人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

6台のレコーダー(録音機器)の相互コピーを出来るようにリレーを使ってダビング/オーディオセレクターを作ろうかと
考えていますが、ロータリースイッチだけで(電源不要)のとロータリーとリレーを使う(電源要)

セレクターではどちらが長持ちしますか?音質はどちらが良いですか?
それにこのタイプのセレクターはリレーを使わないと難しいのでどうしてもリレーは
はずせません(表1参照)
もし音質が低下するようでしたら、何か良い方法ありますか?
例えば、交流成分を無くすなど?



ちなみにこれはダビングモードの一覧です。(表1)

・TAPEからCD、MD、DAT、OD、HDD
・CDからTAPE、MD、DAT、OD、HDD
・MDからTAPE、CD、DAT、OD、HDD
・DATからMD、TAPE、CD、OD、HDD
・ODからTAPE、CD、MD、DAT、HDD
・HDDからTAPE、CD、MD、DAT、OD
・再生機器から6台のレコーダーへの単独録音や同時録音

分かりずらいと思いますが回答よろしくお願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

丈夫で長持ちという点では、リレーよりもロータリースイッチだと思います。

リレーは替えてしまえばよいのですが。

ロータリースイッチで作るとなると、内部配線だけでとてつもない量(本数)になるのではないでしょうか。

リレーですが、オムロンの普及品クラスでも金銀接点(Au合金+Ag)です。厚さは薄いんでしょうが。
http://www.omron.co.jp/ecb/products/pry/111/g5v_ …

G5V-2クラスで、1個300円前後。
G6Aクラスで1個500円前後。こちら金クラッド接点です。
オーディオ機器用高級品は、1個1,000円前後。素人入手困難または、納期未定なら。あとはメーカーサービスから入手するしかりませんが、気が引けます。(例:パイオニアサービス、プリアンプC-90などに使うリレー1個1,300円。)
とりあえず安いリレーで組んで、不満があったら替えるとか5年くらいしたら全部替えるという手もあると思います。

リレーやスイッチなどの記述がありました。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gi …
特許庁ですね。
>今後の技術開発や出願の方針をご検討する際に、ご参考としてください。

となっているのでいいかな?参考に。
    • good
    • 0

リレーは門外漢ですが・・・微小電流の切換に(通常の信号用)リレーを用いると信頼性が著しく低下すると思います。


(切換時の、火花による接点の清浄作用が期待できないため)

ライン信号の切換では、信号電流はどんなに大きくても数100μAでしょうから、おそらく接点の金メッキ(または金貼り)は必須でしょう。オーディオメーカーならそういうリレーも特注可能でしょうが、エンドユーザーが普通に購入できるかどうかは不明です。

ロータリーSWも、接点材質だけ考えれば同じ話ですが、こちらの方は動作時に接点が「摺動」するため、リレーよりは接点信頼性が上のはずです。
(金接点のロータリーSWなら尚可。高いけど・・・)

したがって、(金接点リレーが入手できない限りは)リレー切換はお勧め出来ません。これは音質云々以前の問題です。


> どうしてもリレーははずせません(表1参照)

回路をIN側から考えずに、OUT側から考えて下さい

1つのOUTPUTに繋がるINPUTというのは、常に1つです。
(ミキサーじゃなくてセレクターですから)
つまり、「OUTPUT1つ」につき「INPUTセレクタ1つ」を付けてやれば、ロータリーSWでも実現可能です。
質問の例の場合は、5接点(入力OFFも必要なら6接点)のロータリーSWを6つ用意すればOK。

・CD RECOUTのINPUTセレクタ:TAPE、MD、DAT、OD、HDD(、OFF)
・TAPE RECOUTのINPUTセレクタ:CD、MD、DAT、OD、HDD(、OFF)
・MD RECOUTのINPUTセレクタ:TAPE、CD、DAT、OD、HDD(、OFF)
・DAT RECOUTのINPUTセレクタ:TAPE、CD、MD、OD、HDD(、OFF)
・OD RECOUTのINPUTセレクタ:TAPE、CD、MD、DAT、HDD(、OFF)
・HDD RECOUTのINPUTセレクタ:TAPE、CD、MD、DAT、OD(、OFF)

これで、6台のレコーダーへの単独録音や同時録音も可能です。
    • good
    • 0

部品が粗悪品でなく,また配線が適切にできているなら,リレーとスイッチの違いは,それを聞き分けられる方が異常です.



問題は別のところにあって,一つのソースから複数の機材に単純に並列に接続すると,ソース側のドライブ能力によっては音質に影響が出ます.そうでなくても配線の引き回しが等価的に長くなるので,それだけで音質には確実に不利です.この辺の影響程度はソース側の出力段の性能以外にも,配線のしかたや受け側の機器の入力部の設計にも依存するので,一概にはなんともいいかねますが.リレーかロータリースイッチかの問題ではありません.
電気的にもっとも安全なのは,確実なバッファアンプを介すことですが,これは確実に音質に影響を与えます.

なお,音声信号は交流ですので,
> 例えば、交流成分を無くすなど?
というのは意味不明です.
リレーをドライブする電源からの誘導が心配ということであれば,少々ばかばかしい気もしますが,シリーズレギュレータ式の安定化電源を使うのが安心でしょう.三端子レギュレータで十分です.

この回答への補足

すみません説明不足でした。
> >例えば、交流成分を無くすなど?

これはリレーに流す電気(電源)のことです。
リレーに流す電気(電源)に交流成分があると
ハム音が出るとどこかで聞いたのですが・・・

3端子レギュレーターはもう回路は組んだのでその辺は
大丈夫です。

補足日時:2008/04/13 12:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング