個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

5つの店舗で順位付をしています。
ただ、項目が2つありA、Bの項目を6対4の割合で総合順位をつけます。
Aの項目は1月ー3月の間の人数の増減、Bの項目は売上、とどちらも共通の
単位がありません。
今まではそれぞれの合計を分母にしてA/合計×0.6したもの、
B/合計×0.4を足した総合ポイントとして順位を出していました。
ですが今回はAの項目の5店舗合計がマイナスとなり、マイナス割る
マイナスで絶対数値が大きいものが高順位となり、正確な順位付けが
できません。

どなたか分かる方いらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

これはエクセルを計算道具に使うというだけで、エクセルの問題ではありません。


こんな技術的課題のところへ質問するより、経理・総務のカテとかに質問したほうが、ひょっとすると、近い問題の経験者が経験を語るかもしれない。
どの回答者も「と思う」となり、どれが理論的に正しいとかいえないとお思います。
ではどうするの?
経営の問題として、社長・部長とよく相談して、会社としての方針(評価重点点)に沿って、今までの計算式を変えてでも、各店(長)の納得しやすい、計算式を考えてください。人が人への説得の問題です。ついつい下は去年と同じ計算式となりがちですが。計算式が
既に期初の通達で出てしまっている困った事態もありますがね。
質問の0.6、0.4も誰が決めました。極端に言えば社長でしょう。
私も数値を用いて店の業績評価するとき、マイナスの数値や、分母が極端に少ない時の増加率に悩み、そういう仕事と関係のなくなった、今まで頭の中では引きづってきましたが、今の結論は上記です。
    • good
    • 0

合計だけを絶対値にしてから計算すればok?

    • good
    • 0

#3です。



基準が無いとのことですが、マイナスになる、ということは、過去のある時点の人数に対して、現在の人数がマイナスになっているわけですよね?
要は、引き算をしているわけですよね?
何から何を引いてマイナスになったのでしょうか?
その「引かれたもの」を基準にすれば良いだけだと思うのですが。

この回答への補足

説明不足でした。
0の値は各店舗それぞれ違います。
100スタートもあれば300スタートもあります。
ここからの増減のため共通の基準値がないのです。

補足日時:2008/04/14 17:17
    • good
    • 0

Aは、人数ではなく、比率で計算すれば良いと思いますよ。



仮に、5店舗とも10人いたとして、Aが-1人、Bが-2人、Cが-3人、Dが-4人、Eが-5人とすると、Aは0.9、Bは0.8、Cは0.7、Dは0.6、Eは0.5となり、計算値がマイナスになることはありません。

この回答への補足

ありがとうございます。
ただこの場合、10人とかの基準値がないのです。
比率を出すために、各店舗の増減/5店舗合計としています。
今回はたまたま合計がマイナスになってしまい、途方にくれています。

補足日時:2008/04/14 16:39
    • good
    • 0

A1:A5に各店舗の「人数の増減」が入力されているとして、「最低の成績」の店舗の数値を基準として「何人増えた」と考えたらいかがでしょうか



最低の店舗が「-50人」として、別の店舗が「+70人」とするとこの店舗は「70-(-50)」で「+120」増加と考えます。最低成績の店舗の増減数を基準とした「各店舗の増減の合計」は
 =SUMPRODUCT($A$1:$A$5-MIN($A$1:$A$5))
で求めることができますから、各店舗の成績は以下の式で求められます。(これはA1の店舗の成績。他の店舗はこの式を下方向にコピー)

 =(A1-MIN($A$1:$A$5))/SUMPRODUCT($A$1:$A$5-MIN($A$1:$A$5))

ただし「最低の店舗」のポイントは「0点」になりますから、重み付けは見直す必要があるかもしれません。

また別の方法として、最低成績の店舗を「0点」、最高成績の店舗を「1点」として、その範囲のどこに位置するかでポイントを与える方法もあります。その場合の式は以下になります。
 =(A1-MIN($A$1:$A$5))/ABS(MAX($A$1:$A$5)-MIN($A$1:$A$5))

この回答への補足

具体的にありがとうざいます。
もう一点確認をさせてください。Bの項目も最低値を0として計算
した方がよのでしょうか?

補足日時:2008/04/14 16:44
    • good
    • 0

Aの合計を絶対値にしてはどうでしょうか?



Aの合計=ABS(SUM(5店舗))

これにより合計は必ず”+”になりますので、計算結果も
お望みの結果になるかと。

この回答への補足

絶対値にしてみると割り算しない=割る1の結果と同じになります。
これはBの項目を加味(4割の比重)されていると考えて大丈夫でしょうか?

補足日時:2008/04/14 16:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


人気Q&Aランキング