ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

賃貸の部屋で、シーリングライトを使いたいのですが、現況では天井に直付けの蛍光灯がついています。蛍光灯のカバーを外してもシーリングのソケットのようなものは見当たりません。シーリングライトをつける方法をご存知の方、教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

賃貸なので勝手に直結器具をはずして変更するのはまずいんじゃないかと思います。


 管理者に相談した上で必要な書類提出、退去時の対応方法など確認されることをお勧めします。

この回答への補足

工事が必要なものだという事がわかりました。
工事であれば、勝手にはできませんね。交渉するかシーリングをあきらめるかどうか、よく考えてみようと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2008/04/14 20:41
    • good
    • 0

これは、ダイレクト配線接続取り付け器具と思われますので



無資格者の工事範囲で無いので、
電気工事店にお願いしましょう、無資格者に教えることは、事故に同罪に成るので説明出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。知りませんでした。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/14 20:40

天井直付けの蛍光灯機器の電球はサークライン(円形蛍光灯)ですか。


例えば、下記ページのような種類の製品。
http://biz.national.jp/Ebox/twinpatvcf/akarusa.h …

であるならば、一般的には
1・引っ掛けシーリングにアダプタの取り付け。
2・アダプタに照明器具本体の取り付け。
3・ランプセードの取り付け。
以上の手順が多いようです。(工具は取り付け取り外しとも不要です。)
拙宅の、ナショナル、東芝、コイズミの製品は、どれも上記と同じ取り付け方法です。
こちらのページの下段の取り付け方法を参考に。
http://www.tlt.co.jp/tlt/new/jutaku/serialad_rem …
このページの製品では、シーリングアダプタの緑色のフック(ボタン)を押す事により照明器具本体が外れます。
違うかもしれませんが、一応、ご連絡します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
サークラインではなく、長い蛍光灯です。
リンクのページに出ていたような引っかけシーリングに
くっついているタイプではないようです。
残念ですが、難しそうですねえ。

お礼日時:2008/04/14 20:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸マンションでシーリングファンは不可能でしょうか?

賃貸マンションでシーリングファンは不可能でしょうか?

新築物件、約8畳のリビングにつけたいと思います。
天井には丸型引掛けシーリングがついてます。

簡易シーリングでも、引き掛けの穴にねじを入れますよね。あのねじは天井に穴をあけてねじ込むものでしょうか?


新築、賃貸故、穴、傷を付けるのは厳禁です。

お詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通の照明の取り付けは、天井にある引っ掛けシーリングにはめ込むだけです。

ですが、シーリングファンは重いので補強工事が必要です。

穴や傷が付くので、賃貸マンションに付ける場合は大家さんの許可が必要になります。

今回の場合は不可能だと思います。

Q賃貸でのLEDシーリングライト使用について

長文ですが、よろしくお願いいたします。

引越しに伴い、LEDのシーリングライトを購入しました。
天井の配線器具は角型のもので、取扱説明書等でも「使用可能」と書いてある
器具です。
ところが、実際にライトを取り付けたところ、器具が天井から抜けてしまい
ました・・・。(天井の穴から電気の線が出てきて、器具がぶらーんとぶら
下がっている状態です。)
器具の状態を確認したところ、2本のネジのうち、1本は普通に天井に刺さって
いた様子ですが、もう1本は電気の線を覆っているビニールの膜に刺さっていて、
まともに天井板に刺さっていなかった感じでした。
とりあえず管理会社に連絡して、後日修理に来てもらうことになっています。

たぶん、きちんと天井板にネジが刺さればシーリングライト自体は使えるのでは
ないかと期待しているのですが、LEDは蛍光灯使用の照明と比べてすいぶん重い
と聞いたことがあります。(・・・というのを、この事態になってから思い出し
ました・・・。)実際、蛍光灯のものと比べると、結構重いなぁと感じます。
ただ、ライトの説明書を見ても、「ぐらぐらする器具や破損している器具には
接続しないでください」と書いてあるだけで、特に天井の強度については書いて
ありませんでした。
築年数は20年近くになりますが、軽量鉄骨造で、それほど悪い作りではないと
思います。

このような状況なのですが、LEDのシーリングライトが賃貸で使えないという
ケースはあるのでしょうか?
今回は取り付け直後に落ちてきたためまだマシでしたが、万が一、真下にいる
時に突然落ちてきたら・・・と思うとぞっとします。
また、強度が足りない場合、天井を補強したり、照明を補助的に吊ったりする
ことは出来るのでしょうか?
賃貸のため、出来ることに限りはあると思いますが、ご存知の方がいらっしゃい
ましたら教えてください。
(ねじくぎを打つと退去時に壁紙の張替え料金を取られますが、ライトは結構な
値段したので、使えないよりはマシと思っています・・・。)

もちろん、修理時に管理会社の方に聞くのが一番正確なのは承知しているのです
が、万が一「ダメ」と言われた場合に備えて、皆様から事前に知識をいただけ
ればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

余談ですが、こんな状態で前に住んでいた方は大丈夫だったのかが疑問なのです
が、天井の壁紙がきれいなので、退去時に天井の壁紙を張替えする際に、一度
器具をはずして、それを再度取り付ける時におかしな止め方をしたのかも・・・
という想像をしています。

長文ですが、よろしくお願いいたします。

引越しに伴い、LEDのシーリングライトを購入しました。
天井の配線器具は角型のもので、取扱説明書等でも「使用可能」と書いてある
器具です。
ところが、実際にライトを取り付けたところ、器具が天井から抜けてしまい
ました・・・。(天井の穴から電気の線が出てきて、器具がぶらーんとぶら
下がっている状態です。)
器具の状態を確認したところ、2本のネジのうち、1本は普通に天井に刺さって
いた様子ですが、もう1本は電気の線を覆っているビニールの膜に刺さってい...続きを読む

Aベストアンサー

この件は、電気工事の不備から起きた事だと思います。
通常、引っ掛けシーリング(照明器具用のコンセント)は天井の目地に取り付けるのが常識です。
なぜなら、そこには天板を固定する角材が入っているので丈夫だからです。
誤って直接天板に固定してしまうと、合板である上に板厚が薄いので、照明器具の重量に耐えられません。
照明器具を設計通りの位置に取り付けられない場合は、角材を自らで取り付けるか、取り付け場所を変更しなくてはなりません。
配線器具を確実に固定しなければならないという法律に触れる部分ですので、通常はありえません。
リフォームの仮定で電気配線をやり直した際に、不適切な工事が行われたのではないでしょうか。
電気工事のやり直しをしてもらってください。


人気Q&Aランキング