出産前後の痔にはご注意!

国内や中国など年間100日以上出張している人がいるのですが、
それはつらい事ですか?楽しいことですか?
今度自分がそうなるかもしれないので聞きたいです。
出張をしたことがないので、それがつらいものなのか楽しいものなのかわかりません。
旅行気分で楽しめるものでしょうか、それともただつらいだけでしょうか。
年間100日以上出張の部に入りたいと思いますか?
どういうもんか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その100日とは、連続100日ですか?


それとも、いくつかの纏まりがあって、トータル100日ということでしょうか?

私は、後者の場合で、年間200日ほど出張した事があります。
仕事が好きだったので、ぜんぜん苦にはなりませんでしたし、知らない土地で生活するのも楽しかったです。
出張費で生活できたので、給料丸々残ったってのも嬉しかったかな(これは、私の職場が太っ腹だからかな?w)
今は出張がない部署なので、寂しかったりしますよ。

結局のところ、どう感じるかはその人次第としか言えないですね。
    • good
    • 0

人それぞれですね。


夫婦仲が良くなく家に帰らないですみ、毎日奥さんに顔を合わせないからたまに帰る分には少しは優しくなれるから出張が多いと助かると言っていた人もいました。

100日間の出張と言うくくりより、年に何回出張に行くのか、その場所は同じか毎回違うのか、出張の目的は何か、などで全然変わってきます。
また本人も結婚しているかしていないか、趣味があり退社後の時間は毎日趣味に費やしたいのか。新しい人にあったり場所に行くのが苦痛でないか・・・などでも変わっていきます。
    • good
    • 0

 


100日とは暦で100日ですか、そうなら3カ月と1週間程度ですネ

私の場合はそれくらいは自宅に居ない事が多いですが旅行とは思いません。
多少の気分転換にはなりますが普通の毎日の繰り返しの一部でしかないです。

僅か一泊の出張でも嫌がる人がいます、楽しいか否かは個人の受け取り方では無いでしょうか?

 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出張費が実費って普通なのですか?

主人の出張のことについてお聞きしたいので、ご意見お願いします。
主人は会社員ですが、ほとんど出張することがありません。
しかし、工場の機械を導入する際の見学の為に出張を命じられ、
先日出張に行ってきたのですが…
今日になって、会社から交通費以外は実費だと知らされたのです。
宿泊代など、後日請求すれば返金されるものとばっかり思っていたのですが…。
1泊の出張に使った金額は3万円。
主人は三交代をしているため、各班のお土産代も必要ですが、
家計からの出費なので、納得がいかないのです!!
現在、主人は出向しており、元会社なら出張での宿泊費は支給されていました。
家族で焼肉を食べていた際に言われた話。
もぉ、腹が立つは、焼肉は不味くなるは…。
主人に腹をたてても仕方ないのですが…。

普通は宿泊費、食費が実費なのでしょうか?
また、返金は可能なのでしょうか?
ご意見お願いします(泣)

Aベストアンサー

意見ではなく、ご参考情報として記します。

法的な原則論でいえば、業務命令により生じた支出は、命令を発した会社が負担するものです。もっとも、業務命令の内容を遂行するのに合理的といえる支出を超えた分については、従業員の負担として良いものとなります。

これを踏まえて、一般的な会社(ないし気の利いた会社)は、旅費交通費規程などの規程で、出張旅費の取り扱いを定めています。例えば、100キロ未満の出張の場合には原則として宿泊費を出さない、という決まりがあったとすれば、それは「日帰りが出来る=宿泊費を出さないのも不合理とはいえない」という判断が働いているからです。

そこで、何よりもまず、旅費交通費規程のようなものがあるかどうか、これを確認したほうがいいでしょう。規程があれば、それに従った処理かどうかを確認することになります。

そのような規程が無ければ、従前の慣行がどうなっているのかによります。

なお、いずれの場合でも、例えばどんなに遠方でも宿泊費を出さないなど不合理な定めないし慣行であれば、その分を会社へ請求することは出来ます。
また、合理的範囲内で「出さない」と決められているものについても、会社の裁量で出すことは構わないものですので、交渉の余地はあります。(「出す」と決められているものを出そうとしないのは、会社に非ありとして会社へ請求出来ます。)

ちなみに、食費などは出張へ行こうが行くまいが発生するものなので、このような費用を「出さない」のは合理的範囲といえます。

最後に、規程がそもそも無く常に裁量で対応している会社、規程があっても知らないか無視しているかで規程が死んでいる会社も、少なくありません。返金(精算)をお考えであれば、このあたりまで目を配る必要がありましょう。

意見ではなく、ご参考情報として記します。

法的な原則論でいえば、業務命令により生じた支出は、命令を発した会社が負担するものです。もっとも、業務命令の内容を遂行するのに合理的といえる支出を超えた分については、従業員の負担として良いものとなります。

これを踏まえて、一般的な会社(ないし気の利いた会社)は、旅費交通費規程などの規程で、出張旅費の取り扱いを定めています。例えば、100キロ未満の出張の場合には原則として宿泊費を出さない、という決まりがあったとすれば、それは「日帰...続きを読む

Q退職金について。最近10年勤務していた会社を退職しました。退職金が60万円程度でした。これって少なく

退職金について。最近10年勤務していた会社を退職しました。退職金が60万円程度でした。これって少なくないですか?給料の手取りは18万程度です。

Aベストアンサー

それぞれの企業がどういう仕組みで退職金制度を組んでいるかによる。
中小零細企業なら退職金制度があるだけマシな場合もある。
その金額だとおそらく中退共(中小企業退職金共済事業)かなんかだと思う。
10年で60万だったら、おそらく最初は2000円の毎月の掛け金からのスタートで、年数重ねるごとに増やして最終的に5000円とか6000円の掛け金になってるっぽい。
給料手取りで18万ってことは総支給で22万〜23万くらいだろうから、その給料でだったら掛け金としては結構かけてもらってる方かも。

中小企業はこんな感じで中退金を利用してるとこも多い。
この中退金と同時に会社でも積立して、中退金からのお金と会社の積立を合わせて出すところもある。
そうなるともっと退職金も増えるんだけどね。

少ないか少なくないかは、一概には言えない。
会社に対して高い貢献度だったのなら安い気もするけど、そうでもないのなら妥当なとこ。


人気Q&Aランキング