親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

 学校に哲学の講義がなかったので独学で学ぼうかと思うのですが。何か良い教科書はないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ギリシャ哲学から順番に遡るのもいいですが、とにかく


自分が関心のあるテーマから深堀して周辺にいくのがいいでしょう。
全体像なら昔の倫理社会の哲学史のような流れをつかんでおく
のはいいですけど

哲学辞典は一冊あると便利

哲学入門 バートランド・ラッセル
哲学入門 三木清 岩波新書

http://shinshomap.info/theme/philosophy_primer.h …

仏教系なら 中村元

哲学をわからないものだと説く 木田元
など一読を勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 返答ありがとうございます。漠然とした分かりずらい質問で申し訳ないです・・・
早速、目を通してみようとおもいます。

お礼日時:2008/04/13 15:38

池田晶子 14歳からの哲学 考えるための教科書 トランスビュー


がおすすめです。
善悪、自由、規則、自分とは誰か、体と心、仕事と人生、理想と現実、恋愛と性、人生の意味、死をどう考えるかなど人生で一度は考えるべき問いを平易かつ真実の言葉で真正面から考える哲学“学”とは無縁な『考えるための教科書』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今まで紹介してもらったものとはまた一味違った感じですね。ありがたく読ませていただきます。返答ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/14 21:51

サンガ出版の「仏法」やスマナサーラ長老の書籍をオススメします。



論理的で道徳的で理性的かつ実証的なものを求めるならこれに匹敵するものに私はいまだ出会っていません。

ここから始めれば多くの人々がどのようにその考えになったのかということに気づく手がかりになると憶測いたします。

理性を重んずるならぜひ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

薄々感じてはいたのですが。やはり一言に哲学といっても様々なジャンルというか、分野みたいなものがあるんですね。
 知識欲が冷めないうちに読んでみたいと思います。返答ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/13 15:42

入門書としておすすめ


鷲田小彌太著「哲学がわかる事典」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 返答にありがとうございます。早速本屋を覗いてみようと思います。

お礼日時:2008/04/13 15:30

見聞きするもの全て。


哲学は感性に依る部分が大きい学問だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 まずは早速の返答ありがとうございます。
 自分は頭がそんなに良くないのでうまくいえませんが、確かにおっしゃるとおり見聞きするもの全てが教科書になりえるかも知れません。ですが、そういう考え方はまずは勉強して、ある程度の知識を得てからようやく出来るものなんじゃないかなと思います。

お礼日時:2008/04/13 15:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人的に哲学を学ぶにはどうしたらよいか

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだことの自慢みたいのが飛び交っていますが、たとえば私の質問を見てくれた、哲学者(?)の貴方は、哲学の書をやっぱり沢山読んでいるんですか?

 私は文章を書くのが好きなので、哲学的な考え方ができれば創作に役に立ちそうだなと思って、哲学を意識しておりますが、これまでの哲学を振り返っていたら、仕事も手につかなくなり、寿命が来てしまいそうです。
 また、生半可な知識だと訓話にもならず、似非哲学になってしまいます。哲学が何も見えないんですけど、何をしたらいいと思いますか?アドバイスをお願いします。

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだこと...続きを読む

Aベストアンサー

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といった実証的研究法を叩き込まれます。
データ解析のために統計学や情報処理の知識も必須です。
心理学は実証科学として哲学から分離独立した学問ですので当然のことです。
思弁的論考だけの卒論では卒業させてもらえません。

哲学や心理学で飯を喰おうというのであれば
上記のようなトレーニングが要求されますが,
そうでないのなら
まずは哲学史や心理学史の流れを頭に入れることから始められてはいかがでしょう。
独学者にありがちな独善的な思い込みに陥らないためにも,
学問の歴史的全体を俯瞰して
大まかな見取り図を頭の中に描いておくことは大切だと思います。

手ごろなものとして,こんな本はどうですか。

池田晶子(著)
『考える人―口伝西洋哲学史』 中公文庫

木田元(著)
『反哲学史』 講談社学術文庫

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といっ...続きを読む

Q哲学・倫理学を専攻可能な通信制大学はありますか?

当方22歳の社会人(高卒)です。

仕事をする上で必要な知識を体系的にちゃんとした形で深めたいと思い、哲学か倫理学を通信制大学で学びたいと考えています。

しかし、調べてみたのですが哲学が専攻可能な通信制大学は慶應義塾大学と日本大学のみで、倫理学にいたってはゼロでした。

他にも通信制で専攻可能な大学をご存知の方がいらっしゃれば教えて頂けないかと思います。

Aベストアンサー

補足に対して追記させて頂きます。

(1)西洋文化における哲学史
⇒ギリシャなど哲学の萌芽からキリスト教の発展、イスラム教の流入、科学技術と思想などでしょうか。
 ニーチェとかハイデガーとか、特に学びたい人物がいるわけでなければ、この辺は大学で追究せずとも、読書で補えるかも知れません。

ただし、

(2)二者択一の環境下において人はどのような価値判断を行い行動するのか?
 ⇒これを学ばれるのでしたら、最適なのはギリシャ系列かと思われます。(デカルト以前という意味で)
 プラトンの『国家』はお読みになりましたでしょうか。善悪の二者択一ならキリスト教も必要ですが、そうでない二者択一(生か死か、統治者か国民か、など必ずしも答えのない二者の比較の場合は)ソクラテスあたりを専攻なさるとよいように思われます。

(3)なぜそのような価値が当人の中で発生したのか?
(幼少の経験?本人の資質?、等)
 ⇒児童心理学、教育学など、人間の成長に関わる分野ですので、精神医学・心理学基礎の本などをお読みになると、なぜ価値基準の比較や判断を質問者様ご自身が目指しておられるのか、明るくなるかと存じます。(すでに明るいのでしたら蛇足です)
 たとえばジュディス・L・ハーマン女史の『心的外傷と回復』などで、あえて傷ついた精神を学ぶことにより健全な精神の志向を見いだすこともありえます。これに関しては専攻というより、多読をおすすめしたいところです。

「すぐに日常生活にて応用可能な哲学・倫理学を主に学びたい」とのことでしたので、大学以外の側面からお答えしてみました。
ご参考にならずすみません。

補足に対して追記させて頂きます。

(1)西洋文化における哲学史
⇒ギリシャなど哲学の萌芽からキリスト教の発展、イスラム教の流入、科学技術と思想などでしょうか。
 ニーチェとかハイデガーとか、特に学びたい人物がいるわけでなければ、この辺は大学で追究せずとも、読書で補えるかも知れません。

ただし、

(2)二者択一の環境下において人はどのような価値判断を行い行動するのか?
 ⇒これを学ばれるのでしたら、最適なのはギリシャ系列かと思われます。(デカルト以前という意味で)
 プラトン...続きを読む


人気Q&Aランキング