個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

不安になったことがあるので、よろしくお願いします。

OSはWin98、ブラウザはIE5.5SP2(現在は6.0SP1にしました)です。
ウイルスバスター2002(常に更新してます)のリアルタイム検索で、あるサイトから「VBS_REDLOF.A」を検出、駆除も隔離も失敗しました。
手動検索で駆除が成功したので、駆除する際に、ウイルスバスターが作ったバックアップファイルが隔離されてるので、それを削除しました。
ファイル名は
c:\WINDOWS\Temporary Interent Files\Content.IE5\YEOPXQ35\Page_top[1].htm
です。
本当に削除してしまって大丈夫だったんでしょうか?
Temporaryなので全然気にしてなかったのですが、削除していけないものもあると聞いてしまい、不安になっております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 トレンドマイクロ社(ウイルスバスターのリリース元)呼称が、「VBS_xxx」となっているウイルスは、マクロ型ウイルスです。


 マクロ型ウイルスは、HTML文書に埋め込みのVB Scriptなので、実行ファイル寄生型のウイルスのように元のファイルに取りつく訳ではありません。
 実行ファイル寄生型ウイルスではないので、当然駆除(寄生された実行ファイルからウイルスのコードを除去する作業)はできません。
 ウイルスバスターは、駆除ができないウイルスを発見した時も、「駆除に失敗」とメッセージを出しますが、その時点で問題のあるwebページの閲覧はブロックされているはずです。

 なお、C:\WINDOWS\Temporary Internet Files\以下のファイルは、IEがweb閲覧時に一時的に作成するファイルです。
 次に同じページを閲覧した時に、変更されていなければC:\WINDOWS\Temporary Internet Files\以下のファイルを読み出す事で閲覧を高速化したり、オフライン閲覧するために保存されているものです。
 従って、これを削除してしまっても、全く不都合は出ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなって申しわけありません。
詳しく説明してくださって、ありがとうございます!
かなり安心しました(^^)

お礼日時:2002/11/15 05:44

問題ありません。


VBS系のウイルスはプログラムなので、「駆除」ができないので、「失敗」と表示されますが、プログラムが走らないようにウイルスソフトがしているので実害はありません。
手動検索で駆除するのはもちろん問題ないのですが、そのまま放っておいても、ふつうに使用する分には特に悪影響はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなって申しわけありません。
ウイルスソフトが、ちゃんとブロックしてくれてたのですね。
良かったです~♪
ありがとうございました!

お礼日時:2002/11/15 05:35

問題ないです。

大丈夫です。

以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなって申しわけありません。
大丈夫なんですね。良かったです~(^^)

お礼日時:2002/11/15 05:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング