海の表面ががあれているときその内部はどうなっているのでしょうか?=
あれている海の中にいる魚にとって嵐というのはどのくらいの災難になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 海の家の利用について。

A 回答 (3件)

波のあるとき、水の粒子は円運動を描いています。

これは、海に浮き輪があったときの、その浮き輪の動きを思い出していただければ良いと思います。浮き輪は波に押されて海岸まで流されることはなく、波(の山)がきたとき、上に持ち上げられつつ、少し海岸側へ移動します。波の山が超えたあとは、浮き輪は今度は下に落ちつつ沖のほうへ流れ、元の位置に戻ります。
つまり、海の表面がどんなに荒れていても、水の動き自体は、じつは波の高さと同じ位の直径の円を描くように動いているだけなのです。
海の表面から水中に行くにしたがって、たぶん摩擦かなんかのために、水の粒子が描く円の直径はどんどん小さくなるので、波の高さの何倍か水中に行くと、ほとんど動きがなくなります。
というわけで、浅い海では荒れた海は大災難ですが、少し深くなると、大した影響はありません。

この回答への補足

みなさんありがとうございました。
特にriv20さんの専門的ご指摘とても参考になります。
海があれても困っているのは
人間くらいなのかなと感じました。

補足日時:2001/02/14 14:58
    • good
    • 0

水深何メートルだったかは定かではありませんが、数mから10数mより深い所では風による影響(荒れ)は無いと言う話でした。

(全てではありません。太平洋上である特殊な状況では数10mを超える波が発生すると聞いています。その際はもっと深い所まで荒れていると想像します。)
ただし海岸に近づけば近づく程(水深が浅い程)影響が大きいと聞いています。
    • good
    • 0

専門家ではないので、詳しくはわかりませんが、海の底は静かというか、そんなにあれていないと聞いたことがあります。

もちろん、海面から海底までのふかさによって程度はちがうとおもいますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報