忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

スタグフレーション経済下での株式市場ではどんな業種、銘柄が人気化するのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スタグフレーションは、インフレと不景気が同時に起きることですから、経済は最悪の状況です。


現金(貯金も含む)は物価高の影響で目減りしますし、不景気で企業の利益向上も期待できませんし。
それでもあえて選ぶのでしたら、消去法で社会インフラ系(電気、ガス、鉄道等)が選ばれそうな気がします。
スタグフレーションに備えるのでしたら、株式投資以外に、債権や不動産などに(もちろん貯金にも)分散投資を考えた方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

社会インフラですか。なるほど。
不動産ですか。なるほど。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/21 06:10

やはり、ディフェンシブ銘柄の医薬品株、インフレがメリットになる保険ですか、、、。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございました。
医薬品と保険に注目してみます。

お礼日時:2008/04/21 06:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフレだと株は上がるのですか?

インフレ懸念で債権から株へと資金が流れ、諸指標が悪くても株が上がっていますが、インフレだと何故株が上がると言えるのでしょうか?

アメリカはFRBが政策金利を下げても長期金利はどんどん上がっていますね。貸し出し金利が上がるということは返せなくなるケースが増え、サブプラはさらに損失が出る、消費は落ち込む、景気が悪くなる、企業業績は悪化する、株は売られるということになりませんか?

インフレ時は株高という説は過去においてインフレ時=景気が良かった時という統計があり、それに基づいて言っているのではないでしょうか?

スタグフレーションでも日経平均は上がりますか?過去のスタグフレーションの時、株価はどうだったか知っている方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

インフレは株価を上げます。これは必然です。
ただし、これは長期的にみての話です。
短期的にみてしまいますとランダムウォークしますから予測できません。
この辺の話は金融工学系の本を一冊読まないと理解できないと思います。

シーゲルという経済学者が過去200年に渡る統計をとっています。
それによると1800年の1ドルは現在60万ドルになって運用されています。

インフレがなぜ株価を上げるのかはリターン(配当)が増えるからです。
物価が上がれば企業も物の値段を上げます。
短期的には買い控えなどがおこりますが、長期的には値上げの分だけ企業の収支も増加します。
それに対して配当を増加せよという圧力も高くなり、株価を押し上げます。

>インフレ=株高と浮かれているこの頃、大丈夫かなーっとハラハラして見ています。
私もそうなるとみています。
私の読みはもっと具体的な根拠があるのですが、ここでは記述を控えます。

Q不況下のインフレ:スタグフレーション時の対策

タイトルどうりです。
何をしておけばいいでしょうか。
一般人としての対策です。
そしてその後の展望、もし起こったときに何年続くか、
経済だけでなく社会情勢、大衆心理としてはどうなるのか、
考えただけでとてつもなく恐ろしいです。

Aベストアンサー

ご質問は「日本崩壊」即ち、国債暴落→ハイパーインフレ→日本崩壊 に備えて、今から、一般日本国民は、何をしておくべきか?
というご趣旨と捉えて、私の考えを記述致します。

現状の日本は「日本官僚主義自民共和国」であって、自民党と官僚が一体となって「日本崩壊」へ突き進むと予測して以下の対策とします。

>一般人としての対策です。
(1) 基本的には、強烈な嵐を乗り越え得る健康な身体と精神を作っておくことが第一に大切。健康への投資を今考えておく。

(2) 次に財産を不動産と動産に分け、不動産はできるだけ借金で賄う、即ち、マイナスの円価値で所有するように心掛ける。動産の半分程度(もしあれば)は、国際的価値を有するもの(金や宝石)で所有する。

(3) 国内銀行の預金封鎖に備えて、海外へ資金の逃避手順を定めておく。

(4) いままで2回の「日本崩壊」、第1回目が「明治維新」第2回目が太平洋戦争の「敗戦」の経験から、約10年は、餓死者も出る大混乱・大騒擾があると予測するので、できれば「田舎の知人・親戚」を今から大切にしておく。(もし可能なら海外へ移住する手段も考慮すべき)

>そしてその後の展望
 いままで2回の経験から、旧体制の自民党と官僚が滅びれば日本国及び国民は立ち直ると予測します。(たとえ親・兄弟姉妹・子孫に死者が出ようとも)

>もし起こったときに何年続くか
 いままで2回の経験から、10年~15年続くと思います。

>経済だけでなく社会情勢、大衆心理としてはどうなるのか
 第1回目よりも第2回目、第2回目よりも第3回目と社会的騒乱情勢は厳しくなると考えています。
「貧者の暖かさ」「遠くの親類より近くの他人」等は消えてしまうでしょう。「気よし丸」では生きていけないでしょう。
「明確な悪」が身の回りに多数現れても負けない身体と才覚が要求されるでしょう。

ご質問は「日本崩壊」即ち、国債暴落→ハイパーインフレ→日本崩壊 に備えて、今から、一般日本国民は、何をしておくべきか?
というご趣旨と捉えて、私の考えを記述致します。

現状の日本は「日本官僚主義自民共和国」であって、自民党と官僚が一体となって「日本崩壊」へ突き進むと予測して以下の対策とします。

>一般人としての対策です。
(1) 基本的には、強烈な嵐を乗り越え得る健康な身体と精神を作っておくことが第一に大切。健康への投資を今考えておく。

(2) 次に財産を不動産と動産に分け、...続きを読む


人気Q&Aランキング