『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

あいかわらず覚せい剤(麻薬)で逮捕され、人生を狂わせる有名人が跡を絶ちません。
これだけ問題視され、危険性(違法性)が指摘されているのになぜ覚せい剤に手を出す有名人が多いのでしょうか?

1.興味本位など、問題意識が低い(または欠如)
2.知人などからの誘惑を拒みきれなかった
3.覚せい剤に頼らざるを得ないほどのストレスや疲労に悩まされている。

貴方はどう思います??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あの~一般人も有名人も結局は人間ですよ。



 有名人が覚せい剤&麻薬をするとただ事が大きくなりTVになり「あ~また有名人が覚せい剤やった」などとなるんちゃうの?

 普通のどっかの人間が覚醒剤や麻薬してもニュースにならないでしょ?

でも確かに質問者さんの「覚せい剤に頼らざるを得ないほどのストレスや疲労に悩まされている」は本当だと思う。。

 
 
  
    • good
    • 0

あの~、覚せい剤と麻薬は反対のものだそうですよ。


どちらも薬物というのは変わりありませんが。
覚せい剤って戦時中に入ってきたらしいですが、日本に。
(諸説あるみたいだけど)突貫工事を労働者にさせる為に。
76年が芸能・音楽の有名人で薬物汚染が出た第一号だった
のでは?(本邦)
過重なストレスでお薬にテを出す人はいますね。
時代によっては、薬が流行だったり(1960年代)。
芸能界、有名人の世界が一般人とは違うのはどなたも
わかっているでしょうが、このところ、日本では一般人
も買いやすくなっていると。(やっぱりネットで)
1、2が多いんじゃないでしょうか?
~あと売春を強制させる為に中毒にするとか。
00年に入ってからオーストラリアでは高校生の約半分が
麻薬をやった経験ありとかで。
91年に尾崎豊という有名なスター・シンガー・ソング
ライターが変死しました。解剖すると胃から覚せい剤が
出てきたそうです。(彼のは本がたくさん出ている)
この場合、大きなストレスからこういう事をやっていた
のでしょう。(覚せい剤は普通、経口では摂取しないのに)
薬物を売る方としては、カネになるからで。市場開拓にも
芸能界って目を付けられやすいのかも。中にはスタッフが
裏稼業で売人やっていたり。
(そういえば、今年に入ってだか、女優の三田佳子の
馬鹿息子が2回目の薬物不法所持だったかで逮捕。ここの
親が又、馬鹿みたいにこの息子にカネを与えていた。こう
いう環境もモンダイですねぇ…。この倅は前いた芸能プロ
ダクションを首になっていたみたいで。レコード会社つか
なくて、インディーズやっていたとか大衆誌に。売れない
って不満を述べていたそうですよ)
    • good
    • 0

・有名人、特に芸能界は職が不安定で、収入が一定していない。


TVによく出ているから収入も多いと大衆からは思われるが、実際には仕事の量と収入は比例していない。(それでも、飛行機や新幹線は見栄で1等しか乗らない、将来性を見込んで、収入に見合わぬ、高級乗用車やマンションを薦められる。「獲らぬ狸の皮算業」)

・新人で売れてくると寝る暇も無い。
(小説家などで新人賞などをもらうと、もっと過酷だと思います。)

・有名になり人気が出てくると、個人情報が守りにくくなる。
また、やくざなどから声を掛けられやすくなる(ベテランと言われ収入が増えるとそちらの方からボディーガードをしましょうかとのお誘いがかかる。)
(昔は、有名人の兄弟や子供達がターゲットになってましたよ。兄弟が、やくざの人もいました。)

・休みの日など、特に人目の付かないところにこもるので、そこにひとりでも、覚せい剤経験者がいると、すぐ未経験者に広がりやすい。

30年くらい前までは、普通の家の子供は芸能界には入りませんでしたよ。「やくざな世界」とか「水商売」と言って、何処の親も許しませんでした。今は、そんな考えをする人達も少なくなったと思いますが。
    • good
    • 0

ミュージシャン、芸能、など、の人は周りの、進め、ステイタス、格好よさ、など、いろいろありますが、


3の、ストレスや疲労で、おぼれる事は少ないと思います。
本当のストレスで、神経、精神が疲れ果てる時、そんなもの、市内と思います。なぜなら、そのような人は、かなりの神経質で、怖がると思います。
1と2がほとんどでしょう。二十歳未満に、タバコ、酒に、興味津々のようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング