最近よく聞く、分子生物学とはどんな学問ですか。
従来の微生物学とどのように、違うのですか。
水環境、水処理、土壌汚染にどのように使われるのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 環境中に排出される化学物質の中には,毒性が高くて分解され難く,しかも,生体内に濃縮・蓄積されやすいものが少なくありません。

環境中の自然の浄化作用を高めるため,微生物が生産する酵素を利用した環境に優しい浄化技術の研究を行っています。さらに,遺伝子組み替え技術を使って,より活性の高い酵素を大量生産する研究も行っています。この記述のように遺伝子組み替えを前提とした研究です。
 細菌・微生物だけに限らず、すべての生物の生命の根元を分子レベル(遺伝子・DNAレベル)で研究するのが分子生物学です。前述のように「環境」に配慮した生命体を作り出すこともこの学問の一つですが、「環境」に対しては必ず「作用」と「反作用」を生じます。いま、問題になっている遺伝子組み替え作物です。このように、どうすれば期待する性質のものを生み出せるか、またこれが自然界にどのような影響を与えるかなどを研究しています。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/Phaidon/bunsiseibutu.htm
    • good
    • 0

従来の生物学は、生物の個体そのもを研究することでした。


私がおもうに、生物の体内では生命活動に際し、様々な生化学反応が行われています。それらを分子レベルで解析していこうとするのが分子生物学だととらえています。

広辞苑では「生命現象を分子的側面から解明する生物学。特に遺伝子の働きに関係する核酸や蛋白質の構造・生成・変化などを、分子のレベルで解明する研究が中心。今日の生物学の基礎となっている。」
となっております。

分子生物学になると、生物学と言うよりは化学のような気がするのは私だけでしょうか。

環境系では
http://home.hiroshima-u.ac.jp/~mbiotech/ohtake_l …
なんか、こんなこともあるのねって感じです。
    • good
    • 1

分子生物学は、生命現象をミクロな視点から明らかにしようする学問です。


従って対象はすべての生物に及びます。
微生物学などの分類とは全く別の分類と考えた方がいいと思います。
つまり、微生物学が「何を調べるか」であるのなら、分子生物学は「どうやって調べるか」ということです。

生例えば環境浄化に役立つ微生物を遺伝子組み替えで作ったとします。
ここで遺伝子組み換え技術は、分子生物学の知見によって生み出されたものと言えるでしょう。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


このページの中で特に
http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/mcb_theater/Def …
(分子細胞生物学シアター)
蛾お勧めです。

いろいろなリンク先がありますので参考にして下さい。

「水環境、水処理、土壌汚染」に関しては、「微生物処理」で使用される「微生物」等の遺伝子組み替えに関与してくるでしょう?

補足お願いします。

参考URL:http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/bunnshi/content …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重金属汚染と油汚染が同時に起こっている場合の土壌修復プロセス

重金属汚染と油汚染が同時に起こっている場合、重金属汚染と油汚染を同時に修復することができる浄化方法はあるのでしょうか?ただし、重金属は(不溶化などではなくて)取り除くことを条件とします。重金属を取り除くためには酸で洗い流したりしなくてはいけないと思うのですが酸洗浄は油汚染には効果がないですよね?実際にはどのような処理方法が行われているのでしょうか?

Aベストアンサー

重金属による土壌汚染を回復するのには汚染された土を大きな袋(フレコン)などに入れ現場から取り去り、変わりに山から採掘した土を搬入しています。
土壌を洗浄する事は技術的、コスト的に無理とされています。
取り去った汚染された土は場所を変えて終末処理場などに埋め立て保管されています。
油類の場合は吸着材により吸着し焼却処分されます。吸着しきれなかった部分は中和剤と呼ばれる薬剤、つまり洗剤により水に溶かして地下浸透を含め自然の浄化力に委ねています。
最近話題の築地の魚市場の移転候補地のような大規模(広範囲)汚染の場合は入れ替える土砂の量が莫大なため、不透層を造り(アスファルトやコンクリート)その場所に閉じ込める方法がとられます。
つまり、一度排出された有害物質をキチンと回収し復旧するための技術は未だに確立していません。

Q土壌中の微生物数測定

この分野の入門者です。土壌中の微生物数(生菌数、嫌気性菌数、真菌数など)を調べたいのですが、
(1)これらの測定法の基準となるもの(例えば、JISとかASTMほか)はあるのでしょうか?
(2)上記(1)で(公的な)基準がない場合、この分野でのバイブルのような参考となる資料があるのでしょうか?
(3)もし自分で測定するのが困難な場合、外部の分析機関への依頼も考えていますが、どの機関でも同じ測定法なのでしょうか?もし測定法が違えば分析結果に違いがあるものなのでしょうか?
長くなりましたが、よろしくご教示ください。
ついでで申し訳ありませんが、入門者にもお勧めの参考書などありましたら、ご紹介ください。

Aベストアンサー

(1)測定には公定法はありません。
(2)新編土壌微生物実験法,土壌微生物研究会編,養賢堂,1992年,5150円がもっとも標準的でしょう。
(3)測定法はそんなに変わらないと思いますが,土壌そのものが均一なものでないですから,分析結果は異なると考えてください。数値で2倍くらいの変動は軽くあります。したがって,結果を解釈する際には,数倍の差で一喜一憂しないことです。入門者であっても,上記の本は理解できると思います。

Q土壌汚染の簡易浄化方法

企業などに頼らず汚染された(油を含んだ)土が浄化できる方法はありますか?
土壌汚染の浄化方法をおしえてください
出来れば、浄化にかかる期間もお願いします

Aベストアンサー

油の種類にもよるとは思いますが、比重の差を利用して、土を水分だけ通す袋とかに入れたのを、脱水機で水を注ぎつつ脱水機で油分と水分を分離させてみるとか、土を燃やして油分を消費させるとか、いう方法もあるのではないでしょうか。ただ、土の量が多ければ多い程、所要時間も掛かるでしょうし、所詮素人考えですので、排水の中の油分をどうするかとか、土を燃やす場所の確保とか(地域によっては焚き火も駄目)も考えてないので、ここは素直に処理業者とかに頼った方が早いかも。

Q土壌汚染の調査命令

仕事で急遽土壌汚染の勉強をしないといけなくなりました。
お聞きしたいのは調査命令の有無の違いです。
4条調査では調査命令が都道府県知事より出されることになりますが、3条調査では調査命令はありません。
この違いは何なのでしょうか?
4条調査の命令に違反した場合は罰則がつくが、命令でない3条調査では、ある意味任意(少し言いすぎかもしれませんが)ということでしょうか?

Aベストアンサー

調査命令というのは、4条2項の
>都道府県知事は・・・届出を受けた場合において・・・汚染されて
>いるおそれがあるものと・・・認めるときは・・・前条第一項の
>環境大臣が指定する者・・・により調査させて、その結果を
>報告すべきことを命ずることができる。
のことですか?
これは3条が、過去に汚染物質を使っていた場所では調査が「必須」であるのに対し、4条は、そうでない土地については、知事の判断で場合によっては調査させるという意味です。

罰則については、65条以降にかかれていますが、3条、4条とも罰金刑があるみたいです。

Q身近な大気・土壌汚染を調べる方法

 家では野焼きをしています。たまにドクドクしい色の煙がたちこめている時もあります。
 野焼きの時に出てくる煙に有毒な物質が含まれているかいないかを調べたいです。あと土壌についてもしらべたいです。そこで何かいい方法か調べられる製品(実験キットみたいなもの)があったら教えてください。
  宜しくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら気中成分の簡単な検出キットと
言うものは無いはずです。
これが出ているかどうかと成分のターゲットを
絞って検出する事は土壌成分共に出来ますが
漠然と何が含まれているかと言う事になれば
相当の専門的な機材が必要となります。
一番良いのは市町村の保健所(本所)又は県の
環境維持に関する科にご相談して見ては如何で
しょうか。
ご自分で民間機関に依頼するととても高額になると
思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報