あまり日本酒には詳しくないので、変な質問ですみません。

越乃寒梅や田酒などは、入手しにくいと聞きます。
高島屋などの百貨店の催事でも、朝イチで売り切れてしまったり抽選でないと買えなかったりするのですが
近所のコンビニで越乃寒梅(五合瓶でした)が、そしてはり地元の小さな酒屋さんで田酒が売られていました。
コンビニでは〆張鶴(金や銀ではなく、月や雪ですが)も置いていました。
どれも異常に高いプレミア価格などではなく、二、三千円くらいです
元酒屋さんがコンビニになったので、それでかなとも思うんですが、
入手しにくいしにくいと言われているのに、こんなに簡単に手にはいってしまうとなると
失礼かとは思うのですが、なんとなく疑ってしまいます。
偽物、とは言わないまでも何か訳ありなのかな、と…

それとも手に入りにくい、と言われている方が嘘なんでしょうか。
ちょっと疑問に思ったので、流通や販売などについて詳しい方
教えていただければありがたいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

越乃寒梅でも「白ラベル」「別撰」「無垢」「特撰」「金無垢」「超特撰」「特醸」とランクがありますが、上に行くほどやはり入手は困難です。


多分コンビニに置いてあったのは「白ラベル」で、あっても「別撰」までではないでしょうか。
そのクラスまでなら私もよく見ます。
決して偽物ではありません。
田酒も「特別純米」あたりまでなら比較的入手は容易ではないかと思います。
銘柄でもランクによって入手困難かどうかが分かれます。
ちなみに日本酒で入手が困難といったら、最右翼は「十四代」や「黒龍石田屋」でしょう。次いで「而今」「龍神丸」「飛露喜」などが続きます。
それから比べれば、越乃寒梅や田酒ははるかに容易です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に回答をありがとうございます。
とても詳しく教えていただけて、勉強になります。
まだまだ知らないお酒がたくさんあって、色々飲んでみたいのですけれど
日本酒は種類が多く、しかも良いものはそれなりのお値段なので
なかなか経験値が増えません…。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/04/24 02:05

 越乃寒梅や田酒はメーカー名です。

車で言うとトヨタとか日産です。で、メーカーではいろいろな種類の商品を作っています。トヨタ車ならクラウンとかノアとかです。
 酒造メーカーは大衆商品から限定商品までつくっています。大衆商品の場合、他の酒蔵さんに外注して大量に販売(流通)しています。一方、限定品は500本限定とか1,000本とかって限られた数しか販売(流通)されません。ちなみにお酒はタンクで醸造されるのでタンクの数で本数が決まります。
 まぁ個人的には越乃寒梅や田酒自体あまり珍しいと思いませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に回答をありがとうございます。
とてもわかりやすい例えで教えていただけて、助かりました。
飲んでみて美味しいと思えるお酒は日本酒だというだけで
全然よく知らないものですから、ずっと不思議だったのです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/04/24 02:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q越乃寒梅について

お店で越乃寒梅の「別撰」と、「特別本醸造」とを見つけたのですが、
この2つはどう違うのですか?
値段の目安とかも教えてもらえるとありがたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えー・・個人的な日本酒研究家です

ご存知、酒の基本は純米酒ですが、純米酒は米や麹の臭みや残る事があり、微量の(大量だと清酒と名前がかわる)醸造用アルコールを添加します。

このパーセンテージの中で、精米歩合が70%以下の原料米に醸造用アルコール添加をしたもの(通常白米の重量の10%以内)を「本醸造」といい、更に精米歩合が60%以下の物を「特別本醸造」といいます。

この特本は精米歩合から吟醸酒と同じですが「吟醸」の表記を使わないケースとしては造りが違う事と、吟醸用の酵母を使用していないことにあります。

いわゆる、清酒といわれるものの多くは(違うものも多いです)通常アルコール添加が6割以上と本来の酒の味は消えてしまいます。

また、「純米酒」も精米歩合が70%以下という事が規定されているだけで、造りや酵母まで言及してません:かなりラフですので
ですから、「純米酒」といってもすべてがおいしいというわけではありませんのでご注意を。

そこで、御質問の内容です
私の手持ちの資料によりますと、
「別撰」は全て特別本醸造になっています。
もしかしたら、「特撰」ではないでしょうか?
これは、「吟醸酒」です。

好き好きですが、個人的には「吟醸」のほうをお勧めします。
吟醸特有のあの香りを出来れば楽しんで下さい。
多分(一般的に)本醸造は多少辛みがありあすので・・・


余談ですが、ついでですので「生」について一言

通常搾りから出荷までに2回の火入れ(酵素の働きを止めて腐敗防止の効果を高めるなどの作業)を行ないますが、この作業を省略したものを「生」といいます。
種類は以下の通り
生貯蔵酒:搾り →貯蔵→火入れ→ビンつめ
生詰酒 :搾り →火入れ →貯蔵 →ビンつめ
生生 :搾り → 貯蔵 → ビンつめ

*日本酒は本来熟成の過程が旨さを引き出すので、ビールとは異なり「生」だからといってかならずしも旨いわけではない事を承知下さい。

日本酒はかなり、原料の米に対して過酷な精米をします。
そういう意味で酒は芸術品である・・と思ってます。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/2015/sake/azumino.htm#syurui

えー・・個人的な日本酒研究家です

ご存知、酒の基本は純米酒ですが、純米酒は米や麹の臭みや残る事があり、微量の(大量だと清酒と名前がかわる)醸造用アルコールを添加します。

このパーセンテージの中で、精米歩合が70%以下の原料米に醸造用アルコール添加をしたもの(通常白米の重量の10%以内)を「本醸造」といい、更に精米歩合が60%以下の物を「特別本醸造」といいます。

この特本は精米歩合から吟醸酒と同じですが「吟醸」の表記を使わないケースとしては造りが違う事と、吟醸用の酵母を...続きを読む

Q田酒「特別純米」の味がイマイチ

田酒「特別純米」(一升瓶2700円位で購入)の味について質問です。
12月に酒屋さんのネットで購入、「H24年7月25日」のラベルでした。

夏超えての販売に正直戸惑いましたが入手困難ですし贅沢よね、なんて思いつつ・・・

北台所で管理(光は密閉ダンボールにて遮断)3月に入り室温が20℃に近く上がってきたため開封しました。

開封した時、臭いというか後味がひどいんです。美味しい後の後味の悪さ
美味しさとは正反対のお味しかしません。
苦味でなく、科学物質的な感じ、紹興酒?古酒ってこと?それに近いものかもしれません。

2日目はセメダインのような臭いがしました。味は昨日と同じです。
それとも管理の問題なのでしょうか。たまたまの偶然だと思いたいです。

世間の皆様には美味しいのでしょうか??
田酒「特別純米」の味は個性的なのでしょうか?
素朴な味だと思っていたのですが。

ある方の意見では、「ラベルのH24年7月25日は、発売日、もしくは蔵出し日ではないでしょうか。
質問者が書いている特長は明らかに古酒のもので、23BYより以前のものだと思います。」

まさか、23BY以前を購入したかも、なんて思いもしなかったので。

安心して購入したです。
販売店への確認の仕方とか、よいアドバイスがあれば教えて下さい。
お願いします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


田酒「特別純米」を呑んだ事がある方限定での書き込み回答でお願いします。

画像添付しています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

田酒「特別純米」(一升瓶2700円位で購入)の味について質問です。
12月に酒屋さんのネットで購入、「H24年7月25日」のラベルでした。

夏超えての販売に正直戸惑いましたが入手困難ですし贅沢よね、なんて思いつつ・・・

北台所で管理(光は密閉ダンボールにて遮断)3月に入り室温が20℃に近く上がってきたため開封しました。

開封した時、臭いというか後味がひどいんです。美味しい後の後味の悪さ
美味しさとは正反対のお味しかしません。
苦味でなく、科学物質的な感じ、紹興酒?古酒ってこと?...続きを読む

Aベストアンサー

田酒の特別純米ですね、飲んだことがあります。
仰っているような味はまずしないはずです。
多分、管理の問題だと思います。
ご存知のように日本酒はデリケートなものですから、冷蔵が出来るリーチで出来れば光をさえぎった状態で保管するのがいいのですが、もしかしたら販売店側で正しい保管をしてこなかったのかも知れません。
そもそも田酒は人気があって入荷したらすぐに売れるもので、しかも夏を越すまで持っていたいとは思わないものです。
それが5ヶ月も店に置いてあるというのは「出し惜しみ」していて、多少保管に難があってもブランドで売れると見込んでいたいのかも知れません。
ネットですから、確認のしようがありませんね。
もう一度どこかで購入されて、味を確かめるしかなさそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報