当方、あるハウスメーカーの下請けの仕事をしているのですが3月に仕事が集中し、4月にはパッタリ仕事がありません、原因はハウスメーカーの決算が3月なのが大きな要因になっています、そこで3月以外決算のハウスメーカーを教えてもらえないでしょうか?又、探す方法があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 ハウスメーカーのHPを見れば分ると思いますが………



 例えば、

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A6% …

 の日本の主な住宅メーカーのいずれかをクリックしてみます。

 一番上の積水ハウスを見ると、右側の会社概要の下の方に、
決算期 1月31日と書かれています。

 大手なら本屋さんで「四季報」の立ち読みでも分りますが………
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハウスメーカーの坪単価や紹介割引を知りたい

大手住宅メーカーで建築を予定していますが極力安く立てたいものです。
多方面に建てた人の意見を聴いていますが、不透明な部分があります。
そこで下記の条件で回答できる方がいらっしゃいましたらお知恵を拝借したいです。

私は某大手ハウスメーカー(あったか●●●を結構売りにしている)で見積もり段階

第2回目の見積もりに記入してあった特典
●●周年記念特価です
モデルハウス特価です
自分の感想としては、結局坪単価は一緒の様な?

300万ほど割引して貰ってますが同じメーカーで建てた人にも同じ割引してました。

モデルハウスになりますので外見を見学に来ますよと言われてたが一度も来た事がないそうです。

やはりメーカーの指定したある程度の坪単価は崩れないのでしょうか?

あとハウスメーカー関係者にまつわる紹介割引もありますと言われました。
社内割引の様なものです
が実際、どのくらいの地位の方を紹介すればどのくらい割引が発生するものなのでしょうか?
経験のある方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

坪単価なんてあってないようなものですよ。割り引を餌に早めに契約させたら契約後で必ず取り返しますから!気をつけることはただ一つ、なるべく沢山のハウスメーカーや地元の工務店から見積もりを取り競争させて比較検討、契約は最後のインテリアのところまで打ち合わせした後ですることです。あちらからしたら契約したらその時点でお客でなくなるので注意して下さい。妹夫婦が解約トラブルに遭いました、高い解約金払って終わりにしました。

Qメーカーの方が仕事で読む雑誌

設計・製造・生産管理・購買等の業務に就いている方々がよく読んでおられる雑誌や定期刊行物というのはどんなものがあるのでしょうか?

業界研究・広告出稿のために資料を集めたいと思っているのですが、とっかかりがなくて弱っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

メーカーといっても、まずはどんな業界の人をターゲットにしてるかを絞ったほうが、あなたの欲しいレスが返って来やすいんじゃないかなと思いますよ。それとも「メーカー」ならばどんな業界でもいいんでしょうか??
食品工業と自動車工業では、見てる雑誌はきっと全然違うと思いますよ。

「設計・製造・生産管理・購買等の業務に就いている方々」とおっしゃっておられますけど、それも全部みんなが同じってことはないですよね。上記全ての仕事はまったく別の意味を持った職種ですから、たぶんそれぞれ全然違うと思います。もう少し、質問を絞ってくださると回答しやすいんじゃないかな。

ちなみに私は化学工業関連で購買を担当しております。
読む刊行物等は、業界新聞、流通関係業界新聞、貿易関連情報誌および関税法などや学会誌、日経の原料相場欄等でしょうか。海外の刊行物も含め、月に約30種類程度の新聞、専門誌、官公庁公示や公報等に目を通します。

まったく不要な話でしたらごめんなさい。:)

Qアンケート回答者の集中力の持続って・・・?

今度社内でサーベイを実施することになりました。
そこで私がアンケートを作らなきゃいけないのですが、一体どれくらいの質問数が妥当なのかわからないことに気づきました・・・。
聞きたいことはいっぱいあるけど、それで回答数が減っても困るし・・・。
世の中の基準がわからないと、上司も説得できないし・・・。
質問数と回答率の関係って、あるんでしょうか・・・?
教えてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業の規模にもよりますが、社内調査をするのであればまず回収率ができるだけ100%になるような手段を考えてください。回答を匿名にして、ランダムに対象者を選び、依頼した方からは確実に回収するよう、正式なルートで依頼してください(社長名とか人事部名とか)。社員を代表するようなサンプルを集めることが重要です。

一般の調査では20分くらいに収めないと回収率は下がる傾向にあると思いますが、公開されたデータなどは無いんじゃないでしょうか。ただ、社内調査の場合は、実施する必要性が認められれば、量は関係ないと思います。調査内容が適切であること、調査の意図が正しく社員に伝わることのほうが重要でしょう。
つまり、あれもこれも聞いて調査の焦点がぼけてしまうようでは、結局協力も得られないというわけです。何時間もかかるような調査ならともかく、常識的な範囲におさまるのであれば、調査のボリュームを気にするよりも調査項目の必要性をきっちり考えて取捨選択することのほうが重要だと思います。

Q全上場会社の決算時期を知りたい。

営業職なのですが、新規開拓のターゲットを考えるにあたって上場会社を狙っていこうと考えています。その際、時期的要素も考慮したいので決算月を知りたいのですが。サイトとかで全上場会社の決算月が一括で見れる所とかあれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

もっと探せばgerspi1990さんの使いやすいフォームの物も探せるかもしれませんが、このサイトを使ってみるのはいかがですか?
お役に立てなかったらごめんなさい。
新規開拓は大変な仕事ですが、会社に取っての財産を生み出す仕事なのでがんばってくださいね!

参考URL:http://www.tse.or.jp/cgi-bin/compsearch/j_search

Qこんな営業の体制だったら自分はそこから買いたくない

一般社員の趣味を通じた「面識あり」

これを 商売につなげよう このCMに私はとても不快感を感じました。

http://www.youtube.com/watch?v=izP-4eeCSj8

http://www.youtube.com/watch?v=qxjCJv2Cu-4


個人的趣味の友だち(その人は勤務先ではキーマン)を商売に利用する。

私は、社内システム含め、購入に関するのキーマンの立場ですが、このような感じでアプローチされたら、その時点で、その会社に対して不信感を持ってしまいます。

また、下心を持って、趣味の友人にモノを売れ という上席にも不快感を感じます。

コネならなりふり構わず何でも使おうという魂胆が見えすぎる感jを受けました。
(昔の日本的手法でもありますね。ただ露骨すぎる。)


偏屈ですか?


こんな分析もありました。

自分も営業職を経験したことがありますが、個人の付き合いの範囲まで必要以上に社内に公開したいとは思いません。
また、私が、その人に(趣味の友人)に売込み役をするというのにも抵抗を感じます。
ただ、相手が〇〇君 それ興味あるな といわれたら社内のしかるべき部署を紹介してよいですかと言います。

http://meishihacks.com/data/7%E5%89%B2%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%81%8C%E7%A4%BE%E5%86%85%E4%BA%BA%E8%84%88%E3%81%A7%E3%80%8C%E6%97%A9%E3%81%8F%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%88%E3%80%9C%EF%BC%81%E3%80%8D%E3%82%92%E7%B5%8C%E9%A8%93/

一般社員の趣味を通じた「面識あり」

これを 商売につなげよう このCMに私はとても不快感を感じました。

http://www.youtube.com/watch?v=izP-4eeCSj8

http://www.youtube.com/watch?v=qxjCJv2Cu-4


個人的趣味の友だち(その人は勤務先ではキーマン)を商売に利用する。

私は、社内システム含め、購入に関するのキーマンの立場ですが、このような感じでアプローチされたら、その時点で、その会社に対して不信感を持ってしまいます。

また、下心を持って、趣味の友人にモノを売れ という上席にも不快...続きを読む

Aベストアンサー

このCMの本来のメッセージは「社員が得た個人情報(名刺)を社内のリソースとして活用できるようにする」ことだと思うのですが、その個人情報の中に「営業マンが趣味で知り合った個人の情報」までが含まれるのかどうかは、仰る通り微妙ですよね。
社員の友達や親戚の情報までをも公開することを、会社が社員に「強制」するのは、コンプライアンスに照らし合わせても妥当な行為なのか? といった議論が出るのも納得がいきます。

とはいえ、

>コネならなりふり構わず何でも使おうという魂胆

別の方が仰るように、双方に利益が生じる取引なら積極的に進めてもいいのではないでしょうか。


おすすめ情報