マンガでよめる痔のこと・薬のこと

10年前に引っ越した家に2坪ほどの花壇がありますが、毎年スギナに悩まされ、とても花を楽しむ気分にはなりませんでした。
でもやっぱりもったいないので、そろそろどうにかしたいと思っています。
いくつか教えてください。
まずはスギナの除去方法。ホームセンターなどで「スギナにも効く除草剤」なるものが売ってありますが、外で犬を飼っているためなるべく使いたくありません。除草剤以外でなにかいい方法があれば教えてください。今は表面上だけ草取り鎌で取っていますが、その場しのぎです。
2点目。ずっとほったらかし状態のため、土がカチカチに硬くなっています。そのためには土を掘り起こして腐葉土などを混ぜる作業が必要だと思いますが、椿の木とカラー、ギボウシなどすでに育っている植物があります。これらはすべて取り除く必要がありますか?それともその部分だけ避けての作業ですか?
土が硬くて根を傷ませないように掘るのは大変ですし、掘った植物を仮植えするスペースもありません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

花壇を大きく手入れするにはちょっと時期遅れで


晩秋か初春にやっておくべきでしたね
すでに樹も花も大きく活動し始めてしまいました。

椿の木の大きさが判りませんが
2年前に植えたならまだそんなに大きく
なっていないと思います。
根鉢ごと抜けるなら崩さないようにすっぽり持ち上げ
ビニールなどで覆って乾かないようにし
ちょっと玄関先とか道路において置いておきます。
抜けないならそのままにして根を傷つけないように
次の作業をするしか仕方ないですね。

ギボシ、カラーも周辺の土ごとスッポリ抜きとり
根鉢をビニールで包んで仮置きします。

あとはクワなどで全面掘り返して
土の天地返しが良いのではと思います。
いくら硬いといっても石やコンクリートでは
ないので出来ると思います。
1の方が言われているように
ふるいにかけて地下茎は全部取り除きます。
残っているとそこからまた生えてきます。

2坪なら曇りの日に朝からやって
椿、カラー、ギボシを夕方には再度植え
作業は一日で終わらせます。

スギナがたくさん生えるので
土が大きく酸性に傾いていると思います。
石灰をまいて中和したいところですが
時期的にはちょっと遅いかな

ホームセンターで培養土を2袋くらい買ってきて
これから何かを植えたいところには
その培養土を入れたらどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今年は間に合いませんでしたか・・・。
とりあえず、今年はこれからスギナの除去に力を入れ、秋から土壌改良に取り掛かろうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/17 09:58

除草剤を使わずスギナを駆除するには土を30CM位の深さまでふるいにかけないと難しいです


胞子が残っていると思うので芽が出なくなるまで毎年込め目に除去しないといけません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

根がやっかいなのはわかっていましたが、胞子は考えていませんでした。
やっぱり除草剤に頼るしかないようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/17 09:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスギナ撃退方法教えてください

はじめまして。
新築の家に引越し、庭に家庭菜園と、花壇を作りました。
しかし・・・その土地はスギナ天国で、びっくりするくらいスギナが生えてきました。草抜きをしても、スギナの根っこは、とても深くてスコップで掘り起こしてもまた生えてきます。
石灰を混ぜるとアルカリ性になって生えにくくなると聞いたので、早速やってみましたが、駄目でした。(1回やったくらいでは駄目なのでしょうか?)
今日も朝からせっせとスギナと戦ってきました。このままだと梅雨明けには、とんでもないことになるのじゃないかと不安です。
何も植わっていない場所は、スギナ用の除草剤をまこうかと考えていますが、畑や花壇には使えないですよね。。。?
スギナを撃退する方法ってないのでしょうか・・?地道に抜く(根っこまでは無理ですよね・・・?)しか方法はないのでしょうか?
スギナ撃退に成功された方、ぜひ良い知恵をお貸しください!!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肥料としては牛糞堆肥他有機質肥料がよいのですが化成肥料が経済的だと思います。但し、何も作らないで無駄に肥料を撒くのはモッタイナイので草花とか育ててください。(肥料は888,141414などのNPKの等量配合野菜用が良いと思います。

Q花壇の土の入れ替え方

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ替えようと思っています。
掘り返してみると、上5cmくらいはすぐ掘り返せるのですが、それより下は硬くて、掘ると砂のような土で、5cmくらいの石も混じっています。

