文語詩の場合には、 「鐘が鳴るなり」 とか 「諸行無常の響きあり」 といふ具合に、普段使はれない古い言葉づかいがみられます。(たとへば、この文章は口語文です)

Q短歌の音韻律について教えてください

短歌の音韻律は五七五七七だと思うのですが、数えてみれば字数は合っていても、五七五七七という音韻律に沿わない短歌をよく見かけます。
言葉や単語のひとかたまりが五とか五七ではなくて、読んでみるとまったくリズムが取れず、短歌ではなくほとんど散文のようになっている短歌のことです。

それについて疑問に思っているのですが、
(1)そういった短歌はいつ頃から作られているのでしょうか?現代の実験的な試みなのですか? それとも音韻律にこだわらない短歌は以前から存在しているのでしょうか?
(2)作者はどうやって字数を合わせているのでしょうか?五七五、とうたえるものなら作り方がわかるのですが、そうではないものは、あとから言葉の字数を数えたり、まとまった数を計算したりして、作っているのでしょうか?

短歌について詳しい人がもしいたら、教えてください。

Aベストアンサー

57577のうち、それぞれ、5と7のあとには音楽でいう休符があると考えられています。つまり、
5+休符、7+休符、5+休符、といった具合に。
なので、休符のところに1文字入れてもいいのです。

そして、現代では、全体として31文字になるような短歌、たとえば、8977のような作り方もします。
私自身、短歌を作っていましたが、最初は57577でも、だんだん、8977のような作り方が自然に身につきました。57577のリズムばかりだとあきてくるので、そうやって、数を変えるのですが、全体として31文字には自然になるのです。
これはもう、自分で作るしかないですよ。ぜひ、作ってみてください。いろいろ実験すると楽しいですよ。

Q谷川俊太郎さんの「朝のリレー」詩のなかにでてくる「きりん」って?

谷川俊太郎さんの詩「朝のリレー」について質問です。
CMでも流れていてとても有名な詩ですが、詩のなかに「きりん」がでてきます。
中学の国語の時間に習ったとき「きりんは中国の伝説上の動物。」と発表した人がいて、私もそうだと思いました。ところが先生は「何を言っているんだ。カムチャツカのような寒いところに住んでいるから、アフリカのきりんの夢を見たんだ。」と言うんですね。でも、寒いところに住んでいるからという理由でアフリカのきりんの夢を見るとは思えなくて、いったいどっちが本当なんだろう?と思い出すたび気になって仕方がありません。
あの「きりん」は、アフリカのきりんなんでしょうか?それとも中国の伝説上のきりんなんでしょうか?

Aベストアンサー

先生の意見に賛成です。
我々は日本人で、日本は昔から中国の影響を受けているので「麒麟」を知っていますが、
カムチャッカは「ロシア」です。
あまり中国の影響の無いロシア人の、しかも少年が「麒麟」のことを知っているとはといてい思えません。
知らないものの夢は見れません。(見たとしても「よく分からない動物」です。)

一方の「キリン」は絵本や図鑑などにも出てきますので、例えロシア人の少年でも目にしたことがある可能性は非常に高いです。

そー考えると自然と「きりん = キリン」ということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報