痔になりやすい生活習慣とは?

『シャワーを浴びる』

よく耳にする表現ですが、どちらの意味でしょうか?

(1)文字通り、シャワーを浴びるだけ

(2)身体、頭髪を洗剤で洗って最後に湯船に浸からずシャワーだけ

個人個人の意見で構いませんので、色々と意見を拝聴いたしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

学校や公共プールであれば


(1)のシャワー(水)を浴びるだけだと思いますが

「家でシャワー浴びてくる」というような話であれば
浴槽には入らないけど、髪や体を洗うという意味にとると思います

「(ライス)シャワーを浴びる」であれば水はかぶらないですね^^
    • good
    • 0

『温泉に入る』



よく耳にする表現ですが、質問者さんはどちらの意味だと思いますか?

(1)文字通り、温泉が入れられた湯船につかるだけ。

(2)身体、頭髪を洗剤で洗って最後に温泉が入れられた湯船につかる。

もちろん、マナーとしては、身体を(少なくとも局部くらいは)洗ってから湯船に入るべきです。

しかし、温泉によっては「洗い場も脱衣所も無く湯船しか無い露天温泉」や「泉質により、洗剤や石鹸の使用が禁止されている温泉」や「泉質により、洗剤や石鹸が泡立たずに使い物にならない温泉」もあります。

なにが言いたいかと言うと「もっと詳しい状況説明がなければ、どっちの意味なのか判らない」って事。

例えば「海水浴場の簡易シャワーで、シャワーを浴びる」なら(1)です。海水浴に石鹸やシャンプー持って来る人は居ません。但し「いつでもどこでもシャンプーを」みたいな病的に潔癖症の人の場合は(2)です。

例えば「起きたら寝汗で気持ち悪いが、寝坊して湯船に湯張りしてる時間が無いので、シャワーを浴びる」なら(2)です。但し「起きたら既に約束の時間を過ぎてる」みたいな酷い寝坊の場合は(1)です。

と言う訳で、回答は「どっちもあり」です。
    • good
    • 0

単に浴槽につからないだけで


どっちなのかは人によると思います。

個人的に(1)の場合は、
「汗を流してくる」
「軽くシャワー浴びてくる」
などと言う場合はあります。
    • good
    • 0

浴槽に入れるほどの時間的余裕がないなど。



洗う洗わないは別として、時間が短いときに行う又は使われる表現だと思う。
    • good
    • 1

状況による。


1の場合も有れば2の場合もある。
更に異性と戯れる時もある。
    • good
    • 0

私は2の方だと思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゆうちょ銀行のATMは土日祝だと預け入れできないの

でしょうか?
昨日(日曜日)夜6時ごろ県内で一番でかい郵便局のATMで預金しようとしたら、引き出しはできるのに預け入れボタンがありませんでした

Aベストアンサー

ゆうちょATMの預入は(最大で)、平日が7時~21時まで、土日祝は9時~17時までです。

※上記時間は最大です。 設置場所によって、曜日によって、稼動の可否と時間帯は変わります。



コンビニATMでも、ゆうちょキャッシュカードが使え(預入・引出)、手数料(105円~210円)は掛かりますが、こちらの方は時間帯が広めです。

※月曜・・・6:30~23:55、火曜~土曜・・・0:05~23:55、日祝・・・0:05~21:00

※セブンATM、イーネットATM、ローソンATM

※ローソンATMに関しては、地域によって、月曜の開始時間と、日祝の終了時間が、変わります。

Q白人はどうして黒人を差別するのでしょうか?

アメリカで黒人が白人に差別されたと
デモや暴動が起きているそうです。

どうして白人は黒人を差別するのでしょうか?

日本では、ボビーオロゴンやビリー隊長とか
大人気だし。野球でも黒人が大人気なのに
どうして差別されちゃうのでしょうか?

私にはどうしても分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人系アメリカ人とはその立ち位置は大きく違います。
 アメリカでの黒人差別は様々な要素が複合的に絡まりあって成立しています。差別の原因となっている要素を幾つか列挙してみます。

・歴史的経緯
かつて白人は黒人をアフリカ大陸から連れ出し(多くの場合、奴隷化したのは現地のアフリカ人達なのですがややこしくなるので割愛します)奴隷として過酷な労働条件で使役してきました。これを根源的な原因として加害者だった自分達白人を黒人は憎悪しているのではないかと考え、それ故に黒人との共存や黒人の社会進出を苦々しく思う白人は常に一定数存在します。

・社会階層的経緯
多くの黒人系アメリカ人は依然として貧困層であり充分な社会進出を行えていません。白人全体における犯罪経験者の割合と黒人のそれを比べるのであれば前者が明らかに高い数値を示すでしょう。その黒人は非文化的で危険であるというイメージが一部のメディアによって増幅され、それに強く感化されてしまう白人が人種差別に走り、さらにそれがイメージに輪をかけるといった悪循環がアメリカ社会には存在します。

・文化的経緯
同じかつての黒人奴隷を導入した国でも南米などでは人種の混合が進み、人種差別などそもそもどれを差別すれば良いのか解らない程複雑になっている国もあり、これらの国では当然人種差別は殆どありません。
 これとは違いアメリカでは人種・文化の混合が行われませんでした。原因については不勉強なのでなんともいえませんが(カルバン主義やアングロサクソンの島国根性が関わっているのかもしれません)、一部の白人にとって黒人が“同じアメリカ人”では無く“国内に居住するよそもの”的な存在になってしまった事は否めません。

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人...続きを読む


人気Q&Aランキング