今度、気になる人と、DVDを見ることになりました
(彼も私も20代前半で、レンタルDVDになるかと思います)。
そこで、気になる人と見たい、
オススメの映画を教えていただけないでしょうか。

彼は結構恋愛ドラマとかが好きなようです。
私も月9系とか、王道系な恋愛ドラマが好きです。
本当は「オレンジデイズ」とか「スローダンス」とかを
見たかったんですが、さすがに長時間すぎるので、
映画を見ようと思います。
TVドラマのスペシャルやTVドラマ映画版など、
時間が2・3時間で見れるものなら、TVドラマでも可です。

邦画、洋画問わず、わりと王道系の、
ハッピーエンドのラブストーリーを見たいと思っています。
(過去の質問を見ると、『ラブ・アクチュアリー』など
 洋画のオススメが多かったので、
 邦画のオススメを多めにいただけると嬉しいです!)

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

○洋画


「50回目のファーストキス」
「世界で一番パパが好き!」

○邦画
「ハチミツとクローバー」
「ALWAYS 三丁目の夕日」

洋画&邦画とも後者に挙げた作品は、親子愛も含む、ハートフル・ドラマのようなストーリーです。
一番のオススメは「50回目のファーストキス」かな。
楽しく笑えて、感動して、あたたかい気持ちになれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に説明を書いてくださってとても助かりました。
どうもありがとうございます。

「ハチミツとクローバー」はハッピーエンドなのでしょうか?
観たことがないのですが、候補に入れてみようと思います。

『50回目のファーストキス』も
良さそうですね!!観たくなってきました。

ご回答、ありがとうございました!!

お礼日時:2008/04/21 00:47

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演の


「幸せのレシピ」なんか良いかも?
邦画なら「冷静と情熱の間に」かな☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます!!

「幸せのレシピ」というのは初めて聞きました!
レビュー等を探してみようと思います。

「冷静と情熱のあいだに」もいいですね☆
候補に入れてみます。

どうもありがとうございました!!

お礼日時:2008/04/21 00:44

王道ですが…


『ウォーター・ボーイズ』
『電車男』
『舞妓Haaaan!!!』
『未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

邦画を4つ挙げていただいて、ありがとうございます!
『舞妓Haaaan!!」は私も見ました☆
アベサダさんが格好良かったですね(笑)

未来予想図、ウォーターボーイズは、
王道なのに、思いつきませんでした。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/04/21 00:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q王道の意味は?

「学問に王道なし」ということわざがあります。
学問の道を追究するには、安易な方法や楽な道はなく、地道な努力が必要であるという意味だと理解しています。
この事から、「王道」とは、安易な方法とか近道という意味だと思っていました。
しかし、最近、「素材を生かし、かつ熟練された技術で作り上げられた、○○の料理こそ、フランス料理の王道だ。」などという使われ方をよく耳にします。
この場合の、「王道」の意味はニュアンスからは、「正当なもの」、「神髄」、「真っ当な方法」といった意味に聞こえます。
私の所有している「広辞苑」には「王道」という項目は記載されていませんでした。
「王道」の本来の意味を知りたく、お尋ねします。
ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は面白いですね。勉強になります。

「王道 学問 安易」でGoogleの検索にかけると、「王道」の辞書上の意味と、実際によく使われている意味とのずれを不思議がっているページがたくさん見つかりました。

たしかに、「王道」は辞書上、「安易な方法」「近道」の意味ですが、実際は「正攻法」とか「定石」「基本」の意味でよく使われているようです。

いままさに、私たちは意味が変化している語をまのあたりにしているのでしょう。「もと誤用」など注釈つきで辞書に載るのも近いかもしれません。

QエロシーンのあるラブストーリーDVD教えてください。

エロシーンのあるラブストーリーDVD教えてください。

AVではなく、途中にちょっとしたエロシーンのあるラブストーリーのDVDを見たいのですが(洋画・邦画どちらでも)お勧めのものを教えてください。

なくべく5年以内の作品でお願いします。


また質問とは少しずれますが、「SEX AND THE CITY」って見たことないですが、タイトルからしてセクシーシーンが多そうですが、実際どうなんでしょうか?詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

SEX AND THE CITY多いですね
あとgossp girlもエロいシーンあります(;o;)

Q「学問に王道なし」の意味を教えてください。

タイトルどおりです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「学問に王道なし」とは、ギリシャの哲学者アリストテレスがアレキサンダー大王の家庭教師として赴任したときの言葉として、あまりにも有名ですね。 


 だれでも苦労しないで知識や知恵、物心両面の豊かな生活を得たいと思いますが、それはできない相談なのです。 様々の経験を積んで悩み苦しみながら、生きる知恵を身につけていくしかないのです。 それを安直に得ようとすればその場はしのげても、いつかは同じような問題に捕まってしまうのです。 しっかりと身に付いていない知識や知恵で、ものこどに対処するから失敗補繰り返し、そして自信を失ったり、相手や社会を恨み、最期には自分さえも恨んでしまうのではないでしょうか。

「人生にも王道なし」
人生にもまったく同じことが言えると思います。 自分に能力や経済力がないのに大きなことに挑戦して失敗するとか、相手に求めてばかりいて自分は相手になにも与えようとしないとか、基本的なことが抜け落ちていることでは、人生は辛くなるばかりだと思います。

Q映画ってハッピーエンドばっか・・・

大抵の映画って主人公がハッピーエンドになる。
例えばアクション映画でも最後主人公が敵をやっつけるのはお決まりですよね。
だから見ててスリリングじゃない。
主人公がピンチでもあーどうせこの後逆転するんだろうなって感じで先が読めてしまう。
適役が勝って終わる映画もいっぱいあった方がこの映画は最後どうなるんだろうかって感じで見てておもしろいと思うのですが。
映画をつまらなくしてる原因の一つだと思います。

適役が勝って終わるパターンの映画はダメですか?

またなぜ大半の映画は主人公がハッピーエンドになるのでしょうか?
何か理由でもあるんですか?

Aベストアンサー

勧善懲悪こそがSFやアクション映画に対して大衆が求めている
スタイルだからだと思います。
誰だって、悪役が出てきた時点で「こいつは倒される」なんて
分かっています。(恋愛ドラマで最初からくっつく二人が分かるようにです。)
No.1さんが仰ってる様に、その戦いの過程(恋愛の過程)を観ることに
楽しみを求めているのです。
また、悪役が勝ってしまえば悪を肯定する事にもなりますので、大半の
人は「なんだこれ?」と思ってしまいます。
だめとは思いませんが、大衆がそれを求めていないのです。

また、大半の映画の主人公はハッピーエンドにはなっているとは思いませんが。
恋愛でもシリアスモでもホームドラマでも、アンハッピーで終わって
しまう映画は結構あると思います。
ハッピーエンドではなく「泣ける」ものだったり「大爆笑」だったり、「え!」とびっくりする終わり方だったり。
終わり方は一様ではないと思うのです。

Qストーリー設定などの”王道”

とはどういう意味なのですか?
また、漫画の感想サイトに
「王道的なストーリー」とか
「キャラクターの性格が王道すぎる」
などありますがストーリーとキャラクターで
"王道"と言う意味は変わるんですか?

Aベストアンサー

意味は変わりません。
王道=正統派、お決まりのパターン
という意味です。
「王道すぎる」とは オリジナリティがない、という意味です。
王道も時代や流行で変わりますが・・・。

Qハッピーエンドの逆は?

ハッピーエンドの逆で、悲しい結末のことは、なんと言うのでしょうか?

また、他の○○エンドという表現があれば、教えてください。

Aベストアンサー

ご質問の文をよく読んでいなかったので、
あらためてお答えします。

英語では、正しくは *** ending ですが、

>ハッピーエンドの逆で、悲しい結末のことは、なんと言うのでしょうか?

unhappy ending
sad ending
tragic ending


>他の○○エンドという表現があれば、教えてください。

bittersweet ending (ほろ苦い結末)

clear ending(はっきりした結末)

cliff-hanger ending(ハラハラする結末)

disappointing ending (あっけない幕切れ)

great ending (最高の結末)

surprise ending (意外な結末、どんでん返し)

twist ending (予想外の結末、オチのある結末)

・・・・などです。

Q王道漫画とは何なのか

先々週号のヤングジャンプ掲載の「リアル」の中で
新人の投稿作品は王道漫画がほとんどで、もう王道漫画はいらない
という編集者の発言があり、ふと疑問を覚えました。

王道漫画とは何なのだろうか、と

思い浮かぶのは、ドラゴンボールやワンピースと言った敵をバッタバッタと倒す勧善懲悪なヒロイックストーリー
しかしそれは王道と捉えつつも、それが漫画の正道かと言われると、バトル漫画という一つのジャンルでしかない。
だったらあり方ではなく、勧善懲悪・ハッピーエンドと言ったストーリー的な部分に対して王道と名付けるのだろうか?
だとすると、バトル漫画に限らずほとんどの作品が「王道」になってしまい、王道批判は漫画そのものを批判しかねない。


一般的認識の王道漫画とこの編集者が言う王道漫画は違うのだろうか?
はたまた、ジャンプではドラゴンボールやワンピ系が王道、チャンピオンではヤンキー漫画が王道、サンデーではラブコメが王道というように雑誌毎に違うのだろうか?

漫画の王道とは一体何なのだろう?

Aベストアンサー

王道とは王すなわち先駆者、成功者が築いた道。安直な道。この編集者のいう王道とはいわゆる「ベタ」のこと。
どこかで見たような設定や展開。過去に成功した作品の模倣を感じさせ独創性のない漫画のことを指しているかと思います。

人まねでないオリジナリティのある漫画を期待したいということでしょうね。

Q都会から地方へ行く映画(ハッピーエンド)

都会でバリバリに(それなりに?)活躍していた主人公が、何かをきっかけに地方へ行くことになり、最初は腐っていたけれどだんだんと調子を取り戻していく、あるいは新しい自分を発見していく……というようなストーリーの映画があれば、紹介していただきたいです。ハッピーエンドのものを探しています。

「彼女は夢見るドラマ・クイーン」「メラニーは行く!」「世界で一番パパが好き!」はすでに観ました。

映画の洋邦・新旧、主人公の性別・年齢などは問いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今思いつくのはこんなかんじです。

エリザベスタウン(オーランドブルーム主演)
人気のシューズデザイナーが仕事で失敗し、婚約者にもふられ意思消沈しているところに、父親が亡くなったという訃報が入る。故郷に帰った彼は父親の思い出をたどるうち大事なものを思い出していくという心温まる作品。

天使にラブソングを
名作なのでもう見たかもしれませんね。クラブ歌手だった主人公がある事情で修道院に身を隠すことに。へたくそな賛美歌を聞いてられない主人公はロックでソウルな賛美歌に変えようと奮闘。修道女たちも園流れにつられていき・・・という感動コメディです。

エリン・ブロコヴィッチ(ジュリアロバーツ主演)
都会でバリバリっていう趣旨にはあっていませんが、貧乏・子持ち・学歴なしの女性が大企業を相手取り裁判をし、アメリカ史上最高額の賠償金を獲得するまでを描いた実話をもとにした映画。趣旨とは違いますが、展開は似たような雰囲気ですすみますし、面白いのでまだ見てないならおすすめです。

Q学問に王道なし

この言葉は、本来、幾何学に王道なし(ユークリッド)だと思います。なぜ、学問に王道なしになったのでしょうか。統計学のように王道のある学問もあります。

Aベストアンサー

私はその意味を「苦労をせずに高見に登れる学問はない」と言う意味に勝手に理解しています。

ただし近道ならば知っています。これは、私の先生が教えてくれた抜け道です。その先生が言うには、
「学問の高みに登るには、ヘリコプターを使いなさい。自分の足で下から登って行ってはだめだ。途中で息切れがしてしまうから」
だそうです。

この言葉の意味は、
「その学問分野で超一流な先生の弟子になりなさい。正式にその研究室に入った公的な弟子でも、勝手に押し掛けて行って私的な弟子になるのでもでもかまいません。既に大成をしている先生は、それを目指して日夜励んでいる方よりもいろいろな意味で余裕があり、元気な人がこちらから出向いて戸を叩けば、余裕のない先生方より遥かに簡単に弟子にしてくれるものだ。超一流な先生は、何をどう理解したらその学問の核心に近づけるかを貴方に教えてくれるので、それを知っているか知らないかで、貴方のやる学問に雲泥の差が付いてしまう。」
だそうです。

もちろん、弟子に受け入れられた後、「石に齧り付き、血の涙を流す」努力が必要であることに変わりはありません。その意味では、相変わらず「学問に王道なし」といえます。

ついでに言うと、
「どんな学問でも途轍もなく複雑な問題を抱えているで、その分野の中のどんなにつまらない問題でも、それに一生、恍惚としながら、のめり込んで行ってしまう面白さを持っている。実はそれが、学問をやる場合の落とし穴であり、危険なところだ。学問を始めると、どんな問題をやってみようかという入り口を見つけることは、比較的簡単で、誰にでも出来る。一流な先生の違うところは、その落とし穴にはまり込まないように、いま現在のレベルでは、どこでその問題から手を引いて、その分野でまだ残されている他の重要な問題に興味を移して行くかのタイミングや出口を知っている。そして、それを貴方に教えてくれる。そのようにして幾つかの本質的な問題に関わる経験をした後に、場合によっては再び前の問題に帰ってくれば良いのだ。」
だそうです。

もちろん、これは私どものような凡人用の近道です。世の中にはアインシュタイン見たいに、自分の足で一気に上まで登って行けた人達もいましたが、まさか自分がそれに当たっている確率は、限りなくゼロに近いですから。

私はその意味を「苦労をせずに高見に登れる学問はない」と言う意味に勝手に理解しています。

ただし近道ならば知っています。これは、私の先生が教えてくれた抜け道です。その先生が言うには、
「学問の高みに登るには、ヘリコプターを使いなさい。自分の足で下から登って行ってはだめだ。途中で息切れがしてしまうから」
だそうです。

この言葉の意味は、
「その学問分野で超一流な先生の弟子になりなさい。正式にその研究室に入った公的な弟子でも、勝手に押し掛けて行って私的な弟子になるのでもでも...続きを読む

Q爽快で感動でハッピーエンドの映画。

 映画に詳しい方、お知恵を貸してください。

 ほとんど休みの取れない主人が珍しく有給が取れ、日曜日に、ラグジュアリーホテルにステイすることになりました。
 主人の希望で当日はDVD観賞をする予定です。
 何を観ようか、と訊いたところ、↓
 
 「観終わった後に気分が爽快になり、感動するハッピーエンドの映画が観たい。」
 
 とのことでした。


 必ず満たしてほしい要素は以下です。


 ・ 暗い内容ではなく、爽快な気分になるもの。
 ・ 最後には感動があり、ハッピーエンドで終わること。
 ・ 観終わった後に心に充実感が残る中身のあるもの。
 ・ 2時間程度で観られるもの。(長編大作はダメ。)
 
 始めは「レナードの朝」が候補でしたが、重厚な内容で、「爽快」とは違うので却下になりました。
また、わたしは「ベストフレンズウエディング」が観たかったのですが、恋愛コメディの要素がやや強く、「ハッピーエンド」にも該当しませんでした。

 また、笑える要素を考えて、ダメもとで「有頂天ホテル」を打診したところ、「観ても観なくてもどうでもいい映画」と言われ、こちらも「中身がない」と却下されました。


 過去の質問でも検索をかけたのですが、いまひとつ該当するものがありません。

 映画に詳しい方、教えて下さい。
 出来ましたら紹介してくださる時に、内容も簡単に書いて頂けると助かります。



 *御礼、締切必ずします。



 映画に詳しい方、お知恵を貸してください。

 ほとんど休みの取れない主人が珍しく有給が取れ、日曜日に、ラグジュアリーホテルにステイすることになりました。
 主人の希望で当日はDVD観賞をする予定です。
 何を観ようか、と訊いたところ、↓
 
 「観終わった後に気分が爽快になり、感動するハッピーエンドの映画が観たい。」
 
 とのことでした。


 必ず満たしてほしい要素は以下です。


 ・ 暗い内容ではなく、爽快な気分になるもの。
 ・ 最後には感動があり、ハッピーエンドで終わること...続きを読む

Aベストアンサー

恋愛要素ではなくヒューマン的な内容で、かつ全編通して明るい感じということですよね?

感動できるヒューマンドラマで内容の濃くないものというのはなかなか難しいかもしれませんが、お好みに合うかはわかりませんが、


「世界最速のインディアン」
主人公のおじいさんが、年をとっているけど大好きなバイクでの夢を実現するために、旅をするロードムービーです。
実話です。
ロードムービーですので、爽快というほどテンポがいいわけではありませんが、出てくる人出てくる人が温かく、いい余韻の残る作品だと思います。

「ルディ」
これも実話です。
才能には決して恵まれているわけではないけど、情熱と努力を人一倍怠らない主人公の青年が、アメフトという夢に向かって努力する映画です。ハッピーエンドかどうかは捉え方次第だと思いますが、私的にはこれ以上ないハッピーエンドだと思います。

「しあわせの隠れ場所」
これもアメフトをテーマにしていますがヒューマンドラマで、実話です。
ある身寄りのない青年を引き取って家族として受け止め、彼を有名な才能あるプレイヤーとして花開かせる暖かい家族のお話。
これも、出てくる人々が素敵なので暖かい爽やかな気分になれると思います。


「あなたは私の婿になる」
これはラブコメディに該当しますが、恋愛要素だけではなく、家族や人の気持ちを丁寧に描いてるコメディなので、おすすめです。
傍若無人なキャリアウーマンであるヒロインが、ビザが切れてしまうため部下である男性に無理やり偽装結婚を強いることからはじまるラブコメディです。

恋愛要素ではなくヒューマン的な内容で、かつ全編通して明るい感じということですよね?

感動できるヒューマンドラマで内容の濃くないものというのはなかなか難しいかもしれませんが、お好みに合うかはわかりませんが、


「世界最速のインディアン」
主人公のおじいさんが、年をとっているけど大好きなバイクでの夢を実現するために、旅をするロードムービーです。
実話です。
ロードムービーですので、爽快というほどテンポがいいわけではありませんが、出てくる人出てくる人が温かく、いい余韻の残る作品だと...続きを読む


人気Q&Aランキング