はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

中古一戸建ての物件を購入する予定ですが、物件を見に行った時、水道と電気が使用出来る状態でした。不動産会社の人が出入りする際、水道や電気を使用しているようです。
物件の契約日(月の半ば予定)までの水道電気料は、不動産会社に(売り主)負担してもらいたいのですが、清算はどうしたらいいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現時点の水道や電気料金については売主の不動産業者が


使用者(契約者)となっていると思います。
このような物件を購入する場合、通常は物件の引き渡し日をもって
水道、下水、電気、ガス等の使用者(契約者)の名義切替手続きを行います。

この手続きにより引き渡し日以降(買主が使う分)の使用料は
買主が支払うことになりますが
引き渡し日以前のもの(誰が使ったのかわからない分)まで
お支払いになる必要はありません。

名義切替の手続きを行わない限り、この先もずっと売り主のところへ
使用料の請求が行くことになりますので黙っていても業者が
切替手続き(電話一本で可能)を行ってくれるはずです。

なお、引き渡し日とは、代金全額(残代金)の支払いと
所有権移転手続き(貴方の名義に変更するいこと)を行う日となり
契約締結日や手付け金を支払った日とは異なりますのでご注意ください。

また、地方の小さな町などで多いのですが
市町村役場が水道料金の徴収を行っているようなところの場合
名義の切替手続きが、すぐに反映されない場合があります。
通常、水道料金は2ヶ月ごとに請求されるのですが、役所決めた区切りと
名義切替日が一致しない場合、その期間が長いほうや使用量が多いほうが
全て負担しなければならないといったこともあるようです。

参考例
4/1~5/31を4月分料金として区切られている地域で
5/15に名義の切替を行ったと仮定すると
期間が長いほうが負担する場合は4月分料金(5/31まで分)は全て売主負担となります。
使用量が多いほうが負担する場合に売主が2立方、買主が10立方だった場合
4月分の全額が買主負担となります。

・・とはいえ、売主の不動産業者が展示用だとか簡単な清掃程度しか
水道を使っていない場合、その使用量は微々たるものとなりますので
あまり深刻に考える必要はないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました
とてもよくわかりました

お礼日時:2008/04/17 00:03

売主です(笑)


うちの会社では、契約日ではなく引き渡し日付けで、水道、ガス、電気をお客様(買主さん)名義にして清算していますよ。(例えば電力会社から別々に請求書を起こしてもらうので、買主さんのところには引き渡し日以降の金額のみ請求になるわけです)
ちゃんとした業者なら言わなくても大丈夫ですが、一応仲介業者もしくは売主に確認したほうがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認してみます
ありがとうございました

お礼日時:2008/04/17 00:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【至急】中古住宅購入後のライフライン手続きについて

中古住宅を購入し、引き渡しの日から1ヶ月程が経つのですが
前に住んでいた方(売主)宛に、ガス代の請求書が届きました。

引き渡し以降の期間での請求でした。

引越しや、リフォームは当分先の予定で、
購入した住宅ではガス・水道・電気等は一切使わないため
各ライフラインの会社にはまったく連絡を行っていませんでした。

てっきり、引き渡し期日までに売主が
ガスの閉栓等をしているものだと思っていたのですが・・・

(1)売主は、ガス等を閉栓しないまま引き渡しを行う事はあり得るのでしょうか

(2)私(買主)は、引っ越さない場合でも、何かしらの手続きが必要だったのでしょうか

(3)私(買主)は、ガスの開栓等をしない場合でも、名義変更の手続きを行う必要があるのでしょうか

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の住人がガスの解約を忘れているのではないでしょうか。
解約していれば、請求書は新居に送られるはずです。

ガス会社に連絡して前の住人宛の請求書が届いたことを伝え、請求書をどうすべきか指示を仰ぎましょう。
それが面倒なら封筒に「この宛名の人物は転居しました」とでも書いた紙を貼ってポストに入れましょう。
放置すると思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。
例えば前の住人から「請求書を隠されたことで遅延金が発生した。遅延金はあんたが払え」と言われるかもしれません。

郵便法第42条でも
「郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、又はその旨を会社に通知しなければならない。」
とされています。

質問者様の手続きですが
・水と電気はリフォーム開始直前(リフォームで使います)
・ガスは引越直前
で構わないでしょう。

Qマンション売却中の電気・ガス・水道について

現在、マンションを売却中です。

居住中で売りに出していたのですが、間もなく転居します。転居後、売出している部屋の電気やガス、水道の契約はどうすればいいのでしょうか?
内覧の方がいらした時用に、電気は止めないほうがいいのでしょうか?(しかし、部屋の照明は取り外して持っていってしまうのですが…)。

また、なかなか売れずに長引いた場合、定期的にフローリングや窓の拭き掃除等、行った方がいいのでしょうか。その為には水道もガスも(お湯を使用するため)止めないほうがいいのでしょうか?止めない場合は毎月の基本料が発生するのですよね。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

ガスは止めます。貴方が立会いで業者が元栓を締める必要があります。
水道・電気は連絡すれば基本料金は止まりますが、使えます。
売れるまでに実際に使った金額が、たしか再契約前に請求されるだったか次の人に請求されるだったか、いずれにせよ100円にもならない様な額なので気にしませんでした。
拭き掃除は、義務はありません。仲介不動産を使うなら、不動産屋が時々簡単な掃除くらいはします。
ウチは2ヶ月毎くらいに掃除してました。
電気は無いとマンション暗いので、ウチはつけたままにしておきました。
今はマンション売れない時期なので、売れる様に綺麗にする、明るくするなど工夫しましょう
不動産屋を使うなら(使いますよね?)全部不動産屋に聞くといいです。相手はそれも仕事の内ですから

Q売却活動中の電気料金について

近々、マンション物件のオープンルームを行う予定なのですが、既に別の物件へ引越しをして空家なので、電気契約は解約しました。

しかし、オープンルームの期間中(2日)の数時間はお客さんが来るかもしれないので、照明やこの夏に向けてエアコンが使用出来るように、電気契約を再度行うべきかどうか迷っております。

たった2日間で数時間の使用ですので、正直ブレーカーを上げてそのまま使用することも考えてますが、問題ないでしょうか?

出来ればオープンを行う2日間だけの短期契約をして気軽に電気が使えるようにしたいのですが、2日間だけの契約はそもそも可能でしょうか?

契約アンペア数が80で値上げの可能性もある中、今後も月に2日間ペースぐらいしかオープンを行う予定なので、契約して売れるまで常時ほったらかしにするのは経済的に負担が大きいので、なるべく避けたいです。

以上、ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

不動産業者です。
確かに当方でも買取した物件は、売却~引渡しまで電気と水道は使用状態です。基本料金はしっかり取られますからね。(私達は商売ですから仕方ない)
基本的にはNGだと?思いますが、メーターが生きているならば(室内ブレーカーを上げれば通電するならば)そのまま使用していて、売却時にリフォームで若干使用したので・・・・清算するというと1ヶ月分だけの基本料とそれまでの使用量(止めたときのメーターちょの差額)だけ請求されます。
賃貸などでは、この部分だけ大家さん負担だったりするわけです。
しかし、止めたメーターもきっちり確認するような検針員の場合は、あまり使用量が多いとお尋ねがあるか?メーターから配線外されます。
その時はあきらめて契約するで・・・・・・・
不動産の案内はオープンハウスだけではありませんし、依頼している他の他者客付け業者などの案内もあります。平日だってあったりします。部分的に暗い箇所など照明が点いていないと印象が悪くなります。
基本的に常時電気は使える状態でなければ、業者側としては困ります。
後はご自分で御判断ください。

Q未入居期間の電気代は誰が払う?

大家してます。

入居者が3月中旬に退去したため、多分電気の停止手続きをしてあるはずです。
次の入居者が4月の中旬から入居するのですが、内覧などで多少の電気は使用しているはずです。
この基本料金や使用料は誰が払うのでしょう?
今まで、こういった費用を気にしたことはありませんが、タダというのはおかしな話です。
お分かりになるかたご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大家してます

1.電気を通していないのが一般的
2.通電していても多少の電気はメーターも廻りませんので請求されないのも一般的

うちでは...

