こんにちわ、「インターネットで知り合った自殺したい人と心中しましたという」遺書を残して心中し、遺体が見つかった場合、自宅を捜査され、パソコンなどを押収されてしまうのでしょうか?
また、遺書に心中相手との関係を書かなくても、はやり心中相手との関係を捜査されてしまうのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

司法解剖」に関するQ&A: 司法解剖の結果

A 回答 (3件)

初めまして。


最近では、自殺関連のHPが原因と思われる自殺等も増えているために、そういった遺書が残っているだけで、お互いの関係が捜査され、場合によっては、知り合ったサイトにも捜査が及び、そのサイトが自殺に積極的に関与したかどうかも調べられます。(自殺教唆・自殺幇助)
また、どちらかが、生き残っても同じです。
また、遺書に書かなくても、事前にそのようなことを周囲に漏らしていれば、当然調べられるでしょう。
で、そのようなデータを密かに誰かに頼んで消してもらったとしても、その事実がわかれば、同じような罪、あるいは、証拠隠滅ととられると思います。

死ぬことで人に迷惑をかけるよりも、生きていて、周囲に助けられることの方が幸せです。死ぬ勇気があるなら、生きていく勇気もあるはずです。
    • good
    • 0

生き残った場合も双方死亡した場合も、犯罪(刑法202条自殺関与罪)ですので、メール確認のため、押収されますが、捜査が終われば、返還されます。

    • good
    • 0

 おそらく結果から言うと、される事があるものと思います。

それは、死因を特定するとき、自宅および病院以外での医師の確認の無い死の場合、行政解剖を行う事になってます。そして、死因に疑問があると判断されるような場合は、司法解剖(警察権の介入)となります。
 つまり、不可解な死の場合は、身辺調査が予想されます。特に、生命保険の高額加入がもしあれば、調査は間違い無いものです。
 ただし、すべての事例について調査が行われるものでは無いので、実状は不明と言えます。その時の各担当者(保険・警察・検察そして両家族)により、状況は変わるものと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライブドアや防衛施設庁であった捜査で押収されたものに関して。

ライブドアや防衛施設庁の事件で
「家宅捜査」でパソコンや書類等々を
押収されたようですが、これに関して質問です。

無罪になった場合、押収物はどうなるのか。
有罪になった場合、押収物はどうなるのか。
それとも、押収されたら返ってこないのか。

最近、このニュースが話題となり、
気になりました。ご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 実話なのですが、私が行った職場で、一年ほど前に刑事事件があり関係書類が押収されていたことがあります。裁判は結審して、有罪判決が確定したのですが、押収物はいつまで経っても返してもらえませんでした。今はもう返してもらっているかもしれませんが、結審してから3年以上は返ってこなかったですから、どう言う基準なのか分からないです。
 一度どうしてもその書類が存在するかどうか確認する必要があり、検察庁に返還の申し出をしたのですが、返してもらえず、検察庁内で見るのはかまわないということで、箱から出して見て帰ったことを思い出しました。
 なぞです……

Q捜査本部と特別捜査本部の違い

特別捜査本部というのは、捜査本部とどうちがうのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

 やっていることは、同じだが、特別捜査本部は、
「社会的反響の大きい重要事件
又はこれに発展するおそれのある事件
の発生を認知し、」た時、開設される。

 また、捜査本部長は警察本部(東京では警視庁)の
主管部課長(刑事部長等)か本部の置かれた署の署長。
 対して、特別捜査本部長は、警視総監又は道府県警察本部長
(北海道は方面本部長もあり)と、いきなり
偉くなる。

参考URL:http://www.police.pref.hokkaido.jp/koukai/keiji/sousa/gso-03.htm

Q名前のない捜査令状で家宅捜査できるの?

名前のない捜査令状で家宅捜査できるんでしょうか?

Aベストアンサー

被疑者不詳のままで捜索令状を発行して、家宅捜索ができるのかという質問かと思います。

刑事訴訟規則の155条1項で次のように規定されています。

「差押、捜索又は検証のための令状の請求書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
1号)差し押えるべき物又は捜索し若しくは検証すべき場所、身体若しくは物
2号)請求者の官公職氏名
3号)被疑者又は被告人の氏名(被疑者又は被告人が法人であるときは、その名称)
4号)罪名及び犯罪事実の要旨
5号)七日を超える有効期間を必要とするときは、その旨及び事由
6号)日出前又は日没後に差押、捜索又は検証をする必要があるときは、その旨及び事由」

確かに、上記の3号で令状請求には被疑者名の記載が必要とされていますが、同条3項では下記のように規定されています。

「被疑者又は被告人の氏名又は名称が明らかでないときは、その旨を記載すれば足りる。」

よって、被疑者を特定できなくても、家宅捜索が認められます。
実際に、被疑者が不明でも、犯罪が発生したという事実が明らかならば、必要に応じて関係各所の家宅捜索が行われます。仮に犯人が判明するまで家宅捜索ができないのであれば、犯罪捜査に多大な支障を来たします。

参考URL:http://www.courts.go.jp/kisokusyu/keizi_kisoku/keizi_kisoku_22.html?sess=e636ad2c3aa6db72760b50437d582e39

被疑者不詳のままで捜索令状を発行して、家宅捜索ができるのかという質問かと思います。

刑事訴訟規則の155条1項で次のように規定されています。

「差押、捜索又は検証のための令状の請求書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
1号)差し押えるべき物又は捜索し若しくは検証すべき場所、身体若しくは物
2号)請求者の官公職氏名
3号)被疑者又は被告人の氏名(被疑者又は被告人が法人であるときは、その名称)
4号)罪名及び犯罪事実の要旨
5号)七日を超える有効期間を必要とするときは、...続きを読む

Q検察庁の「筋読み」という捜査方法と警察現場での「見込み」捜査との違いを

検察庁の「筋読み」という捜査方法と警察現場での「見込み」捜査との違いを教えてください。

Aベストアンサー

見込み捜査は例えば殺人事件があったとして、真犯人Aが居るのに偶々目撃情報に合致したBが近くに居たためこいつだと先入観で逮捕拘束し立件し真犯人Aをみすみす逃してしまう、(事実関係の証拠不足にも係らず)と思ってください。
一方検察のすじ読みは、見込み捜査により立件されたBを本人否定にもかかわらず証拠のみでBがその場に居たことの理由、目撃証言の信憑性、Bが明確な説明が出来なければだからお前が犯人だ、と断定してしまう事。
実は捜査段階の見込み捜査は結構あります。
私は三年くらい前に子供暴行事件が多発した頃事件の起こった辺りを歩いていた為、大阪府警平野警察に事情聴取(後で考えれば取り調べに近いこと)をされました。警察も最近は昔のような強引なことはしません(逮捕ではなく翌日出頭)が通されたのは取調室ですし、座る位置が窓のある方に向いて座らされますからね。
恐らく向こうには被害者が居たはずです。あの時1つ間違えば、その人が似ているというだけで私は帰れなかったかもしれません。
これなど見込み捜査(事件現場近くを歩いていた・犯人と同じものを身に着けていた)です。

ただ見込み捜査が悪いと言うのではありません、最初はそういう事は多々あるのも理解できます、しかし検察はそうじゃない、取調べ段階から否定していても白紙の状態で再捜査するのではなく、だからお前だ、と決め付けることが恐ろしいのです。
検察は勝てる裁判しかやらないから勝てない材料不足は捏造までするという司法の暗黒が出来てしまうという点です。

見込み捜査は例えば殺人事件があったとして、真犯人Aが居るのに偶々目撃情報に合致したBが近くに居たためこいつだと先入観で逮捕拘束し立件し真犯人Aをみすみす逃してしまう、(事実関係の証拠不足にも係らず)と思ってください。
一方検察のすじ読みは、見込み捜査により立件されたBを本人否定にもかかわらず証拠のみでBがその場に居たことの理由、目撃証言の信憑性、Bが明確な説明が出来なければだからお前が犯人だ、と断定してしまう事。
実は捜査段階の見込み捜査は結構あります。
私は三年くらい前に子...続きを読む

Q暗号化したPCを警察が押収した場合

最近、インターネットに関する事件で逮捕されるニュースが多いですね。ふと疑問に思ったのですが、警察は証拠品としてパソコンやHDDを押収するようですが、やはり、解除パスワードを開示するように要求されるのでしょうか?
最近、セキュリティ対策として、職場の仕事用のパソコンを全て暗号化するように指示され、社内のパソコンすべて暗号化されました。
例えば事件があって社内でパソコンが押収されるということがあった場合、会社の重要なセキュリティに関するパスワード等を開示する事を要求されるのは、会社として困る気がするのですが。

仮に暗号化してあった場合、警察はそれを解除しようとするのでしょうか?または、解除を要求する権限がある(解除命令に従わざるを得ない)のか?
そして、警察はそれにより得た情報を漏洩しないよう管理してくれるのでしょうか?
開示を拒否した場合、何か担当者が責任を問われる事がありますか?

例えば、会社からは担当者は開示を拒否するよう要求され、警察からは開示を要求されて板挟みになったりしたら、担当者が困ったりすることがあるような気がしたのですが

Aベストアンサー

>警察は証拠品としてパソコンやHDDを押収するようですが、やはり、解除パスワードを開示するように要求されるのでしょうか?

 当然、要求されます。

>例えば事件があって社内でパソコンが押収されるということがあった場合、会社の重要なセキュリティに関するパスワード等を開示する事を要求されるのは、会社として困る気がするのですが。

 捜査令状が発行された以上、会社の利益は考慮されません。

>仮に暗号化してあった場合、警察はそれを解除しようとするのでしょうか?または、解除を要求する権限がある(解除命令に従わざるを得ない)のか?

 警察にはその権限があり、被疑者(会社法人に属する者)は従わざるを得ません。

>そして、警察はそれにより得た情報を漏洩しないよう管理してくれるのでしょうか?

 漏えいすれば、それは別件として警察の当事者が裁かれます。

>開示を拒否した場合、何か担当者が責任を問われる事がありますか?

 証拠の隠匿ですから、罪に問われます。

>例えば、会社からは担当者は開示を拒否するよう要求され、警察からは開示を要求されて板挟みになったりしたら、担当者が困ったりすることがあるような気がしたのですが

 その場合は会社の要求が不当であり、拒否の指示を出したものが罪に問われます。担当者がパスワードを警察の然るべき担当に開示、もしくはパスワード保護を解いたことを以て、会社が担当者に不利益を働けば、それも罪に問われます。

 ただ家族が被疑者の場合には、拒否が罪に問われないことがあります。これはケースバイケースと申すより他、ありません。

>警察は証拠品としてパソコンやHDDを押収するようですが、やはり、解除パスワードを開示するように要求されるのでしょうか?

 当然、要求されます。

>例えば事件があって社内でパソコンが押収されるということがあった場合、会社の重要なセキュリティに関するパスワード等を開示する事を要求されるのは、会社として困る気がするのですが。

 捜査令状が発行された以上、会社の利益は考慮されません。

>仮に暗号化してあった場合、警察はそれを解除しようとするのでしょうか?または、解除を要求する権限があ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報