くもは降りるときお尻から糸を出しながらおりていきますが、のぼるとき糸はどうなるのですか。

A 回答 (2件)

掃除機などのコードみたいなものです。

上っていくときは、掃除機のコードをしまうときみたいに巻き取りながら(切り取りながらというのもきいたことあります。)上っていきます。
    • good
    • 0

いわゆる「巣」 の場合は、その上を移動するだけですが、


垂れ下がっている場合、上って行くときは、出した糸を
回収しながら、上って行きます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくもの糸を無理に引っ張り出すのは苦痛か?

下らないことですが、テレビでくもの足を縛り付けて台に固定し、糸を引っ張り出して糸車に巻き取っていく実験をやっていました。たぶんどのくらい巻き取れるか調べていたのだと思います。
番組の意図としては、そのあとくもの糸は複数のたんぱく質からなっていて、くもは用途に応じて組成の異なる糸を吐く、とか、くもの生態の不思議と魅力を伝えるものでしたし、巻き取る実験をしている人は、目を輝かせてくもの話をしていて、くもへの愛情が伝わってきたのですが。巻き取られるくものあられもない姿に哀れを感じました。そもそも分泌物は貯まったものを自然と吐き出す時に快感を感じるものですが、母乳にしろ何にしろ出もしないものを無理に出すのは苦痛を伴います。
あのときのくもは痛くなかったのか、痛くないにしても苦痛ではなかったのか、とか気になって仕方ありません

Aベストアンサー

蜘蛛は体内に糸が入っている訳ではなく、体の中で合成して糸を作り出しています。
なのであれは無理やり引っ張りだしているのではなく蜘蛛に糸を作りたくなるように誘導しているのです。
もしも蜘蛛が糸を出すのを嫌になったら糸は出てこなくなり、糸は切れてしまう(糸の合成が止まってしまう)ので無理やり引っ張りだすことはできないとのことです。蜘蛛の研究者は最初はなかなか糸を出してもらえなかったそうです。

なので蜘蛛の痛覚がどれくらい発達しているかは分かりませんが仮に痛覚があったとしても苦痛は感じていないと思いますよ。

Q蜘蛛がお尻から出した糸の行方

さっき天井から食卓の上につつーーっと蜘蛛が下りて来たんですが、下りてすぐ上やお尻のあたりを探ってみても、糸の気配はありませんでした。
下りて来るのにお尻から糸を出していると思いますが、あの糸はいったいどこへ行くのか不思議に思いました。
コードリールみたいにお尻に巻き戻されるのか、天井に伸びたバネみたいに一瞬にして巻き上げられるのか、どっちかかな? と思ってますが、真相を教えて下さい。
なお蜘蛛は真っ黒で小さい(あまり大きくならないようです)、ピョンととぶタイプの蜘蛛です。

Aベストアンサー

> ピョンととぶタイプの蜘蛛です。

ハエトリグモの仲間でしょうか。

クモが糸を出しながら降りてくるところを、糸を払うようにして捕まえようとすると、
クモは自分で糸を切って逃げていきます。
(出し口で切っているのか、肢を使っているのかを確かめたことはありませんが)
そのときは、切られた糸はふわふわとして手の中に残っています。

ですので、普通に降りたときも、糸は「切り捨て」なのではないでしょうか。
クモの糸(特に粘着性の高い捕虫用のもの以外)はかなり細いので、
明るい中で背景が暗い等の条件でないとかなり見えにくいです。
それで見えなかったのではないでしょうか。
(私も、自転車に乗っているときなど、たまに回りに何もないところでクモの糸らしき
 ものが顔にまとわりついたりすることがありますし・・・)

Qくもの糸

くもの糸は、なぜ、太陽光でさまざまな色に輝くのですか?

Aベストアンサー

クモの糸は微視的に(電子顕微鏡レベルで)見ればツルツルではなくて細かな凹凸がたくさんあります.
その凹凸に入射した光が回折していろんな色に輝いて見える,ということになります.
いわゆる構造色です.CDの記録面も虹色に輝きますが,微細な凹凸がたくさんありますよね? それと同じ原理です.

Qくもが糸を張る時の一発目

質問させていただきます。

くもは立派な巣を張りますが、最初の一発目はどのように張るのでしょうか?
例えば、くもは建物と車庫の間とかに巣を張りますが、建物に一発目をくくりつけてから、対面の車庫にどうやってくくりつけているのかが分かりません。
一発目が上手くいけば、その糸をつたって二発、三発といけると思うのですが、最初の一発目がわかりません。
私の予想では、最初の始点の建物に糸をくくって、一回地面まで下りて
トボトボ歩いて車庫を登るパターンと、始点からフリーのロングの糸を
たらして、風が吹くのを待つかぐらいしか分かりません。
後者は可能性が低いと思いますが、この二つしか思いつきません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

昔テレビで見ました。

遠くの枝なら、風に糸をなびかせてくっつけ、届く範囲の枝なら、最初の枝に糸をつけて、向かいの枝に飛び移るみたいですよ。

ちなみに、クモの赤ちゃんは、産まれたらすぐ、自分の糸を風になびかせて、遠くまで飛んで行くそうです。

Qザトウムシ 足長くも くも

こどものころ、足長のくものような生き物を見ました。
調べたところ、ザトウムシという生き物で足の長さは5cmぐらい。。。
しかし、子どものころみたその大きさは50cm以上長い足をしていました。
どなたか、その生物の名前を教えてください。
写真もあれば見たいです。
そんなのいるわけないと、妻から疑われています。
よろしくご協力願います。

Aベストアンサー

わたしも数十年前に、どこかの草原で見かけてビックリして二分ほど後を追っていきました。成人していましたよ。そのザトウムシというやつではありません。かたちはアメンボウの足だけを十倍以上伸ばしたような感じで、胴体はすごく小さいです。30センチはある足でした。
気にはなりましたが仕事の途中だったので、あとで図鑑でも見ればいいな、と思ってそのまま忘れていました。だいたい日本に未発見の虫がいるなんて思えないので何時か図鑑で見られると思ってました。

あなたと二人だけですね。証人は。不明ですが外国生まれかなとも思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報