一般電源は通電していますが内見程度で使う分は請求されていません
給湯用の夜間電力はメーターで切られています

リフォーム工事などで使ったときは電力会社から問い合わせは有りますが今まで請求された事は有りません

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Q不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけだと、その相手がお金を持ち逃げされてしまうかもしれないじゃないか。銀行保証小切手か銀行での口座振替を利用すべきだ。不動産屋さんも色々あって、全面的に信用するのは危険だよ。」

とアドバイスされました。

妻は「不動産屋さんか銀行で支払えば問題ないんじゃない?」と言います。

確かにお金を持ち逃げされれば困るし(現金だと怖い気もする。)、かといってすごくいい物件なので気に入っています。

つまるところ、契約書を売主と結び売買金額をどうやって支払うかということだと思うのですが、世間一般ではどうやっているのでしょうか。

法律的には売買契約の金額を支払ったということを、法務局や裁判所・善意第三者にどう主張し、対抗要件を備えるかということなのかな?とも思えますが、そのような視点に立った場合、どのような支払い方法がベストなのでしょうか。(一般的な不動産実務についても教えてください。)


よろしくアドバイスお願いします。

(もし、可能なら、法務部の先輩の手前もありますので、法律的な知識や根拠条文も教えて貰えると嬉しいです。)

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけ...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や買主側の書類、本人確認。委任状などへの署名押印など所有権移転に必要な書類関係の確認の後、「書類は整ったので代金の授受をしてください」という流れになり、その後代金の授受となりますから、お金を支払い登記されないということは、売主が悪意を持って書類偽造などの詐欺行為を行わない限り、ありえません。またこの手の犯罪は、身元を偽り行いますから、中古でそこに住んでおり仲介業者などが身元を確認している売主が犯罪を行うことは、現実にはありえません。また、仲介の場合業者は手数料を頂くだけですから、売主のお金の管理にはタッチしません。

このほかに、仲介の実務として、物件の取引完了の書類やら鍵の授受やら、確認通知書、図面一式などあれば、そのような諸々の授受を行います。

上記のように、どうしても書類に署名押印するテーブルやすべての関係者が一同に集まるスペースは必要になりますから、一番良いのは代金を引き出す口座がある銀行の一角を借りることです(応接までとはいいませんが)これが可能であれば、書類確認後、口座から現金を下ろして売主に渡して終了です。
但し、場所を提供しない銀行も多いので、この場合は不動産仲介人の伝を借りるか?または書類の確認等は司法書士の事務所や仲介業者で行い、金銭授受だけ銀行で行うのも良いでしょう。
前日の午前中には、翌日現金で幾ら出金する旨は銀行に伝えておかないと、小さな支店などでは現金がありませんので即座に用意は出来ません。
このあたりの段取りは、仲介人に相談すれば整えてくれると思いますが・・・・・現金での支払いは良いが、銀行窓口での受け渡しにして欲しいと(現金を持ち運ぶのは嫌だと)言えば、良いでしょう。

登記上の取引の責任は司法書士がすべて背負った上で、登記を受任しますので、そこは任せるしかありません。その先輩の顔を立てたいならば会社で使っている司法書士事務所を紹介してもらっては?
但し、仲介業者で依頼する不動産登記が主な事務所と法人登記を主に扱う事務所では、費用が結構違うので(後者の方が高い場合が多い)、そこは目をつぶりましょう。まあ違っても3万~5万程度です。質問者さんも安心なのでは?

法的根拠と言いますが、法的に売主は所有権移転に必要な書類一式を引き渡せば足り、あくまで移転登記を行うのは買主の費用負担で買主の責任です。
その移転登記を間違いなく行えるか(法務局に受理、登記完了となるかされるか)どうかの判断が、出来ないので司法書士に報酬を支払い依頼するわけです。
民法上は代金を支払い、領収書等があれば当然にその所有権を主張できます。しかし登記上の登記名義人でなければ第三者に対抗できません。ですから通常は借り入れ等が無くとも土地は所有権移転登記をするわけです。その法的根拠となる書類は当日司法書士が作成し、売主、買主、双方が署名押印することになりますし、売主は実印と印鑑証明を要します。買主は認印と物件に移動した住民票だけです。

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や...続きを読む

Q引渡し時に電気・水道の名義人がHM?

7/31に建て直しの家の引渡しでした。
その後引越しでてんてこ舞いだったのですが、今日ポストに電気明細が入っていたのですが、ふと名義人をみるとHMの名前になっていました。(今日電気の検針日だったようです)

オール電化なので、水道も電話で問い合わせたら、同様にHMの名義になっていました。

ただ両方とも住所は現在の自宅の住所でした。

とりあえず今日付けで、両方の名義を自分に変更して引き落とし口座も自分の口座にしました。

それで、ふと思ったのですが、引渡し時というのは電気・水道の名義は自分に変更するのは自分なのですか?
(引渡し時にはその辺の説明は一切ありませんでした)

また、引っ越してから10日ほど経つのですが、この間の水道・電気料金はどうなるんでしょうか?

0.HMがオマケで支払ってくれる
1.一旦HMが支払って、後日HMから請求がくる
2.名義はHMで、住所が自分の住所なので、郵送で振り込み伝票が送られてきてそこに自分で振り込む
3.名義は特に関係なく、結局自分の口座から引き落とされる?

のどれなんでしょうか?
私はてっきり引渡し時に自分名義で契約しているものとばかり思っていました。

7/31に建て直しの家の引渡しでした。
その後引越しでてんてこ舞いだったのですが、今日ポストに電気明細が入っていたのですが、ふと名義人をみるとHMの名前になっていました。(今日電気の検針日だったようです)

オール電化なので、水道も電話で問い合わせたら、同様にHMの名義になっていました。

ただ両方とも住所は現在の自宅の住所でした。

とりあえず今日付けで、両方の名義を自分に変更して引き落とし口座も自分の口座にしました。

それで、ふと思ったのですが、引渡し時というのは電気・...続きを読む

Aベストアンサー

経理マンです。
HMの止め忘れです。
よくあります、はい。
弊社はたまに3ヶ月くらい閉め忘れて払っていたこともありますよ。

普通であれば、引渡しの時に閉め、お客様に開始手続きの説明をし、お客様ご自身で手続きしていただくのですが、説明も漏れていたようですね。
まあ、これも良くあることなんですが・・・

さて、この場合どれなのかと言いますと、

0か1ですね。

0=担当の説明不足の上、閉め忘れなので、経理にはナイショでほっておく。(実はこれがとっても多いです)

1=経理から煩く言われたら、担当が説明に来て日数等の比率でHMとお客様の負担割合を決めて精算する。

2=明細は所在地に入っていても、請求はHMの住所へ行くはずですので、これは多分ありません。もし来たら、ほっておくか(私ならしばらくほっておきますかね~笑)、HMに連絡ですね。HMに連絡した場合は日割りで精算が濃厚です。

3=ありません。

Q浄化槽保守点検料金と清掃料金の妥当性

2年半前に新築した際、町からの補助金をもらい割と高額な浄化槽を設置しました。何でも淡水魚が飼えるほど綺麗な水になるということを聞いたのですが・・・。それは5人槽で4人家族使用しています。その後2,3カ月おきに郵便受けに放り込まれている請求書は税込みで¥3675です。その金額が正当性あるものなのかその点検が確実に行われているのか常に私たち家族は留守なのでわかりません。今回、汚泥が溜まっている為清掃してくださいと言われました。料金表は嫌気式濾床方式で税込み¥24097です。これらの料金は住んでいるところによっても違うのだろうと思いますが近所の人に聞いたところで地元の人ばかり・・・・・・それが当然と思っている人だと思います。できればいろいろなところの方や詳しい方にお話を伺えたらと思います。また清掃とはどれくらいのサイクルで行わなければならないのでしょうか? 私たちは家にいるのは夕方以降、早朝までです。週末もあまりいません。

Aベストアンサー

こんばんは、状況にもよりますが町からの補助をもらった場合には1年に一度の水質協会の浄化槽の点検が必要になります。それに伴ない浄化槽の性能を最大限に生かせるように10人以下の合併浄化槽であれば(年間4回)、浄化槽管理者による管理が必要になります。この場合管理業者との年間契約を結ばなくてはいけなくなります。おおよそ2万円前後ではないでしょうか。その費用に保守点検をした際に消毒が足りなければ補充しますし、洗剤等を使いすぎていて泡が出すぎているようであれば泡を消す薬品を使用します。それは年間契約料とは別に請求されると思います。
清掃ですが基本的には年に一度の清掃が決められていますが、使用頻度によって変わりますので、管理者の判断になってきます。中には悪徳な管理者もいると思いますので
一度管理業者に連絡をして立ち会って見ても良いのではないのでしょうか?ところで契約はどのようにしたのでしょうか?

Q住宅ローンの本審査にかかる日数

今銀行で住宅ローンの本審査中です。
不動産屋の担当さんから2-3日で返事が来ると聞きましたが
4日経った今、まだどちらからも結果連絡がありません。
契約書上の ローン審査の返事をもらう期日は昨日でした。
(不動産屋の担当が期日を過ぎても大丈夫と言っている)
契約書上の物件引渡し期日は21日です。
私は元々は時間や約束事はその時までに余裕を持って
済ませてしまう性格なので、正直かなりモヤモヤしています。
今までも担当さんは何を言っても「大丈夫、大丈夫」と
のんびりとした感じで、「まだですか」と聞いても
また「大丈夫」と言われるのが目に見えてるので
こちらで質問させていただきました。

大まかで構わないのですが、銀行の本審査は大体何日位かかるのでしょうか?
仮審査の結果は、丁度一週間で返事が来ました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

一般的な流れを申し上げると

気に入った物件が見つかって、住宅ローンを利用して購入する場合は、

(1)事前審査を提出
(2)買付証明を書く、媒介契約を結ぶ
(3)契約日の決定
(4)契約、手付金の授受
(5)住宅ローンの本審査申し込み
(6)審査OKで金消契約(住宅ローン契約)
(7)ローン実行
(8)決済・引渡し

一般的な手順はこんな感じとなります。

(1)と(2)は前後することもあります。
(5)で審査が通らない事があると購入できませんので「ローン特約」をつけます。

(1)は2~5銀行営業日で結果が出ます
(2)~(3)はほぼ1週間程度
(5)も2~5銀行営業日で結果が出ます
(6)は銀行営業日(平日)に銀行に出向いて契約をします(平日休みでない方は、お仕事をお休み又は抜けて頂くことになります)
(7)の審査OKから実行までは1週間から10日間程度必要です
(7)~(8)は間髪を入れずに行われます

本日18日現在が(5)と(6)の間ですよね。
この後に、金消契約を今日もしくは明日行ったとしても
ご質問者様の口座に借入れのお金が入金されるのは早くて大体1週間後ですから。。。
ですから100%間に合わないとお答えさせて頂きました。

担当者から「3~4日で結果が出る」と言うのは間違いではありません。
本審査の申し込みをして結果が出るまでには、上記しましたように2~5銀行営業日です。
金融機関によって多少バラツキがありますし、ご質問者様の資金計画・物件の決定・借入額の決定・金融機関期間の決定その他諸々の事情がハッキリしないと
「仮審査は一週間、本審査は二週間かかる」としか返答のしようがありませんので
他の業者さんの話はひとまず置いておきましょう。


まずは、上記日程を念頭に決済日・引渡日が何時になる予定か確認しましょう。

担当者が何を考えているかチョット理解できませんので。。。

一般的な流れを申し上げると

気に入った物件が見つかって、住宅ローンを利用して購入する場合は、

(1)事前審査を提出
(2)買付証明を書く、媒介契約を結ぶ
(3)契約日の決定
(4)契約、手付金の授受
(5)住宅ローンの本審査申し込み
(6)審査OKで金消契約(住宅ローン契約)
(7)ローン実行
(8)決済・引渡し

一般的な手順はこんな感じとなります。

(1)と(2)は前後することもあります。
(5)で審査が通らない事があると購入できませんので「ローン特約」をつけます。

(1)は2~5銀行営業日で結...続きを読む

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング