『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

こんばんは!
僕が生まれたのは1985年なのですが、
1985年頃の日本の社会情勢というのは、どんな感じだったのでしょうか?
自分が生まれた時の事を知っておきたいと思ったので質問しました。
どんな事でもよいので、簡単に教えて下さい。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。


そうそう、私はまだ学生でしたねぇ。
2台目のパソコンに変え替えたころだったな。8ビットマシンから16ビットマシンへの移行期だったと思います。NEC規格のマシン全盛で、CPUは8Mhz、内蔵のハードディスクモデルなんてあったのかな・・・とても高くて買えなかったけど、外付けだと10万円ぐらいで10MBぐらいだったんじゃなかったかな・・・フロッピィディスクはようやく8インチから5インチが主流になり、3.5インチもぼちぼち出始めてました。メモリはたしか640KBだったけど、ちょっと物足りないので、7万円ぐらい出して1MBの増設RAMボードを足しました。このボード言うのが、弁当箱サイズのボードが2段重ねになっている代物で今から思うと笑っちゃいますよね。
この性能で、たしか35万円ぐらいしたと思います。プリンターも持っていましたが、インクリボンのインパクトドットマトリックス(もちろんモノクロ)で7,8万円だったかな・・・
 インターネットなんてものは少なくとも日本にはありませんでしたが、ようやくモデムが一般的にも買えるようになりつつあって、私も買いましたが、ろくな通信ソフトがないし、繋がったところで、誰と何をするの?っていう程度でした。もっとも私は結局一度も繋がらずに終わりました。-_-;
 でも、このころは、ワープロ(当時は「松」とか一太郎の初期バージョン「太郎」というのがあったと思います。)と表計算(当時は「マルチプラン」
が主流でしたね)以外はプログラムは自分で組むというのが普通でしたから、BASIC、FORTORAN、マシン語等々なんでもやりましたし、パソコンそのものを楽しむと言う点では、このころの方が楽しかったような気がします。
 すみません、質問の趣旨とだいぶん離れた回答になってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このころ学生さんがパソコン二代目とかいってたらけっこう自慢できそう?な時代っだったのでしょうか、
ぼくは未だにマイパソがないってのに・・・
インターネットも普及してなかったのですね、
参考になりますありがとうございました!

お礼日時:2002/10/29 16:02

 バブル経済の予兆が出ていて浮かれた雰囲気、よく言えば活気がありました。



 東京都内の中学に通っていて翌年は渋谷駅近くの高校に進みましたが、茶髪の生徒はクラスで0~1人でした。また、携帯電話がないのにどうやって高校生活が送れていたのか、今の人には不思議に思うでしょう。

 エイズという言葉が一般に知られたのはこの頃ですが、当時は「男性同性愛者だけの病気」「空気感染する」のような誤解や偏見がありました。

 米国Intel社からは「i386」というCPUが発売されました。これは現在のPentium4にも通じる画期的な機構を備えていて、パソコン普及の原動力になりました。

 ところでNo.1のご回答ですが、ツッパリブームや竹の子族は1980年前後、竹下内閣は1987年~1989年です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ髪が茶色の人は少なかったんですね、信じられないですね。
参考になります。
ありがとうございました”

お礼日時:2002/10/29 15:49

 1984年にロサンゼルスオリンピックがあり、タレントの森末さん(体操)や柔道の山下さんが金メダルをとりました。


 つくば万博のこの頃ですね。大きな観覧車や、テレビがあったのを覚えております。
 また、1985年前後はアイドル全盛期で、おニャン子クラブが現在のモーニング娘以上に売れていたと思います。「セーラー服を脱がさないで」は、幼稚園児からおばさんまでが口ずさんでおりました。
 日航機墜落も1985年ですね。
 DCブランドも大流行しておりました。この頃が一番はやっていたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アイドル全盛期ですかー、
なるほどです。
ありがとうございました!

お礼日時:2002/10/29 15:46

1985年といえば、なんといっても


まず「阪神タイガース優勝」です。..いや、冗談ではなく...
特に関西では喫茶店といわず本屋といわず、街に「六甲颪」が流れ「タテジマ」が跳梁跋扈し、京都の老舗和菓子屋までもこぞって(は、言い過ぎですが)『阪神饅頭』や、『タイガース最中』を発売し、阪神甲子園球場は、一種の観光地となり「関西にきたからには阪神戦を観にいかないと..」と、地方の観光客も熱に浮かされたかのように甲子園を目指したものです。
阪神御用新聞「デイリースポーツ」は飛ぶように売れ、「ズームイン朝!」の福留功男は沈黙し、KBS京都では上岡龍太郎が「阪神がいかにすばらしいか!」を力説しています。
そう..それは翌年から始まる「バブル景気」の序章としてふさわしいまさに「フィーバーの予感」の時代でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、経済にも多大な影響を与えたのですね。
う~ん、今年は惜しかったですね。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/10/29 15:45

「あの阪神」が、前年最下位から、優勝。

日本シリーズでも、常勝西武を破って日本一。
バース・掛布・岡田の「バックスクリーン3連発」
とにかく、これでわきましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

阪神の優勝ですか、
僕はヤクルト大好きです。
nozomi500さんは阪神ファンでしょうか?
来年はお互いがんばりましょう。
ありがとうございました!

お礼日時:2002/10/29 15:44

 こちらはどうですか。



参考URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1985 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拝見させていただきました。
一年にものすごい事件がおこっているものですね。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/10/29 15:39

1985年頃というのは若者の間ではツッパリブ-ムでした。

学校では中学高校ともにリ-ゼントや剃り込み、ボンタン(長くやたら太いズボン)と長ラン(長い学ラン)が不良の間で流行り仲村トオル演じる「ビ-バップハイスク-ル」というツッパリ映画も登場し、大人気の与太郎シリ-ズに発展しました。

また原宿辺りでは「竹の子族」という音楽を流しながら踊り狂うツッパリがたむろしてたのです。社会情勢とはやや違うかも知れませんが、竹下内閣で消費税が初めて3%が導入された頃だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、参考になります。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/10/29 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1980年代の日本

80年代の日本の状況についての質問です。

91年にバブルが崩壊するまで景気は良好だったようですが、なぜ89年に消費税を導入する必要があったのでしょうか?
またバブル当時の日本ではこの異常な好景気に対して疑問や対策はなかったのでしょうか?

また国際的には冷戦の終末など、不安定な時期ですがその中での日本の立場と政治的な方針について詳しく教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何がベストの政治判断なんてのはないわけです。
ベストがあるならば、その段階で、政治の対象である社会は静止状態になっていないとならない。

財政赤字と公共事業の民営化
これは、19世紀の課題を20世紀の百年かかっても解決できていない事。
19世紀の課題とは、経済成長の分け前をどう分配するか?という課題。
※ 現在の経済成長は19世紀初頭から始まっています。
経済成長がないのであれば、だれが我慢するか?という問題になります。ゲーム理論で言うところのゼロサムゲーム。四人でやる麻雀の総得点は一緒で、取り合うというヤツです。
19世紀後半から、分配の問題が政治課題となりました。ビスマルクが社会保険制度を作ったり、マルクスが共産主義を唱えたり、イギリスが「ゆりかごから墓場まで」と言い出すのは、大きく言うとこういう背景がある。
で、20世紀半ばでの政治的回答が「大きな政府で国民の福祉の均質化」となります。経済理論で言えばケインズとなります。
ところが、福祉の分配は、一般的な企業活動と比較して、評価基準が不明確。企業の幸せは、利益が出るかどうかという明確な指標があります。利益が出ないと潰れますので、わかりやすい。国民の幸せは、それぞれの国民一人一人で違ってきます。企業における利益のような、わかりやすい指標がありません。近似的な指標が、各政党の「得票率」となります。より幸福を与えそうな政党が政権を握る。
しかし これも近似的な値でしかない。そのための不効率が生じます。

この不効率が、財政赤字を産みます。
経済的には儲からなくても、やらなければならないと投票されると、お金を回収できない高速道路を造ったり、その高速道路を運営するための公共企業が生まれるからです。

さて 消費税
税金は効率よく取りましょう。
税金を取る方の考え方は、煎じ詰めるとこうなります。
税金を取るために、税金より多くの金を使っては意味がありません。

日本の古代の戸籍が生まれた理由は、一人一人から税金を取るためです。その戸籍を作り続ける意欲と効果がなければ止めます。ということで、いろいろあって、江戸時代は 村受けとかの単位になります。
さて、戦前の日本の税金は、金持ちからの直接税と、酒税などの間接税が主力です。金持ちは人数が少ないので把握しやすい、また酒税は、酒を造るところを押させれば把握したい(密造酒以外は)。貧乏人まで含めた国民一人一人から納税させるのは大変なわけです。貧乏人に少ない税金を出させるための税務官の人件費の方が高くなってしまう。

んで、戦後の日本は、みんなが金持ちになると共に、みんなが俸給生活者になりました。つまり企業を捕まえれば、確実に所得税を取ることができる。しかも国民の数より、企業の数の方がずっと少ないので効率がいい。

やがて、見えてきたのが、高齢化社会。
高齢化社会では、老人は企業に勤めていませんから、企業を通じて収入を把握することができません。
若いころのお金を運用して、その運用金で生活をできるヒトもいれば、そうでないヒトもいる。千差万別なわけです。
税務署が、一人一人を把握することができなくなるわけです。
で、思いついたのが消費税。
商品を売る企業を捕まえて、そこから税金を取る。
これならば、国民一人一人を捕まえるよりも効率がいい。

ということで、消費税を導入したのです。

何がベストの政治判断なんてのはないわけです。
ベストがあるならば、その段階で、政治の対象である社会は静止状態になっていないとならない。

財政赤字と公共事業の民営化
これは、19世紀の課題を20世紀の百年かかっても解決できていない事。
19世紀の課題とは、経済成長の分け前をどう分配するか?という課題。
※ 現在の経済成長は19世紀初頭から始まっています。
経済成長がないのであれば、だれが我慢するか?という問題になります。ゲーム理論で言うところのゼロサムゲーム。四人でやる麻雀の総得点...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング