痔になりやすい生活習慣とは?

古いマンションです。昨春、隣りの建物が解体されて以後、ウチの鉄板のドアに直に西日が当たり、夏にはその熱で外側の鉄板が膨張して反り返り、力を入れないと閉めることも開けることもできません。ドアが熱くならないように外側に薄いスチロール板を張るか、光線を反射するアルミホイールを張るか、などを考えましたが、他に良い方法があるでしょうか。竹製のスダレを吊るしてみましたが効果はありません。どうか、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ご自分の所有物であり、ご自宅や賃貸物件としてご利用なのですから


あれこれ対策をお考えになるよりもドアを交換するほうが
結果として費用対効果はあるのではないでしょうか?
その際賃貸に出していらっしゃる他の部屋のドアも併せて
交換されますことをお勧めします。

西日によりどの程度高温になるのかわかりませんが
日光だけを原因として開け閉めに支障が出るうえにドアそのものが
反り返るような状態になのようであれば、万が一地震や火災など
起こった際に完全に開け閉めすることができなくなる危険があります。
家に入れないのならまだ良いのですが万一出られなくなったらどうしますか?

また、20年経過しているということはドアそのものの傷みや歪み
クローザーについても本来の能力を発揮していないことが予想されます。

ご存じかと思いますがスチール製ドアは断熱性、防音製とも悪く
開け閉め時の音が大きいことからあまり良いものとは言えません。
最近は断熱・防音性能も優れたドアがあり、工法等も発達し
状況によっては施工も1日で全て完了することもあります。
一度工務店さんや建築業者さん、購入に際してお世話になった
不動産業者さん等にご相談になってみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い家ですし、地震で開かなくなったら困ります。それに開け閉めする時の音が大きくて困っていましたので、これを機会にドアを交換することにします。いろいろと教えて戴いて本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2008/04/16 19:08

西日が差し込み室温が高くなる部屋の窓ガラスなどに張る「断熱フィルム」もご検討下さい。


赤外線遮蔽率90%以上なんていう品物もありますので。
ただ窓ガラスなど光沢平滑面への貼り付けを前提としていますので、ドア表面のサンディングや簡易塗装など表面のお手入れは必要になるかもしれませんが、コストとしては大がかりな工事よりはかなり押さえられるかと。

この回答への補足

ありがとうございます。これも昨年の夏に試したのですが、ドアの表面がザラザラしているので、すぐに剥げてしまってダメでした。

補足日時:2008/04/15 10:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い家ですし、地震で開かなくなったら困りますね。それに開け閉めする時の音が大きくて困っていましたので、これを機会にドアを交換することにします。皆さま、いろいろと教えて戴きまして本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2008/04/16 19:11

そこまで熱膨張するということは、昔の公団ドアのような、オールスチールのドアなのでしょう。

まあ、そういうものなら、何もしなくとも反ったりしますので、錠もすぐかかりにくくなります。

一番いいのは、20年といえばかえどきなので、最近の軽量鉄扉に交換するということでしょう。枠はは残してオーバーラップ工法にすれば、そこまで高くはならないでしょう。
日光除けのフェンスなどを設置するのもいいでしょうが、費用面では同じようなものか、むしろ高くなるかもしれませんし。

そもそも、水なんかしょっちゅうかけては、さびさびになっちゃいます。

この回答への補足

おっしゃるよに、昔の公団ドアのようなオールスチールドアです。20年間、隣りに家があったので平穏無事?だったんです。考えて見ますと、この安っぽい鉄扉に水を書けたら直に錆びちゃいますね。交換も考えて見ます。ありがとうございました。

補足日時:2008/04/15 10:18
    • good
    • 1
この回答へのお礼

古い家ですし、地震で開かなくなったら困りますね。それに開け閉めする時の音が大きくて困っていましたので、これを機会にドアを交換することにします。いろいろと教えて戴きまして本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2008/04/16 19:13

2階の私の部屋の窓が南向きで、昼間直射日光でどうしようもないので


それまではカーテンを閉めていましたが、去年こんなのを取り付けてみました。
http://item.rakuten.co.jp/kaimin-rs/sanburoch_b/
おかげでカーテンはしなくていいし、室温を下げるまでは行かなくても光は遮断できてました。
窓のサッシが熱くなかったかは? 未確認ですが・・・また今年吊します。

でも、ドアだと吊してもじゃまになるかな?

この回答への補足

ありがとうございます。実はこれも試したんです。ドアの四隅と両横に引掛け金具をつけて取り付けましたが、少し風が吹くと飛ばされてしまうのです。なにしろ風が強い所なものですから。で、ダメでした(^^;)

補足日時:2008/04/15 10:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い家ですし、地震で開かなくなったら困りますね。それに開け閉めする時の音が大きくて困っていましたので、これを機会にドアを交換することにします。皆さま、いろいろと教えて戴きまして本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2008/04/16 19:14

>あるいは断熱塗料を塗るのどうなんでしょうか。


 効果があるかも知れませんね。しかしそれほど強烈な温度上昇があると断熱塗料が剥がれてしまう可能性がありますね。塗料は鉄より膨張率が遙かに大きいので、かなりの弾力性のあるものを選ぶ必要があります。

この回答への補足

これが一番手っ取り早いかもしれませんね。兎も角、ホームセンターで聞いて見ます。ありがとうございました。

補足日時:2008/04/15 10:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い家ですし、地震で開かなくなったら困りますね。それに開け閉めする時の音が大きくて困っていましたので、これを機会にドアを交換することにします。皆さま、いろいろと教えて戴きまして本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2008/04/16 19:15

管理会社に苦情を言いましょう。

この回答への補足

3階建て、築20年の古い自宅です。1・2階は貸してあり、私は外階段から直接3階の自室に入ります。

補足日時:2008/04/14 20:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドアを交換することにします。いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2008/04/16 19:20

 鉄の扉なら、直射日光を避けるだけでドアが開閉できないほどの膨張は止まる筈ですがね。

すだれが効かなかったということなら、太陽光を完全に遮る衝立を立てるというのはどうでしょうか。ドアの高さが2mとすると1度Cの温度上昇によってその高さは0.02mm増えるだけで、温度差が平温から10度上がると、0.2mmです。気温自体の上昇はこんなものでしょうから、太陽光さえ遮ることができれば開け閉てできない程の伸びはなくなる筈です。
 もし扉に水をかけることができれば、これは大変効果的だと思います。水が蒸発するときに1gあたり600カロリー近くの熱を持って行ってくれます。しかし、これも直射日光を遮った上でやるべきでしょう。太陽熱のエネルギーは1Kcal/平米・秒と、もの凄く高いものです。

この回答への補足

早々とありがとうございます。ただ、隣りが解体された今は田圃の中の一軒家です。そのうえ3階なので風が強くて、衝立を立てたこともありますが吹き飛んでしまいました。軒を長くしても西日が真横から当るので効果はないのです。おっしゃるように水をかけるのが良いかもしれませんね。あるいは断熱塗料を塗るのはどうなんでしょうか。

補足日時:2008/04/14 20:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い家ですし、地震で開かなくなったら困ります。それに開け閉めする時の音が大きくて困っていましたので、これを機会にドアを交換することにします。皆さま、いろいろと教えて戴きまして本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

お礼日時:2008/04/16 19:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンションの鉄製玄関ドアの熱膨張率について

表題の件
マンションの管理理事を行っています。
築30年程度のマンションの玄関ドア 鉄製です。
夏になると温度で膨張しドアが開かないという方がいるようです。
直射日光を全面に受けても60度もいかないと思う。(それ以上だと触れません)
で高さ1.8M程度、巾0.8M程度で熱による膨張であかなくなる事があるのでしょうか?
冬せいぜい10度程度(0度だとたぶん指がくっつくと思う。)から60度と仮定しても温度差50度
50度の温度差での鉄の膨張率。1800ミリが1810ミリになるとは思えないんですが?
式があるのでしょうか?
他のカテゴリーであればカテゴリーを変更します。

Aベストアンサー

公団タイプのプレスドアだと思います。
まあ、狂って、開け閉めがきついとか、錠がかからないなんて、よくある話です。
扉の熱膨張以外にも、長年のそれによる反り、サビによる爆裂、ドアだけではなく枠の膨張、丁番の変形など、まあ、まともなことはないでしょう。

本来なら交換になるところですが、それが反対意見で通らない・・・となると、全部ではなく、ひどいとこから順次・・・とやったほうがいいでしょうね。お金がかかることを嫌がる人もいるでしょうから。
最終的に全部やるのであれば、修繕積立金から支出しても不公平感は出ないでしょう。

考えてください、お宅のマンションで30年前の車に乗ってる人がなんいんいますか?
30年前のテレビ見てる人は?
そういうことなんです。ものには常識的な替えどきってのがある。それに反対する人ってのは、何か建物の部品だけ特別だ・・・とお考えなんでしょうか。そんなことはないですよ、おなじです。

で、反対が多くて工事できないで事故になっても、理事会がよほど不当な理由で工事をしてないとならなければ、罪には問われないでしょう。

Qドアの熱膨張?

友達の部屋のドアの事で困っています。
材質が何かわからないのですが、木材のドアです。
レールにもキャスター等が付いておらず、いわゆる凹凸ではまっているだけのドアです。
そのドアが、冬場(今の時期)に石油ファンヒーター等で部屋を暖気すると膨張するのか、熱で乾燥するのか開かなくなるのです。
全く開かない訳ではないのですが、ギシギシ言ってかなり力任せじゃないと開きません。
普段は普通に開きます。

原因は何でしょうか?
また防ぐ方法はありますか?
ドア自体ではなく家のほうに歪みが生じているのかも…

詳しい方、よろしくご回答お願いします。

Aベストアンサー

皆さん詳しくご説明されているようにドア(建具)の反りが原因と思います。

建具の内と外の温度、湿度差が、木製建具の一番の弱点です。
防ぐには内と外の環境差を極力抑えるしかないです。
しかし真冬、真夏などは無理ですので

・内外の向きを入れ替えてしばらく使ってみる。(建具によってはできない構造の物もあります。)
・シリコンスプレーを溝に吹き付ける

などで意外と楽に直る事もあります。
それでもダメなら、カンナ、ペーパーなどで当る部分を削るしかないです。
(決して溝は削らないで下さい、建具を少しずつ削ってください)
賃貸物件であればご自分で削ってはダメです、シリコンスプレー程度にして下さい。ホームセンターで300円程度で売ってます。CRC556等のミシン油とは
違いますのでお間違えの無いようにしてください。

Qマンションの玄関扉が開きません

築40年ほどの賃貸マンションに2年住んでいます。
玄関扉はよくある厚手の金属製(閉めるとバターンと大きい音がするやつです)なのですが、
不定期にドアが全く開かなくなってしまう現象がたびたびおこります。
気温のせいか湿度のせいかわからないのですが、ドア上部の一部がひっかかるようで…
隙間にドライバーを突っ込んでこじあけないと開きません。
なんでもない時は普通に開閉できます。

なにが原因で起こっているのでしょうか?
自分で直せるものなのか、大家さんに相談したほうがいいでしょうか。

Aベストアンサー

大家さんに相談しましょう。
ただ、ドアの上部や下部が確認できれば錆で膨らんでいないか見ておきましょう。
全くの鉄ドアで40年再塗装してなければ結露などで塗装面の傷の部分から錆ている可能もあります。
他の原因もあるかもしれませんのですぐにご相談してください。
玄関ドアは重要な避難経路です。
いざというとき開かないなんてことはとても危険なことですから。

Qアパートのドアが開かないこと、ロックできないこと・・。

アパートで一人暮らしをしています。
今日のお昼、出かけようと玄関のドアを開けたら、なかなか開かず
何回も押して押しての繰り返しでやっと開きました。
こんな事は、初めてです。

やっと外に出れて、鍵を閉めようとしたら 最後までカチッと閉まらず途中で
引っかかったような状態でなかなか最後まで閉まらないのです。
何回も挑戦しても閉まりませんでした。 半分は閉まっているような状態です。
管理会社に相談したかったのですが、今日は休みなので相談できませんでした。
外観、閉まっているような(実は半分!)状態で開けようと引っ張っても
開かなかったので、不安だったのですが 貴重品を持って出かけてしまいました。

しかし、夜帰宅すると、簡単に普通に開いてしまったのです。
本当にすごく恐かったです。   

これは何が原因なのですか? サビでしょうか?
以前から、開ける時に重いような感じの症状はありました。

明日は仕事です。
明朝 いつもどうりに閉まればよいのですが・・。

何が原因で、対策など分かる方 教えて頂けないでしょうか?
自分で治せることがあったら、今日中に治したいと思います。

宜しくお願いします。

PS どうして、夜は簡単に開いたのですか?
   誰かが、開けたのか自然にロックが解除になったのか、
   経験された方はいますか?

アパートで一人暮らしをしています。
今日のお昼、出かけようと玄関のドアを開けたら、なかなか開かず
何回も押して押しての繰り返しでやっと開きました。
こんな事は、初めてです。

やっと外に出れて、鍵を閉めようとしたら 最後までカチッと閉まらず途中で
引っかかったような状態でなかなか最後まで閉まらないのです。
何回も挑戦しても閉まりませんでした。 半分は閉まっているような状態です。
管理会社に相談したかったのですが、今日は休みなので相談できませんでした。
外観、閉まっているよ...続きを読む

Aベストアンサー

一人暮らしとのこと、不安ですね。
確かに老朽化などで鍵のかかりが悪くなったりということはありますが、
考えられるのは”ピッキング”ではないでしょうか。
外のカギ穴あたりに傷のようなものがあれば、確実だと思います。
中に侵入されたかどうかはともかく、
開けようとして何度もがちゃがちゃやってれば
おかしくなります。
一人暮らしの方に脅すようで申し訳ないのですが、
早急にロックを変えることをお薦めします。

というのも私も同様のことがあり、一度在宅時にインターホンがなったのですが、
居留守をつかったところ(ははっ。。。)
いきなりがちゃがちゃ始めおったのです。
それでなくとも隣人がストーカーと化していたので、
私はお引っ越ししたのですが、引っ越し先でも鍵の形がピッキングされやすい
形だったので、管理会社と相談の上、ロックを変えました。
3万位かかったけれど、安心にはかえられません。

参考URL:http://oa135273.awmi2.jp/p04.html

Q玄関ドアが閉まりにくい

家の玄関ドアですが、もとは、開けてから手を離すと自然に閉まるものでした。
それがちょっと前から、閉じて、がちゃんと閉まる時に引っかかるようになり、最近では、力を加えて引っ張らないと閉まらなくなりました。ラッチボルトの動きが悪いようなので、速乾潤滑スプレーをかけてみましたが、変わりませんでした。
どうすれば、もとのように静かにカチャリと閉まるようになるでしょうか。

Aベストアンサー

どの位置まで自動で閉まるのでしょうかね。
錠のラッチが削れている場合、それが枠(ストライク)に当たった時点で止まります。ガムテープなどでラッチを引っ込めておいて、それでは閉まるようなら、(潤滑剤をかけてもなおらないようなので)ラッチやストライクをペーパーでならすか、いっそ交換となります。

引っ込めても止まらないようなら、建て付けの可能性が高いでしょう。まず、丁番のビスを締めなおしましょう。調整付丁番であれば、その調整を。場合によっては丁番の管同士が摩擦で磨耗していることがありますので、その場合は新品に交換となります。

それでも無理なら、ドアのどこかが枠や床にこすってる可能性があります。ドアを閉めた状態で、ドアと枠の隙間(外開きであれば外から)に名刺やテレカなどを差し込んでぐるーっとスライドさせてみます。途中でひっかかって動かなくなった場合は、そこがせっているということ。削るとか、叩いてならす必要があり、DIYの範疇を超える場合が多くなります。
ともかく、ドアのどこらへんが枠に当たっている、もしくは床にこすっているかを確認しないと始まりません。(どんな材質で、どんな建物なんでしょうね)

ドアクローザーの勢いを早くすることは、お勧めしません。現状があまりにゆっくりしか閉まらないのならスピードのせいですが、そうでない場合あまり早くすると、はさんで危険ですし、根本原因が解決しません。早晩にまた変調します。
MIWAのDCは基本的にドライバーで調整できるはずです。攻めてる穴が違うのではないでしょうか。もしくはドライバーの径が太いとか、以前の調整時に山を潰してしまったとか。型式とかわかりませんか?

どの位置まで自動で閉まるのでしょうかね。
錠のラッチが削れている場合、それが枠(ストライク)に当たった時点で止まります。ガムテープなどでラッチを引っ込めておいて、それでは閉まるようなら、(潤滑剤をかけてもなおらないようなので)ラッチやストライクをペーパーでならすか、いっそ交換となります。

引っ込めても止まらないようなら、建て付けの可能性が高いでしょう。まず、丁番のビスを締めなおしましょう。調整付丁番であれば、その調整を。場合によっては丁番の管同士が摩擦で磨耗していること...続きを読む

Q玄関ドアが枠にあたります

最近になって玄関のドアが閉まりにくいと思って隙間テープなどが
いけないのかと思って剥がしたのですが、直らず・・・
カギのある側の下の方が当たっているようで、枠にこすれた
跡がありました。

http://www.toushinhome.com/chishiki/pdf/tategu5-1.pdf
↑ここに蝶番の補修が載っていたのですが「ドア下がり」の症状に
当てはまるように思うのですが、補修方法も同じかどうかアドバイスをいただきたく質問させていただきました。

ちなみにスチールドアです。↓まさにコレなんです。
http://image.blog.livedoor.jp/woodyhome/imgs/a/f/afe765f4.jpg

また隙間テープとか貼るのは良くないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ずぶのド素人にできるような作業ではなさそうですね。
 蝶番起こしを使うのはプロに頼むべきというか、素人が買えるようなものじゃない。

 ですが、ドアをはずすのはちょっと力持ちなら簡単に外れる。それが旗蝶番の特徴。
 交換は難しくないです。ビスさえ緩められれば・・・

 まあ、業者に心当たりがあれば「旗蝶番を調整できるか?」聞いてみるのも、いや「蝶番起こし貸してもらえませんか?」と聞くのが良い。持ってれば経験者で、いや難しいので行ってあげましょうと・・・、もっとなきゃ、素人だから頼まない。

>数年前からドア枠に挟んでました…これが不味かったでしょうか。
 蝶番側に貼っていたらそれが原因かもしれません。ビスの緩みはないですか?

Q夜寝るときの扇風機の位置はどこが良いでしょうか?

夜寝るときの扇風機の位置はどこが良いでしょうか?
沖縄に住んでおります。今現在は就寝時エアコンをつけるほどではなく、扇風機で対応しております。

そこで扇風機の位置について質問です。私は幼い頃から「頭寒足熱」の観点から扇風機は頭側に置いてました。
ところが妻は「頭は冷やしちゃダメ!」と足元に扇風機を置きます。正直、私達はそんなに変わらない気もするのですが、3人の子供が寝る部屋ではどうなんでしょうか?

回答を頂けるのであれば、
(1)扇風機は頭上派?足元派?
(2)その理由

を教えていただけると助かります。

因みに部屋の間取り上、扇風機を置けるのは頭上か足元のどちらかです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はなまるマーケットでやっていました。
以下抜粋です。
※その時の内容がまとめてあるページです(真ん中くらいにある「快適に眠る 扇風機使い」にのっています)


快適に眠るための扇風機の使い方を国立精神神経センターの教授と睡眠専門のクリニックの医師が教えていた。
発熱量の大きい足を冷やすと体温を効率よく下げられるので、扇風機は枕元ではなく足元側に置くと良いとの事。
さらに足元側に置き、直接体に風を当てると冷えすぎてしまうので近くの壁に扇風機を当てるのだと教授は話していた。
またクリニックの医師は、「部屋の中に気流をつくってもらうとですね、皮膚の近くの水蒸気が抜けていきますから、どんどん汗が飛びやすくなりますからスムーズに体温が下がって寝やすくなる」
と解説していた。

参考URL:http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=218/episodeID=256184/

Q親が高齢になったら、子供は一緒に住むべきか?ご意見ください。

これからはますます高齢化社会になると言われていますが、親が高齢者になったら、子供は一緒に住むべきだと思いますか?

高齢者になってからはじめて一緒に住むのと、もともと子供が親と同居していて自分の所帯を持つ(親と同居)とはまた意味が違ってきますが、「子供は親が高齢になったら一緒に住んでいた方がよいか?」といういう意味合いが強いかも知れません。

私は親(母は他界したので父のみ)とは一緒に住んではいませんが、この先父と同居になるかも知れません。

以前日本の多くの世帯は三世帯同居だったと聞いています。そういう家庭では高齢になった親の面倒を見ることは特別なことではなく、ただ順番だったのだろうと想像します。

しかし今は核家族の多い時代。そして親が年老いたら・・ということは、誰にも訪れることだと思います。

この件に関して賛成・反対どんなことでもよいので、ご意見ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は現在、正にこの問題の当事者です。感想を書いてみます。
「一緒に住むべきか」という設問に「べきか」「べきでないか」の正解は無いと思います。それぞれの家庭事情、個人の考え方・感性、で全く条件が異なるからです。ただ一つの正解は、親が老いたときは、まずはその子が老親の養育・介護の労をとるべきであろう、ということではないでしょうか? そして、この正解を行うための方法論としてはいろいろ個々の家庭事情によって最善の方法が選択される、ということでは無いでしょうか。どういうことを考えねばならないかと言うことを、(たぶん)先輩として気付いたことを書いてみます。
1.まず第一に老親の本音を大事にしたいですね。このごろでは子供と同居して一緒には暮らしたくない、というお年よりも結構います。子供に大変な苦労をかけたくない、ということもあろうし、子供たちに気兼ねしながら小さくなって暮らすのは嫌、という方も多いです。
2.次に大切な、無視できないことはやはり家庭事情、特に経済的事情です。この分野は本当に「金があれば」何もかもが吸収されると思います。早い話、理想的2世帯住宅も可能になる訳です。私たちが社会に出た40年以上前の時代では、人生60年と言われました。今は人生90年です。老親との同居に入ってから延々と、いつまで続くか判らない同居生活は想像以上に大変です。子供側は普通なら結婚して配偶者という他人を伴っています。3LDKに毛の生えたような住条件で世代の異なる世帯が顔つき合わせて何十年も暮らすということは、ほとんどの場合無事平穏ではあり得ないと思いますが。
3.子供側の兄弟、親戚縁者の「口」ということも、これ以上煩わしく、困難なものはありません。いざ介護、という段になってもまず手は出さないが口だけは有りっ丈で出してくる、と覚悟していなければなりません。これをどう捌くか、この一点ででも嫁からの離婚話が持ち出される、ということは多くの家庭の裏側で演じられている実話劇場です。
4.大家族制度はもともと日本が農業国であり、営農のためには多くの人手が必要、という現実的な生活のニーズから自然発生した生活様式であったと思われます。つまり、農業国としては、個人→家族→親戚・縁者→村落→地方集合体→国家というように営農を通じた助け合い共同体の組織の階層として、最終的には国家全体が自然に運命共同体との了解の下に運営されていたように思います。国全体が工業国となり、生産を維持する上での共同体が意識としても、現実的にも必要性が薄れている現在、世帯階層を積み重ねた同居方式は日々の暮らし方としてはほとんど必然性を失っていると思います。一方日本人のDNAはやはり家族というものの繋がり、情(西欧的な愛という感情とは少し違うように思います)、というものを物理的な生活距離の近さと一体化して認識しないと安心できない、という感じ方をまだまだ保っているように思います。そこで出てくる考え方は、老親の面倒を見るために、子は親と「同居するべきである」という考え方でしょう。しかし今の時代、「情」以外の部分においてその必要性がほとんど無くなっている状況で、現実的には「同居」にいろいろな条件的不備が大きく、その継続が困難な実情では、老親への孝養を果たす方法として「同居」がいかなる場合でも最善である、とは考えられないと思います。
5.今、大きな社会問題になっているのは「老〃介護」という問題です。老親はもちろん超高齢者となり、介護を受ける、しかし、一方の子にしてもすでに老境に入り、気力、体力の衰えは隠しようも無い現実になってきた。介護に疲れ果て、無理を重ねた体にはあちこち故障がある。そういう家庭が結構たくさんあるようです。つまり、老親の介護という問題はいずれ一家庭内のみの努力では果たしきれない大きな負担になってきます。そのためにこれは世の中全体で対策しなければならない問題として、大急ぎで、多少の不備には目をつぶって整備されたのが「介護保険」の制度です。私の場合も現在介護保険の制度には目いっぱいお世話になっています。それによって何とか私たち自身も精神的にも落ち着き、親の側も良好な生活環境の中で健康的な生活を維持できております。実際はグループホームという制度の介護施設で暮らしておりますが、もし、これが同居で生活するとなると、とても今のような快適な生活はさせてあげる自信はありません。代償としてはやはり別居していることによる寂しさ、ということがあります。しかしこれは頻度高く面会訪問すると言うことで十分補っています。
まとめですが、今の時代、老親に孝養を尽くすのに、同居がベストではなく、それぞれの事情に応じ、「親ー子双方にとって」最良と思われる方法をとればいい、ということではないでしょうか? なぜ、「親にとっての最良の方法」と言わなかったのでしょうか? 私の言いたかった事はここにあります。お考えください。

私は現在、正にこの問題の当事者です。感想を書いてみます。
「一緒に住むべきか」という設問に「べきか」「べきでないか」の正解は無いと思います。それぞれの家庭事情、個人の考え方・感性、で全く条件が異なるからです。ただ一つの正解は、親が老いたときは、まずはその子が老親の養育・介護の労をとるべきであろう、ということではないでしょうか? そして、この正解を行うための方法論としてはいろいろ個々の家庭事情によって最善の方法が選択される、ということでは無いでしょうか。どういうことを考えね...続きを読む

Q窓の音??

昨年の夏に新築をしたものです。
一階の南側に大きな窓をとっているのですが、ときどき、窓付近から変な音がします。
その音とは、小石をぶつけたような音というか、、、カチンというような音がします。
窓際からこのような音がすることがあるのでしょうか?
音なので、表現が難しいのですが、何もあたっていないのに、窓付近から音がするので気になっています。
ご意見、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大きな窓をとっているのですが、ときどき、窓付近から変な音がします。

トラックで運べないくらいの大きな窓なのでしょう。普通の大きさ?のサッシはユニット式といわれ、工場で組み立てられます。大きなビル一面がサッシ(カーテンウォール)はノックダウン式と云われ、ばらばらの部材を工事現場で組み立てます。
ノックダウン方式でごくたまに見られる現象です。(ユニット方式でもでないことはないですが、数は少ないです。組立方より部材の総長さの方が大きく影響はしている可能性はあります。)
アルミの熱膨張による接合部の摩擦音と思われます。(アルミの線膨張係数は、鉄の2倍だったと思います。鉄の2倍伸びるということです。)
縦材と横材の締付け部には良く滑るように(音がしないように)潤滑材(テフロン材等)を入れますが、ボルトを締めすぎると音が発生しやすく、緩いとサッシの部材接合強度が不足します。痛し痒しの微妙な調整になります。

また、サッシ自体が振動し、振動を伝播して音を発生させますので、音の発生部位の特定も、難しいです。(話は飛びますが、サッシが温まる時と冷える時にも音は発生します。)
どちらにしても、ものすごく静かな環境であると思います。サッシの強度にも心配はありません。

音の発生を防止することは、可能ですが、原因部位の特定・対策に時間はかかります。


可能性のひとつを述べただけです。#1さんや#2さんの可能性もあります。

>大きな窓をとっているのですが、ときどき、窓付近から変な音がします。

トラックで運べないくらいの大きな窓なのでしょう。普通の大きさ?のサッシはユニット式といわれ、工場で組み立てられます。大きなビル一面がサッシ(カーテンウォール)はノックダウン式と云われ、ばらばらの部材を工事現場で組み立てます。
ノックダウン方式でごくたまに見られる現象です。(ユニット方式でもでないことはないですが、数は少ないです。組立方より部材の総長さの方が大きく影響はしている可能性はあります。)
アル...続きを読む

Q家でミシッとかバキッという音はしますか?ラップ音?

今まで、色々引越しましたが木造の家でもマンションでも
ミシッとかバキッという音がしました。
それがラップ音なのでしょうか?
江原さんいわく、ラップ音によって色々メッセージがこめられているらしいですが
私はどこの家でもすると思います。
今まで、3人くらいの人に聞きましたが、しない。といわれました。
私は、聞いているけれど慣れてしまっていてわざわざ意識していないんじゃないかと思っています。
鳴るときは良く鳴るし、鳴らないときは鳴らないという感じです。
私も差ほど意識はしていませんが、ずっと不思議に思っています。
家のきしみの音ってどこでも鳴るんじゃないでしょうか?
みなさんはどうでしょう?
もし、本当にメッセージなら少し意識してみたいと思います。

Aベストアンサー

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側は内側より縮もうとする力が働くので、耐えられず表面の部分が割れてしまうのです。
樹種によっても違いますが、たとえばスギの場合、最も深い割れでも表面から4分の1位までのはずです。
そして、木材が1~2シーズンを経験すればたいてい落ち着いて、割れの音もほとんどしなくなると考えられます。

コンクリートのマンションの場合も床がフローリングであれば床鳴り、クッションフロアーや畳でも下地が木であれば同様に音はしますよ。

 主要因はこの辺にあると思います、ただし、もしほとんど木を使っていないコンクリートマンションでしたら?ですね。(断面詳細図でも見ないと確認出来ませんが)

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側...続きを読む


人気Q&Aランキング