出産前後の痔にはご注意!

知り合いの電気工事技師さんから面白おかしく聞いた話なのですが、公共工事を受注し、竣工後、引渡し前に役所の担当の方が、注文どおりに施工されたかどうかの検査をしにやってきます。その折、工事業者が本当に完璧に工事を行っていた場合、担当者はなかなか「アラ」を見つけることができません。しかし、仕事で来ている以上、上司への報告も行わなくてはならない彼は、「問題無し」として帰ることを良しとできず、重箱の隅をつつくような検査をしなくてはならなくなります。それでは時間もかかり、業者も細かいところをつつかれて嫌な思いをします。

そこで慣例として、業者は「わかりやすくてあからさまで、しかも後で簡単に直せるところ」をワザと「アラ」として残しておき、検査係もしたり顔でその部分のやり直しを命じます。

かくして、業者は細かいところをつつかれずに済み、検査役は早々と仕事を終えることができる。なんというか、魚心あれば水心?的なこの話、知り合いが面白く脚色している面もあるのだろうと思いますが、実際こういった顛末はよくあることなのでしょうか?

単純に興味本位でお尋ねしています。よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

>?!昔はそういうこともあったということなのでしょうか?



残念ながらありました。
官民癒着というより、バブルの真っ最中は、人材は民間に流出、業者もより高い金を出す企業を優先して仕事をしますので、追加して金を出す余裕の無い公共事業には参加しないということもありました。
今からだと、とても考えられないですよね。
他の仕事を優先して納期に遅れるとか、多少の不具合は目をつぶるとか、そんなに頻繁というわけではありませんが、ないわけではありませんでした。
厳しくすると、業者が逃げてしまうということもあったのです。
今、高速道路で材料の偽装表示等が問題となっていますが、こういう事情もあったのです。
建てて数年で雨漏りが酷くなり、改修工事が必要になった建物もあったと聞いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答有難うございます。

>厳しくすると、業者が逃げてしまうということもあったのです。
なるほど。今とは逆だったのですね。
よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/12 21:21

10年以上前の話ですが、完成検査の際、「このやり方、気にいらねえなあ、やり直せ」と、言う検査官を見たことがあります。


現在では、そのようなことはありません。
ただ、入札で、安値を追求するあまり、施工できない業者、施工途中でトラブルになる業者もあり、入札部門は別のため、現業部門が苦労する例が増えているようです。
また、検査官も、完成後のトラブルや施工不良によるトラブル防止のため、従来より高いスキルを要求されますので、御質問のような例や、バブル当時のような見逃しは、出来なくなっていると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>10年以上前の話ですが、完成検査の際、「このやり方、気にいらねえなあ、やり直せ」と、言う検査官を見たことがあります。

ヤな感じですね…。

>質問のような例や、バブル当時のような見逃しは、出来なくなっていると思います。

?!昔はそういうこともあったということなのでしょうか?
気になります。もしよろしければどなたか補足回答をお願いできないでしょうか?

お礼日時:2008/04/12 17:57

役場のほうでも、発注する係と検査する係は別です。


発注する係は、発注通りに工事が行われているか定期的に確認に行く
のが業務です。
当然、「簡単なアラ」があるということは、発注担当の怠慢または無能を
示す以外の何者でもありませんので、そんなことはしないでしょう。

検査係にとっても、難癖を付けるのが仕事ではなく、「注文通りにできているか」を確認するのが仕事です。
「問題なし」で帰る検査係も多いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>検査係にとっても、難癖を付けるのが仕事ではなく、「注文通りにできているか」を確認するのが仕事です。
「問題なし」で帰る検査係も多いですよ。

そうなんですか!疑問が一つ解消しました。

お礼日時:2008/04/12 17:52

昔はともかく今はないでしょう。

公共工事の発注が年々激減している昨今、公共発注者の担当者レベルと仲良くしても、建設業者にとって何のメリットもありませんから。

工事の完成検査では「工事成績評定」(点数)が付けられ、それが今後の入札参加資格審査や総合評価方式入札、優良建設工事表彰などに影響を及ぼします。

入札参加資格審査とは、公共発注者が建設業者をAランク業者、Bランク業者などと格付けすることで、全国一律の評価方法による「客観点」と各発注者独自の「主観点」を合計した「総合評点」で格付けされます。
「工事成績評定」や優良建設工事表彰を受けた実績などは、発注者によっては「主観点」で加点するところもあります。

総合評価方式入札とは、建設工事の入札に当たり、価格だけではなく技術力や技術提案の内容も含めて総合的に評価しようという入札方式です。技術力の部分で過去の「工事成績評定」が加味されることもあります。

いずれにせよ、わざとアラを残すということは、工事成績評定をわざと減点させる結果になりますので、建設業者にとってデメリットだらけです。

そうでなくても、技術者にはプライドがありますので、アラがあること自体自尊心を傷付けるものです。中には赤字や残業覚悟で完成度を高めている技術者もいます。

「魚心あれば水心」的なこのお話は、日本経済が右肩上がりで、工事がいくらでもあった時代の話であり、現在ではちょっと考えられません。

耐震偽装事件や手抜き工事などに対する世間の目が厳しい昨今、発注者側の検査が厳しくなっていることは事実ですが、建設業者側にとっても、こんな時代だからこそ「確かな技術力を持つ会社」だけが残るということで、信用低下になりかねない「アラ残し」はしないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>総合評価方式入札とは、建設工事の入札に当たり、価格だけではなく技術力や技術提案の内容も含めて総合的に評価しようという入札方式です。技術力の部分で過去の「工事成績評定」が加味されることもあります。

なるほど。それではこの話はありえませんね。昔の話なのかな。

お礼日時:2008/04/12 17:50

自己顕示のために、粗捜しをする検査員もいますね。



ただし、同じ事が続くと、
「いつも、つまらないミスをする業者」
とされて、評価が下がってきます。

検査員が変わった場合、指名停止措置もありえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>ただし、同じ事が続くと、
「いつも、つまらないミスをする業者」
そうですよねえ。知り合いは誇張して話してくれたのだと思います。

お礼日時:2008/04/12 17:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工期とはいつまでのことを指すのですか?

工事請負契約書に記載の工期とは、発注者の竣工検査を終え合格と判定され、工事目的物を引き渡すまでの期限をいうのですか?それとも、工事を完了し発注者の竣工検査を受けられる状態にする期限をいうのですか?契約書には、工事を工期内に完成し、工事目的物を引き渡すものとする。と記載されています。

Aベストアンサー

工期は工事期間であり、竣工検査の日程は含まれません。

このため目的物を4月1日から使用したい場合、工期が3月31日では竣工検査に無理が生じることになります。

竣工検査を行って手直しの必要な箇所があるとすべて完了して目的物の引渡しを受けようとすると3月15日頃までを工期としておく必要があります。

Q公共事業の工期の延長は

ちょっと疑問に思ったのですが
県や市が民間の会社に公共の工事を発注して、
それには、工期というのがありますよね。
でも、それは延長することがままありますよね。
って、色んな理由があるとは思いますが、
官の都合や、民間の方の都合や・・・
でも、延長ってあまりよくはないのですよね。
例えば、いっぱい、仕事をもらってくるA社がいたとして、
でも、あまりにいっぱいすぎて、あれもこれも・・・と
いう感じで、延長になるということは
望ましくないんですよね?
あと、なぜ年度末にかけてこういった会社は
忙しくなるのでしょうか。
それ関係の友達が、仕事仕事と毎日忙しそうだったもので。

Aベストアンサー

 一言で言うと原因は単年度会計にあるのかなと考えます。

 役所の新年度予算は今現在作成中であると思います。つまり担当部署は今年度の予算消化が確立されない状態に新年度の予算要求をしているわけです。従って、毎年同じ事をしている部署は問題ありませんが、公共工事のように他人(一般住民や業者)に左右されるような部署は今年度の進捗を予想して予算要求するわけですので、3月頃になってから当初に予想したような状況から大きく外れることもあるようです。
 これは何を意味するかというと、予想が外れる(本年度の事業遂行に問題があった場合)と翌年度の事業実施に良くも悪くも計画どおりにいかないという影響がでます。

 例えば、今年度当初に測量設計を実施して、それが秋頃に完了して、早速用地交渉に臨んだところ一部の地権者の都合によって買収が長引き、最終的に今年度は用地が買えなかったとします。すると発注者はその買えなかった用地費を別工事などに流用することなります。
 普通に考えると、何も無理して工事せずに用地費を落とすことで問題はないように見えますが、国・県の補助事業や交付金事業などであった場合は、そうはいかないのが日本のシステムであります。また、それが市町村の単独事業である場合は先生方が許してはくれないのも現状です。
 本題に戻りますと、無理して前倒ししながら発注しますのでしわ寄せは当然でてくるのです。工期や異種工事との競合など実に様々ですね。

 工期の決め方には工種や金額、あるいは歩掛により算出しているようです。これに準備期間や天候などを考慮して標準工期を導き出します。
 そのような条件の下で工期が遅れる理由には、近隣者の妨害、各種機関(JRや警察、学校・・・)との調整、あるいは想定外の出来事(掘削して初めて判明することなど)などによるものと考えます。決して不履行ということではありません。

 工期の延長は、請負側としては好ましいことではありませんが、請負う工事数で工期の延長ということはありません。建設業法に則り担当者は定められますのでご懸念されているようなことはありません。
 
 次に年度末に工事が集中するという件ですが、役所は年度当初において予算全額をもっているわけではありません。幾度に分割されて納められる税や交付税等は全て年度内の支払いです。さらには、補助金等については翌年度の5月頃の入金です。(出納閉鎖は5月)
 工事が完成したけど支払うお金がない場合は、一時借り入れという形をとるか、基金を取り崩さなくてはいけなくなります。このような利子等の余計な出費を避けるために工期を3月末に設定し、入金があってから業者に支払うという現実もあります。
 

 一言で言うと原因は単年度会計にあるのかなと考えます。

 役所の新年度予算は今現在作成中であると思います。つまり担当部署は今年度の予算消化が確立されない状態に新年度の予算要求をしているわけです。従って、毎年同じ事をしている部署は問題ありませんが、公共工事のように他人(一般住民や業者)に左右されるような部署は今年度の進捗を予想して予算要求するわけですので、3月頃になってから当初に予想したような状況から大きく外れることもあるようです。
 これは何を意味するかというと、予想が外...続きを読む

Qエクセル 表を大きく、紙いっぱいに印刷したい

エクセルで表を作りました。
印刷プレビューで確認したところ
用紙に対して表が小さく見栄えがしません。

一つ一ついじればできると思いますが、
簡単に、
用紙いっぱいにフォントも大きくし、表も大きくし、
印刷するやり方はありますか。
教えてください。

Aベストアンサー

CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが)
印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。なお、「拡大縮小印刷」のところに「次のページ数に合わせて印刷をする」というチェックをいれて横1×縦1にしてあげれば自動で拡大縮小印刷ができる場合がありますが、やってみればわかりますが、特に縮小印刷の場合小さくなりすぎたりする場合もあります。

Q受変電設備の停電作業の開閉器等の順序について

受変電設備の停電作業の開閉器等の操作順序について確認したいです。
順番は現場盤の各MCCB→主幹ブレーカ→電気室低圧MCCB盤ブレーカ→電気室遮断器(VCB)あるいはLBS→断路器(DS)→屋外変電所遮断器(VCB)というように、負荷電流を末端から上流へ向かって開放していく順序で正しいですか?もし変電所遮断器から開放した場合、全ての負荷電流を遮断するということでアークの危険性があると誰かから昔教わったような記憶があるんですが、うろ覚えで自信がありません。VCBでアーク消弧出来るから問題はないのですか?問題ないとしても屋外変電所遮断器(VCB)→電気室遮断器(VCB)あるいはLBS→断路器(DS)と開放していく順序では意味がありませんよね?誰かわかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

Ω社の自家用電気設備の疑問△◯□H20.11.25発刊P104によると基本操作として開閉器は切るときは低圧→高圧へ、入れるときは高圧→低圧へが基本とあり理由はVCBに負担をかけないように配慮とあります。
これも産業用VCB接触器など1日かなりの(数百回程度~)、TR負荷開閉する機器等と比較すると余り負担云々は神経質にならなく共、良いのではと思う。この程度の負担遮断...信頼性低下では、使い物にならない。
ただ低圧NFBだけ切り、後は途中にある遮断、開閉器類を飛ばしてPAS(VT内蔵PAS)の1発切りした方が、なるべく充電部の操作等危険性を考えれば、この方がベターでかも知れない。なるべく充電部には近づく操作はしないのが得策...無充電確認後、VCB、DS等切る方が安全作業とも。自身事故で家族より返してくれと言われても、どうする事も出来ないが受電設備の機器等は金を出せば、幾らでも買えるもの。小規模QBなんかは主LBSしか無いので当然、PASの1発切りを推奨か。

Qアスファルトの重さ(t)をm3に置き換えたい。。。

アスファルトの重さ(t)をm3に置き換えるにはどのような計算になるのでしょうか?
誰か詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

アスファルトは重量(t)で出荷します。基本的には体積を算出し、単位重量を掛けます。通常使用する密粒度13mm、舗装厚0.05m(50mm)とします。面積(m2)×厚さ(m)×2.35となりますが、さらに転圧減量として1.08を掛けます。これで算出された数量が使用重量(t)となります。
(以上引用)
 ですから、Xtのアスファルトは、X÷2.538(立方メートル)となります。
例によって、受け売りでした。(^_^;)

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/construction/log/tree_105.htm

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Qm3→tへの変換方法

土木関係初心者です。
コンクリートガラの計算で単位が「m3」になっているものを、「t」にして記入しなければいけない書類があるのですが、どうやって変換しらよいのかわかりません。

ちなみにもとの数量は、2378m3で代価表には「1.0m3あたり2.35t」となっています。
単純に2378×2.35=5588.3tでいいものなのか悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.0[m3]当たり2.35[t]ですか.
2.0[m3]当たりは何トンになりますか?
3.0[m3]だったら?

2378[m3]だったら?
って考えればいいのでは?

Q予算の”継続費”と”債務負担行為”の違いは?

国や、自治体の予算単年度主義の例外として”継続費”と”債務負担行為”が
ありますが、この違いがいまいちピンときません
条文や解説書を読んでみたんですが・・・・
どういうときにどちらを適用するのかよくわからないんです
設定年度に支出行為があるかないか以外にどんな違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No1の追加です。継続費は、複数年度の合計事業費=支出額は確定していますので、変更は出来ません。各年度の支出額も決まってはいますが、事情により合計金額の枠内で変更が可能です。

 債務負担行為は、負担する最高限度額とそれに伴う各年度の負担限度額を決定します。例えば償還金の場合、借り入れ段階で利率が決定していますので、元利合計の負担限度額と各年度毎の負担額が決定されますが、そのお金を返すために有利な借入先が見つかった場合は借り換えを行う場合があります、その場合は限度額内での減額となりますが、そのたびに債務負担行為の議決を経るのではなくて、当初の段階での決定している額を限度額として、その額以内であれば変更が出来るような議決方法にします。

 債務負担行為の議決は、次年度以降の支出の限度額までは、予算が保証されていると言うことです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q【見積】と【積算】の違いがわかりません。

こんにちは。
現在建設コンサルタント会社で働いています。

ここで、初歩的な質問なのですが、いわゆる「見積」と「積算」というものの違いがいまいちよくわかりません。
gooの国語辞典で意味を調べてみましたが、・・・?という感じです。
「積算」も見積もりなんですよね?

建設コンサルの知識は無いに等しいのですが、どなたか教えてください。
よろしくおねがいしますm(__)m

Aベストアンサー

積算とは、建築物の工程ごとに、必要な材料などを拾い出して、単価を掛けて計算することです。
これを積み重ねたものが積算原価です。

この工程ごとの積算原価に利益を上乗せしたものが見積単価になり、全部の工程ごとにまとめて見積金額になります。

積算価格+利益=見積価格です。


人気Q&Aランキング