出産前後の痔にはご注意!

5歳男子の子供がいます。
何か習い事をさせたいとは思うのですが、
良く聞くのは、「こんな小さい時はやっても身につかないから意味がない。」という意見を聞きます。

小さいうちからやっても効果のある習い事が、もしありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

公文などがいいですよ。

うちの息子は4歳から行きましたし、ソロバンもいいですね。英語も小さい時から教えたほうが自然に話すようになりますし。
    • good
    • 0

水泳かな・・・・。


今の小学校はすごく甘くて気温が下がるともう室内体育へ切り替わりますからね。
昔は寒くても唇が紫になっても、特訓しましたけどね・・・。
あと夏休みもプールはないです。2,3日だけボランティアのお母さん達が開いてくれますけど、それも教えるまで行かないし。
だから泳げないまま小学校へ入学して1年経っても泳げるようになりません!

うちの子は今2年生ですけど、水は怖くないんです。でも泳げないんです。だから今から水泳教室へ行かせています。5歳くらいからやっている子はすでに泳げますからね。
幼稚園の子と同じレベルなんで、ちょっと可哀想だったかな、と思いました。

勉強はなんとなる・・と言いますか、1年生2年生の勉強は親も見て上げられるので、1年間、塾に支払った金額が・・・・正直もったいなかった。
ウチの子は塾へ言ってるから安心感があったんですが、1年経つと、塾に行っていない子も、みんな読み書きできるようになってしまう。
3年生くらいからでも良かったかな、と思います。

小さいうちは塾より体を動かす事のほうがいいのかな、と。子供でも大きくなると体が重くなる、というか硬くなるし。もう親が抱きかかえて何か出来る体重じゃなくなる頃に「運動しようよ、お相撲しようよ」「やだ。メンドクサイ」と自己主張しますからね。

今回の水泳も、小さい子と同じクラスなので、すごく嫌がって。すったもんだしました。たった1,2年前の方が、そういうミエもなく何でも素直に興味を持って挑戦できたと思います。
自分の失敗談ですけど。参考にならなかったらすみません。

でも皆さんがおっしゃるように、自分がやりたい事、これが一番だと思います。
    • good
    • 0

>意味のある習い事



の評価にもよりますが、
本人が興味があり、目をキラキラ輝かせて
通うのが楽しいような習い事ならなんでもよろしいんじゃないでしょうか。

やらせて無難なのは、
体操、水泳、習字、そろばんです。
習字、そろばんなどは身につかないから意味がないと
思われがちですが、正しい姿勢で何かをする習慣はつきます。
そろばんは計算能力をつけるにはうってつけですしね。

ただ、やっぱり何事も本人の気持ち次第ですから。

ちなみに、うちの5歳になったばかりの娘は
踊ることが好きで、ふりふりのかわいい服が着たいという
理由だけでバレイ教室に通っています。
身につくかどうかはこの際あまり気にしていません。
(ただ、腹筋や柔軟の真似事はしているようで、
そのへんは多少は役に立っているかもしれません)
    • good
    • 1

ご自身の質問文の中に答えがあるのでは?



「こんな小さい時はやっても身につかない」
「小さいうちからやっても効果のある」

どんなことでも、小さい時「だけ」やっていても考課の程は
たかがしれていると思います。小さいうち「から」その必要性が
判断できるときまで継続するからこそ、効果があり、意味ある
ものとなるのでしょう。

あとは何に対しての「意味」か、ですよね。
語学にしても、お子さんが大人になる頃にはおそらく、それなりに
使える「翻訳機」的なものができあがると思います。
大人になったとき、ビジネスシーンだけ語学が必要だと言うのなら、
おそらく、こどもの頃に習った語学は「意味がない」のでしょうが、
海外で生活するような状態であれば充分に「意味がある」ものに
なります。

でも、どんな能力が必要になる生活を送るかなんて、わかりっこ
ありません。
質問者さんも、お子さんも楽しんで継続できるものが、意味あるものに
なる可能性が高い、ということだと思います。
    • good
    • 0

意味のある習い事にするかどうかは、お子さん本人しだいなのではないかと思いますけど。


いくらほかの子に効果があったからといって、質問者さんのお子さんにとって効果があるかどうかはわかりませんよ。
本人のやる気や興味の程度、それをサポートするだけの親の手間のかけ方と経済力は、それぞれの家庭で違うと思いますし。

子どもの習い事を選択するのに、最終的な決定権を持つのは子ども自身です。
本人が「これをやりたい」と言うなら、それがどんな習い事でも、意味のあるものになると思いますよ。
反対に、親の押し付けで決定して、子どもがイヤイヤ習っているようであれば、それはどんなにほかの子に効果があったことでも、まるで意味をなさないと思います。
だから結局は、どんなことでも子ども本人しだいだと思います。
本人しだいで、意味のあるものにもできるし、その反対もありえる。それなら何を習ってもいいと思いますよ。
質問者様の意図とは違うレスですが・・・。

ちなみにうちの子は音楽系の習い事をしています。楽器を演奏することは大人になってからでもできるようになるそうですが、耳で聞き分けるようなものは、幼児期に一番身につくそうです。(聞いただけで譜面にできるとか、です)
そういう意味では、音楽系や英語の発音にこだわるなら、幼児期に始めるのがいいと思いますよ。
絶対音感をつけようとは思いません。ただ楽しそうだから習っているだけです。「何かの足しにはなってるかもしれないなぁ?」という程度ですよ。歌を歌うときの音程は、そこそこ合っているようなので。
もちろんここで、ある程度親が一生懸命になれば、習い事の効果も違ってくるのかもしれませんけどね。

おこさんに合った習い事を見つけてあげてくださいね。
    • good
    • 0

何かのベースになるようなことはどうですか?



例えば器械体操。
すべての運動につながります。

例えばバレエ。
ほぼ同じ理由。

身につかないってことはないと思いますよ。
    • good
    • 0

ピアノは、小さい頃から始めないと、効果が薄いらしいですよ。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもうすぐ5歳の年中児・発達診断を薦められました。

正確に言うと「決して薦めてる訳ではない」と幼稚園の先生から言われたのですが実際は薦められました。息子は早生まれで言葉も遅く幼い所がありますが早生まれだし、と何となくごまかしてきた部分も正直ありますが、言葉も理解しているし会話も成り立ちます。
先生に言われたのは、例えば工作など作る時、やり方がわからなくても質問もせずにそのまま放置、しかもできないのを気にしていない様子だと言う事です。あと、着替えなど年少時からずっとやっている事(園に着いたらスモックを着る事や体操の時の着替えなど)をいまだに注意してやらないと、何もしなかったりする時があるそうです。
毎日やらない訳ではないのですが。自宅で私が手を出し過ぎてしまうのは確かにあるのですが、ショックです。
着替えてね、と服を置くと着替えるのですが他に気を取られて手が止まってたりして何度も注意したりする事もよくあります。
うまく脱げなくて怒る時もあります。
いわゆる、パニックや多動な部分は見られないと思います。
お友達と遊ぶのは大好きです。会話は同年代の子にしては幼稚ですが、「どうして○○したの?」「○○だから」など質問に対する理由なども答えられます。ただ、時間の流れはイマイチ分かっていません。昨日、この前、先週、去年・・そういうのは駄目です。
あと最近家に入る時「○○が一番!」と先にやらないと気が済まないなどこだわりも見られますが、幼児なら多少自分が一番!というのはある気がするのですが・・・疑い出したらキリがありません。
一人っ子なのでいつも一人何役にもなってストーリーを作って遊んでいます。言われた以上近々専門医を訪ねて見るつもりですが怖いです。
幼稚園の先生は、「仮に何か発達面で問題があっても軽度でしょう」と言いますが軽度でも何でもこちらは宣告された気分で落ち込んでいます。
3歳児検診では特に問題なしでした。就学前診断で初めて何か宣告されても、との配慮らしいですが、工作ができない事を気にしろ、と言っても仕方ないし診断受けるのもしないのも怖くてしょうがないです。
専門医に良い接し方のアドバイスなど聞くと対処しやすいとも言われました。小学校どころか将来まで不安になってしまいました。
似たような方いらっしゃいませんか?

正確に言うと「決して薦めてる訳ではない」と幼稚園の先生から言われたのですが実際は薦められました。息子は早生まれで言葉も遅く幼い所がありますが早生まれだし、と何となくごまかしてきた部分も正直ありますが、言葉も理解しているし会話も成り立ちます。
先生に言われたのは、例えば工作など作る時、やり方がわからなくても質問もせずにそのまま放置、しかもできないのを気にしていない様子だと言う事です。あと、着替えなど年少時からずっとやっている事(園に着いたらスモックを着る事や体操の時の着替え...続きを読む

Aベストアンサー

 保育サービスをしている者です。
もうすぐ5歳で年中児・発達診断を薦められたそうですが、診断受けるのもしないのも怖くてしょうがない気持ちもよくわかります。
 ウチで預かる子の中に5歳になって心配している子がいます。

 質問を拝見する限りでは体の成長が特に遅れている様子はないようで、お友達と比べて多少幼稚なのは早生まれの場合仕方ありません。
 
 年中児・発達診断を受けても6歳まで様子を見ましょうと言われる確立が高いと思われますので、怖いのであれば無理に受けずに学校に入る前でよいのではと考えます。

 1年後に向けて以下の準備する事をお奨めします。
 (1)公園遊びなどの運動して体と脳を発達させる。
 (2)絵本を読んで、読み書きに興味を持たせる。
 
 (1)について、
 運動をすることにより筋力がつき体のバランスもよくなります。
 運動すると体の発達と共に脳も発達するので覚える容量が増加します。
 バランス運動には階段の昇り降りが特に有効です。
 昇りは筋力が、降りはバランス力がアップします。
 5歳なら10階位すぐに昇れるようになります。
 降りの方が重要ですが、危ないので必ず下で支えられるように注意して下さい。
 ブランコを立ち漕ぎで一人で出来るように、自転車も6歳までに補助なしで乗れるように出来ると自信が出来ます。

 (2)について、
 読み書きが出来るようになると絵本を一人で読むのが楽しくなり、いろいろな事に興味を持って質問が増えます。
 年齢にあった絵本を選ぶようにして下さい。
 挨拶や生活習慣などキチンと言い聞かせて自分で出来るようにして、出来たときは大袈裟に褒めましょう。
 
 運動をする事で筋肉と神経が発達し脳に刺激を与えます。
 水分をたくさん摂り体内を活性化しましょう。
 
 一番大切なのは自信を持つ事です。
 早生まれの子は体の発達が遅いので運動が苦手になるケースがデータでも出ていますので、苦手意識をなくして自信が持てれば勉強でもよい効果がでると考えれます。
 
 以上、お子さんに問題がなければ1年で効果が出ると思われますので取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 
 
 

 保育サービスをしている者です。
もうすぐ5歳で年中児・発達診断を薦められたそうですが、診断受けるのもしないのも怖くてしょうがない気持ちもよくわかります。
 ウチで預かる子の中に5歳になって心配している子がいます。

 質問を拝見する限りでは体の成長が特に遅れている様子はないようで、お友達と比べて多少幼稚なのは早生まれの場合仕方ありません。
 
 年中児・発達診断を受けても6歳まで様子を見ましょうと言われる確立が高いと思われますので、怖いのであれば無理に受けずに学校に入る前...続きを読む

Q4歳の息子に水に顔をつける方法を教えたい!

4歳の息子に水に顔をつける方法を教えたい!

こんにちは。

表題のとおり、4歳の息子にお風呂で“息を止め”水に顔をつける方法を教えようとしたのですが、鼻&口で“息を止める”という表現よりも“息をしない”という動作?行為?が、なかなかできないようで、鼻から息を吸ってしまい、鼻に水が入り、痛くて「もうやだ~っ。」となってしまいました・・・。

小道具(ティッシュとか)を使って息を“する(吸う・吐く)”・“しない(止める)”を目で見て知ってもらうか等色々私なりに考えているのですが・・・。

例えば、スイミングスクールの幼児を教えるインストラクターの方って、どのように教えているのでしょうかねぇ~?

何か良い方法がございましたら、ご教授願えれば幸いでございます。

どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

できるようになってしまうと、なぜできないのかわからないですが、できる人でさえ微妙に鼻の穴に空気を溜めたり少しずつ吐いたりして、水が浸入してこないように無意識の工夫をしています。ただ「止めている」のとはちょっと違うんじゃないでしょうか。

まず鼻をつまんで水にはいれるようにさせてみては?
それで怖くなくなってから次のステップ。

息を思いっきり吸ってから水に顔をつけると、それ以上吸いようがないので鼻からも水入ってこないですよね。止めるんじゃなくて、水の中では少しずつ息を吐き続けるわけです。

僕は今でも、水泳中に水の中で息を止めるというのはしたことがありませんね。
海でもプールでも。
息を吸って水にもぐり、少しずつずーっと鼻や口から息を吐き続けます。
そして顔を上げた時に息を吸い、また水に入ってずっと吐き続けます。
その感覚を教えられればできるようになると思います。

洗面器に顔をつけるとか、お風呂に顔をつけるとかではプールや海で頭を上にしてもぐるより難しいのです。顔が傾くので誰でも気を抜くと水圧で鼻から水が入ってくると思います。
子供なら動転するでしょうね。
その水圧に対抗する程度に、無意識に鼻の穴に空気を溜めて水の浸入をブロックすることで、普通の人は顔を水に付けられています。

できるようになってしまうと、なぜできないのかわからないですが、できる人でさえ微妙に鼻の穴に空気を溜めたり少しずつ吐いたりして、水が浸入してこないように無意識の工夫をしています。ただ「止めている」のとはちょっと違うんじゃないでしょうか。

まず鼻をつまんで水にはいれるようにさせてみては?
それで怖くなくなってから次のステップ。

息を思いっきり吸ってから水に顔をつけると、それ以上吸いようがないので鼻からも水入ってこないですよね。止めるんじゃなくて、水の中では少しずつ息を吐き続ける...続きを読む


人気Q&Aランキング