AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

抵当権付土地に、事業用定期借地契約を締結しようと思っていますが、
貸主が倒産し、土地が競売に掛かった場合は、立ち退きをしなくてはならないのですか?
抵当権と事業用定期借地権はどちらが強いのでしょうか?

契約書には以下の分が書いてあります。
甲は、本契約締結後、乙が本件建物の表示登記を終えるまでは、本件土地について売買もしくは抵当権(根抵当権を含む)、地上権、賃貸借権の設定等、乙に優先する権利の目的としてはならない。
   ただし、乙が本件建物完成後1年以内に表示登記を終えない場合はこの限りではない。
 2.本契約締結時に、本件土地に対して抵当権(根抵当権を含む)、地上権、賃貸借権その他乙に優先する権利が設定されている場合、甲は当該権利全てを本件建物の建設に着手する前までに消滅させなければならない。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


第三者間の不動産に関する権利の優劣は、原則として、対抗要件である登記の順番に従います。
したがって、借地権の対抗要件である建物の登記をする前から抵当権の登記が土地にある場合には、抵当権が勝ります。この場合、土地が競売になったときは、更地に戻して土地を明け渡さなければなりません。
借地権の対抗要件である建物の登記をした後に抵当権の登記が土地にされた場合には、抵当権が負けます。この場合、土地が競売になったときでも、借地人は土地を明け渡す必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
助かりました。

お礼日時:2008/04/21 16:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業用借地契約における抵当権について

事業用借地で土地を借りようとしておりますが、土地に抵当権がつきます。この場合法的に抵当権がついたまま事業用借地権設定契約(公正証書)を結ぶことは問題ありませんでしょうか?またもし法的に問題ないとすると借主としての立場では抵当の実行(競売等)に注意喚起する程度の問題を認識しておく程度で宜しいでしょうか?ご教授の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

抵当権付きの土地を借りることもできますが、万一、その土地の抵当権実行があれば、建物も一括して競売となります。建物には抵当権がなくても競売されます。
それを防ぐには、抵当権者の承諾を得て賃借権の登記をしておれば建物は競売されません。

Q事業用定期借地権、根抵当について

1.事業用定期借地は、原則更新が無く、更地返還ということですが、例外はないのですか?例えば、地権者が望めば更新できるとか・・・。

2.謄本に記載される根抵当権って何ですか?抵当権との違いを教えてください。また、1番抵当とかはどうやって分かるのですか?設定された時期の順ですか?

以上2点、お分かりの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>要は、当事者同士で話がつけば、どのようにでもできるわけですね。もめた場合は、契約に基づくだけであって。ただ、契約満了時に地主の意見が変わる場合もあるので、更地にしたくないなら、口約束ではなく、書面でその旨(建物を壊さず、更新あるいは再契約を両者は了解している)交わしたほうが安全なわけですよね?

すいません、ここまできて今更なんですが、今までの質問はこれから契約をする上での特約的な話をなさってたんでしょうか? 私は、「通常通りの定期借地契約をして、気が変わったから当事者同士で話し合い」というものを想定していたのですが…。特約の話であるなら、下で書いた事は当てはまる時と当てはまらない時がありますので、ご注意を。

特約を有効に扱えるかどうかは中心になっている契約が任意規定か強行規定かで変わります。社会の秩序や弱者救済の立場に立って、特約を排除する規定も存在しますし、当事者の自由意志に任せる規定もあります。

定期借地契約についての私見を述べさせてもらえば、この規定自体が普通借地契約に「更新しない・期間を延長しない」という特約を付け加えたものですので、更にその逆の特約を加える事は無理なんじゃないかと思われます。それを認めると定期借地の意味が無くなってしまうわけですから(最初から普通借地を結べばいいだけの話になってしまう)。 正確な事はお近くの行政書士さんか司法書士さん、無料法律相談等で聞かれる事をおすすめします。

もし質問者様が仰る特約が有効なら、そちらが優先されますし、無効であるなら定期借地契約が優先されます。

>>要は、当事者同士で話がつけば、どのようにでもできるわけですね。もめた場合は、契約に基づくだけであって。ただ、契約満了時に地主の意見が変わる場合もあるので、更地にしたくないなら、口約束ではなく、書面でその旨(建物を壊さず、更新あるいは再契約を両者は了解している)交わしたほうが安全なわけですよね?

すいません、ここまできて今更なんですが、今までの質問はこれから契約をする上での特約的な話をなさってたんでしょうか? 私は、「通常通りの定期借地契約をして、気が変わったから当事者...続きを読む


人気Q&Aランキング