ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

8月にトルコへ子供2人(中・高生)をつれて行こうと思っています。
カッパドギアをメインで考えています。現地のでツアー予約するか、日本で予約するか悩んでいます。おすすめのツアーなどあったら教えてください。
あと、トルコのトイレは日本と違うと聞きました。トイレの紙がないって本当でしょうか?この辺のことも教えてください。
また、旅行にあたり注意する点などありましたら些細な事でも結構ですので教えてください。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

3月にトルコに行ったものです。



○ツアーについて
現地のツアー予約は結構危険です。例えば最初は安心させといて最終日に睡眠薬強盗ってのも過去の話にあったります。日本でしっかりと吟味してください!!
オススメはJTBやHISを始めとする添乗員同行で現地ツアーつきです。
なぜなら、トルコの場合ツアーのほうが圧倒的に安いからです。
もし、個人で全てやってしまっては時間だけでなくお金もかかります。
私は過去に事故がありましたHISで言ったのですが、現地ガイドは「ドラック」という一流の旅行会社で、とても分かりやすい日本語の説明だけでなく、色々気配りをして頂き、最高に満足して帰りました。
プランはこれです。
トルコ感動紀行8日間
http://e.his-j.com/shop/tour/voyage/02A_10/TI-LI …
オススメの理由としては 直行便のわりに格安なのと、
カッパドキアからイスタンブールまで飛行機なので、最後の
イスタンブールで自由時間あること。
あと、ホテルも安心レベルで値段が安価なところです。

○トイレについて
トイレは有料なところが多いです。大体日本円で50円~100円
紙があるとこは多いですし、ホテルも普通クラス以上でしたら
あるので安心です。念のため100円均一で売ってる流れるポケット
ティッシュなどを持っていくと安心でしょう。

○お金について
はっきり言ってユーロは必要ありません。円高の時代 ユーロなんて
意味ないです。計算も面倒ですし、ドルなら1ドル=100円ぐらいと
考えられますしね。
あと、現地通貨であるトルコリラはトルコでしか換金できません。
円⇒トルコリラができますので、円を多めに持っていけばよいです。
また、カッパドキアを始めかなりのお土産屋で1000円札が使えます。
なので1000円札は多めに持っていくと良いですよ。
また、トルコリラは絶対どこでも使える通貨なのでしっかりと用意した
方がよいです。博物館などはトルコリラしか使えない所が多いので
絶対に必要です。また、ホテルとかではレートが高いので、到着したら
空港で換金するのがよいです。だいたい2~3万あれば十分です。
但し、トルコリラは日本では両替できないので、注意が必要です。
ドルをソコソコと円をある程度多めに持っていけば向こうでそのまま使えますし良いです。円を多めにあれば、たとえ現地通貨が必要でも両替できます。
円⇒ドル⇒リラなんて手数料いっぱい払うだけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、日本でのツアー申し込みを検討したほうが良いようですね。
HISのツアーも参考にさせていただきます。
お金については、千円札が使えるところもあるとは驚きです。
沢山の情報を頂き有難うございました。
大変参考になりました!!

お礼日時:2008/04/19 18:03

持参金の件で追加レスしたいと思います。


トルコではイスタンブールINした際にカッパドキアへの移動まで時間があるなら
日本円のまま持参して両替することをオススメしておきます。
わざわざ日本で外貨を用意すると手数料などでかなり損しますよ。
最近ではイスタンブール市に限ってですけど、日本円から直接YTLへの
両替可能な両替所が増えてますので。
1~2日程度のために幾らか外貨を持参するのは良いと思いますけどね。
日本円のレート変動は割りと少ないこと、ドル・ユーロの変動はこのところ
軒並みですので現地の人間も毎日レート変動を見て外貨の売買を
行っています。
巷での外貨の通用具合、観光地の特にグランド&エジプシャン・バザールや
カッパドキアなどの土産物屋では外貨での支払いをOKとするところも
ありますけど、そういう場所では値引きは難しいでしょうね。
一般市民などの利用のある公共の場では外貨は一切受け付けませんのでご注意を。
両替を行うときは両替所でレートを確認してコマメに行う、というのは
旅の基本です。
ただ、手数料のことも考えるとどのくらいが損しない金額なのか、
使用金額の度合いにもよりますのできちんと計算しましょう。

長距離バスの利用について、パックツアーがバスを利用するのは一言、安いから、のみです(笑)
大半は深夜バスなので宿泊費も浮きますしね。
ただ個人的にはベットでゆっくり眠って疲れを取りたいタイプなので
時間よりも体力を優先しますけど。
8月はバカンスシーズン真っ只中です、飛行機もバスも割りと混雑して
料金も高くなる(フライトに限り)時期です。
そういう意味では長距離バスにメリットがある、と言えるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~そうですね。
ハイシーズンだからこそ長距離バスが賢い選択になるのですね。
お金は日本から両替せずに持っていくのが賢い方法ですね。
わかりました。
教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2008/04/19 17:55

No.3です。



追加ですが、持参されるお金はユーロ(またはUSドル)で十分だと思います。

特に蚤の市ではユーロが主流で、支払いの際にユーロかドルか?と聞かれます。
トルコのお金だと「ぼられる」事もあるようです。
知人は、わざわざトルコのお金に両替してトルコに行ったのですが
使い勝手が悪く、ユーロで持って行けばよかったと後悔してました。
ちなみに私もいつもユーロ持参です。

カッパドキアは私も一度行ってみたいので羨ましいです。
行った友人、知人は皆「行って良かった」と言っています。

思い出になる楽しい旅行を♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加の情報提供、ありがとうございます。
USドルも普通に使えるのですね。
でも、やはりユーロのほうがいいでしょうかね。
トルコのお金は、小銭程度用意しておきます。

感謝!感謝です!

お礼日時:2008/04/14 21:26

日本で予約するツアーは日本語ですか?


日本語ガイド付きをご希望なら日本で予約した方が良いと思います。
基本的に、現地のツアーは英語がメインです。
これは当日到着が早朝なら10時開始のツアーに即参加可能です。
料金も現地で参加の場合は正規の料金で参加できます。
日本語を希望するとプライベート料金となりますので、少人数、もしくは
suika038さんご一行のみとなりますが、コース的にも内容的にも他の
英語ツアーと大差ないにもかかわらず、高くつくかと思います。
現地、というのはカッパドキアのことであってイスタンブールではないですよ。
イスタンブールの旅行代理店ではホテル・ガイド・ツアー・移動料金込みの
パッケージで販売してるのがほとんどですので、料金としては
高いです。
メリットとしては面倒な現地での手配を全部任せられることでしょうね。
500ユーロで2泊カッパドキア観光というのが平均的かと、長距離バス利用でこの金額ですので、
フライト利用となると800ユーロくらいになります。

トルコのトイレ事情、10年前は紙がなくて当たり前でしたけど、このところは
割とキレイになってますよ。
トルコ式のトイレは未だに都会・田舎問わず見かけられますが
一応ポケットティッシュの類は持っていた方が無難でしょうね。
ちなみに、トイレは有料が多いので小銭もご用意ください。
トイレに入る際・出る際、支払方法は2つありますが50クルシュが
一般的な金額でしょう。

カッパドキアはトルコではもっともポピュラーな観光地です。
レストランなどはローカルと観光客、違う料金を請求されます。
そういう意味で「ぼられた」と感じる人間も多いのですけど、これは
仕方ないことかと思ってます。
トルコ人が同伴しないと分からないことですけど、2割程度高めの設定となってます。
ただ、何をどれだけ注文したか、最後の支払いの際に「Hesap(へさぷ)」と言えばテーブルに持ってきますので、
ギャルソンと一緒にきちんと確認するようにしてください。
観光客慣れしてる地域なので、不当な請求だけは逃れるように(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。現地申し込みなら当然英語ですよね。
子供たちが十分楽しむ為にも日本語のほうがいいですね。
日本のパックツアーでは、バスでの移動も長くその時間をロスタイムと感じることはないでしょうかね?
移動中に休むと考えればOKでしょうか。私的には飛行機利用で移動時間短縮がいいと思っていますが・・・。

トイレの支払方は前・後払いとあるのですね。小銭も用意しときます。

レストランでの料金の件ですが、韓国でもこのような話は聞いたことがあります。仕方ないことですかね。
でも、不当な料金は払いたくありませんから、支払の際はしっかりチェックしてきます。
沢山のアドバイス有難うございました。大変タメになりました。

お礼日時:2008/04/14 21:16

欧州在住の者ですが、この辺の人々には南トルコの海岸リゾートが人気です。


そこからカッパドキアに行きたい人は、日帰り(または1泊)ツアーを現地で予約(主にホテル内にある旅行代理店などで)する感じになります。

日本からのツアーはどんな感じなのか分からないので、
全く参考にはならないかも知れませんが
個人的に南トルコへは何度でも行きたいと思います。

しかし、8月のトルコはかなり暑く日差しも強いと思いますので
日焼け止めなどはお忘れなく持参されて下さい。

トイレに関しては、そのホテルにも寄るかと思いますが
私の行った南トルコのホテルでは、紙はありましたが使用後は流してはならず、
横に備え付けてあるバケツのような蓋付きの容器に紙を捨てるようにとなっていました。(毎日取り替えてはくれましたが、、)
水まわりの設備がまだ不十分で、
ホテルの客皆が普通に紙を流すと配管がつまる原因になるそうです。
しかし、去年行ったホテルでは普通に流せて安心しました。(笑)
設備がどんどん整ってきたのでしょうか・・・

あと注意する点は、トルコにはいたる所に蚤の市のようなマーケット(商店街も含む)があるのですが
店員はかなりうざいです。興味があれば、どんどん値切って
そうでなければ、ひたすら無視されて下さい。

良いご旅行を!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カッパドギアは、親戚のイギリス人から超おススメと言われて行く気になりました。
夏のトルコは、さぞかし厳しい暑さだろうと思うので覚悟が必要ですね。トイレの面でも同じですね。
蚤の市の店員のウザさも少し経験してみたいかも。いい買い物ができれば、とっても楽しくなりそう。
そんなこんなも、後でいい思い出になる旅行のなればいいのですが。
大変参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2008/04/14 19:50

トルコはよく知らないのですが、アラブ(同じイスラム圏)では、トイレは昔の日本と同じくしゃがみます。

穴が前についており汚物は水で流します。お尻も水で洗います。よって、トルコでは紙がないかもしれません。
イスラム圏としては結構マイルドな国なのであまり神経質になる必要はないと思いますが、肌の露出度の高い物は避けたほうがいいとおもいます。長ズボン・長めの上着、それと女性は大きめのスカーフが1枚あったほうがいいかもしれません。モスクなどでスカーフをかぶれといわれるかもしれないので。
よいご旅行を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

トイレの面では、カルチャーショックをうけてしまうかもしれませんね。
女性はスカーフ持参ですね。心得ておきます。
早速のアドバイス有難うございました。

お礼日時:2008/04/14 19:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング