親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

今日、図書館に行ってイワンのばかを借りてきました。
小学生の頃は読書嫌いで本っていう本は読んだことがありませんでした。
偶然、どんな内容なんだろうと手にとって読んでみたら、これが本当に良いんですよ。
イワンのばか、人は何で生きるか、人には多くの土地がいるか、愛のあるところには神もいる、ふたりの老人、三人の隠者等がおさめられています。
しばらく岩波少年文庫にはまりそうです。
世知辛い世の中、イワンのばかは座右の書になるかも。
岩波少年文庫を読むっておかしいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


>岩波少年文庫を読むっておかしいですか?
 全然おかしくありませんよ。私も今岩波少年文庫を図書館で借りて少しずつ読破しようともくろんでます(^_^)v。小さい頃から読書が好きで読んではいたのですが、小さい頃の方が自分の好き嫌いがハッキリしていて、幅広く読まなかったので今の方が柔軟に色々読むようになってきました。
 小学生中学年向け~中学生以上となっていますが、ケストナーの本なんて涙をさそうものもありますし、リンドグレーンも子どもの頃は「ピッピ」や「やかまし村」シリーズしか読まなかったのですが、児童虐待や死をテーマにした深い内容の物もありますし、「大草原の家」シリーズなんかもそうです。「ナルニア国物語」も映画化されて大人も十分楽しんでいます。おまけに殆どの作品が子供向けに要約されていないので、きっちり読めるところも魅力ですし、挿絵もすばらしく、児童文学の老舗が出す良書という感じです。
 大人が読んでも十分耐えうると思いますし、読み応え十分に仕上がっています。語り継がれている児童文学というのは年代を超えて十分感動を共有できると思いますし、以前絵本作家の方が「子どもだから」という気持ちで書くと絶対子どもうけしないと言ってました。児童文学も同じだと思います。
 ちなみに私は表を作ってせっせと読んでいます。図書館では結構子どもの本コーナーで大人が真剣に選んでいる事もありますので、堂々と借りて楽しみましょう(^o^)。
 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

内容が難しくないので、苦もなく読み続けられます。
わたしも表を作って読んでみようと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/12 14:49

児童書は児童が読むものと決めている人や、大人になって読んだことがない人、読んでもよさに気がつかない人にとっては、おかしいかもしれませんね。


先日、行きつけの図書館で書庫にある児童書を依頼したところ、パートの女性がまったくの親切心から、それ子供の本ですがいいですか、と尋ねかえしてくれました。

子供のころ、本は読むには読んだけれどもそれほど多く読んだわけでもなく、つまり読まなかった「名作」は無数にあるわけです。しかも児童書はこの三十年くらいのあいだに、書き手も翻訳者も出版物も、目を見張るべき豊かさをそなえてきているのではないでしょうか。へたに大人の本の谷間に沈みこむより、よっぽど内容が濃く、多彩で充実しています。

これは子供が正直で、つまらない本はつまらないとはっきり態度で示す(つまり手に取らない)ということからもきているでしょう。この世界でもよく言われているのは、子供にはごまかしが効かないということです。

とはいえ、子供の心を失って久しい大人としては、子供が夢中になれる本のいくつかにどうしても興味がもてなかったりもします。

大人になってはじめて作者の真意に思い至れるんじゃないかという本もあります(たとえばムーミン・シリーズやナルニア国シリーズはそうでしょう)。
奇想天外のうちに作者のポエジーに触れる本もあります(ロベルト・ピウミーニ『アマチェム星のセーメ』『光草-ストラリスコ』、安房直子の作品すべて、大人向けの小説も巧みなファンタジスト梨木香歩、ウォルター・デ・ラ・メアなど)。
また、私の力量ではよくわからんという本もあります(オトフリート・プロイスラーの『クラバート』、アーシュラ・K・ル=グインなど。だからこそ読むんですが)。
それからこれ、ほんとに児童書だろうか、やってくれるじゃないかという本もあります(那須正幹『さぎ師たちの空』)。

たまたま読んだことがあるものから羅列してみました。
まだまだ書き手はこんなもんじゃなく、きっとはるかに多士済々。

などと書きながら、ふと思い出して手帖を繰ってみると、2005年11月号の『文學界』に文芸評論家の斎藤美奈子氏(いま最も歯切れのいい、読ませる論客のお一人でしょう)が書かれていることをメモしたものが出てきたので、ご参考までにその一部を書き写してみます(つまり斎藤氏の文章そのままではありません)。

  -----
コドモの読書の過去と現在 [←これが論題だったと思われます]

児童文学は(オトナの)文学の亜流でもなければ家来でもない。
近代文学と現代文学があり、純文学(のようなもの)とエンターテインメント(のようなもの)がある。リアリズム、ファンタジー、歴史もの、ミステリー、エッセー、フィクション、文学史、文学研究あり。文学賞も批評もある。
マーケットは小さくても一個の独立したジャンル。

教育的かつ道徳的 こうした不文律に物足りなさ → 大人の小説へ
魅力は ← あくまで子供の立場に立つべし
  -----

文字の本だけでなく絵本にも(それはわれわれがふだん目にするうちで最も贅沢なつくりの本の一つではないでしょうか)無心に楽しさの伝わってくる本、胸が晴れやかになる絵があります。

児童書それから絵本の世界、まったく油断も隙もない(笑)というのが実感です。
長広舌、失礼しました。
    • good
    • 1

岩波少年文庫、名作が多いですよね。


私も大人になってから岩波少年文庫の本を結構買うようになりました。
「星の王子さま」「モモ」など、大人になってから読んだ方が心に沁みるようになったと思います。
これらの本は、友人が落ち込んだり悩んだりしている時にプレゼントしたりもします。読みやすいので、普段そんなに読書しない人にも勧めやすいのもいいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大人になってから岩波少年文庫のような本を読むと、
自分も真面目に生きようってあらためて思いますよね。
この本は、ほんと良いですよね。

お礼日時:2008/04/13 16:35

何もおかしいことはありません。


年齢に比して、という事でしたら、
他の多くの人が気づかずに素通りしていた魅力に気がついたということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっと魅力に気付きました。
これからもいろいろの本はずかしがらずに読んで行こうと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/12 14:51

おかしくないですよ。


読みたいものを堂々と読めばいいのです。
そういう私も「大草原の小さな家」シリーズは、子供用のコーナーで全巻借りて読破しました。

トルストイの童話は奥深くて最高に面白いと、私も思います。
いい本に出会いましたね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わたしも今度大草原の小さな家を借りてきて読んでみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/12 14:47

全然おかしくないですよ。


逆にとても良い事だと思います。しかも本にそこまでの感銘を受けているのだから悪い事は1つもありません。

これがキッカケで読書が好きになれば良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

イワンのばかを読みきったので、今日別な本を借りてきました。
読破します。

ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/12 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「指輪物語」どれを読んだらいいのでしょう

小学校時代に挫折した指輪物語をもう一度読破したいと思います。「ホビットの冒険」も一緒に読もうと思いネットで検索したところ、出版社・訳者は同じでも、3冊・6冊・9冊セットやオリジナル版、カラー版など様々な形式で出版されているようです。多分挿絵や振り仮名などが多少異なるのだとは思うのですが、よくわかりません。それぞれの内容の違いや特徴、「買うならこれ!」というおすすめなど、ご存知でしたらぜひ教えてください。(ちなみにもうすっかり大人になってしまったので、あえて子供向けのものでなくても大丈夫です。)

Aベストアンサー

「ホビットの冒険」は岩波版の方が良いです。指輪物語と訳者が同じだからと言うのもありますが、読みやすいので。
岩波版は岩波少年文庫版とハードカバー版が出ている見たいですが、ハードカバー版は映画版の時期に作られたものの様です。しかし、瀬田貞二さんは既に故人なので訳が変わると言う事は有りえませんので、違うのは挿絵とハードカバー版である点だけでしょう。

指輪物語は翻訳に手を加えた新版の文庫版と新版の新装版のハードカバー版と挿絵がオリジナルの愛蔵版バージョン(3冊セット)がある様ですが、実際のところ新版指輪物語の文庫本は、字が大きくなって読みやすくなっているので、文庫本でもかまわないと思います。(旧版は字がぎっしり詰まっているので読むのが少しつらい。そのかわり6冊から9冊にされてしまいましたが。)追補編は文庫版でもでた様なので、特別ハードカバー版にこだわる必要はないでしょう。愛蔵版は完全にコレクターズアイテムです。

シルマリルの物語も新版に変わってる様です。旧版には、指輪物語の追補編が追加されてたのですが、削除されたのかな?(2冊組から1冊に変わってますし)

後、指輪物語とは直接関係無いのですが(実は、若干関係有ります)トールキン小品集はおすすめです。

実はまだ未翻訳の書籍がたくさんあるんです。指輪物語フリークの悲願の一つであるUnfinished Tales(終わらざりし物語)がやっと翻訳されました。まぁシルマリルの物語以降はフリークの読み物なので、特に読まなくても良いですが。

「ホビットの冒険」は岩波版の方が良いです。指輪物語と訳者が同じだからと言うのもありますが、読みやすいので。
岩波版は岩波少年文庫版とハードカバー版が出ている見たいですが、ハードカバー版は映画版の時期に作られたものの様です。しかし、瀬田貞二さんは既に故人なので訳が変わると言う事は有りえませんので、違うのは挿絵とハードカバー版である点だけでしょう。

指輪物語は翻訳に手を加えた新版の文庫版と新版の新装版のハードカバー版と挿絵がオリジナルの愛蔵版バージョン(3冊セット)がある様...続きを読む

Q各出版社の文庫の特色を教えてください。

各出版社から文庫が発売されてますけど、ちくま・新潮・岩波・角川・早川など、各文庫の特色ってあるのでしょうか(たとえば各新聞紙のように)?表紙画のせいかなんとなく、岩波はかたいイメージがあるのですが。。どの文庫は、どのジャンルに強いとか、どの分野に力を入れているとか、そういう特色があったら教えてください。

Aベストアンサー

岩波文庫は古典とか学術書とか日本近代文学では圧倒的な強さがありますが、
現代文学には力を入れていません。

近現代の日本の純文学および海外文学においては、
新潮文庫が一番充実していると思います。

ほか、角川・集英社・小学館・文春などの文庫は、
上の二社よりシェアが少ない感があり、
上二社よりも現代作家の比重が高いです。

Q岩波文庫と岩波少年文庫

子供の頃読んだ童話を大人になった今、また読みたいと思い
集め始めたのですが、色々な出版社から出ていてどれがいいか迷っています。

探していて思ったのですが、岩波文庫と岩波少年文庫はどう違うのでしょうか?
翻訳者が違ったり、収録されている作品数が岩波文庫のほうが多いように思いますが、
同じ岩波でなぜ違うのでしょうか?

また童話でおすすめの出版社があれば教えてください。

Aベストアンサー

No.3です。

「アンデルセン童話集」と「イソップ寓話集」との事ですので、先ず「アンデルセン童話集」から。

「アンデルセン童話集」は、岩波文庫の大畑末吉訳「アンデルセン童話集」が良いでしょう。これは原典からの訳です。
以前は、B6判の堅表紙のセット本が発売されていたのですが、版元品切・重版未定となっています。(この版元、「絶版」とは云わない)原書からの挿絵も転載されているので、挿絵と云う点でも良いでしょう。但し、本の大きさはA6判(だいたい郵便はがきの大きさに相当)

「イソップ寓話集」ですが、これはそもそもテクストの問題があります。AESOPと云う人は一時期は存在すら疑われた事も在る位で、現在「AESOP」の寓話として伝承されているものでも、明らかにAESOP以前に既に成立していたと考られる寓話もあります。従って、希臘語のテクストでもテクストに拠って寓話に出入りがあります。更に現在流布している児童書の中には、英訳本や仏蘭西語訳や独逸語訳やから重訳したと思われるものすらあります。
一応、岩波文庫の「イソップ寓話集」をお奨め致します。挿絵はありませんが、信用のおける訳書です。なお、同書の巻末解説にある、渡辺和雄訳「イソップ寓話集」(2冊)小学館は別系統のテクストによるものです、版元品切ですがアマゾンでは入手出来るようです。

蛇足、「グリム童話集」も岩波文庫に収載されているものが良いでしょう。これは後の(グリム自身による)改訂版の訳です。独逸本の初版とは内容が多少異なってきます。

ご参考にならば幸甚です。

No.3です。

「アンデルセン童話集」と「イソップ寓話集」との事ですので、先ず「アンデルセン童話集」から。

「アンデルセン童話集」は、岩波文庫の大畑末吉訳「アンデルセン童話集」が良いでしょう。これは原典からの訳です。
以前は、B6判の堅表紙のセット本が発売されていたのですが、版元品切・重版未定となっています。(この版元、「絶版」とは云わない)原書からの挿絵も転載されているので、挿絵と云う点でも良いでしょう。但し、本の大きさはA6判(だいたい郵便はがきの大きさに相当)

「イソ...続きを読む


人気Q&Aランキング