既存の花壇の土の入れ替えは「既存の土と堆肥を混ぜ込む」とあるのですが、砂のような土でも堆肥を混ぜ込むだけでいいのか不安ですし、
また更地を花壇にする方法として「土を掘り返し、消石灰を混ぜた後、堆肥を混ぜる」とあるのですが、砂のような土には上記の方法の方がいいのかわかりません。

また他にしておいた方がいいことや、混ぜた方がいいものがあれば教えていただけませんか。
あと、苗を植えているところの土はどうすればいいのでしょうか。回りの土を入れ替えていけばいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ...続きを読む

Aベストアンサー

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる」状態に陥ります。
7年も有機質を入れなければ当然固い土に戻ってしまいます。
かろうじて園芸店から買ってきた苗についている土だけが唯一の有機質の供給源ですから・・・。

手間が掛かりますが園芸用のスコップではなく、
大きな工事用のスコップを用意して掘り返してください、
そしてその中に完熟堆肥、腐葉土を混ぜ込んでやってください。
堆肥は完熟したものでないと植物の根には悪いです。

一度にする必要は有りませんが塊が無いようになるまで良く切り返して(混ぜ合わせて)元に戻してやってください。

底の方の小石は排水のために故意に入れています。
あまり浅いようでしたら取り除く必要が有りますが、業者さんがいい加減な仕事をしていない限り大丈夫です。
情況から見れば良心的な施工だと思います。

植えっぱなしにするのであれば、このたび思いっきり有機質を入れてやってください、又年に一度くらい数箇所に穴を開けてそこに有機質を埋め込む方法で供給することも可能です。
季節毎に植え替えなどで耕すのであればその都度有機質肥料を混ぜ込むようにすればいいかと思います。

また、土は必ず酸性に変わってきます。
消石灰で弱アルカリ(植物によります)にするために散布します。
これも正式にはPHを計測する器具が販売されています。(ホームセンターに有ります)簡易なものもあるようなのでそれで調べながら園芸を楽しむことも一つの方法です。

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる...続きを読む

Q「雑草対策」で、なにか植物、草花等植える方法はあるでしょうか?

家の敷地内の畑(100坪程度)での、雑草対策に頭を悩ませています。

本来、作物など作り、その過程で雑草対策をすればいいのですが、

仕事もあり、日々の暮らしもありとてもやれません。

一部、除草剤、草刈機などを使用してやってはいるのですが、
とても、追いつきません。

そこで、考えたのですが、例として、芝生等を張ったり、もしくは他の植物、草花等で、地面をはうようなものはあるでしょうか?

結論として、畑で作物の収穫などは考えていません。

ただ、なるべく除草剤は使わず、
そして、一番理想的なのは、
他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。

そのような植物などはありませんでしょうか?

どうか、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在100坪に生えている草がそれ以外の多年草や1年草なら一度草取りをしてから繁殖力の強いグランドカバーを植えれば
雑草は気にならなくなります。

>そのような植物などはありませんでしょうか?
  グランドカバーになります。
 わたしが植えているのは
ヒメイワダレソウ:繁殖力がすごすぎて今は半分以上取り去りました。

ヒメイワダレソウツルヒメソバ:スポット的に植えたほうがいいですね。
http://kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tsuruhimesoba_large.html
リシマキアオーレア:黄金葉が綺麗です。
http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/438185/610623/610625/
ワイルドフラワー:多年草の混合です。 毎年咲きます。
 手がかからず隙間から生える雑草も気になりません。
 これがよろしいとおもいますよ。
https://www0.takii.co.jp/CGI/netshop/catalog/products/item/FZZ956/00000049

 余計なお世話ですが出来れば頑張って菜園付の和洋折衷の庭でも
 お作りになるとよろしいんですがね。 造園やさんに相談して
「楽しめる参加型のお庭」を作ってはいかがでしょう。

 つまり和風庭園のような鑑賞を目的とした庭ではなくパーゴラとか
歩きながら随所に色々な施設や置物を置いて楽しみ、場所によっては
家庭菜園としてのスペースを確保してキッチンガーデンにする・・・
とかですね。
 100坪全部無意味は雑草対策では芸がないとおもいますがいかがで
しょうか?。
 

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在...続きを読む

Qえ!!防草シートの下から雑草が・・・

いつもお世話になっています。

先月 戸建ての新居に引っ越し、早速庭への通路に砂利を引きました。
雑草がいやだったので防草シートを引き、その上に砂利を引きました。(予算をケチって3cmくらいの厚さ)

平日は何かと忙しく、外には出ていなかったのですが今日久々に出てみると
なんと!!防草シートを突き破りツクシのような雑草がいっぱい生えています。
これでは防草シートを引いた意味が・・・・

そこで質問です。
防草シートを引いて砂利を引いただけではだめなのでしょうか?
それとも、砂利の量をケチったのがいけなかったのでしょうか?
ご存知の方、アドバイスをいただければ助かります。

暑くなり、今以上に成長する前に手を打ちたいので
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO1の方が述べられている様に防草シートは遮光により植物の光合成を遮断することにより植物の成長を妨げるものです。

>砂利の量をケチったのがいけなかったのでしょうか

防草シートを購入されたのは何処でしょうか、安価な防草シートは遮蔽率が少ないので効果に余り期待は持てません。

防草シートの施工は方法はシート敷設前に草根を削り取り防草様不繊布シート又はビニールシート(黒色厚手)等敷設の後に繊布シートを被せる二重の施工をしなければ防草効果は1.2年です。

今回の施工は知識不足と防草シートの有効性を過信した無知の為せる業でしょう。

小生も現役時代は送電線鉄塔の鉄塔敷地の防草には苦労しました。

一番防草効果があるのはやはりコンクリートとアスファルト舗装ですが費用が?
然しながら舗装の継ぎ目、風で吹き集めらられた土砂に草が?です。
人間・類が如何に努力しようが植物の成長を止める事は出来ません。
元来人間が自然を克服するのは難しい事です。

質問者が最施工なしで効果を持続するには定期的に除草剤を撒布する方法が最適でしょう。

NO1の方が述べられている様に防草シートは遮光により植物の光合成を遮断することにより植物の成長を妨げるものです。

>砂利の量をケチったのがいけなかったのでしょうか

防草シートを購入されたのは何処でしょうか、安価な防草シートは遮蔽率が少ないので効果に余り期待は持てません。

防草シートの施工は方法はシート敷設前に草根を削り取り防草様不繊布シート又はビニールシート(黒色厚手)等敷設の後に繊布シートを被せる二重の施工をしなければ防草効果は1.2年です。

今回の施工は知識不足と防...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q完全に枯れてるラベンダーの復活法

今年の4月頃に鉢植えのラベンダーを買いました。
(ストエカスという種類のようです)
しばらくは緑々して紫色の花も咲きとてもいい匂いがしていたのですが夏ぐらいには花も葉もおち、いまでは完全に枯れてしまってます。復活できますか?もう無理ですかね・・・

Aベストアンサー

鉢土の水はけが良ければ根まで完全に枯れることはあまりないと思いますがストエカス系は特に高温多湿に弱いため梅雨時に蒸れてしまい下の方の葉が枯れあがってしまうことがあるので株の中が蒸れないために混み合っている部分はばっさりと切って風通しが良くなるようにしておきます。
ストエカス系は水やりはごく控えめにやや乾燥ぎみにしたほうがよく育ちます。
ストエカス系はフレンチラベンダーとして親しまれていてちょっと変わったその形が特徴ですが寒さには弱いですが四季咲きのものが多く一年中花が楽しめます。
水遣りを続けて来春まで様子を見るか、鉢から抜いて根の状況を見てみましょう。
根まで腐れていたら諦めなければなりませんね。
育て方は下記サイトをご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/ra_00003g.htm, http://www.ksky.ne.jp/~lszero/lszero/care.html

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む

Q花壇の土にコケが生えてしまいました。

花壇の土にコケが生えてしまいました。

1年半ほど前に家の裏手に花壇を作りました。が、初心者で分からないまま自分で作ったのであまり良くなかったのか、好き勝手に花を植えるだけで本当に全く手入れをしてこなかったからなのか、土の表面にうっすらとコケ(だと思います)が生えてしまいました。花壇の場所をもっといいところに移してみようと思うのですが、その時に今ある花壇の土をもってきても大丈夫でしょうか。コケのある部分は取り除けば大丈夫でしょうか。また、ダンゴムシやナメクジが発生しています。

新しい花壇には健康な土で1から出直したいのですが、捨ててしまったほうがいいのでしょうか。
元々、花壇を作るときに、本当に初心者だったので、ホームセンターで売っている草花用の土をそのままドサッと入れただけでした・・・土の再生や調合にはあまり(というか全く)自信も知識もありません。ホームセンターで購入可能な商品でいい花壇を作る方法を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず草花がどのような環境や土壌を好むのかを調べ、それに適応した
花壇作りをする必要があります。水はけや日当たりが良い事は当然の
事です。現在の花壇は家の裏ですが、苔やダンゴムシ等が発生すると
言う事は、日当たりが悪く常にジメジメした環境だと分かります。
土は常に湿っている事は植物には良くありません。土は表面が一時的
にでも乾く事が必要です。苔は乾燥した場所には生えませんし、カビ
なども乾燥した場所には生えません。ダンゴムシはジメジメした場所
が大好きですから、これらが発生したと言う事は植物には余り適切で
はない状態になっていると思われた方が良いですね。
苔やダンゴムシ等を発見したら、その場所が植物の環境には相応しく
なくなっていると思われた方が良いかも知れません。

現在の花壇の土は植物には適さないのですから、新たに作られようと
されている花壇に運んで使用しても、結果としては同じ事に繰り返し
になるのではありませんか。現在の花壇は現状のまま放置をされて、
新しい花壇を1から作り直すようにされたらどうでしょうか。

理想的な花壇にするには、排水性、保水性、通気性、保肥性等を良く
する事が条件です。そのために必要な作業が土壌改良です。
まず新しい花壇にする場所を決め、鍬で十分に耕して雑草を根から取
り除きます。大きめな石やゴミも取り除きます。耕す深さは最低でも
30cmは必要です。表面だけ軽く耕したのでは、水はけが悪くなり、
場合によっては根腐れを起こす事もあります。
十分に耕したら腐葉土を入れますが、腐葉土は必ず完熟腐葉土を購入
して下さい。特価で売られている腐葉土は、未完熟の物が多いです。
多少は高くなりますが、完全腐熟(完熟)の腐葉土を入れて下さい。
十分に混ぜ合わせたら土壌改良は完了です。

野菜と花の土を購入して使用されても構いませんが、これでは1から
出直す事にはなりません。鉢植えとは違うので、今ある庭土を利用し
て改良をさせて使用する方が確実だと僕は思います。
今までは市販の草花用の土を入れただけですよね。それで上手く出来
ませんでしたよね。位置を変えても以前と同じ事をすれば結果として
は同じ事の繰り返しになると思いませんか。
あなたの方法では駄目だと言う事が既に立証されています。だったら
別の手段を試してみるのも方法とは思いませんか。
既製品が駄目なのだから、後は自分で作るしかないと考えましょう。

先程に腐葉土を入れると書いたのは、樹木や草花を移植する時に一般
的に行われている方法の一つです。他にはバーク堆肥やパーライト等
を使う事もあります。
庭を花壇にする時に使用しては駄目な物は、赤玉土、鹿沼土は避けて
下さい。水分を含むと崩れやすくなり、特に赤玉土は本来の赤土の姿
に戻り排水性を悪くさせます。また生ゴミも入れては駄目です。土中
で腐敗して醗酵が始まり、醗酵熱により根を痛めて植物が育たなくな
ります。一から出直すなら、拘りを持ち花壇作りに没頭しましょう。
好き勝手にして適当に作業を行えば、出来上がりも適当に終わってし
まいます。パン作りで面倒だからと醗酵をさせないで、そのまま焼い
てしまうと石のようなパンになります。これと同じなんですね。
土壌改良が終わればレンガで周囲を囲めは後は移植するだけです。

まず草花がどのような環境や土壌を好むのかを調べ、それに適応した
花壇作りをする必要があります。水はけや日当たりが良い事は当然の
事です。現在の花壇は家の裏ですが、苔やダンゴムシ等が発生すると
言う事は、日当たりが悪く常にジメジメした環境だと分かります。
土は常に湿っている事は植物には良くありません。土は表面が一時的
にでも乾く事が必要です。苔は乾燥した場所には生えませんし、カビ
なども乾燥した場所には生えません。ダンゴムシはジメジメした場所
が大好きですから、これらが発生したと言...続きを読む


人気Q&Aランキング