ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

セキセイインコの雛を飼う為、現在勉強中です。
鳥には保温が必要との事でヒーター(電球のようなものが中にあって周りにカバーがついているタイプのものです)の設置を検討していますが、ネットで見ますと大きく分けて「アサヒ」と「マルカン」の2メーカーのヒーターがありました。
双方のメリット、デメリットなど実際に使われてる方の意見を伺いたいと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

商品の比較については先の方々がご丁寧にご説明されていますので私は使用上の注意事項をひとつ。



我が家もオカメの飼育に使用したことがあるのですが、カゴの天井とヒーターの隙間に潜り込んでうたたねしたらしく、足の裏を低温やけどしてしまったことがあります。

猫にしてもそうですが、野生の本能かより快適な場所を見つけ出して居ついてしまうようです。特に鳥は狭い場所が好きなようなので設置に際しては注意が必要です。あとケーブルの処置がまずいとかじりますのでこれまた要注意です。

設置場所や管理など、十分ご注意なさってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
低温やけどですか・・
怖いですね。
電気製品ですし、熱を発するものですから十分な注意が必要なんですね。
大変参考になる意見をいただき感謝します。

お礼日時:2008/04/15 12:02

・アサヒは電球メーカーですから、保温電球も自社生産しています。


確か私の記憶では、ペット用保温電球を製作している日本のメーカーは、旭光電機工業株式会社だけだと記憶しています。
(以前「ぶらりと中下車の旅・NTV」で話題として取り上げられていました。)

・マルカンはペットの総合商社です。
マルカンの保温電球は、自社生産せずにアサヒなどにOEM生産させていると記憶しています。(中国などの海外製品もあるかもしれません。)
以上より、アサヒもマルカンも基本的に保温電球自体は同じものだと思います。

メリットデメリットではありませんが、以下の事を情報としてお知らせしますので、判断材料としてご活用ください。
「マルカン」の方が会社規模は大きい。
「アサヒ」は電球からすべて自社製品です。(安価な海外の製品は無い。)

余談ながら、拙宅の熱帯魚監視係のセキセイインコの保温電球は「アサヒ」製です。(この時期は病気にでもならない限り取り外しています。<川崎市>)

「アサヒ」
旭光電機工業株式会社は、真面目な電球メーカーです。
http://www.sinagawa-hojinkai.jp/comp/0002/
「マルカン」
株式会社マルカンは総合ペットメーカーです。
http://www.marukan.org/company/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
また大変参考になるご意見もうれしいです。
回答者の方も使っていらっしゃるアサヒのヒーターにしようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/14 11:13

同じW数のヒーターを比べるなら性能的に差は無いと思います。


あとは、色の着色のデザインの差と販売価格に差があるかどうか?だけだと思います。
どちらのメーカーの物を使用するにしても温度制御機能はありませんので、サーモスタット(熱帯魚用が細かな温度設定可で良い)を使用するようにして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
やっぱり性能的に大差はないんですね。
サーモスタットの併用も考えており、そのメーカーがアサヒだったのでヒーターもアサヒのものにしようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/14 11:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング