人気雑誌が読み放題♪

こんにちは。
いつも、図書館で本を借ります。
私の借り方は、気に入った本の著者のものを
とりあえずすべて借りてみるという感じで、
最近新しく気に入った作家さんがいなくて、
借りる本がみつかりません。
私のすきな作家さんは
宇江佐真理さん
宮部みゆきさん
角田光代さん
荻原浩さん
瀬尾まいこさん
柴田よしきさん…たちで
苦手な作家さんは
江国香織さん
村上春樹さん
川上弘美さん
井上荒野さん…たちです。
ミステリーはいいですがホラーは苦手です。
あと、不倫がテーマのものも苦手です。
なにか、おすすめの本があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

宇江佐真理さんからの流れで、諸田玲子さんをおすすめします。

「お鳥見女房シリーズ」がとても面白かったです。
江戸時代に、鷹匠の飼う鷹を世話する役目である「お鳥見役」の妻である主婦、珠世さん(中年女性)が主人公。なぜか家には居候がたくさんいつくことになってしまうが、持ち前の大らかさでなんなく苦労も楽しさにしてしまう珠世さんがとても魅力的です。
江戸時代が舞台ですが、剣客、とか幽霊、とかではなく、武家ではありますがやりくりに苦労するような家庭でのごくあたりまえの主婦の生活が面白く読めました。

この回答への補足

補足ではないのですが…
図書館で、お鳥見女房シリーズ、借りてきました。
まだ、2冊目に入ったところですが、とてもおもしろいです。
珠世さんの人柄に、魅了されています。
お鳥見シリーズを読み終わったら、諸田さんのほかの作品も、読んでみたいと思っています。
とてもいい作品をご紹介していただいて、ありがとうございました。

補足日時:2008/04/24 15:17
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
諸田玲子さん、知りませんでした。
メモして、さっそく図書館へ行ってきます。
シリーズもの、私もすきです。
宇江佐真理さんの髪結い伊三次シリーズを読んで、宇江佐真理さんのファンになったんです。
江戸時代の、日常生活が描かれているものもすきなので、楽しみです。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/18 11:41

余り暗くないユーモアのあるものがお好みですね?


私もそうです。重いものがしんどくなってきました。

北原亜以子さんの深川澪通り木戸番小屋シリーズはお読みですか。
やけに品の良い中年の木戸番夫婦を主人公にした、短編連作です。

宮本昌孝の「藩校早春賦」「夏雲あがれ」、二冊続き物です。
スタンド・バイ・ミーを思わせる少年たちの友情をベースにした
お家騒動の話です。けっこうユーモラスです。

澤田ふじ子の公事宿事件書留帳シリーズとか、足引き寺シリーズとか。
きちんと勧善懲悪なので安心してられます、水戸黄門みたいですがw

佐藤雅美、博学な人なので読みにくいものもありますが、「居眠り紋蔵」シリーズは比較的軽く読めます。

白石一郎、十時半睡シリーズ

今更の気がしますが、藤沢周平の後期の作品(前期は暗いものが多いです)とか、平岩弓枝の「御宿かわせみ」とか。

宇江佐真理さんを例に出されたので、時代物ばかり挙げましたが、現代物もお好きなら補足してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
たくさんご紹介してくださって、嬉しいです。
読んだことのないものばかりなので、メモして、図書館で探して見ます。
私はもともとは現代物ばかり読んでいたのですが、宮部みゆきさんの時代物を読んでから、時代物がすきになりました。
とくに、庶民の生活が書かれたものがすきみたいです。
現代物ですと、最近は乾くるみさんの「リピート」を読んでいます。
あと、萩原浩さんの「噂」とか…。
この2冊は短編ではないですが、結構短編小説もすきです。集中して読む時間があれば、長編も読みたいのですが。
短編小説で、最近おもしろかったのは、奥田英朗さんの「家日和」です。
もし、おすすめの短編小説があれば、教えてください。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/24 15:36

畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズがお奨めです。


宇江佐さんと比べれば軽いタッチになりますが、時代小説の中でいまとても人気のある作品です。

大店の一人息子で、両親を筆頭に周囲から甘やかされまくりの主人公、一太郎(若だんな)。彼の虚弱体質は半端でなく、器用にも朝・昼・夜と別々の病をひろってきては別々の理由で死に掛けたり、食べるのにも疲れてしまうという病弱ぶり。
そんな若だんなに仕える、これまた甘々の手代、佐助と仁吉(実は妖怪)。彼らを始めとする妖(あやかし)たち。
病弱な若だんなの変わりに、あやかしたちが手となり足となり、協力して事件を解決する、ミステリーの要素が入った時代物ファンタジー。


あと、上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」もお奨めです。
こちらもファンタジー(しかも架空世界)で、さらに児童文学というジャンルですが良作です。

以下、新潮社より抜粋
老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。

「精霊の守り人」は「守り人・旅人」シリーズとして続刊があります。
現在、ハードカバー→軽装版→文庫とお求め安くなっている上、文庫版は大人向けに漢字変換して下さってます。(もとは児童書のため、ひらがな使いが多用)


最後に、超有名どころとして池波正太郎さん。
一番のお奨め作品は「鬼平犯科帳」です。
これはお奨めした中でも一番シリーズとして長い作品なので、無理そうなら「谷中・首ふり坂」をどうぞ。
こちらは短編集で、そのなかに「看板」という作品がありまして、これが後の「鬼平シリーズ」に先行する作品になります。他の短編作品も面白いです。

シリーズものばかりをお奨めしてきましたが、「鬼平シリーズ」は上記の「谷中・首ふり坂」(新潮文庫)を、「しゃばけシリーズ」は「しゃばけ」(新潮文庫)を、「守り人・旅人シリーズ」は「精霊の守り人」(新潮文庫)、これら一冊だけでも読める作品です(新潮文庫の回し者みたいですね)。わたしは気になって続刊を読み続けましたが。(しゃばけシリーズは現在進行形です)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
畠中恵さんは、以前から気にはなっていたのですが、
ファンタジーというので少し敬遠していました。
こわがりなので、幽霊や妖怪が苦手なのですよ。
でも、ちょっとおもしろそうだなぁと思いました。
これを機に、借りてみようと思います。
池波正太郎さんの鬼平犯科帳も、気になっていた作品です。
まずは、谷中・首ふり坂から、はじめてみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/04/24 15:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性作家のオススメ時代小説を教えて下さい

女性作家が書いた時代小説を探しています。
面白そうなものがあっても絶版だったりして手に入らず、普通に購入できるものでお願いします。

以下の作家さんの小説は読んだことがあるのですが、他にもオススメの作家さんはいますでしょうか?

■木内昇
■大内美予子
■秋山香乃
■宮部みゆき

マンガやラノベではなく、小説でお願いします。

Aベストアンサー

北原亞以子さんの
人情味溢れるな江戸ものはいかがでしょうか?

慶次郎シリーズはNHKでドラマ化もされました。

どの作品も余韻が清冽で、新刊を楽しみにしていましたが、
最近鬼籍に入られてしまい残念です…

Q時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

「宮部みゆき」さんなどの本も現代物しか読んだことがありません。

「山本一力」さんなどは、そこそこ読んでおります。

はば広く、教えていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体は非常に読みやすく、かつ現代的で、推理小説としても超一級ですが、普通の小説としても十分に楽しめます。


東郷隆
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%83%B7%E9%9A%86

守備範囲が広いことが仇になって時代小説では中堅どころの扱いをされることが多いですが、昭和以降の時代小説作家の中では、もっとも江戸時代の空気を再現することに成功している作家の一人だと思います。ぜひ一度試してください。

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体...続きを読む

Qおすすめの時代小説の女流作家を教えて下さい。

ここ数年、時代小説にはまっています。宇江佐真理さん、宮部みゆきさん、藤原 緋沙子さん、北原 亞以子さん、今井絵美子さんの作品は、殆ど読んだ感じなので、それ以外で、おすすめの時代小説の女流作家さんを、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Fewhelltonさんが挙げてらっしゃる作家のほかでしたら、
畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズ、「まんまこと」シリーズおすすめです。

女流に限らないということでしたら、
都筑道夫(つづきみちお)さんの「なめくじ長屋」シリーズ。捕物帳ですが、短編で読みやすく、しかも江戸風俗が生き生きと描かれています。
亡くなった江戸風俗研究家・杉浦日向子さん、作家の宮部みゆきさんなども、このシリーズのファンです。


お役にたてばw

Q時代物で恋愛小説。オススメありませんか?

いつもいつも大変お世話になっています。

時代…というか歴史というか…。
そういう昔を舞台とした恋愛小説を読みたいんです。
舞台となっている時代は何時代でもかまいません。
けど日本人が主役の本がいいです。

今まで読んだ時代物の恋愛小説は、
・京極夏彦さん『嗤う伊右衛門』
・玉岡かおるさん『天涯の船』
・三浦綾子さん『氷点』
・北村薫さん『リセット』
      『スキップ』←けれどちょっと時代が新しすぎるかなぁ~と言う気も…
・恩田陸さん『ライオンハート』
あとはコバルト文庫が少々です。

こんな私に何か良い小説はないでしょうか?
あなたのオススメを是非教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。

私がオススメする本は、船山馨(かおる)の『お登勢』です。
時代は幕末~明治初期。舞台は徳島と淡路島から北海道へ。
主人公のお登勢は奉公人で、その奉公先は佐幕派。
お登勢が密かに心慕う男性は、討幕派の家。
さらに奉公先の娘とお登勢の好きな相手が恋仲になってしまう・・・
というお話です。
3人の人物を中心として、激動の幕末の時代の波に飲まれていきます。
また、史実にも忠実なので、幕末の徳島藩・稲田家及び、北海道開拓史の様子も、物語とともに楽しめますよ。
ちなみに数年前に、NHKの金曜時代劇で映像化され、人気となったドラマの原作です。
お登勢役は、沢口靖子さんでした~。
少し長いですが、物語に引き込まれていくので、どんどん読めると思います。
よろしかったら、お読みになってくださいね☆

Q女性におすすめの時代小説を教えてください

宮部みゆきさんや畠山恵さんの時代小説、憑神を読み、とても面白かったので、もっと時代小説を読んでみたいと思っています。
女性におすすめの読みやすい時代小説を教えてください。

<好きな傾向>
○江戸時代(江戸時代以外でもOKです)
○町人のお話(町人以外でもOKです)
○ほのぼのするお話が好き
○妖怪や神さまの話も好き
○美男・美女・かわいい子が出てくる小説大歓迎
○妖しいお話も好き

<嫌いな傾向>
×戦闘ものには燃えません
×TVの大河ドラマや水戸黄門にはあまり興味がありません

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も暗いものや武将ものは好みませんので、多分趣味は同じですね。

宇江佐真理の「髪結い伊三次シリーズ」とか

北原亞以子の「慶二郎縁側日記」「深川澪通り木戸番小屋」とか

定番ですが藤沢周平の後期の作品
(前期のものは暗いものが多いです)
用心棒日月抄 花のあと etc 

白石一郎 十時半睡事件禄

澤田ふじ子 閻魔寺シリーズ? 借りたので手元にありません

諸田玲子 お鳥見女房シリーズ

佐藤雅美(この人は男性) 居眠り紋蔵シリーズ

もちろん皆さんお勧めの御宿かわせみは、背景が明治時代になっても雑誌で続いてますから、当分楽しめますよ。
概して女性作家の方が切った張ったが少なくて、安心して読めるようです。

Qおすすめの時代小説を教えてください。

おすすめの時代小説を教えてください。
いくつかのシリーズを愛読しておりますが、新規開拓したいので質問しました。
史実を元にしたものではなく、捕物帖・人情話のようなものが好きです。
現在読んでいるのは坂岡真さんのうぽっぽ同心シリーズや照り降り長屋シリーズ、平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズ、風野真知雄さんの大江戸定年組シリーズ。
佐伯泰英さんの作品は居眠り磐音 江戸双紙シリーズと吉原裏同心シリーズを読んでいますが磐音よりも吉原裏同心の方が好みです。密名シリーズはちょっと駄目でした。
一時期築山桂さんの作品も読んでいたのですが、この方の作品は少し恋愛色が強いのでなんとなく違うかなーという感じ。
男女の情愛が描かれた作品に関しては、現代寄りではなく江戸時代に即した淑やかな愛情表現がいいです。
また時代小説の大御所としては池波正太郎さんなどがいらっしゃいますが、池波さんはドラマのシリーズは好きなのですが文章はちょっと読みにくかったです。

長々と講釈いたしましたが、同じく時代小説がお好きな方、列記した作品を見て「これぞ」という作品がありましたら回答よろしくお願い致します。

おすすめの時代小説を教えてください。
いくつかのシリーズを愛読しておりますが、新規開拓したいので質問しました。
史実を元にしたものではなく、捕物帖・人情話のようなものが好きです。
現在読んでいるのは坂岡真さんのうぽっぽ同心シリーズや照り降り長屋シリーズ、平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズ、風野真知雄さんの大江戸定年組シリーズ。
佐伯泰英さんの作品は居眠り磐音 江戸双紙シリーズと吉原裏同心シリーズを読んでいますが磐音よりも吉原裏同心の方が好みです。密名シリーズはちょっと駄目でした...続きを読む

Aベストアンサー

宇江佐真理の「髪結い伊佐治捕物余話」シリーズがおすすめです。
まさに捕物帖・人情話ですし、このシリーズ以外にも宇江佐真理の作品は
けっこう楽しめますよ。

Q読みやすい時代小説を教えてください

読書家じゃないくせに、時代小説が読んでみたくなりました。

育児の合間に読むので、あまり複雑なのや、どろどろしたのは避けたいです。
ホラーも苦手です。

時代小説でもいいですし、
タイムスリップで江戸時代に行ってしまう、、、というようなのもいいです。

戦争とか抜きで、恋愛モノやほのぼのした作品が読みたいのですが、
そんなのあるんでしょうか。。。

おすすめがあれば、教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「春秋の檻―獄医立花登手控え」 (講談社文庫)藤沢周平

出版社/著者からの内容紹介
島送りになる若者の頼み事。無実を訴える男の正体。御家人毒殺未遂の真相。恋人を刺した女囚の愛憎。さまざまな暗い人間模様が江戸小伝馬町の牢屋に持ちこまれる。小さな罪の背後にうごめく大きな悪。心優しい青年獄医立花登が市井の人情も細やかに、柔術の妙技と推理の冴えを見せて事件を解く時代連作集。

「橋ものがたり」 藤沢周平(新潮文庫)
 
「驟り雨」 藤沢周平 (新潮文庫)
 
内容(「BOOK」データベースより)
抗いきれない運命に翻弄されながらも懸命に生きる市井の人々―。その哀歓を確かな視点で捉え、陰翳深く彫り上げた珠玉の十編。江戸情緒が色濃く漂う、円熟した筆の味わい。

どちらも短編集なので家事の間に読むのにいいと思います。

「みおつくし料理帖」は今私も読んでますがおもしろいですよ。
ちょっと少女漫画みたいな感じですが。

Q佐伯泰英さんの作品でお勧めは?

佐伯泰英さんの居眠りシリーズを現在読んでいる40代の女性です。
もともとはNHKのドラマのファンで読み始めたのですが、原作のほうがとても面白く、ここ1ヶ月でもうすぐ全巻読み終えてしまいます。
こんなに時代小説にはまったのは初めてで自分でも驚くくらい。
読み終わることを考えると、ちょっと寂しい気もします。
佐伯さんの作品は他にも多々あるようですが、シリーズ物も多いようです。他の作品でお勧めのものがあったら教えてください。
やはり、居眠りシリーズが1番面白いでしょうか?

Aベストアンサー

佐伯の時代小説第一作は「長崎絵師通吏辰次郎」(全2巻)ですが、のちに色々な作品で開花する要素が未成熟状態のまま詰まっている─いわばあれも書きたいこれにも触れたいといった走り書きの感があり、できればかなり全作を読み込んできた段階にて、ああそういうことだったのかと読み来し方を振り返るのが何よりではないでしょうか。

時代小説第二作にして、その後シリーズ化の第一看板となった「密命」(全19巻)は、そのチャンバラシーンの多さからしても最強のシリーズでしょう。

TV化で人気の「居眠り磐音江戸草紙」(全27巻)のもつ、市井のほのぼのムードが好みなら「鎌倉河岸捕物控」(全13巻)は外せません。

また「居眠り磐音」とは同根らしくもあり、それとはまた別の方向へと流れていく市井のしみじみ感というか、やや哀調も漂うのが「吉原裏同心」(全10巻)でしょう。

意表を突いた出だしからあれよあれよと持って行かれる筋立ての妙で、個人的には一番楽しいシリーズが「酔いどれ小籐次留書」(全10巻)です。

意表を突くといえば、忠治任侠ものと表裏一体の「夏目影二郎始末旅」(全13巻)も不思議な味わいが愉しめます。

本当の意味での幕府の密命が絡んだ、江戸初期の「古着屋総兵衛影始末」(全11巻)と、江戸末期設定の「交代寄合伊那衆異聞」(全9巻)は、海外雄飛が関わる、やや荒唐無稽にして、それだけに伸びやかな作品群でしょう。

以上から、まずは「鎌倉河岸捕物控」へ。続いて主力の「密命」、そのあとは「吉原裏同心」と「酔いどれ小籐次留書」あたりが一番穏当ではないでしょうか。

佐伯の時代小説第一作は「長崎絵師通吏辰次郎」(全2巻)ですが、のちに色々な作品で開花する要素が未成熟状態のまま詰まっている─いわばあれも書きたいこれにも触れたいといった走り書きの感があり、できればかなり全作を読み込んできた段階にて、ああそういうことだったのかと読み来し方を振り返るのが何よりではないでしょうか。

時代小説第二作にして、その後シリーズ化の第一看板となった「密命」(全19巻)は、そのチャンバラシーンの多さからしても最強のシリーズでしょう。

TV化で人気の「居眠り磐...続きを読む

Q女性が主人公の時代小説を教えてください。

大河ドラマ『江』にはまってます。

女性が主人公の時代小説を教えてください。
時代は平安~幕末。
フィクション、ノンフィクション問いません。
できれば文庫本がよいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する女性の話ですと、お市の方やおねさんなどあります。戦国辺りの女性主人公は多いです)を主人公にして小説を書いています。

諸田玲子さんは、主に江戸時代の女性をよく書いていらっしゃいます。お江のお話ももちろんありますよ。
お江絡みですと、築山殿(徳川家康の奥さん)を主人公にした「月を吐く」というお話があります。
一般的は「悪女」として知られている築山殿が、また違った感じに描かれていて、おもしろかったですよ。
家康の最後の側室「お六」が主人公の「仇花」、もう少し時代が下って綱吉の側室だった女性の熱い恋の物語もかなり心に残るお話でした。

杉本苑子さんは、戦国より何百年の前の奈良~平安初期にかけての小説が多いのですが、短編集で、御台所となったお江と激しく対立する「春日局」を書いています。
ただ春日局に関する小説は、松本利昭さんの「春日局」が一番面白かったです。

他にもいくつか書いておきますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

◎永井路子さん
乱紋(浅井三姉妹、江)-文春文庫(上下巻)
流星-お市の方(お市の方)-文春文庫(上下巻)
王者の妻(おね)-PHP文庫(上下巻)

◎諸田玲子さん
美女いくさ(お江、小説内では小督)-中公文庫
月を吐く(築山殿)-集英社文庫
仇花(家康の側室お六)-光文社文庫
灼恋(綱吉の側室染子)-新潮文庫

◎杉本苑子さん
春日局(春日局、他4編)-集英社文庫

◎平岩弓枝さん
千姫様(お江の娘千姫)-角川文庫

◎宮尾登美子さん
東福門院和子の涙(お江の娘、後水尾天皇女御和子)-講談社文庫

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する...続きを読む

Qおすすめの時代小説は?

24歳、女です。資生堂から出ている「花椿」という雑誌に連載されている、海野弘さんの「にっぽん草子」を読んで、時代小説に興味がわきました。しかし、今まで時代小説を読んだことがないので、何から手を付けて良いかわかりません。(ためしに山本周五郎の「さぶ」を読みました。とても良かった!)そこでみなさんのおすすめの時代小説を教えてください!
読みたいキーワードは
義理人情、粋、「ええ話やなあ~」、できれば短編ではなく長編、文体が難しくない、です。
※ちなみに、時代小説と書いていますが江戸時代を舞台にした、という意味です。この解釈はまちがっていますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応、時代小説というのは、歴史上のいつかを舞台にした小説。歴史小説は、歴史上の事件や登場人物などを素材にした小説ではないかと思います。ですから、時代小説は江戸時代とは限りません。

ともかく、江戸時代を舞台にして、義理人情、粋をキーワードにした「ええ話」の小説ですね。

平岩弓枝『御宿かわせみ』
連作短編集です。短編集だけど、話は続いているので、一大長編ともいえます。最初はかなわぬ恋愛小説風だけど、だんだんホームドラマ風に変わってきます。でも、粋と人情は豊富ですね。泣けてくるほど切ない話もあります。

藤沢周平『消えた女』
彫師伊之助捕物覚えシリーズの第1作。
長編で3作あります。
暗い過去を持つサラリーマンが義理にひかれて、仕事をごまかしながら人助けをするせつない世界ってところかな。


人気Q&Aランキング