「教えて!ピックアップ」リリース!

よく、時代劇などで、水盃を交わすというのがありますよね。
あれは、もう生きては再び会えないだろう、という、この世での最後の別れの儀式、と理解しているのですが、具体的にはどうやるのでしょう?
ただ、盃に水を入れて飲み干すだけですか?現代みたいな乾杯をするわけじゃないですよね。お水をそうガバガバ飲むとも思えないので、一杯だけで終わりなのかな、とか……。
それと、交わす相手は妻子や親子だけですか?一緒に戦った仲間と交わす、というのもありですか?
その作法みたいなものが載ってる文献でも、そういうシーンの描写がある時代小説でもいいので、ご存知の方、いらしたらぜひ教えてください。

A 回答 (3件)

先の大戦の記録小説をよく読むのですが、特攻隊のものにはやはりでてきますね。

ほとんどが特攻隊の司令官と飛び立つ隊員の間でです。他の場面ではあまり水杯は行われないのではないでしょうか?

特攻隊を送り出すシーンで司令官が隊員を集めて、一人一人の杯に水を注ぎ、共に静かに飲み干したというのがよくあります。(1杯だけですね)

他に聞いたところでは、昔の日本ハムファイターズの大沢監督が、日本シリーズの試合が始まる前にロッカールームで選手全員を集め「今日は決戦や!」と気合をいれ全員と水杯をかわしたという豪快な話もあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱり特攻隊が有名なんですね。司令官と飛び立つ隊員ですか……。
一人一杯、というのがとても参考になりました。ありがとうございました。
幕末あたりの資料はないかと思っているのですがなかなか……。

お礼日時:2002/11/01 18:50

あくまで、私の想像と断って、私の考えを説明します。



 「水杯を交わす」というのは、略式の生前葬儀だと思われます。

  「末期の水」を「水杯」で飲むというものです。
  この考えで行けば、杯は、出立の時に、割ることになります。
  (葬式で、霊柩車を送り出すとき、一善飯を盛っていた、茶碗を割るように)


 江戸時代、直訴は、死罪ですから、直訴を行う農民達は、水杯を交わして、「直訴」に及んだようです。

 幾つか、飢饉の時の直訴の歴史には、家族と、水杯を交わしと記載がある事があるようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ああ、末期の水、という考え方もできるんですね。
出立の時に割る……なるほど。霊柩車を送り出す時のことも知りませんでした。
直訴で水盃……武士じゃなくても、水盃ってやったんですね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/02 12:58

水杯と言えば、神風特別攻撃隊を連想しました。


知覧の特攻記念館を見ましたが・・・

どうも1杯だけではないでしょうか。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/struck/zero/kamikaze/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLまでありがとうございました。参考にさせていただきます。特攻隊というのは
思いつきませんでした。
幕末あたりは、資料がないのかなと思って探してるのですが、なかなか。

お礼日時:2002/11/01 18:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング