gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

先日塾の英語講師が

「I think that....なる文章は相手を納得させなければならない自由英作文(一橋大学など)では絶対に使うな。自ら 今から言うことは妄想に近いんですが。 と前置きしているようなものだ。」

という旨のことを言っていました。

が、昨日別の英語講師の自由英作文対策サイトを見ていると、模範解答に当然のように I think....  と使っていました。



??ってかんじです。
どちらが正しいのでしょうか?

詳しい方回答お願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

アメリカに住んで40年目になりました。

 私なりに書いてみますね。

自分の意見を言う時にはI thinkと言う表現はまったく問題ないですね。 しかし、言葉の表現とは「その状況にあった」表現である必要があるのです。

つまり「相手を納得させなければならない」と言う状況にいるときには、と言う条件がついている事を見逃さないでください。

しかし、この「説明」はそれなりに「説得力がありません」と私は言います。 なぜ、なら、不十分だからなのです。

たしかに「相手を納得させなければならない」と言う条件作りをもってこれを言うのは一歩進んだ正しい説明だと思います。 しかし、だからと言って、こうしなくては納得させる事は出来ないと言うことでは決してないと言う状況を知る必要がある、と言う事なのです。

例えば、絶対的な権限のある「鬼社長」<g>がI think~と言えば、「鶴の一声」として社員は「納得してしまいますね」と言う事です。

しかし、一般的な状況で、ある事を相手に「なんとく」「説得」するときにはそれなりの「説得術」「話術」と言うものが使われるわけですね。

もちろん、相手が言っている事に対して興味がなかったり、判断できるだけの理解力がなかったり、「坊主の袈裟まで」ではないですが相手が自分の事をいいと思っていなければ、説得術も「効かない」時もあるわけです。

ではなぜ、この先生はI thinkを絶対に使うな、と言ったのでしょうか。 私は使わないようにしたほうがいい、と教え、絶対に使うな、とは言いません。

しかし、I thinkを使うと言う事はどんなフィーリングを相手に伝えるだろうかと言うことを考えれば「使わないほうが説得力を高める事が出来る」と言うことになると言うことを説明しますね。

実は日本語でも、これを意識的に感じれば、分かると思いますよ。

これをやったほうがいい、と言うのと、これをやったほうがいいと思います、とどちらが説得力があるように感じますか? これを言った人のことを聞こう、と言う姿勢にある人は(鬼社長のイエスマンとか)は「思う」と言われただけで説得されてしまいますね。

そして、一般の人でも、~だと思う、と言う表現では、それだけ、「その人は確信を持っていない」と思ってしまうと感じませんか。 確かに日本語ではこの言い方をして「和らげている」と言う事はありますが、英語ではこの「和らげて表現する」という感覚が日本語より薄いのですね。

薄いわけですから、余計に確信がないな、と感じるわけです。 確信がなければ、説得しにくいと言うことになってしまうわけです。

だから、I thinkと言う表現を使うと、説得力に欠ける、表現とされるわけです。

自由作文で、~だと思う、と言うだけの事だったら「説得性」を引き出す必要はないわけです。 ないのであれば、自己主張と言うことになるわけですから、I thinkでまったく問題ない、と言うことになるわけです。

と言うことで、You should learn how and when to use "I think"と言う表現を私は使い、I think you should learn how and when to sue "I think".とは言いたくはならないわけです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。
    • good
    • 1

どちらが正しいかというご質問なら,I think で問題ありません.


とくに日本の英文法教育では,これを覚えておけば有効です.

現場の英語がどうこういうのは勉強が進んで来れば自ずからわかってくるのです.言語には多くの表現があります.しかし,初学者にはそれなりの教え方があるし,型どおりの表現も覚える必要があるのです.初めのうちは会話の場合でも,必ず口癖のように I think と話し始める人は多いし,だからといって責められません.忍耐力のないネイティブはイライラするはずです.

要は,どちらも間違いではなく,要求レベルの差と考えてください.いずれ,その先生の意図もわかるようになるでしょう.
    • good
    • 0

はじめまして。



ご質問:
<どちらが正しいのでしょうか?>

「使っていい」の方です。

学術論文ではないのですから、大学受験程度の英作文では、自分の考えをI thinkで表しても何の不都合はありません。

ただ、多用を避け、使う場所を選ぶ必要はあります。

相手を納得させる英作文とはいっても相手を洗脳するわけではありませんから、極端な断定表現にしたり、曖昧さや婉曲表現を避ける必要もないのです。

相手を納得させる論文となれば、仮設をたて資料や参考文献から証拠となる材料を提示し、その真性を実証しなければなりません。手元に資料や文献を引用できない試験会場で、証拠が見つからなければ結論もおぼつきません。

そんな場合は、どうしても断定を避け婉曲な推量表現などに頼るしかないでしょう。信憑性の少ない結論を断定するより、「と思われる」「と推測される」といった語法の方が、却って「正直」で「誠実」な論文と試験官の目にはうつるでしょう。

断定を避けるいい方、I thinkに代わるスマートな言い方をいろいろ模索された方がいいでしょう。以下のような表現があります。

1.動詞を用いて:
I hope「(よい内容を)思う、望む」
I’m afraid「(否定的な内容を)思う」
I expect「予期する」

2.イディオムの副詞句を用いて:
In my opinion「私の考えでは」

3.他の動詞句を用いて:
I have an idea that「~という考えである」
It proved that「~だとわかる」
It is believed that「~だと信じられている」
They say「~と言われている」

4.推量を表す助動詞を用いて:
may「~かもしれない」
can「~でありうる」
cannot「~であるはずがない」
should「~するべきだ(と思う)」
must「~に違いない」

5.強調を表す用法で

I’m sure that「きっと~だと思う」
It’s certain that「~なのは確かだ」
Surely「確かに」
Certainly「同上」

6.引用を示唆して断定を緩和する用法:

Following「~によれば」
According as「同上」

などなど、いろいろな語法を駆使して「思ったこと」を正直に表現すれば、別に断定を避けて婉曲、推量、の表現を出すことは、試験でマイナスにはなりません。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0

>「I think that....なる文章は相手を納得させなければならない自由英作文(一橋大学など)では絶対に使うな。

自ら 今から言うことは妄想に近いんですが。 と前置きしているようなものだ。」

○ 「I think ...」に続く内容は決して妄想ではありません。自分が(正しいと)思っていることを相手に伝える表現です。

○ ただし、論文などでは使わない方が良いとされています。それは、論文では自分の考えを述べることは当然のことなので、いちいち「私の考えでは・・・」などと断わりを入れる必要はないからです。その塾の講師の方が言っているのは、そのことを誇張しているのかまたは勘違いをしているのかのどちらかでしょうね。

○ 普通の会話などで自分の考えを述べる場合には、普通に「I think ..」を使って構わないと思いますよ。ただし、「I suppose ...」や「I guess ...」などを用いる場合には、その内容に気をつけてください。例えば、女性に「I suppose you are beautiful.」などと言ったら、その女性はその後二度と口を聞いてくれないことでしょうから。
    • good
    • 0

これは英語の文法とか語法とかの問題ではないんですよ。



英作文、それも和文を英訳するようなものではなく自分の考えを書かせるような作文では無意識的に I think を使いすぎる生徒が少なくないのです。

日本語でよく「~と思います」とする癖から、何も自分の考えと断る必要のないことまで I think と始めてしまい、これがネイティブの英語に日々触れている人やネイティブには「ああまたか」と目に付くのです。

入試問題を採点するほうはこのような「傾向」は分かっていると思いますが(ここで実際に採点者に聞いたわけではないので「思います」と書いています)これが採点にどれくらい影響を及ぼすかは分かりません。しかしあまりに不自然に I think があればよい印象を与えるはずがありません。

英作文をする前にまず日本語で考えるのなら本当に自分の考えだけに I think をつければどうでしょうか。
    • good
    • 0

I think that は偉そうで,押しつけがましく,説得しようとして反発されるという意味でしょう.無神経に使うなとおっしゃっているのでしょう.


I think と言いたければ,せめて,I would think と言ってください.
これが妥協案です.would は便利ですよ.
    • good
    • 0

前者の先生の言い方は、ちょっと極端ですね。


事実は事実として書くべきですが、自分の考えについては、I think ~.
でもよいと思います。

ただ、この先生は、I think ~. の代わりに使ったほうがいいと考えら
れている表現があるのではないでしょうか? I believe とか、I assume
とか、より適切な表現を使いなさい、ということだったら納得できます。

ちなみに、自由英作文のような問題で、絶対的な正解はないと思います。
どちらが正しいか? というと、どちらも正しいと言えると思います。
    • good
    • 0

「相手を納得させなければならない自由英作文」なら、ってことでしょうね。



たとえば、
I think that she loves you.
だと、彼女は君のこと好きだと思うよ~、ってちょっと無責任ぽいんで、そういう場合は
I believe that she loves you.
とか、
I bet she loves you.
とか、
Trust me, she loves you.
とか、なんでもかんでもI think thatを使うんじゃなく、工夫しなさい、ってことじゃないですかね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwhen~ingについて

We can't be too careful when choosing our friends.
このwhen~ingの用法が今ひとつわかりません。分詞構文なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時には」という意味ですので、

(c) We can't be too careful in choosing our friends.とも言えます。

「友だちを選ぶときには、どんなに注意しても注意しすぎるということはない」に相当する英文として、(a) (b) (c) の形を覚えて下さいね!

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時...続きを読む

QBe動詞の後に前置詞句がくるときの文型は?

She is on the stage./Many birds are in the forest.など、Be動詞の後に前置詞句がくるときの文型はSVCなのでしょうか?前置詞句は補語ということになるのでしょうか?She stood on the stage.のときの文型はSVということから、不安になったのですが、ご存知の方があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味賢い。」
"It is in general correct."「それは一般的に正しい。」
(文型はSVC)

"The meeting is at the moment adjourned."「その会議は現在一時的に休止されています。」
"The suspect was after all arrested."「その容疑者は結局逮捕された。」
(文型はSV)
*前回の回答でbe動詞は「不完全自動詞」であると説明しましたが、上のように受動態で使われるものは、「助動詞」のひとつとして考えられます。


文型や前置詞句の用法を判断するにはbe動詞の部分だけではなく、文全体を見ていくことが必要になると思います。第二文型SVCであればS=Cという関係が成り立っているかどうか、または他に補語になるようなものはないかを確認し、用法を見分けるには前置詞句を文からはずしてみて、その文が文法的に成り立つかどうかで判断していけるのではないかと思います。

参考になりましたでしょうか?また何かありましたら、補足のほうをお願いします。

こんにちは。

>Be動詞の後に前置詞句が来るときは常に形容詞的用法(叙述用法)であり、文型はSVCになると考えてよろしいのでしょうか?

この質問に関してですが、Be動詞の直後に前置詞句が来ているからというだけでは、まだ「形容詞的用法」と、またSVCであると判断することはできません。というのも、次の例のように「副詞的用法」の前置詞句がコンマなしで補語等の前に入ること、また、第二文型以外の文で用いられることがありうると考えられるからです。

"He is in a way smart."「彼はある意味...続きを読む

Q2浪して東大入学

今年2浪の末、なんとか東大理Iに合格したものです。
東大みたいな難関校には浪人する人は少なく、現役生がほとんどであると聞きます。
私自身は、現役時代や一浪時代は勉強などせずに遊びまわっていて、実質2浪の春から、大学生の友達をみて「大学生っていいな」と思い、ホントに一から勉強して受かったこともあり、気持ちは現役と変わらんみたいなところがあるので「2浪だから、大学で浮くかも」みたいなことは思わなかったのですが、2浪で東工大に行った先輩が「サークルに入ったらマジで2浪とか浮くし、居心地悪すぎだわ」という事を聞き、少なからず不安が生まれたので、本当の2浪の現状を聞くべく質問させていただきました。

私は、年齢が下の方に敬語など使ったりすることはなんとも思わないほうで、そういう類のプライドみたいなものに関してはないに等しいです。
現役、一浪時代にサッカーにはまっていたこともあり、「大学に入ったら絶対サッカーやフットサルのサークルに入る」というのを努力の糧にしていました。

ぜひ、東大2浪の現状みたいなものをご存知の方、どんな些細なことでもよろしいのでどうか教えてください。よろしくおねがいします。

今年2浪の末、なんとか東大理Iに合格したものです。
東大みたいな難関校には浪人する人は少なく、現役生がほとんどであると聞きます。
私自身は、現役時代や一浪時代は勉強などせずに遊びまわっていて、実質2浪の春から、大学生の友達をみて「大学生っていいな」と思い、ホントに一から勉強して受かったこともあり、気持ちは現役と変わらんみたいなところがあるので「2浪だから、大学で浮くかも」みたいなことは思わなかったのですが、2浪で東工大に行った先輩が「サークルに入ったらマジで2浪とか浮くし、...続きを読む

Aベストアンサー

東大じゃないけど、2浪で浮くってことはないですよ。私なんか大学に入ったのは25歳でしたが、全然浮きませんでしたよ。でもさすがに25歳が18・19歳に混じって合コンはついていけませんでしたがね(爆)

あなたは浮かないけど、先輩は浮くっということもありますよ。その人のキャラクターによりけりですよ。18歳以上からは2歳の差も1歳の差もタメも変わらないですよ。確かに高一と高三、中三と高二では明らかに違います。でもそれって18歳未満の話ですから。

もう高校生以下じゃないんだし、大学生からは二歳程度の年の差なんか全く関係ないですよ。俺なんか、当時25歳で18・19歳と遊んでましたしね。サークルも2年生で部長やらされたし(爆)かみさんと8つ離れているけど、それもノープロブレムですし。

要はキャラクターによりけりです。私は関係ありませんでした。けど、あなたの先輩は無理だったというだけのことです。でも入る前はすげぇ気になったけど、入ったら思いのほか気になりませんでしたよ!

Q高校入試で浪人生がいない理由

大学入試では現役高校生の時に志望大学に受からず、浪人生となり、一年間勉強に没頭し、
再び志望大学を受験する人はたくさんいますが、

高校入試ではいません。何故ですか?

Aベストアンサー

いわゆる「世間体(世間での評価)」ですね。
ちなみに数は少ないけど高校入試浪人生は普通にいますよ。
病気等のケースもあるし、その高校への関心や興味もあったりしてですね。
日本のシステムは中国の「科挙」に則ってますのでどうしても浪人はする事になります(科挙は非常に難しかった為に10年20年と浪人する人が多かったです)。
「早稲田卒だって。偉いなあ」ってわけです。
アメリカでは「ハーバード卒です。専攻は何だ?今の仕事は何をしてるんだ?」です。合理的ですね。
イギリスなら「オックスフォードだって。床屋で中卒の俺に何か用か?インテリさん」と階級的です。

高校での浪人が少ないのは「ヤンキーだったんじゃないか?」とかネガティブに見られがちだからです。
大学入学でリベンジも可能と言う背景もあります。
大学入学でリベンジは歓迎されるのに、大学院では「学歴ロンダリング」と馬鹿にされますよね。
しかし余り根拠も無いと思います。
日本人は割と1つの考え方を押し付ける傾向にはあると思いますね。

面白いのは浪人生は世界的には珍しい考えと言うことです。
アメリカは共通テスト(2年間で4回受けられる)の結果とエントリー(志望動機書)で推薦で決まります。
志望動機、つまり人格面も見られちゃうわけで、勉強したから絶対受かるわけでもない。それなら合格をくれた大学の方が楽しく過ごせるだろうと考えて浪人してまで行こうとは思わない人が多いですね。

中国韓国は「浪人」の制度がない。1発試験が基本です。それでいて学歴は重要ですから、病気等への対策やまじないのような怪しい受験スタイルが流行ってます。悪い事だと分かっててもお金を渡したりカンニングも横行しやすいですね。

学歴社会のフランスも浪人は多いです。珍しい点で言えば哲学が必須科目である事と、口頭試問(面接)がある事です。ナポレオンが100年以上前につくりだしたといわれる明らかなピラミッドシステムであり日本のシステムに近いですね。フランスにおける哲学は「自分の頭で考えて話す、書く」ことに近いので日本の「小論文」や「国語」の概念に近いですね。悪しき伝統と言われつつも何処かで自慢してて(日本も似た感じですが)システムはあまり変わってません。
難関大学に入る為に名門中高を目指しますし、それにはお金もかかるし地方出身者は不利です。中上位者にはリベンジのチャンスが少ないので諦めがちです。
また僕らが思ってる以上に詰め込みでインテリではありますが頭でっかちだと言われる事も多いですね。大学を出れば瞬時にエリートですから性格面で問題があると言われる人も出てきます。もちろんノーベル賞受賞者数や芸術家輩出数を見れば凄い実績を持ってるのも事実ではありますが。
上位層がこれらの階層出身のエリートばかりですし、自己批判しづらいのかもしれませんね。

ドイツ・オランダや北欧は逆に非常に「公立的」です。教育は水みたいなもので教育費と言う概念がありません。部活みたいなもんで「やりたい奴がやれ」と言う感じです。私立高校や私立大学も殆どありません。
多少の審査はありますが、高校を卒業できれば「望む大学はどこにでも入れる」システムです。どこの大学でも一定の教育が受けられますので(もちろん名門大と言うのは存在しますが)日本などアジアのような「受験戦争」は存在しません。
一方で「望んで入っている」「無料(税金)である」と言う観念から入学後の審査は厳しいです。ふざけた学生は余りいませんし、真面目にやらなければ簡単に留年や退学になります。

ヨーロッパでは男女や個人での心身の発達の違いから就学年齢を親が決めれるようになっています。
小学校とかに体が人1倍小さいとか、ちょっとアホだとかって同級生いたでしょ?
あれを避ける為です。
また親や教師の権限が強く「(ネガティブな意味だけではなく)留年を推奨する」ことも多いですね。
一方で飛び級の制度も充実してます。

イタリアは大学発祥の地らしくイメージと違い驚くほど勉強させます。
「世界一、教科書が難しい国」と言われてます。
午前中で授業が終わる事が多いのですが(だから先生は夕方までには家に帰ります。いい国ですね・・・)宿題はたっぷり出ます。
それだけ早く学校が終わって、宿題も膨大となると母親の教育力が試されますから母親次第でドロップアウトする子も多いですね。マザコンが圧倒的に多いですから母親は子どもと過ごせる時間が増えると喜んでるようですが・・・
大学進学率は低いですし、放課後はたっぷりあるわけで未成年の犯罪は結構多いです。
しかしながらイタリア女性は子どもが大好きで何よりも主婦が好まれますので、アメリカのようにキャリアウーマンは好かれません。キャリアウーマンは「お金がないからしょうがなく働いている」と考えられます。ラテン国家に多いのですが男は意外なほどマッチョですし家族を養うために金銭欲も強いです。一方で女性は主婦になる前提ですから決して就職を見越して大学に行ったりはしません。ともかく読んで書いて暗記してと、昔の寺子屋スタイルは大学を出るまで続きます。
賛否ありますが何せ伝統が凄いので断固たるシステムですね。

何がいいかは分かりませんが、僕は今の日本のシステムは好きですね。
マレーシア、インド、シンガポール、香港、台湾も日本や中韓と似た塾システムや受験システムがありますよ。聞く限り激しいですよ。
これも日本と似た部分があり「学歴そのものが大事」であったり「子の学歴=母親の評価」とかと言う遠因があるようです。
そういう遠因が日本の大学浪人システムを作ってるのだと思われますね。
アジアでは浪人がムズかしい半面、編入試験が盛んな所も多いです。

だからアジア、ゲルマン、ラテンの3民族でそれぞれ大きく考え方が変わるんじゃないかなと思います。

いわゆる「世間体(世間での評価)」ですね。
ちなみに数は少ないけど高校入試浪人生は普通にいますよ。
病気等のケースもあるし、その高校への関心や興味もあったりしてですね。
日本のシステムは中国の「科挙」に則ってますのでどうしても浪人はする事になります(科挙は非常に難しかった為に10年20年と浪人する人が多かったです)。
「早稲田卒だって。偉いなあ」ってわけです。
アメリカでは「ハーバード卒です。専攻は何だ?今の仕事は何をしてるんだ?」です。合理的ですね。
イギリスなら「オックスフォード...続きを読む


人気Q&Aランキング