楠木正成の出自や前半生は不明で彗星の如く現れたなどとよく資料で見かけますが、楠木正成は一武将です、戦時に兵隊を確保できる武将であるという事はある程度の地位に居たか所領を持っていたはずです。そうするとそういった事が書かれた資料が無いというのは不自然ではないでしょうか?
朝敵となった事で資料が抹消されてしまったのでしょうか?それとも当時はまだ土地の所有した記録や台帳のようなシステムがなかったのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

鎌倉時代では、ある時期の ある国の守護が誰だったか?


というのも分からないところがあります。その程度です。

朝廷は基本的に「文章主義」でしたので、だれをどこの国史に任命したというのが残っていることになっています。(紛失している部分もありますが)

幕府の正規の役職でもこの程度なので、幕府にも朝廷にも属していない「悪党」である楠木正成の前半生が分からないのは当たり前です。

楠木正成の初見は「河内に楠木云々の悪党がいて」というのだと記憶しております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/11 17:21

先賢のNo.1,2の答えの通りです。


当時のものは相当な有名人でも、資料が残っていないのは当たり前です。
正成のものは「正慶元年頃、臨川寺領和泉国若松庄に悪党楠木兵衛尉なるものが押し入って乱暴をした。」との資料が最初のものです。   「ひょうえのじょう」の官位を持っており、時期から見ても後醍醐天皇に招かれ倒幕に立ち上がった後で、兵糧の調達をしたものでしょう。
このように寺領や荘園の年貢米を横取りしたものを、当時は悪党と呼んだので後世の山賊のような悪党とは違うようです。

楠木氏は河内の赤坂辺の土豪で、散所の民を束ねていたいたと推定されています。   散所とは領主の下で運送、労務などの雑役に従事する流民で、これらを束ねる者は運送などの際に必要な武装をしていました。
楠木氏の赤坂は名の通り朱の原料になる、貴重な辰砂(しんしゃ)の産地で産を成し財力があったと考える学者もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/11 17:22

 楠正成は「悪党」出身で、その有力リーダーではないかと言われています。



 この「悪党」と呼ばれる集団は、主に流通業を生業として商業的利益を経済基盤としていました。

 日本の各地域の経済力が増し、農業を基本とした自給自足経済から、商業的流通が日常的・組織的に各地域間で成立するようになって、力を付けてきた人々です。

 流通をになう人々ですので、荷物を守る必要から、日常的に武装しており、馬などの家畜の扱いのプロですし、かなり広い地域の交通・地形を熟知していました。

 ですから、土地に土着した人々ではなく、他人に管理されることのない特殊技能集団だったので、有事に結束して動いた時、突如として有力武装集団が現れた形になったと見られています。

 尚、武家社会が成立し農民が完全に武家によって統制された時代になっても、古くからの狩猟民・流通民・河原者(主に芸能者)など農地を生活基盤としない人々は、天皇家を自分達の宗家と考える意識を持ち続けました。

 室町時代終わりごろ、皇族・摂関家出身者がトップとなっていた有力寺社には、商業者の座の本部がおかれることが多く、天皇家の菩提寺であった泉湧寺は、飢饉の時は河原者などに炊き出しをするなどして、彼らを保護しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/11 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楠木正成は忠臣だったのか。

楠木正成は忠臣とされています。負けると分かっていて、南朝のために湊川の合戦に向かうなど、行動だけ見ると忠臣としか思えないでしょう。水戸黄門も「嗚呼、忠臣楠子の墓」と湊川神社にある墓に刻んだほどですから。井沢元彦も「誠の忠臣」としています。しかし、私には信じられません。どの侍も家名を守ることが第一で、主君のことは二の次のはずです。何か、打算があって、結果的に湊川の合戦で討ち死にしたのではないでしょうか。新田義貞にしても足利尊氏との対抗のために南朝に従ったのであって、忠誠心からではないと思います。楠木正成は後醍醐天皇に「足利尊氏と和睦すること」を進言したとも言われますが、その進言を拒否されても南朝に従わなければならない理由があったのではないでしょうか。楠木正成にどのような打算があったか、知っている方がいらっしゃればお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
<土地を持たない武装商人の親玉だから、足利尊氏のような土地本意の武装集団と合流しても、重く用いられる可能性は低かったということでしょうか。>
 楠木正成の戦い方や、発言を見ると、有能な人物であり、足利尊氏の下についた場合、特殊な技能集団を抱える男という面もあり、重用されたと思われます。

<古くから朝廷と結びついていたので、今更、朝廷を裏切って、足利尊氏に下るということもできなかったのかも知れませんね。>
 精神的な部分が多く、楠木正成個人としては、出来ないことではなかったと思います。

 楠木正成が足利尊氏の下につくということは、楠木正成が「悪党」から土地を基盤とする「領主」になるということです。土地を基盤とする領主となるということは、楠木正成と部下との間に、土地を仲介とした主従関係ができるということを意味します。

 そのためには、悪党の仲間内の一番優秀な党目という、上下関係の少ない対等者の盟主という立場を、支配者と被支配者の関係に作り変えなければなりません。
 多分、今まで一緒に戦ってきた「悪党」仲間の半分以上が楠木正成を離れて、「悪党」のままでいることを選び、その中で一番優秀と思われる者が率いていくことになるでしょう。
 となれば、後醍醐天皇側に残った「悪党」(=臨機応変の機動部隊)との戦闘に、足利尊氏は、同じ悪党出身の楠木正成の部隊を当てるのが一番合理的となります。

 この、同じ釜の飯を食った仲間を、自分が生き残るために、敵味方に引き裂いて戦わせる結果となるよりは、成功の確率が低いとはいえ、一丸となって足利尊氏と戦う方を選んだというのが真相ではないかと思います。

 武士は、一所懸命で、土地に命をかけますが、「悪党」であった楠木正成は、「悪党」仲間の結束に命をかけたということです。
 土地と仲間、どちらに命をかけるかは、その人間の生い立ちから決まってくる本性とも言うべきものではないでしょうか。

No.2です。
<土地を持たない武装商人の親玉だから、足利尊氏のような土地本意の武装集団と合流しても、重く用いられる可能性は低かったということでしょうか。>
 楠木正成の戦い方や、発言を見ると、有能な人物であり、足利尊氏の下についた場合、特殊な技能集団を抱える男という面もあり、重用されたと思われます。

<古くから朝廷と結びついていたので、今更、朝廷を裏切って、足利尊氏に下るということもできなかったのかも知れませんね。>
 精神的な部分が多く、楠木正成個人としては、出来な...続きを読む

Q戦時下の兵隊さんについて

お世話になります。

実はながらく疑問に思っていたことがありました。というのも私の祖父の話です。

祖父は旧制半田中学を卒業後、志願して海軍にはいり、航空戦艦日向に乗り込み、同艦が呉にて停泊中に座礁。その後は陸軍に編入。満州辺で終戦を迎え、一時はロシアの捕虜となり、漁船をかっぱらい脱走。北九州に上陸し、そのまま同地の炭鉱にて仕事を始め、しばらく後、落ち着きを取り戻した郷里(名古屋)に帰りましたが、そこで家族と一悶着。結局は流れて、僕の生まれ育った静岡県に居を定めると言った、例としては若干古いのかもしれませんが、スギちゃん風に「ワイルドだぜぇ!」といった青年時代を過ごしていました。

そこまでは、まぁ誰にでもある武勇伝にすぎないのでしょうが、僕が疑問なのは、現在、押しも押されぬ老人となり、日々デイサービスなどを利用しながら、余生を楽しく過ごしているのですが、そのデイサービスで、どうやら利用者数人で麻雀を打っているそうです。

てか、あの人、麻雀なんていつ覚えたんでしょうか?デイサービスでもどうやら強いらしく、祖父自体も半分ボケてますが、半分以上ボケておられる老人相手に「イカサマ麻雀」も打っているらしく、なんやら普通に麻雀を覚えたイメージがないんです。

(※デイサービスの職員の方の話だと、かなり大胆なイカサマで、自分の手前の山に良い手の牌をあらかじめ作って乗せ、配牌が終わって、みんなが自分の配牌を整理している瞬間、ヨイッショ…といった慣れた感じで、山の上に乗せた良い牌と自分の配牌をそっくり変えてしまうそうな…そんな姿を他人様に見られて…最悪です…)

そして、祖父は自営で仕事をしており、またその業態は接待麻雀のようなことが無い業態でしょうから、戦後に覚えたとは考えにくいんです。祖母に聞いたら「戦争中に麻雀ばっかやってたから…」といっていましたが、戦争中ですからね…内地にいた祖母は祖父が公費で海外に出かけ遊んでいるイメージしかないのかもしれませんが(そんな感じの祖母なんです<m(__)m>)戦争中って…

ただ、祖父が麻雀を覚えるチャンスって、祖母が言うように戦争中しか思い当たらないんですね…

そこで質問です。戦争中の兵隊さんは麻雀を打ち、覚えるといった事は可能なのでしょうか?
正直、祖父にも聞きましたが「自然とね…覚えた…」と証言しており、「子供のころから3・3ロッポウは見ずに引けってね…アンタの曾祖父に教えてもらったさ…」と言ってましたが「3・3ロッポウ」は花札ですよね(-_-メ)
モウロクしており、正確な情報を得る事が困難なため、こちらでご教授賜りたく、お願いいたします。

お世話になります。

実はながらく疑問に思っていたことがありました。というのも私の祖父の話です。

祖父は旧制半田中学を卒業後、志願して海軍にはいり、航空戦艦日向に乗り込み、同艦が呉にて停泊中に座礁。その後は陸軍に編入。満州辺で終戦を迎え、一時はロシアの捕虜となり、漁船をかっぱらい脱走。北九州に上陸し、そのまま同地の炭鉱にて仕事を始め、しばらく後、落ち着きを取り戻した郷里(名古屋)に帰りましたが、そこで家族と一悶着。結局は流れて、僕の生まれ育った静岡県に居を定めると言った、例...続きを読む

Aベストアンサー

えー、日本でもっとも長い伝統をもつ遊戯クラブ、日本麻雀聯盟は1929年創設で、初代総裁は菊池寛でした(日本でメジャーになったのは、関東大震災の直後、上海で西欧諸国の人がひらいたチャリティー麻雀大会後のことです)。日本で麻雀牌を最初に製品として販売したのは、菊池寛が創設した文藝春秋社です。

で、当時はよかれ悪しかれ日本は大陸中国と深く関わっており、昭和初期の麻雀ブームがこの動きとぶつかって、第一次マージャンブームがおきます。
当時はいまとちがったルールで、リーチがないとか、上海と北方で上がりの手がちがったりとかしたそうです。山本五十六も海軍きっての麻雀好きで、ルールしらない部下に一回(局)だけプレイさせて

「長官、わたし牌にぎるのは生まれて初めてです」
「やればおぼえるから」

という按配だったといいます。

艦隊が青島、香港などにはいると、象牙の麻雀牌を日本にもちこむ(当時は禁止ではないですが、関税がかかります)のに四苦八苦で、神戸・横浜ではないところに入港させ、税関の人を軍艦挙げて大歓迎し飲ませ酔わせ、そこで「気の利いた」古参の経理下士官が、ハンコを借りて通関済みのハンを押してしまう、というのを、聞いたことがあります

当然陸軍でも大はやりです。紙の麻雀牌などは手作りもメーカー製もありました。
捕虜になってもマージャンはプレイされており、シベリアで使われた木で作られた手作りの麻雀牌が、舞鶴の抑留、引き上げ記念館に展示されています。

家庭でも文藝春秋の麻雀牌は普及していたので、戦前の方が一般の人も遊ぶ機会が多かったと思います。
家庭マージャンですね。

お祖父様のやり方は、積み込みという初級のイカサマであります。
お金かけているのなら、お止めした方がいいと思いますが、そうでないのなら、むしろそれをおぼえた時の「武勇伝」をシッカリと聞いてさしあげるのが、いいとおもいます。

えー、日本でもっとも長い伝統をもつ遊戯クラブ、日本麻雀聯盟は1929年創設で、初代総裁は菊池寛でした(日本でメジャーになったのは、関東大震災の直後、上海で西欧諸国の人がひらいたチャリティー麻雀大会後のことです)。日本で麻雀牌を最初に製品として販売したのは、菊池寛が創設した文藝春秋社です。

で、当時はよかれ悪しかれ日本は大陸中国と深く関わっており、昭和初期の麻雀ブームがこの動きとぶつかって、第一次マージャンブームがおきます。
当時はいまとちがったルールで、リーチがないとか、上...続きを読む

Q三国志の武将を戦国武将に例えるなら?

今までにもそういう風に考えた方もおられるかなと思いまうすが、皆さんはどの三国志の武将・軍師がどの戦国武将と似ていると思いますか?

僕は個人的に
・曹操=織田信長
(どちらも武力・戦略に長けその者に実力があるならば身分の高さや引くさは関係なく登用する。が、自分が天下を取る為には反抗する者などへは手段を選ばない残酷さがある。個人的には信長は曹操の生まれ変わりではないかなと思ってしまう。)

・劉備玄徳≒豊臣秀吉
これは反感を買うかも知れませね(^^ゞ
頭の良さ・要領の良さ、そして一農民から成り上がって一国の皇帝(関白)になった部分、また晩年はどちらもおかしくなってしまった(劉備は関羽の弔い合戦に孔明の制止も振り切って行ってしまい結果死期を縮めた部分、秀吉は晩年朝鮮出兵でこれもまた失敗に終わり結果豊臣政権が傾く原因になった部分)などは似ているかなと。
劉備さんにはかなわないものの秀吉もそれなりに人徳はあったと思います。(優秀な武将も集まりましたし)

となると残るは
・孫権≒徳川家康?かなとなるのですがこれは無理があるので却下(笑)

と個人的にはまぁこんな感じです。
皆さんの「この三国志武将は戦国武将のこれに似ている」というのをあれば聞かせて下さい。

今までにもそういう風に考えた方もおられるかなと思いまうすが、皆さんはどの三国志の武将・軍師がどの戦国武将と似ていると思いますか?

僕は個人的に
・曹操=織田信長
(どちらも武力・戦略に長けその者に実力があるならば身分の高さや引くさは関係なく登用する。が、自分が天下を取る為には反抗する者などへは手段を選ばない残酷さがある。個人的には信長は曹操の生まれ変わりではないかなと思ってしまう。)

・劉備玄徳≒豊臣秀吉
これは反感を買うかも知れませね(^^ゞ
頭の良さ・要領の良さ、そし...続きを読む

Aベストアンサー

 曹操→織田信長。圧倒的な勢力というわけではないが、都に近い場所を広範囲に占拠し、ほかの武将より「天下」に近かった。
 孫権(呉)→毛利家。天下第二位の領土を誇りながら、創業者が亡くなってしまうと守りに入る。土地が豊かなので積極的に領土を広げようという野心はないけれど、相手に攻めてこられると必死で戦う。
 劉備 →斎藤道三。そこらあたりをうろうろしてるあいだにいつの間にかそこそこの領土の主になってしまう。でも後がつづかない。
 諸葛亮 →真田幸村か石田三成。落目の主家を裏切れないいい人。軍略よりも内政に秀でていた点は三成に似るか。最後やぶれかぶれになってしまうのも似ている。

Q戦国武将で三文字で最後に「ん」がつく武将

こんにちわ
このたび、とある事情でしらべている事があるのですが、
(1)戦国武将で
(2)三文字で
(3)三文字目が「ん」で終わる
呼び名(通称でも名前でも)の武将をさがしています。
※たとえば「さこん」(島左近)のような

ほかにいますでしょうか?

Aベストアンサー

通称でもよいというならば、以下の官職であった(私称を含む)武将ならば、そのように呼ばれていたと思います。

・左近大夫、将監(さこん)---島清興、滝川一益、立花宗茂
・右近大夫、将監(うこん)---松倉重信、高山重友
・備前守(びぜん)---浅井長政、甘利虎泰
・豊前守(ぶぜん)---河田長親、毛利勝永
・肥前守(ひぜん)---河尻秀隆、東郷重位

Q武田二十四将のように武将でなるべく多い武将陣を教えてください

武田信玄には24の名武将がいた。
このように他の武将でも数多い名武将を抱えていた名君がいたと思うのですが、なるべく多くの名武将陣を教えてください。
上杉○○将とか。

詳しいサイトをご紹介いただくのもありがたく存じます。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Wikipediaで「武田二十四将」を調べたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%B0%86
関連項目のところに出ていました。

徳川二十八神将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%A5%9E%E5%B0%86

上杉二十五将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E4%BA%8C%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%B0%86#.E4.B8.8A.E6.9D.89.E4.BA.8C.E5.8D.81.E4.BA.94.E5.B0.86

毛利十八将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%B0%86

西園寺十五将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%9C%92%E5%AF%BA%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%B0%86


ある程度有名なところのなかでは、やはり天下を取った徳川の二十八が最多なのかもしれません。

ちなみに中国まで範囲を広げると、雲台二十八将というのがあり、これが徳川二十八神将のモデルとなったということです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B2%E5%8F%B0%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%B0%86


そのあと少しググってみたところ、
丹後八十五将
http://www.google.com/search?source=ig&hl=ja&rlz=1G1GGLQ_ENAE281&q=%E5%85%AB%E5%8D%81*%E5%B0%86&meta=

和田九十三将
http://www.google.com/search?hl=ja&rlz=1G1GGLQ_ENAE281&q=%E4%B9%9D%E5%8D%81*%E5%B0%86&lr=

なんていうのもあるようですが、どの程度一般的な言い方なのかは分かりません。

Wikipediaで「武田二十四将」を調べたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%B0%86
関連項目のところに出ていました。

徳川二十八神将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%A5%9E%E5%B0%86

上杉二十五将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E4%BA%8C%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%B0%86#.E4.B8.8A.E6.9D.89.E4.BA.8C.E5.8D.81.E4.BA.94.E5.B0.86

毛利十八将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報