ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

債権者A、債務者Bとする金銭消費貸借を締結し、C所有の不動産をAに譲渡担保を原因とする所有権移転登記はできますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

できます。


譲渡担保の設定は、債務者所有の不動産でなければならない旨の規定はありません。
第3者が物上保証として、自己の不動産を移転させる事に問題はありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング