ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

RHEL上にDNSサーバとしてBIND9を起動させて運用しています。
基本的に問題なく稼動しているのですが、Logwatchにてひっかかる
エラーメッセージが発生しており、このログの読み方、および発生させない方法があればどなたかご教授ください。

年月日時 サーバ名 named[pid]: client IPアドレス#1958: query '1.1.168.192.in-addr.arpa/IN' denied

この#以下の数字はDNSクエリーを送ったクライアント端末の送信ポート
番号ということでしょうか?それともDNSサーバの1958ポートに向けて
クエリを送ったということでしょうか?
おそらく前者だと思いますが・・・。

ちなみにこのクライアントは内部LAN側であり、アクセス制御等で
はじくような設定はしていないはずです。どうしてdeniedになるのか
が分かりません。すいませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

エラー内容はDNSサーバに向けてクライアントが送信したクエリの解決は成功したが逆引きクエリの解決や順が違ってたりするのでは?と思い

ましたが、基本的に問題なく稼動しているのなら不要なレコードを削除すればいいと思いましたか?
    • good
    • 1

BIND9では、allow-query-cacheという項目が追加されていています。

これが設定されていなくて、allow-queryが設定されていれば、allow-query-cacheの値は、allow-queryの値が用いられます。もし、allow-queryが設定されていなければ、allow-query-cacheは「ローカルのみ」から許可となります。
問題は、allow-queryを設定していない場合、「ローカル」以外からのキャッシュ経由の問い合わせへを拒否することです。hide1215さんの場合は、「アクセス制御等ではじくような設定はしていない」とのことですので、このケースに当てはまっているのではないかと思います。
内部LANのみへサービスするDNSサーバであっても、クライアントが複数セグメントにあるような場合は、allow-query(もしくはallow-query-cache)を適切に設定しましょう。
http://www.isc.org/sw/bind/arm94/Bv9ARM.ch06.htm …

参考URL:http://ml.gentoo.gr.jp/users/200708.month/2040.h …
    • good
    • 0

named.conf のアクセス許可リストに入っていますか?



acl localnet{
192.168.1.0/24;
127.0.0.1;
};

options {
allow-query { localnet; };
};

みたいな。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDNSサーバーの構築「no servers could be reached」

FEDORA3でDNSサーバー構築後にnslookupを行いましたが次のメッセージが表示されて動作しません。
「;;connection timed out; no servers could be reached」
半日ばかり問題を検討していますが解決できません(T_T)。
アドバイスをお願いします。

◆環境◆
OS:FEDORA3
実際のインターネット環境で利用するためではなく自宅内練習のためドメイン名は任意で設定しています。

<BIND設定ファイル>
zone "ABC.com" {
type master;
file "ABC.com";
};

zone "8.30.168.192.in-addr.arpa"
type master;
file "ABC.com.rev";
};

<ゾーンファイル>
@ IN SOA NEKO.ABC.com. postmaster.ABC.com. (

IN NS NEKO.ABC.com

NEKO IN A 192.168.30.9
INU IN A 192.168.30.10

ns IN CNAME NEKO

<リゾルバ>
search ABC.com
nameserver 192.168.30.9
nameserver 127.0.0.1


「/etc/rc.d/init.d/named start」では「OK」が表示されるが「/etc/rc.d/init.d/named stop」では「OK」が表示されない。

「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

読みにくい長い文を読んで頂いてありがとうございます。
自分での解決が難しそうなので是非アドバイスをお願いします(T_T)!

FEDORA3でDNSサーバー構築後にnslookupを行いましたが次のメッセージが表示されて動作しません。
「;;connection timed out; no servers could be reached」
半日ばかり問題を検討していますが解決できません(T_T)。
アドバイスをお願いします。

◆環境◆
OS:FEDORA3
実際のインターネット環境で利用するためではなく自宅内練習のためドメイン名は任意で設定しています。

<BIND設定ファイル>
zone "ABC.com" {
type master;
file "ABC.com";
};

zone "8.30.168.192.in-addr.arpa"
type mast...続きを読む

Aベストアンサー

>「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

じゃあ、起動していないんでしょうね。
# pgrep named
とやってPIDが返ってこなければプロセスすらあがっていないですよ。名前解決が出来ないとかいう以前の問題です。
named-checkconfとかnamed-checkzoneとかで設定ファイルをチェックしてみたらどうですか?
それと、RedHat系の起動スクリプトではrndcを使ってstopやらstatusを処理しているのでそのあたりの設定も必要ですよ。

#1の方がおっしゃっているようにログになにか出力されているならそれを投稿するのも手でしょう。別にあなたが分からなくても回答者は分かるかもしれませんし。

最近のディストリビューションを使用されているならselinuxの使用有無も情報として重要です。

bind-chroot絡みなら/etc/sysconfig/named内でROOTDIRが定義されているか?とかも関連するのでチェックして下さい。

>「/etc/rc.d/init.d/named start」で起動後も「netstat -ln」でポート番号「53」が表示されない。

じゃあ、起動していないんでしょうね。
# pgrep named
とやってPIDが返ってこなければプロセスすらあがっていないですよ。名前解決が出来ないとかいう以前の問題です。
named-checkconfとかnamed-checkzoneとかで設定ファイルをチェックしてみたらどうですか?
それと、RedHat系の起動スクリプトではrndcを使ってstopやらstatusを処理しているのでそのあたりの設定も必要ですよ。

#1の方がおっしゃって...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

QDNSサーバを設定したのですがnslookupがタイムアウトになります

よろしくお願いします。
最近,固定IPアドレス1個と自jpドメインを取得しました。
結構高かったです。泣きそうです。
しかも1個って・・・
ネットワークとブロードキャストで2個消えるので最低でも4個はもらえるのかと思ってました(汗
ドメイン名もいかした名前は売り切れ,というより意味のある単語はほとんど先客があり,苦し紛れに文字って,なんとかさまになる(??)ドメイン名を取得しました。
という前置きはさておき,今回皆さんにお聞きしたいのはDNSというかネットワークの環境についてです。
恐らくDNSの設定は正しくできていると思うのです。
というのもサーバーにログインしてnslookupコマンドをやると,ちゃんと意図したアドレスが帰ってくるからです。
でも私がメインで使ってるXP機のコマンド画面からnslookupをやると

DNS request timed out.
timeout was 2 seconds.
*** Can't find server name for address サーバーのアドレス: Timed out
*** Default servers are not available
Default Server: UnKnown
Address: サーバーのアドレス

となってしまいます。
DNSの設定の他に
ルーターの設定をいじったり
DHCPサーバーの設定をいじったりと
いろいろからかってみたのですが,未だに解決しません。

何か心当たりのある方いらっしゃいませんか。
どんな些細な事でも思い当たることがありましたら是非とも教えてください。

よろしくお願いします。
最近,固定IPアドレス1個と自jpドメインを取得しました。
結構高かったです。泣きそうです。
しかも1個って・・・
ネットワークとブロードキャストで2個消えるので最低でも4個はもらえるのかと思ってました(汗
ドメイン名もいかした名前は売り切れ,というより意味のある単語はほとんど先客があり,苦し紛れに文字って,なんとかさまになる(??)ドメイン名を取得しました。
という前置きはさておき,今回皆さんにお聞きしたいのはDNSというかネットワークの環境についてです。
恐ら...続きを読む

Aベストアンサー

 なるほど、それでは 192.168.1.130 という DNS サーバ側では引けているので、設定は問題ないという事ですね。

 そうしましたら、DNS 情報の登録はどのようになされていますでしょうか。もし .jp ドメインであれば
http://whois.jprs.jp/
こちらから情報の確認が出来ます。

 確認ポイントは[Name Server]で指定がされている DNS サーバです。ここで固定 IP アドレスを取得されたドメイン名のホスト情報を表示していますでしょうか。

 ドメイン登録業者では、一般的にそのドメイン業者の持つ DNS サーバが割り当てていますので、変更が必要になります。もし初期状態のままでしたら、DNS サーバまわりの設定(もしくは業者への申請)が適切かどうかご確認されたほうが良さそうです(お名前.comでしたらアドバイス可能です)。

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

QBIND エラー not found: 3(NXDOMAIN)

お世話になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2577234.html
でも質問させていただきました。
解決できないもので、再度質問させてください。
BINDのバージョンは、
bind-9.2.4-0vl1
です。

# host localhost
localhost has address 127.0.0.1
# host 127.0.0.1
1.0.0.127.in-addr.arpa domain name pointer localhost.
と、いうことでlocalhostの名前解決はできています。

ところが、
# host shuttle.rqgdomain.co.jp
Host shuttle.rqgdomain.co.jp not found: 3(NXDOMAIN)
# host 192.168.11.8
Host 8.11.168.192.in-addr.arpa not found: 3(NXDOMAIN)
と、なり名前解決できません。

ゾーン定義ファイルを何度も見直していますが原因がわかりません。
どこが間違っているのか何とか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

■■■/var/named/localhost.zone
$TTL 1D
@ IN SOA shuttle.rqgdomain.co.jp. root.rqgdomain.co.jp. (
2005021401
3H
15M
1W
1D )
IN NS shuttle.rqgdomain.co.jp.
IN A 127.0.0.1

■■■/var/named/11.168.192.in-addr.arpa
$TTL 1D
@ IN SOA shuttle.rqgdomain.co.jp. root.rqgdomain.co.jp. (
2005021401 ; Serial
3H ; Refresh
15M ; Retry
1W ; Expire
1D ) ; Minimum
IN NS shuttle.rqgdomain.co.jp.
8 IN PTR shuttle.rqgdomain.co.jp.
3 IN PTR p425.rqgdomain.co.jp.

■■■/etc/named.conf
は、文字数制限でアップできません。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2577234.html
にアップさせていただいています。

お世話になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2577234.html
でも質問させていただきました。
解決できないもので、再度質問させてください。
BINDのバージョンは、
bind-9.2.4-0vl1
です。

# host localhost
localhost has address 127.0.0.1
# host 127.0.0.1
1.0.0.127.in-addr.arpa domain name pointer localhost.
と、いうことでlocalhostの名前解決はできています。

ところが、
# host shuttle.rqgdomain.co.jp
Host shuttle.rqgdomain.co.jp not found: 3(NXDOMAIN)
# host 192.168...続きを読む

Aベストアンサー

もしかして、/etc/resolv.confが違うDNSサーバを見てるだけだったりとか。

例えば、以下のようなコマンドを試してみて、状態を確認してみては。

・psでnamedプロセスが存在しているかを確認。
・netstat -aでポートがLISTENしているかを確認。
・host -d shuttle.rqgdomain.co.jp. でデバッグ情報付きで照会してみる。
・named -d 9 -f -g でフォアグランド実行して動作ログを眺めてみる。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qbindにてlogがfailedになる

bindにてlogがfailedになる

事象:出力先のログファイルのpermissionは、問題ないと思いますがエラーとなる。ヒントよろしくお願いします。

環境 suese 10.1 BIND 9.3.2

・/var/log/messageの内容
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: starting BIND 9.3.2 -t /var/lib/named -u named
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: found 1 CPU, using 1 worker thread
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: loading configuration from '/etc/named.conf'
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: listening on IPv6 interfaces, port 53
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: listening on IPv4 interface lo, 127.0.0.1#53
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: listening on IPv4 interface eth0, 10.97.2.85#53
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: command channel listening on 127.0.0.1#953
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: command channel listening on ::1#953
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: logging channel 'log_file' file '/var/log/dns.log': permission denied
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: isc_log_open '/var/log/dns.log' failed: permission denied

・ログの出力先
sdns2:/var/log # ls /var/log/dns.log -l
-rwxrwxrwx 1 named named 0 Nov 27 12:40 /var/log/dns.log

・/etc/named.conf上の指定
logging {
category default { log_file; };
channel log_file { file "/var/log/dns.log" size 1M versions 5;
print-time yes;
severity info;
print-category yes;
};
};

bindにてlogがfailedになる

事象:出力先のログファイルのpermissionは、問題ないと思いますがエラーとなる。ヒントよろしくお願いします。

環境 suese 10.1 BIND 9.3.2

・/var/log/messageの内容
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: starting BIND 9.3.2 -t /var/lib/named -u named
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: found 1 CPU, using 1 worker thread
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: loading configuration from '/etc/named.conf'
Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: listening o...続きを読む

Aベストアンサー

>Nov 27 13:08:02 sdns2 named[3379]: starting BIND 9.3.2 -t /var/lib/named -u named

-tオプションが指定されていますので、chrootされて /var/lib/named が BIND から見れば /(ルート) になります。
ログファイルも chrootされた / から見た指定ですので、chrootされていない状態で見ると /var/lib/named/var/log/dns.log になります。

ですので、/var/lib/named/var/log/dns.log のパーミッションを確認してください。

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

QPostfixでメールがおくれない。

こんにちは,
今Postfixでメールを送ろうと思っています。

内部へのメールと外部へのメールを送りたいのですが,

$mail user1
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としても
user1のメールメッセージには送られておらず,また,

$mail user1.goo.ne.jp
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としてもuser1.goo.ne.jpに届いていません。

おそらく,/var/log/maillogをみると,
PCNAME postfix/smtp[18514]: 065A92683C3: to=<user1@PCNAME>, relay=none, delay=10, status=deferred (Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX: Host not found, try again)

とかいてあるので,DNSサーバーとかの設定がたりないか,main.cfの設定がたりないのかと思います。

どうすればよろしいでしょうか。
初心者質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

こんにちは,
今Postfixでメールを送ろうと思っています。

内部へのメールと外部へのメールを送りたいのですが,

$mail user1
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としても
user1のメールメッセージには送られておらず,また,

$mail user1.goo.ne.jp
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としてもuser1.goo.ne.jpに届いていません。

おそらく,/var/log/maillogをみると,
PCNAME postfix/smtp[18514]: 065A92683C3: to=<user1@PCNAME>, relay=none, delay=10, status=defer...続きを読む

Aベストアンサー

>(Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX:
  Host not found, try again)

エラーメッセージのとおりですね。
Postfixが配送先のMXレコードを、DNSに問い合わせても解決しなかったようです。

メールアドレスの「@」の右側は、普通はドメイン名(###.jp)なので、
SMTPサーバ(Postfix、Sendmailなど)は
ドメイン名(###.jp)から、そのドメインのメールサーバ名(mail.###.jpなど)
を知る必要があります。(MX:MailExchangeの解決)

そのためSMTPサーバはDNSに問い合わせてMXレコードから送るべきメールサーバ名を得ます。
ちなみに、MXレコードが得られなかったら、###.jpをメールサーバ名と判断して
送信しようとします。


まずはPostfixの設定以前に、そのサーバで、ちゃんとDNSサーバが指定されて
名前解決できているか、など確認してください。

/etc/resolv.confファイルの見直し
digコマンドでDNSに問い合わせる
ルータ・FWなどでDNSへの問い合わせをが拒否されていないか?

など、うまく動かない原因はいくらでも思いつきます。

>(Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX:
  Host not found, try again)

エラーメッセージのとおりですね。
Postfixが配送先のMXレコードを、DNSに問い合わせても解決しなかったようです。

メールアドレスの「@」の右側は、普通はドメイン名(###.jp)なので、
SMTPサーバ(Postfix、Sendmailなど)は
ドメイン名(###.jp)から、そのドメインのメールサーバ名(mail.###.jpなど)
を知る必要があります。(MX:MailExchangeの解決)

そのためSMTPサー...続きを読む

Qnslookup時のDNSサーバのタイムアウトについて

nslookupを実行し、外部サーバの逆引きレコードを引いた結果、
1回目はタイムアウトなのですが、2回目は成功します。
DNSサーバの動作として、これは正常なのでしょうか?
また、1回目にタイムアウトになってしまう原因には
どんなことが考えられるでしょうか?
ご教示の程、宜しくお願い致します。

以下、コマンド実行結果

> nslookup
Server: <host name of dns server>
Address: 192.168.1.1

> set type=ptr

> 216.91.93.202.in-addr.arpa  ★1回目
Server: <hostname of dns server>
Address: 192.168.1.1

DNS request timed out.
timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
timeout was 2 seconds.
*** Request to <hostname of dns server> timed-out


> 216.91.93.202.in-addr.arpa  ★2回目
Server: <hostname of dns server>
Address: 192.168.1.1

Non-authoritative answer:
216.91.93.202.in-addr.arpa name = d.top.vip.bbt.yahoo.co.jp

以下省略

というように、1回目はタイムアウト、
2回目はレコードを引くことができます。

nslookupを実行し、外部サーバの逆引きレコードを引いた結果、
1回目はタイムアウトなのですが、2回目は成功します。
DNSサーバの動作として、これは正常なのでしょうか?
また、1回目にタイムアウトになってしまう原因には
どんなことが考えられるでしょうか?
ご教示の程、宜しくお願い致します。

以下、コマンド実行結果

> nslookup
Server: <host name of dns server>
Address: 192.168.1.1

> set type=ptr

> 216.91.93.202.in-addr.arpa  ★1回目
Server: <hostname of dns server>
Ad...続きを読む

Aベストアンサー

mondaです。

提示いただいた named.conf を眺めて思ったのですが、
ルートヒントが最後になっています。

named.conf を先頭から評価していって、途中でなにか
エラーを起こして、ルートヒントにたどり着けなくて
timeout ってのもありそうです。
zone "." の宣言を option 直後に配置したら変化ある
でしょうか?

#でも、それなら named を起動するときになにか
#エラーを吐いてるよなぁ…
# /var/log/messages になにか痕跡があるかも。

ご指摘のように forwarder の定義を「前のほうに」
置いても効果あるかも知れません。

あるいは、この DNS が管理しているゾーンデータベース
の記述にどこか typo のような些細な間違いが存在して
いないでしょうか?
--


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング