A 回答 (2件)

もしかして、坐骨神経痛のことですか?



ただし、坐骨神経痛は症状を指し、その原因が椎間板ヘルニアであることが多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすいません、有り難うございました。

お礼日時:2008/04/13 15:15

前段階の病名なんてものはありません。



椎間板ヘルニアは椎間板(背骨と背骨のつなぎ目にある軟骨状のもの)が潰れて側方にコブのように突出し神経根を圧迫して各症状が出るものなので前段階の病名はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

椎間板症・・・とか言いませんでしたか。

有り難うございました。

お礼日時:2008/04/09 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎間板ヘルニアの手術を受けました。

11月26日に主人が椎間板ヘルニアの手術を受けました。3年ほど前から左腰の痛みと左足の痺れを訴えていました。飛び出した椎間板を摘出し,骨盤を切り取って背骨の両側に移植し金具で固定するといった手術でしたが,主人は術後右腰の強烈な痛み(術前の左側の痛みとは比にならない)で2週間経っても座ることも出来ずにいました。CTとMRIの結果,「主人の右側の背骨が一般的なものより小さくて,金具を入れた骨が膨張し神経を圧迫している」と説明され,12月15日に再手術となりました。1年後に除去する予定だった金具の内,右側だけを取り外してもらうことで現在は痛みもとれ同じ病院で療養中です。2回目の手術費用についてや入院期間が当初の予定より長くなったことについて納得のいく説明がありません。執刀医の先生も「あまり例にない」とおっしゃっていました。医療ミスの可能性はないのでしょうか。病院側に責任があるとすればどのように対処すればよいでしょうか。

Aベストアンサー

私は、腰痛と右下肢痛、しびれで数年間苦しみましたが今はどこもなんとなく(手術したわけでもなく)普通に生活しています。今からでも遅くありませんので、

下記のサイトをご主人様に紹介してあげてそれで判断してもらってください。

ヘルニアと言われたら安心です
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_211.htm
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_30.htm
症例69  椎間板ヘルニア(レーザー術後)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_200.htm

参考URL:http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_211.htm

Q椎間板ヘルニアで休職しようと思い、診断書を頂きました。

椎間板ヘルニアで休職しようと思い、診断書を頂きました。

ところがその診断書には「20XX年X月X日より治療開始。腰痛がひどく現在加療中」と現在の状態の記述しかなく、休職に必要な「休養×ヶ月」とか「就労困難」という記述がありませんでした。

この診断書で休職は難しいでしょうか。

Aベストアンサー

残念ですが、質問者さまがもらった診断書は、『病名と治療中の証明書』になってしまいます。

休職を希望されているとのことですので
『20XX年X月X日より・・・・・・。約★ヶ月の休養を要す見込み(である)。』と書いてもらいましょう。
「就労困難」の記述だけだと、会社によっては 
『じゃぁ、辞めるの?』とか『いつまで?』とか言われるかもしれません。

診断書料を再度支払うことになりますが、しっかり治療してまた仕事ができるよう 診断書を書きなおしてもらいましょう。
書き直しで不機嫌になってしまう医師も時々いますので、丁重にお願いしましょう。
では、どうぞお大事に☆

会社の健康管理室の看護師より

Qこんにちは。よろしくお願いいたします。看護師の方や医療機関にお勤めの方

こんにちは。よろしくお願いいたします。看護師の方や医療機関にお勤めの方がいらっしゃいましたらお聞きしたいのですが、一日のお仕事の流れをできれば詳しく教えて頂きたいのです。どのような業務についてでも構いませんのでよろしければ教えて頂ければ嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

総合病院の手術室勤務ですので、医療関係者ではありますが、医師でも看護師でもありません。
手術室の清掃・消毒と器械・器具洗浄です。
私は洗浄はしていませんが。

手術室ゾーンがあり、他の病棟や外来とは別に区切られた、手術室が5室ある場所にいます。
まず早番が出勤した時に手術室のカギを開け、電気をつけて回ります。
看護師さんと医師の控え室、更衣室の掃除、手術室廊下と前日に残った手術後の部屋の掃除。

その後、遅番が出勤してから手術予定の打合せをして、手術室廊下や器具庫の消毒と薬剤で拭き掃除。
マスクや帽子・備品の補充や手洗い漕の片付けなど。

手術が終わったら、掃除・消毒。
注射針や糸、細かい物品補充。
これが勤務終了まで延々続きます。

その合間にゴミの分別とゴミ出し、手術室範囲の別室の掃除。
術着や手術用スリッパの点検と補充。
使用後の汚染リネン類の片付け。曜日によっては大型機材を拭いたり、照明器具の掃除なども。

洗浄係は掃除はしませんが、出勤前から手術が始まっているので、使用後の器具の洗浄と用途に合わせて器具を組み合わせます。
これが勤務終了まで延々と続きます。

こんな感じですが、何か参考になりましたでしょうか?

総合病院の手術室勤務ですので、医療関係者ではありますが、医師でも看護師でもありません。
手術室の清掃・消毒と器械・器具洗浄です。
私は洗浄はしていませんが。

手術室ゾーンがあり、他の病棟や外来とは別に区切られた、手術室が5室ある場所にいます。
まず早番が出勤した時に手術室のカギを開け、電気をつけて回ります。
看護師さんと医師の控え室、更衣室の掃除、手術室廊下と前日に残った手術後の部屋の掃除。

その後、遅番が出勤してから手術予定の打合せをして、手術室廊下や器具庫の消毒と...続きを読む

Qこんにちは、よろしくお願いします。お伺いしたいことは、治療費等を請求で

こんにちは、よろしくお願いします。お伺いしたいことは、治療費等を請求できるか、または、何らかの、対応を病院に求められるかということです。以下経緯であります。先週、週父(74才)が脊柱管狭窄症の手術を受ける予定でした。手術当日、事前に尿道に管を通す必要があったのですが、その病院には泌尿器担当の先生がいないため整形外科の先生が恐らくその行為をなさっと思われます。そこで問題となったのは、どうも尿道に上手く管を通せず尿道を傷つけてしまい、結局手術はせず全身麻酔をかけ尿道を傷つけたところで中止となりました。事前に父は10年ほど前に前立腺肥大の手術をうけたことは事前に説明してありました。現在も、寝起き時の排尿に出血をともなうため、自宅近く(脊柱管狭窄症科でかかっている病院は自宅から遠いため)の泌尿器科を受診予定ですが、そのさいの費用等は尿道を傷つけた病院に請求出来るのでしょうか、出来ないとしたらそれに替わる何か対応を求められるのでしょうか。 以上 どうぞよろしくお願いします。 因みに父は、かなり現状参っているようです。

Aベストアンサー

手術前に「術中のリスクや合併症についての説明を受け、手術同意書等にサイン」をしていなければ治療費等を請求できるのではないでしょうか?
上記をしていれば、難しいのではないでしょうか?

導尿時やバルーンカテーテル(尿道留置カテーテル)挿入の際のリスクには「強い痛み」を伴ったり尿管が傷つきしばらく尿に血液が混じったり、尿路感染症をおこしたりと言うようなことが、よくあります。

まず、泌尿器科受診の前に手術をした病院に電話でも良いのでアドバイスを求めてはどうでしょう?術後のケアはしっかりしてくれるはずなので、相談に乗ってくれると思います。
その際に「近くの泌尿器科を受診してみては?」と言われたら受診費用について相談してみればよいと思います。「自分の病院でケアしきれないので他の病院へ」となれば受診の必要性を認めた事になるので治療費を持ってくれる可能性は高いと思いますが・・・・。

手術した病院に相談も無く自身の都合で他病院へ受診したのなら、自身の都合での受診になるので治療費を出す可能性は低いと思います。


また行為の正当性としては
腰椎麻酔や全身麻酔で長時間の手術を行う際はバルーンカテーテルは必須だと考えます。(短時間の手術ならオムツで行うと言うことも聞いたことはありますので絶対ではありませんが、腰椎の手術であればまず間違いなくカテーテルを入れるでしょう)
また、その行為に泌尿器専門医が必要だったか?と言うと、導尿やバルーンカテーテルの挿入には専門医が行う必要はなく、他科医師や看護師が行うのが普通です。

ですので病院側に落ち度があったと主張することは難しいと思います。

オペ中止と言うことは狭窄症の方も改善していないんですよね?
腰の痛みと付き合うのは大変だと思いますがお大事にしてください。

手術前に「術中のリスクや合併症についての説明を受け、手術同意書等にサイン」をしていなければ治療費等を請求できるのではないでしょうか?
上記をしていれば、難しいのではないでしょうか?

導尿時やバルーンカテーテル(尿道留置カテーテル)挿入の際のリスクには「強い痛み」を伴ったり尿管が傷つきしばらく尿に血液が混じったり、尿路感染症をおこしたりと言うようなことが、よくあります。

まず、泌尿器科受診の前に手術をした病院に電話でも良いのでアドバイスを求めてはどうでしょう?術後のケア...続きを読む

Q椎間板ヘルニア(?) 麻酔科医 グルコサミン

腰が痛くてMRIをとって、「椎間板のクッション作用が、なくなっている。治しようがない。しいていえば、椎間板の栄養になるようなものをとるだけだ」といわれました。それで、そこの病院からグルコサミンを買ってきました。
「痛み止めも出せばいいですか?」と聞かれたので、一応出してもらって、頓服的に服用し、後は骨盤牽引に通うことになりました。
そこのクリニックには、サプリメントがたくさんおいてあって、なんか私は一抹の不安を覚えたのです(うまくいえないけど)。

質問1
グルコサミンって、効くと思われますか?

質問2
麻酔科を受診したら、何かいいことありそうですか?

質問3
質問2が「YES]の場合
総合病院ではなく、小さなクリニックで、「麻酔科」の看板を出しているところが何件かありますが、私のような場合、そういうところでも良いでしょうか?
できれば総合病院ではなく、クリニックに行きたいのですが。

質問4
MRIの写真を、結果的にもらってきましたが、最初に頼んだ時は、「5年間保管しておく義務があるから」とかなり渋られました。
すんなりと、もらえないのは普通のことですか?

たくさんすみません。
よろしくお願いします。

腰が痛くてMRIをとって、「椎間板のクッション作用が、なくなっている。治しようがない。しいていえば、椎間板の栄養になるようなものをとるだけだ」といわれました。それで、そこの病院からグルコサミンを買ってきました。
「痛み止めも出せばいいですか?」と聞かれたので、一応出してもらって、頓服的に服用し、後は骨盤牽引に通うことになりました。
そこのクリニックには、サプリメントがたくさんおいてあって、なんか私は一抹の不安を覚えたのです(うまくいえないけど)。

質問1
グルコサミンっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。ひとつひとつお話ししてみようと思います。まずクリニックにサプリメントが置いてあることのお話について。たしかに、処方箋を出せるのになんでサプリメント?と思いますよね?ここ数年前なら、医師の大半がサプリメントを馬鹿にしてました。そんなもん、摂ったって・・・なんて小馬鹿にしてるところがほとんどでした。ですがここ近年薬ばかりに頼るのはどうなの?と疑問に思う医師達が増えてきました。そういった背景からサプリメント(もちろん自分の医院に置くのですから物についてはちゃんとオベンキョなさってるはずですが)を患者さんにお勧めする医院が増えてきてるのも確かです。ですからさほど神経質になることはないだろうと思います。で、ここから本題。質問1:まず「サプリメント」の性質から効く・効かないという概念は捨てましょう。ということをふまえて、人間の体は一旦出来上がったらそれでしまいと言うことはありません。古くなった細胞と入れ替えるための作業を延々繰り返しています。その作業に必要な「材料」、それが「栄養」です。ま、そこまではわかると思います。にしても「材料」はいるので食べといて問題はないです。それが椎間板ヘルニアの症状緩和に関係するかと言えば、「脇役」・「補助」でしょうね。質問2:先に回答されてる方々の通り、麻酔科ですることは「ペインクリニック」の麻酔による神経ブロック療法です。これは、長い間の習慣化によって症状そのものは改善しているのにも関わらず起こっている痛覚の連鎖を麻酔によって和らげていく療法です。ここでは説明しきれないと思うのでこのことに関してはこの療法を実践している病院に行って直接医師に聞いて下さい。質問3:(私の場合)というのが重要ではなくそこの医院が麻酔科としてペインクリニックをやってるのかが重要です。質問4:これは先の回答者さんたちが言ってるのでもう言わなくていいでしょう。最後に、2番さんのお礼の所に歩けないほどではないけれどと書いてありますので今すぐにどうこうということはないと思いますが。(手術が必要なぐらいひどかったら痛すぎて立ってられません)ただ、骨盤牽引しただけでは改善するかどうかは微妙なところです。病院に通う以外の1日の大半を過ごす時間のことも考えないと症状の改善にはつながりませんということだけは言っておきます。そうです、生活習慣のことです。そこのことをよく今かかってる医師と話し合って下さい。

こんにちは。ひとつひとつお話ししてみようと思います。まずクリニックにサプリメントが置いてあることのお話について。たしかに、処方箋を出せるのになんでサプリメント?と思いますよね?ここ数年前なら、医師の大半がサプリメントを馬鹿にしてました。そんなもん、摂ったって・・・なんて小馬鹿にしてるところがほとんどでした。ですがここ近年薬ばかりに頼るのはどうなの?と疑問に思う医師達が増えてきました。そういった背景からサプリメント(もちろん自分の医院に置くのですから物についてはちゃんとオベ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報