マンガでよめる痔のこと・薬のこと

今話題になっているフィブリン糊ですが、3年前の手術の際に使用されました。手術は成功だったのですが、今になって新聞に発表されている病院名をみて驚いています。私も薬害C型肝炎の対象なのでしょうか?検査をしてもらったほうが良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずはC型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを確認することから始まるのでは?

    • good
    • 0

厚生労働省の2008年4月11日追加発表分での記事によると「(非加熱製剤が許可されていたのは)平成6年まで」となっています。

よって同省では平成6年以前に出産、手術、大出血、白血病などの治療(フィブリノゲンは献血の血から作られた血止め薬&フィブリノゲンをのりに加工して手術で縫合した部位の接着剤として使われた)をした人は、至急保健所で検査をするように呼びかけています。平成7年には既に加熱製剤になっていたので、3年前なら多分大丈夫とは思いますが、製薬会社→薬問屋→医師と手渡される間に業者間での売買もあったようなので、場合によっては「勿体無いから使っちゃえ」ということもあるかも知れません。保健所では基本的に無料で肝炎の検査をしてもらえます。念のため、検査をしてもらった方が良いと思います。おいらのHP「日本の未来を考えるサイト」でも緊急アップで、フィブリノゲンを使っていた医療機関のリストを公開しました。参考にご覧になって見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしか手術前に、糊のことでこれは問題ないって説明があった気がするのですが、よく覚えていなくて・・・
HPも見させていただきます!

お礼日時:2008/04/13 08:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング