工事中でまもなくフローリングを貼る予定のリビングルームを床暖房に設計変更したいと思いますが、ランニングコストの安いシステムで短期に設計変更と施工の出来る方法を知りたいので、どなたかHPの紹介等具体的な情報をいただけたら幸いです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「まもなくフローリングを貼る」との事ですと、n_paperさんのお答えの通り、電気式しか無理でしょうね。

現場を見ないとはっきりしたことは言えませんが。施工側はなんと言ってみえるのでしょう?みっともないですけど、リビングの外壁に熱源(ボイラーや給湯器)をもうければ、なんとかなるのかな。

私の経験上、灯油炊きが一番ランニングコストが安いと思いましたが、ボイラーの設置場所、音の発生、給油と言う難点はあります。
マンションにもよく使われている、ガスが比較的高いと聞きましたが(ここの過去Qでも良く話に出ていますよ)、電気と比べるといかがなものでしょう?
    • good
    • 0

ここどうかな?


http://www.sincol.co.jp/danbo/index.htm

建築資材販売のここでも床暖入りのフローリングあります。
http://www.daiken-ad.com/DAIKEN_NEW/

ただ現段階で電気以外の床暖は設置不可能かと思われますが、大きな買い物ですので後悔しないように、がんばってください。

参考URL:http://www.sincol.co.jp/danbo/index.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽熱を利用したガス給湯床暖房システム

太陽熱を利用したガス給湯床暖房システム
を検討していますが、太陽熱を利用したシステムにするか
ガスだけの設備にするか迷っています。場所は東京都内です。
床暖房はLDKに20畳と子供部屋に12畳程の施工を考えています。
太陽熱を利用したシステムは施工するコストを考えた場合に、
冬は床暖房とお風呂、台所のお湯、
夏はお風呂、台所のお湯の利用で差額回収?利益は出るでしょか?

Aベストアンサー

設備屋です。
最近、新築計画のときに、エネオスとか太陽光の計画の話がよく出てきます。みなさんのエコに対する意識の高まりだと思っています。
ただ、メーカーの説明だけを聞いていると、落とし穴があります。果たして自分に利益か不利益かを考える必要があります。それと今後のエネルギー対策がどの方面に向かっているのかというのも、頭に置いておかなければなりませんが、5年後、10年後のエネルギー情勢なんてわかりっこありません。

今の時点で、いくら最新鋭でも、あまり実績のない設備機器を導入するのは、ある意味、バクチに近いものがあると、私は考えます。設備投資だけに終わる、いわば過剰設備です。生活していく上では避けて行きたい所じゃないでしょうか?

私は設備の仕事を楽しんでやってます。商売っ気はぬきにして、以上のような話をお客さんとよくします

太陽熱と温水器をシステム化した商材は、15年ほどまえからあったようです。しかしどのメーカーもぱっとしませんでした。
今でもお金持ちのお宅のに行くと、設置してあり、「古いのでリフォームを機に取り払ってくれ!」とたのまれます。

いくら熱交換技術が進んでも、冬場の太陽熱なんてあまり期待できません。冬に床暖房フル稼働ということをかんがえると、システムとしては不安定熱源で低効率になると思います。

錯誤回答かもしれませんが、よくお考えください。

設備屋です。
最近、新築計画のときに、エネオスとか太陽光の計画の話がよく出てきます。みなさんのエコに対する意識の高まりだと思っています。
ただ、メーカーの説明だけを聞いていると、落とし穴があります。果たして自分に利益か不利益かを考える必要があります。それと今後のエネルギー対策がどの方面に向かっているのかというのも、頭に置いておかなければなりませんが、5年後、10年後のエネルギー情勢なんてわかりっこありません。

今の時点で、いくら最新鋭でも、あまり実績のない設備機器を導入するのは...続きを読む

Q蓄熱式暖房機のランニングコスト

深夜電力利用で3キロタイプの場合夜10時から朝8時まで蓄熱して朝8時から夜10時まで放熱の場合の消費電力と電気代はいくらくらいになりますでしょうか?

Aベストアンサー

予想では、恐らく7~8時間で蓄熱完了。
7~8×キロ数が1日のKW/H(消費電力)になります。
そこから、夜間商品の割引などは、電気の契約で確認しましょう。

Qソーラー湯たんぽ床暖房についておしえてください

ちかじか戸建の家をリフォームするのですが
【ソーラー湯たんぽ床暖房】、ガスの温水式床暖房、電気の温水式床暖房、灯油での温水式床暖房の4点で迷っています。
最近灯油の値段が高いので【ソーラー湯たんぽ床暖房】にかなりひかれているのですが、他の床暖房に比べどのくらい設備費(工事費も含んで)は高くなるのでしょうか?
他の床暖房システムとのコストの違いも気になります。

ちなみに熊本県の阿蘇に住んでいるため、夏はクーラーいらづですが
冬場はかなり長い間、寒い日が続きます。
・ガスはプロパンガスです。
・太陽熱温水器はつけたいと思っています。
・上水道でなく地下水(湧き水)を使用しています。

実際にお使いの方またはお詳しい方ぜひお教えください。

Aベストアンサー

ソーラー湯たんぽの場合、曇りや雨で湯温が上がらなければ、ガスで沸かすことになるかと思います。その場合、プロパンガスですと、料金が高いため、ランニングコストは、かなりかかるのではないかと予想します。

また、太陽熱を除いたとすれば、同じ熱量を発生させるためには、ヒートポンプ熱源(エアコンなどと同じです)の温水式のものが、効率(COP)が4程度とれて、消費電力が少ないため環境負荷が少なく、ランニングコストも最も安くなります。
給湯も同様に、プロパンガスですと、ヒートポンプであるエコキュートにするのが、最もランニングコストが安くなるのではないかと思います。

太陽熱を暖房に利用する場合、次のようなものがあります。http://www.solarwall-jp.com/
こちらで暖房補助する方が、ずっと良いのではないかと思います。

なお、暖房しても、家の断熱気密が悪いと、熱がみんな外に逃げてしまい膨大な暖房エネルギーとランニングコストがかかります。
断熱を出来るだけ良くするが、基本です。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/573
http://blog.smatch.jp/dannetu/category_7/

ソーラー湯たんぽの場合、曇りや雨で湯温が上がらなければ、ガスで沸かすことになるかと思います。その場合、プロパンガスですと、料金が高いため、ランニングコストは、かなりかかるのではないかと予想します。

また、太陽熱を除いたとすれば、同じ熱量を発生させるためには、ヒートポンプ熱源(エアコンなどと同じです)の温水式のものが、効率(COP)が4程度とれて、消費電力が少ないため環境負荷が少なく、ランニングコストも最も安くなります。
給湯も同様に、プロパンガスですと、ヒートポンプであるエ...続きを読む

Qフローリングの部屋に『リビング畳』を敷かれている方いらっしゃいますか?

引越し先のフローリング(約6畳)の洋室にどうしてもお布団で寝たいので『リビング畳』なるものを敷こうと考案中です。(カーペットを敷くことも考えたのですが布団にはやはり畳かな?と・・。)実はまだこの『リビング畳』の実物を見たことがなく購入(ネット通販を予定しています)にあたり不安が広がるので、実際にお使いの方がいらっしゃいましたらその使い心地等お教えいただければ、と思います。また、衛生面(カビや埃)や養生面から見て、6畳のフローリング全部をこの「リビング畳」で埋めた方がよいのか、それとも寝る場所だけ(たとえば3畳分だけ)に敷いた方がよいのかアドバイスいただけたら嬉しいです。フローリングの部屋に低い位置で(布団で)寝ると、埃をめいっぱい吸いながらの睡眠になってしまうのでベッドがよい、などということも聞くのですが、いかがでしょうか?逆に、フローリングの部屋で「畳ベッド」を使用されていらっしゃる方のご意見も伺いたいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

また#2です。「埃を吸う」のは畳ということですね。布団と勘違いしました。失礼しました。

畳がある程度埃を吸うというのは、当然というか畳の本質ですから、これを気にすることはないと思います。実害はまず皆無と思います。むしろ、埃が目立たないと考えた方が的確かと思います。

当方、知り合いの畳屋さんにリビング畳を作ってもらいましたが、大満足です。知り合いゆえ、料金は無料にしてもらいましたので料金面でのアドバイスはできませんが、毎晩とっても快適です。tonakaiさんも快眠が得られるといいですね。

Qお勧めの床暖房について教えてください

初めまして。
今、購入を検討中で、オール電化住宅にしたいと思っているのですが、分からない事だらけでして・・・。
エコキュートで床暖房にすれば、深夜電力を使って作動でき、電気代が安く済むと思っていたのですが、違うのでしょうか?
蓄電式の床暖房は、事務所向きだが一般向きではなく、ソーラーを付けなければ出来ないような事を言われたのです。
床暖房で検索しても、沢山の会社がヒットして良く分からないのです。
1階のLDK(20.5畳)のうち約12畳分と脱衣所の約1畳分に床暖房を考えております。
暖房面積の切替可能なタイプでお勧めとか、実際に使っていらっしゃる方の感想、アドバイス等をお願い致します。
オンドルエコノが良いのかなって考えておりますが、TER床暖房システムを勧められています。
色々なシステムがあり、混乱している状況です。
どうか教えてください

Aベストアンサー

>主暖房として考えております。
だとすると、ご質問にある施工率ではまるで足りません。
ほぼ床全面(9割以上を目指す)になるようにしなければ駄目です。
また高気密高断熱の次世代基準(住宅金融公庫の基準を見ると書いてあります)を満たしている必要があるでしょう。

それ以外だと別に暖房を用意して併設しなければ能力不足です。

この間も床暖房を入れた人で思ったように暖房されないというご質問があったのですが、基本的に韓国のオンドルとか東北地方の床下蓄熱暖房とは異なり、「床暖房」では暖房能力は下がると思って下さい。
(床面を暖めることと、床下を暖めることは同一ではありません)

ちなみに土壌蓄熱式は、ヤマトシロアリの活動が活発な地域では避けるべきです。ヤマトシロアリが地熱の高いところに集まる習性があるのは、疑いようもない事実ですから。

床下に暖房器具を入れる場合には、床下ラジエターを入れるなどで対応して、ベタ基礎では地面下につなぎ目がないように、基礎表面をモルタルなどで覆うことをしない、基礎から外に取り出す配管類の穴は地面の上にだす、間違っても外基礎断熱にはしないなどの工夫が必要です。

では。

>主暖房として考えております。
だとすると、ご質問にある施工率ではまるで足りません。
ほぼ床全面(9割以上を目指す)になるようにしなければ駄目です。
また高気密高断熱の次世代基準(住宅金融公庫の基準を見ると書いてあります)を満たしている必要があるでしょう。

それ以外だと別に暖房を用意して併設しなければ能力不足です。

この間も床暖房を入れた人で思ったように暖房されないというご質問があったのですが、基本的に韓国のオンドルとか東北地方の床下蓄熱暖房とは異なり、「床暖房」では暖...続きを読む

Qリビングの床暖房

現在、新居の設計中です
間取りもほぼ決まり、これから設備の打ち合わせに入るところですが1階のリビングに入れるガス温水式の床暖房で悩んでいます

ちなみに1階の間取りはL7畳、Lに隣接して東にD3.75畳、対面式K3.75畳です。またLの西に和室4.5畳が隣接していてオープンにする事も完全に仕切る事も可能です
住んでいるのは神奈川県で特に寒さが厳しいという事はありません

ガス会社の担当の人からは「床暖房をメインにしてLDK全面に入れたほうが良いですよ、LDKの合計(家具等を置かない床が出ている)面積の7割以上に貼らないと室温があがりません。室温があがらない場合には熱源器がフル稼働するのでランニングコストが高く付くし、エアコンとの併用では床暖房の良さが生きません」と言われています
ガス会社の人は床暖房を使って欲しいので言っているのだろうとは思いますがLDKの7割だと10畳分の床暖房が必要です、さらには「和室をオープンで使うなら畳の下にも床暖房入れた方が良いですよ」と言われそうな勢いです

夏のためにエアコン(ガス)を付けるので、これを冬に使わないのは勿体無いという気がしています
床暖房はL全面とDの一部に8畳タイプを貼り、早朝と深夜はエアコンと床暖房を併用、その他の時間は床暖房だけと考えています
LDK14.5畳+和室の空間にLの床暖房だけでは不十分でしょうか?結果として常に併用する事になってしまうでしょうか?併用した場合には床暖房の自然な暖かさというメリットはなくなってしまうでしょうか?床暖房をLDk全面に貼った場合と併用の場合でランニングコストはどうなるでしょうか?

実際に使っている方、アドバイスを頂きたいと思います
よろしくお願いします

現在、新居の設計中です
間取りもほぼ決まり、これから設備の打ち合わせに入るところですが1階のリビングに入れるガス温水式の床暖房で悩んでいます

ちなみに1階の間取りはL7畳、Lに隣接して東にD3.75畳、対面式K3.75畳です。またLの西に和室4.5畳が隣接していてオープンにする事も完全に仕切る事も可能です
住んでいるのは神奈川県で特に寒さが厳しいという事はありません

ガス会社の担当の人からは「床暖房をメインにしてLDK全面に入れたほうが良いですよ、LDKの合計(家具等を置かない床が出ている)...続きを読む

Aベストアンサー

施工業者です
貴殿が一般的なハウスメーカーで建てられると仮定しますと床暖房はLDとKと和室にも敷設を勧めます。85%敷設したいところです
なぜなら床暖房のメリットがないからです
部分的にだとまわりから中心に向かって冷気が来るという対流がおこります
陽だまりのような暖かさを体感することができません
風を起こしてしまうのも・・・もったいない

我が家は18畳に灯油式床暖を設置してますが厳冬期でも(今日の外気温は0℃)エアコンなしでスウェットで過ごせます
毎日8時間くらい稼動させて灯油代¥3000くらいです
ガスで換算すると¥7~8000になります
4ヶ月使っても¥30000ちょっとですよ

イニシャルコストにおいても敷設率を倍にふやしたからといって+¥200000くらいではないでしょうか
理想は和室を別系統にしてリモコンを付けたいですね

後から改良しにくいところですので十分検討されてください

Q一条工務店の床暖房について

いつもお世話になっています。

先日、一条工務店の「夢の家」「セゾンF」でめでたく契約しました。
実は床暖房のシステムで現在迷っております。
価格に大きく影響すること、月々の光熱費に影響する事から慎重に選ばないと!と思っています。

建築予定地は福島県なので、冬はやっぱり寒いです。

案1
 床暖房(灯油)+ オール電化(エコキュート)

案2
 床暖房(灯油)+ 給湯も灯油

案3
 床暖房(ヒートポンプ)+ オール電化(エコキュート)

月々の光熱費を抑え、かつ快適な生活ができるにはどうすべきか、どうかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

非常にラフに暖房費を見積もってみましょう。
家の断熱性能が分かりませんので、仮にQ値1.5W/m2K、C値を十分低い、延床面積120m2、内外温度差20℃とすると、1ヶ月に暖房で必要な熱量概算は次のとおりです。
1.5W/m2K x 120m2 x 20K x 24h x 30 = 2678kWh

ヒートポンプ熱源の効率を福島の気候を考慮して低めに見積もったとして、COP=3とすれば、
必要な電力量は、2678kWh÷3 = 893kWh
電気契約が全く分かりませんが、単価を23円/kWhとすれば、
893kWh x 23円/kWh = 20539円

灯油の熱量は36.7MJ/Lですので、kWhで表せば、10.2kWh/L
給湯器効率を85%とすれば、8.67kWh/L
必要な灯油量は、2678kWh÷8.67kWh/L = 309L
単価をとすれば、
309L x 100円/L = 30900円

となり、ヒートポンプの方が安いです。

給湯に関しても、福島の気候を考慮しても、エコキュートのCOPは通年で3程度はとれるはずですから、同様の結果になるでしょう。

以上から、案3が良いと思われます。

正確には、HMに家の断熱性能、ヒートポンプ効率と電気契約を想定した暖房コストのラフ見積もりを出してもらうと良いでしょう。

非常にラフに暖房費を見積もってみましょう。
家の断熱性能が分かりませんので、仮にQ値1.5W/m2K、C値を十分低い、延床面積120m2、内外温度差20℃とすると、1ヶ月に暖房で必要な熱量概算は次のとおりです。
1.5W/m2K x 120m2 x 20K x 24h x 30 = 2678kWh

ヒートポンプ熱源の効率を福島の気候を考慮して低めに見積もったとして、COP=3とすれば、
必要な電力量は、2678kWh÷3 = 893kWh
電気契約が全く分かりませんが、単価を23円/kWhとすれば、
893kWh x 23円/kWh = 20539円

灯油の熱量は36.7MJ/Lですので...続きを読む

Q給湯器のランニングコストと寿命について

自宅の給湯設備の老朽化?の為、新しくしたいので少々質問です。

現在、石油給湯器が付いています。約14年使用。
次回は電気温水器、石油、LPガスのいずれかにしようと思っています。
ランニングコストは石油が一番安いのでしょうか?
どのくらい違う物なのか簡単に教えて下さい。

自分的には電気温水器を設置しようと思っていたのですがタンク内の
錆で匂うとか汚れた水が出るなどの情報を得たので不安になってしまいました。
石油給湯器は故障が心配です。ガスは設置は安そうですがコストが心配。
やはり電気がベストなのでしょうか?

Aベストアンサー

最近は、石油価格の高騰により、石油給湯器のメリットが薄れてきているため、設置スペースがあれば、電気温水器をお奨めします。
下にそれぞれの給湯器の特長を書きます。

○電気温水器(深夜電力を使いヒーターでお湯を沸かす)
・ランニングコスト 3500円~4000円程度。
・シンプルな構造なため長寿命で、15年~20年以上は持つと言われています。
・湯沸かし時の音がゼロ。
・お湯を貯めておくタンクの設置スペースが必要。
・実家で10年以上電気温水器を使用していますが、錆や汚れた水が出た事はありません。
 ただし、水質によっては緑青が出る場合があるようです。
 それと、タンクの底に水あかがたまるため、1,2ヶ月に一度程度は2分程度排水栓を開き排水してあげた方が良いと取扱説明書に書いてあります。

・機器代+標準工事費+8年保証の価格例
 http://smile123.jp/

・電気配線例
 http://www.tepco.co.jp/service/custom/koujiten/sumai/kaden12-j.html

○エコキュート(深夜電力を使いヒートポンプで空気の熱を集め、お湯を沸かす)
・ランニングコスト 1000円~1500円程度。
・寿命10年~15年程度。(まだ出てから7年程度の製品のため、正確な寿命は不明)
・湯沸かし時は静かなエアコンの室外機程度の音がする。38~40デシベル程度。
・お湯を貯めておくタンクの他に、エアコンの室外機に似たヒートポンプユニットを設置するスペースが必要。
・補助金制度で45,000円の補助が出る。
 (H19年度補助金制度はH20/1/15までの申請が必要)
 http://www.jeh-center.org/ecocute/e-index.html

・エコキュートの選び方
http://www.alldenka.jp/modules/aboutalldenka/index.php?content_id=40

○石油給湯器
・ランニングコスト 4000円~5500円程度(灯油の値段により変動)
・寿命10年程度。
・湯沸かし時は、それなりに音が出る。47~52デシベル程度。
・機器本体の他に石油タンクを設置するスペースが必要。
・エコフィールという高効率型の石油給湯器も登場。(効率83→95%にアップ)
・2007年度エコフィール導入支援事業で5,000円~15,000円の補助が出る。
 http://ecofeel.paj.gr.jp/youkou.html

○LPガス給湯器
・ランニングコスト 6000円~8000円程度(LPガスの値段により変動。業者によって値段に差がある。)
・寿命10年程度。
・湯沸かし時には、それなりに音が出る。47~52デシベル程度。
・機器自体は小型だが、LPガスボンベを置くスペースが必要。
・エコジョーズという高効率なガス給湯器もある。(効率80→95%にアップ)
・エコジョーズには潜熱回収型給湯器導入支援補助金制度がある。
 (平成19年度は終了)

最近は、石油価格の高騰により、石油給湯器のメリットが薄れてきているため、設置スペースがあれば、電気温水器をお奨めします。
下にそれぞれの給湯器の特長を書きます。

○電気温水器(深夜電力を使いヒーターでお湯を沸かす)
・ランニングコスト 3500円~4000円程度。
・シンプルな構造なため長寿命で、15年~20年以上は持つと言われています。
・湯沸かし時の音がゼロ。
・お湯を貯めておくタンクの設置スペースが必要。
・実家で10年以上電気温水器を使用していますが、錆や汚れた水が出た事はあり...続きを読む

Q床暖房と無垢について

床暖房と無垢について

新築予定です。

床暖房を考えていまして、フローリングに無垢を使いたいと考えていましたが、
先日建築業者に無垢でのフローリングでは床暖房が使用できないと言われました。

無垢板が反りを起こすのが原因だそうです。

無垢材のフローリングで床暖房は不可能なのでしょうか?

実際に無垢のフローリングで床暖房を入れている方はいますでしょうか?

また、インターネットで床暖房を探していると、
床暖房の種類に、ガスや、電気、温水などの種類があるのですが、
お勧めなどありましたら、教えていただけたら助かります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、無垢材が反る原因は、熱による無垢材の乾燥が原因で起こります。

みなさん床暖房に合う無垢材を探す方が多いのですが、
無垢材に合う「床暖房」があります。

床暖房といえば、「ガス温水式 」や「電気式」「電気温水式」などがありますが、
「遠赤外線」の床暖房であれば無垢材を使用しての床暖房が可能です。

遠赤外線での床暖房のメリットは、木に優しいだけではありません。

温水や電気の床暖房ですと、床面のみが温まりますが、遠赤外線であると部屋全体が温まります.
従来、床暖房はあくまでも補助的な暖房器具の一つでしたが、「主暖房」として使用できる床暖房です。

電気代も、他のメーカーと比べて消費電力が3分の2程度で済みますので、電気代の節約になります。

私も新築で、当初は他のメーカーの床暖房を検討していましたが、同じ無垢材を使いたいという悩みを持っていた際に紹介してもらいました。

実際3回冬を越しましたが、すごく温かく、大正解だったなと思います。

参考サイト:http://www.mitsuyoshi-dengyo.com/

床暖房は長く使っていく物なので、
ぜひ比較をして、ゆっくりご検討されてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.mitsuyoshi-dengyo.com/

基本的に、無垢材が反る原因は、熱による無垢材の乾燥が原因で起こります。

みなさん床暖房に合う無垢材を探す方が多いのですが、
無垢材に合う「床暖房」があります。

床暖房といえば、「ガス温水式 」や「電気式」「電気温水式」などがありますが、
「遠赤外線」の床暖房であれば無垢材を使用しての床暖房が可能です。

遠赤外線での床暖房のメリットは、木に優しいだけではありません。

温水や電気の床暖房ですと、床面のみが温まりますが、遠赤外線であると部屋全体が温まります.
従来、床暖房はあくまでも...続きを読む

Q暖房でガス温水ヒーターと灯油ランニングコスト

これまで暖房は灯油を使ってましたが、
都市ガス会社からの案内で、一部の部屋(リビングダイニング)をガス温水ルームヒーターにしたらと案内されました。
ガス会社では、灯油より安全,購入・給油の手間なし,クリーン、そして暖かくかつ安価であると言います。
安全は魅力ですが、それより安価であるということが今の我が家には一番大切です。

イニシャルコストは、給湯器の交換とヒーターで25万円程度で設置できるといいます。
本当に灯油より暖かくランニングコストも安ければ購入したいと思うのですが
よろしくアドバイスください。

なお、当地域の価格は、
灯油;90円/L
都市ガス;基本料金(温水システム契約) 夏期2,700円/月 冬期4,100円/月
      単位料金(通年) 95円/m3
当家のこれまでの灯油の使用量は、リビングダイニングのみで36L/月~54L/月程度です。

あわせて、一般的な灯油と都市ガスの暖かさと費用の比較を教えてください。

Aベストアンサー

もう一度ね・・・暖かさ・・・

> 全面リフォームしたのですね、それでは暖房機器として温水ルームヒーターが暖かいかとは必ずしも答えられませんね。

それは変な考え方だなぁ。暖房機器として温水ルームヒーターは・・・確実に暖かい・・・です。

当地は雪が積もります。そう言う地で,灯油の暖房機器をFF式から替える場合は,確実に温水ルームヒーターを選択する家が多いです(よその家に行って,温水ルームヒーターの柔らかな暖かさを知るからね)。タンクはそのまま使えるし,あとはボイラを置く場所があれば良い。我家は,リフォーム前はFF式でした。暖かさの質が違いすぎるので単純な比較は無意味なのです。


人気Q&Aランキング