父は80歳で、パーキンソン病で療養中です。少しボケも出ています。母の話では40代から顎がはずれることがあり、近くの医師に診てもらったり、最近では母や私が治したこともありました。
 今回は、完全にはずれなかったためか、私たちではもちろん、当番医でも成功しませんでした。あまり外へ引き出したくないと思いますので、できれば家庭で治す方法(コツ)を改めて教えて頂きたいと思います。
 また、最近特にはずれ易くなっている様なので、予防法もありましたら教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

外れたあごをはめるのが一番ウマイのは


おそらく歯科医でしょう。
現在何処でも歯科訪問診療をしています。
もちろん健康保険、老人医療保険の対象です。
住んでいらっしゃる歯科医師会に事情を説明し訪問診療を依頼して、そういう経験が豊富な歯科医を派遣してもらいましょう。

食事中以外でしたら、以外に効果があるのはマスクです。
あまりいやがりませんし、あくびなどしても何故かはずれにくくなります。おそらく反射的に口を大きくあけるのを押さえていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご教示、ありがとうございます。
 休日当番医の歯医者さんは少し遠方でしたので、電話相談だけとなりました。
 母とも相談し、昨年入院し、現在介護でお世話になっている病院に相談しましたところ、内科の先生が「やってみましょう。」とおっしゃって下さり、病院に行って治してもらいました。そして、治すコツを少し教えてもらいました。
 その後、昨日も今日も特別異常なく、うまくいっています。もちろん、マスクをしっかりつけています。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 21:19

頻繁に口が閉じられなくなると、本人だけでなく周囲の人も大変ですね。


その患者さんの状態にもよりますが、手術によって口をあまり開かないようにする方法もあります。このような手術は口腔外科というところで行われています。
手術なしで予防するのなら、なんとか大きな口を開けないようにするしかありません。その方法としては、あくびなどするときには手で顎を押さえて口を開かないようにするとか、タオルや包帯などを頭てっぺんから顎の下に巻き口を開けづらくする(市販のサポーターもあります)とかの方法もあります。
もとの状態にもどすコツは、顎を一度、下の方に押し下げて、それから後に押し込むといいです(もし下の歯が入れ歯なら、入れ歯を入れた状態の方が顎に力を入れ易いと思います。もし歯があるのなら、歯にガーゼやティッシュペーパーを置いてから、顎をつかまないと指が痛くなります。)。
もし可能なら、大学病院など大きな病院にある口腔外科を受診したほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 具体的なコツを教えていただき、ありがとうございます。
 昨日、去年入院したことのある病院で、内科の先生に治していただきましたが、その時「2~3kgの力を入れて下に押し下げて・・・」と言われました。相当強くやっても良いようですね。これからは、なんとかできそうな気がします。サポーターも探してみます。

お礼日時:2001/02/13 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母が膠原病ではないかと診断されています

今から1週間くらい前に突然発熱と湿疹、腫れの症状が現われ、最寄の内科の先生の診断によると膠原病の1つであるスティル病ではないかといわれているらしいです。つい先日膠原病の専門の先生を紹介してもらったみたいでそこで検査を受け、今結果待ちの状態です。母はものすごく心配性でとにかく不安そうなので、私もいてもたってもおれず、色々とネットで膠原病について調べていますと、膠原病は不治の病だということではありませんか。そこでいくつか質問があります。

1、解熱鎮痛剤(ロキソニン)を飲むだけで湿疹などの症状まで取れるものなのか?
2、膠原病と似たような症状で違う病気はないのか?
3、私は母に対してどのように接してあげればいいのでしょうか?母はこのような病気にかかったことが一度もなくとても心配しています…。

Aベストアンサー

膠原病のひとつ関節リウマチ暦17年になる者です。
膠原病同士は 類似する症状も多いのですが 病気ごとに病状も治療内容も異なり 例え同じ病気でも全く違う進行をたどることは珍しくない病気です。
文献に載っていることは 多くある症状・代表的な治療内容程度にご理解ください。

以上を踏まえまして。。。
(1) ロキソニンは鎮痛消炎剤ですので 痛みや多少の解熱効果があるだけのお薬です。 検査結果前の暫定的に 痛みを和らげる目的で処方されていると思われます。
本格的治療は 検査結果後になります。(病気の確定診断・検査結果からわかる病状によって治療内容も異なりますので。)
(2) 前述の通り膠原病は 病気が異なっても類似する症状も多いので 他の膠原病や膠原病類縁疾患(膠原病の仲間ではないが同じ治療薬を使うなどの病気)である可能性はあると思います。
全く違う病気も否定はできませんが。
(3) いままでと変わらない態度でいいと思います。
ただし 病気のことは 特性・治療内容・症状の辛さなど知っていてほしいですね。

成人スティル病は ステロイドのほか 病状によっては抗リウマチ薬を使用するので リウマチ情報センターのHPからご参照ください。
http://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/index.html

膠原病のひとつ関節リウマチ暦17年になる者です。
膠原病同士は 類似する症状も多いのですが 病気ごとに病状も治療内容も異なり 例え同じ病気でも全く違う進行をたどることは珍しくない病気です。
文献に載っていることは 多くある症状・代表的な治療内容程度にご理解ください。

以上を踏まえまして。。。
(1) ロキソニンは鎮痛消炎剤ですので 痛みや多少の解熱効果があるだけのお薬です。 検査結果前の暫定的に 痛みを和らげる目的で処方されていると思われます。
本格的治療は 検査結果後にな...続きを読む

Q薬剤性パーキンソンの検査と治療

母がパーキンソン病と診断されました。
ただ、これまで4年間、抗うつ薬(半年前から服用中止)を
服用してましたので、その経過から薬剤性のパーキンソン症候群ではないかと思っていますが・・・。

そこで質問ですが、パーキンソン症候群の原因が薬剤性であることを確かめるための検査などありますか?
(血中濃度などの測定でわかりますか?)
また、仮に薬剤性パーキンソンであった場合に飲んではいけないパーキンソン病治療薬などありますか?
現在はカバサールを服用しています。若干、こわばりがとれたような感じです。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

症状などでだいたい見当が付くことが多いようです。

パーキンソン病では、まず片手に症状が出て、同じ側の足に出て、反対側の手に出て、反対側の足にでるということが数ヶ月から年単位で起こることが多いです。

一方薬剤性パーキンソン症候群では、左右対称に症状が出現し、症状の進行は数週から数ヶ月単位で、パーキンソン病よりも早いことが多いようです。

ほかにも色々と違いはあって、専門家から見るとたいていの場合分かるらしいです。

それと、薬剤性パーキンソン症候群の治療法ですが、薬剤性であった場合に飲んではいけないパーキンソン病の薬については知りません。ごめんなさいm(__)m
でも、薬剤性の場合一番大事なのは、まずは原因となっているかもしれない薬剤の中止らしいです。

goomac2004さんの以前の質問も読ませていただきました。
主治医の先生が薬剤性パーキンソン症候群の可能性はないと言っていて、でもgoomac2004さんは薬剤性だと思うなら、なぜ薬剤性パーキンソン症候群でないと言えるのかを詳しく説明してもらってもいいと思いますよ。少し機嫌を悪くするかも知れませんが、大切なお母さんのためならいいじゃないですか。納得できるまで食い下がりましょう(^^)

症状などでだいたい見当が付くことが多いようです。

パーキンソン病では、まず片手に症状が出て、同じ側の足に出て、反対側の手に出て、反対側の足にでるということが数ヶ月から年単位で起こることが多いです。

一方薬剤性パーキンソン症候群では、左右対称に症状が出現し、症状の進行は数週から数ヶ月単位で、パーキンソン病よりも早いことが多いようです。

ほかにも色々と違いはあって、専門家から見るとたいていの場合分かるらしいです。

それと、薬剤性パーキンソン症候群の治療法ですが、薬剤性...続きを読む

Q痔は市販の薬では治りませんか?

おそらくいぼ痔だと思うのですが、はたしてプリザエースや、ボラギノールのような市販の薬で治すことができるのでしょうか?どなたか市販の薬で完治した方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

市販薬であれ、医師に処方された薬であれ、「痔」・・・「内痔」「外痔」「切れ痔」など全ての痔は「手術」でしか「完治」させることは出来ません。

今は手術が物凄く進歩していて、局所麻酔(20年前は下半身麻酔でした)で出来、手術法も進んでいて、良い方法があります。
入院も、20年前は2週間でしたが、今は「1週間」が普通です。
「日帰り手術」を積極的に行っている病院では「日帰り手術」をするところもあるくらいです。

よく「痔の手術は痛い」と言われていますが、「手術を受けた者」として言わせて頂くと、全く痛くなかったです。
「風聞」を信じてはいけませんね。


手術を受けてみると、「何でもっと早くしなかったんだろう」と思うほど、「スッキリ、爽やか」です。


ご質問者の方も市販薬でごまかしていないで、是非、肛門科(お近くになければ「外科」になります)を受診なさって下さい。

以上、私の経験から書かせて頂きました。
何かのお役に立てれば幸いです。

参考URL:http://www.clinic-jp.com/kaneko/

Q鍼治療でパーキンソン病や脊椎管狭窄症はよくなりますか?

御世話になります。10年弱前位にパーキンソンと診断された父(74歳)が現在はほとんど寝たきりの介護患者です。(腰痛がひどく現在の様子は食事は自分で箸をもって食べますが無理してがんばってたまに数歩部屋の中を歩いています)母が一人でみています。レントゲンからはパーキンソンの所見がなかったようですが、左手、左足のふるえ、すくみ足などの症状から診断されたようです。ほぼ同時期に腰痛も発生し整形外科では脊椎管狭窄症と診断されました。もう半分あきらめの状態で毎日過しているようですが、両親共高齢になってきてとてもかわいそうなのでなんとかしてあげたいと思っていましたところ、鍼治療で症状がよくなるという情報をネットで度々目にしますが、本当によくなるのでしょうか?父は昔から体が弱く薬づけの生活を何十年も送っております。何か良い情報がございましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

■非常によく「パーキンソン」と書いてご質問される方がありますが、パーキンソンにはパーキンソン病とパーキンソン症候群(他の原因で症状だけパーキンソン病に似たようになるもの、ほとんどは脳梗塞)とがあります。漢方や鍼治療、民間療法で「パーキンソン病がよくなった」と宣伝される場合、そのパーキンソンはパーキンソン症候群であったとしてもパーキンソン病ではありません。私は、そのような誤解を招く情報にほんとうに怒りを感じるのですが、病気の診断が間違っているか、嘘かのどちらかだと考えます。

■残念ながら鍼治療ではパーキンソン病はよくなることはありません。腰痛などの二次的な症状はよくなる可能性はあります。

■鍼治療は、不思議な力があるように宣伝されますが、鍼治療ができることは「手足や体各部の血行をよくすること」に尽きるのです。ですからパーキンソン病を含めた脳の病気、感染症、癌、には無力です。

■ご両親のご苦労はお察ししますが、そうであればなおさら、間違った情報によって無駄な苦労をかけないように配慮してあげてください。

■文面だけからは断言できませんが、一度ご自身で医者から説明を受けることも必要かもしれません。また、これまで比較的大きな病院の神経内科医にかかっていないのであれば是非受診して説明をお聞きになることがよいと思います。診断は正しいのか、現状をなんとかできないのか、他に治療法はないのか、について。

■というのは、パーキンソン病はそもそもレントゲン(CTやMRIも含めて)では何も所見がありません。また、手のふるえはよくある症状ですが、足のふるえがでるのは実際には極めて稀です。すくみ足様の歩行は、脳卒中や脊椎管狭窄症でも出現します。10年程経った74歳のパーキンソン病の方が「箸をもって食事をし、数歩でも部屋の中を歩いている」という状況があるのか少し気になります。

■非常によく「パーキンソン」と書いてご質問される方がありますが、パーキンソンにはパーキンソン病とパーキンソン症候群(他の原因で症状だけパーキンソン病に似たようになるもの、ほとんどは脳梗塞)とがあります。漢方や鍼治療、民間療法で「パーキンソン病がよくなった」と宣伝される場合、そのパーキンソンはパーキンソン症候群であったとしてもパーキンソン病ではありません。私は、そのような誤解を招く情報にほんとうに怒りを感じるのですが、病気の診断が間違っているか、嘘かのどちらかだと考えます。
...続きを読む

Qパーキンソン氏病について

知人がパーキンソン氏病です。まだ初期症状らしいのですが、かなり辛いようです。年は60代ですが・・・何か情報ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1の者です♪
参考URLから 抜粋しときます♪


治療法はあるのですか?

今世紀になって、すばらしい治療の進歩が得られました。

「ドーパミン補充療法」がそれです。脳の中のドーパミンが減少しているから、それを補充してやれば良い、というのがその考え方でした。しかし、これは「言うは易く、行うは難し」で、現実には非常に難しいことでした。
しかし、人間の叡知がそれをやってのけたのでした(佐野先生という日本の研究者など)。
現在、神経伝達物質のバランスを取る薬(アーテンなど)、ドーパミンを脳の中に吸収しやすい形で飲む薬(マドパーなど)、また、残っているドーパミン神経細胞の連絡網を強化してあげる薬(ブロモクリプチンなど)に発展し、投与方法も「少量・多剤投与」「臨床病期に応じた投与」方法が取られるようになって、かなり良い状態で日常生活が送れるようになりました。
しかし、薬を長期に使用する際の副作用や、薬効低下など、まだまだ完全ではありません。
胎児の脳や副腎の細胞を移植する手術が試みられていますが、これは本当に限られた実験的なもので、現在のところ望んで出来るものではありません。

No.1の者です♪
参考URLから 抜粋しときます♪


治療法はあるのですか?

今世紀になって、すばらしい治療の進歩が得られました。

「ドーパミン補充療法」がそれです。脳の中のドーパミンが減少しているから、それを補充してやれば良い、というのがその考え方でした。しかし、これは「言うは易く、行うは難し」で、現実には非常に難しいことでした。
しかし、人間の叡知がそれをやってのけたのでした(佐野先生という日本の研究者など)。
現在、神経伝達物質のバランスを取る薬(アーテンなど)、ドーパミ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報