近年、ライトノベルが市民権を得てきましたが、なんだか納得がいきません。

一度、友人からライトノベルを一冊借りてよんでみたのですが、内容の軽さに驚きました。
こんなものを読むなら純文学や何らかの専門書のほうがよっぽど自分のためになると思うのです。
ライトノベルはシリーズものが多くそれを読み通せるくらいなら、ある程度難しい本でもたやすく読破できると思います。

ライトノベルを読むメリットはあるのでしょうか?
いっそのことライトノベルは「自分を高めるもの」というよりも「ただ楽しむもの」と考えたほうがいいのでしょうか?
また、ライトノベル=オタクの読み物 という考え方は間違っていますか?

散々ライトノベルをバカにしておいて、自分が幼稚な質問をしているのは承知の上です。
ご回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (30件中1~10件)

難しい本を読むのだけが読書ではないですよ。

ライトノベルを読んでみてあなたには合わないと思われたなら、特にそれ以上考えることもないでしょう。ただそういった軽い内容の本を好む人もいるというだけです。私はライトノベルは漫画が小説になったような物として捉えています。その気軽さがライトノベルのウリでしょう。

ライトノベル=オタクの読み物については、判断は難しいですね。
ライトノベルの定義は曖昧ですし、完全にオタク向けのもあればそうでないのもありますから。でもどちらかといえば、やはりオタク向けでしょう。
    • good
    • 0

ライトノベルつまんない作品が多いですね。


中には読ませるなというものもあるにはあるんですが、まあ絶対的に少ないです。

>>ライトノベルを読むメリットはあるのでしょうか?
ないということはないでしょう。気楽に読める読みものがあったって良いと思います。気楽、なのがメリットかも。
重い話もあるますが。

>>また、ライトノベル=オタクの読み物 という考え方は間違っていますか?
断言はできませんが読者層が中高生以外つまりいい大人が読むこともあるのでオタク向けではないかと。
萌えを意識した作品なんかはほぼオタクのために存在すると言っても過言じゃありますまい。

私は何冊読んでも「面白い」作品にめぐりあっていないのでちょっとライトノベルは厳しいです。
純文学も中にはラノベか? 聞きたくなるものもたまにありますね。
本当は読書って好き嫌い無く雑食状態が楽しいのではとも思うのです。
    • good
    • 0

あなたの発言は正直、自分優位で


「自分の認めない物=低脳」
という考えにも感じます。

『教えて欲しい』と思っているのでしたら
言葉を選んだり、お礼を送るなり謙虚な姿勢を見せるべきです。
じゃないと回答することが馬鹿らしく感じてしまうからです。

あえてひとつだけお勧めのラノベを教えます。
「キノの旅 -the world-」
(時雨沢恵一 電撃文庫 メディアワークス刊)

1~7巻しか読んでいませんがこれでも作品の内容は
ほぼ全て網羅していると言っていいです。

ライトノベル=オタクの読み物 >
昔は私も読んでいましたが、正直そういうものが多かったですね。
    • good
    • 0

東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生―動物化するポストモダン2』(講談社[講談社現代新書]、2007年)



を読むことをお勧めします。
気鋭の哲学者がラノベについて論じていますよ。
まあ、少しはラノベに対する視方が変わるのでは?

ラノベにクズが多いのは認めざるをえないのですが、クズを好き好んで読む連中がいたっていいと思うのです。
僕は読まないですけど…
    • good
    • 0

 誠に恐縮ですがみなさんしっかりと回答されてますから一言二言でもお礼、


もしくは反論でも構いませんから返信されたらいかがでしょうか。

 本題ですが、質問者様はメリットデメリットだけで行動するのでしょうか?
専門書等は自分のためになる とおっしゃいますが結果はかわらないと思います。

例1:専門書を読む→専門書の知識、またはその専門書を読んで取った資格が会社等で役立つ→昇進する→給金が上がり幸せになる

例2:ライトノベルを読む→そこに娯楽を見つけ幸せになれる

非常に単純かつ短絡な例ですが、一般論として最終的に娯楽を求めて働いたり学んだりするんだと思います。
娯楽を見つけるための手段に学んだり働いたりしている方もいますし、働くことや学ぶことに娯楽を見つける方もいます。おそらく前者が圧倒的ですが…。
 他の回答者様が書いてらっしゃるように、
娯楽の形は人それぞれ。純文学も専門書も自分を高めた上でなにをするか、という手段に過ぎないと思います。もちろんそれすらを娯楽に感じる人もいます。
ライトノベルから何かを学ぶ人も娯楽を感じる人もいるかと思います。

色々と横道にそれましたがライトノベル、専門書、純文学、道端に落ちている小石全てひっくるめてどんな事象からでも学んだり、娯楽を見つけたりすることはあると思います。
純文学から何を学べるか、どこに娯楽を見出せるか、ライトノベルから何を学べるか、そしてどこに娯楽を見出せるかはその人次第だと思います。
    • good
    • 0

少々勘違いされてませんか?


ライトノベルは基本的に読みやすさを主体にしています。
いわば活字離れした現状から読者層を増やす役目です。
必ずしも自分を高めるものではないかもしれませんが、
読んで楽しいからまた読もうという読者が増えればいいのです。
読み続けるうちに、純文学とか専門書も読んでみようとなれば
ある意味、自分を高めることにもなるでしょう。

逆にいきなり純文学や専門書を読めといわれても
「なにいってるかわからない」で放り投げる人の方が多いと思いますよ。
あなたがライトノベルの内容が軽いと感じるのはかまいません。
あなたが純文学を楽しく読めるレベルなだけでしょうから

私個人としては、浅く広く知識(多少オタク傾向は強いですが)を得ることも出来る
楽しい書物だと思っています。
    • good
    • 1

タイトルを否定するには、その本1冊を読めば事足ります。


ですがラノベその物を否定するには全てのラノベに分類される本を読まねばなりません。

そもそもラノベの定義をちゃんと説明できますか?

ラノベに多いのは楽しいお話です。
読んでいるだけで楽しい。
ぶっちゃけ文庫本の殆どがこれに該当すると思いますよ。
まさか推理小説読んで殺人の手腕を磨こう何て考える人は居ないでしょう。
SF小説を読んで数百年後に訪れるかもしれない生活に備える人も居ないでしょう。
恋愛小説読んでもそれ通りに事が運ばれるわけも無いです。
中には真理を説くものもあるかもしれないですが、一部ですって。

ですが、これら全ての小説にはメリットが存在します。
自分を高める事もちゃんと出来ます。
大切なのは小説を読んで自分を高めようとする事ですよ。
それはどんなジャンルでも出来る事なんです。
それが見えてないだけだと思いますよ。

見た小説は駄作だったのかもしれません。
ではどうして駄作だったのか?
プロットの問題? 進め方の問題? 或いは、もっと他の理由?
逆にこの演出は良かったと思うって言うところetcetc...

私は物書きですから、こういう情報はとても大切なんです。
昔からこういうことばっかりしてたおかげで学校の現代文の成績は良いですし。

結局プラスになるかマイナスになるかは読み手次第。
質問者さんが自分からプラスにしてないだけなんです。
    • good
    • 0

ライトノベルって、単純に読書のきっかけ本みたいな感じに思っています。



私自身、今は普通(?)の小説(挿絵のないもの)を読みますが、
もともとティーンズハートとかイラスト入りの小説を読んでいて
そこからものたりなくなり、小説(挿絵のないもの)を
読むようになりました。
現在は、もう、小説(挿絵のないもの)ばっかり。。

ライトノベルにかぎらず、内容の軽い本はたくさんあると思います。
でも、全く本を読まない人も、「本を読むきっかけ」にするには
いいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

ライトノベルの本質は混沌です。


秩序なんて最初からあってないようなものですから、純文学を好む人にはそこが受けないのは当然です。
そもそも質問の前提として専門書の方がライトノベルより自分のためになるというのは明らかに間違っています。サッカー場で野球をするくらい間違ってます。学ぶために読む専門書と、暇つぶし・楽しむために読むライトノベルとではまったく別物でしょう。

そもそも小説においてどれが面白いかという議論はともかくライトノベルだからダメだ、純文学だから面白くないという議論は不毛です。客層がオタク向けだからと言ってライトノベルが下等に見られるのは明らかに間違っているでしょう。そもそもSFにしてもファンタジーにしても推理小説にしてもその黎明期は下等だと言われ続けているんです。そしてライトノベルは未開発の若い分野であり、その自由さから未だ形も決まっていない赤ん坊のようなものと言っても差し支えないでしょう。今後の発展と成長を見守るのが読書屋としての義務ではないでしょうか。

つまり長々と書きましたが小難しいことを考えて本を読んだところで面白くもなんともないでしょう、ということが言いたいんです。メリットやデメリットだけで考えたって人生面白くなるわけじゃないでしょう。
あなたもライトノベルを自分で選んで読んでみたらどうでしょうか。
    • good
    • 0

>いっそのことライトノベルは「自分を高めるもの」というよりも「ただ楽しむもの」と考えたほうがいいのでしょうか?


ええ、あなたの言うとおり基本的にライトノベルは楽しむ為に読まれるものです。
系譜としては洋書のペーパーバックらと同じ廉価書籍のうちの娯楽小説部門の派生と青少年向けの文庫書籍部門の派生が合流したものがライトノベルとなるかと思います。
つまり、読まれる立場の側に好まれる文章である必要があり、メインターゲットが中高生(作者も編集部も、読者もこれは共通認識にしているはずです。)で、娯楽の為に供される小説物語類がライトノベルと認識してもらえると大きな枠でならば間違ってないかなと思います。
(まぁ、ライトノベルの範疇論はライトノベル界隈の論者で喧々諤々をやっている分野なんで立ち入りませんが)

故にメリットがあるのかないのかが問題ではなく、好きだから読むし、嫌いだから読まない、ただそれだけの話で、メインターゲット読者を楽しませる為にどのような方法(興味を催す意味で楽しいや、滑稽だから楽しい)でも良いのです。

とりあえずこの部分にのみ答えておきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大人が読んでも面白いライトノベル

大人が読んでも面白いライトノベルを教えてください。
キャラ萌えに頼らない、下調べが綿密にされている、設定に工夫がある、
自家中毒に陥ってない作品が好きです。
読んだ後元気になれるような作品も好きです。
わくわくできる、勢いのある作品も大好きです。

実はライトノベルは苦手意識があります。
若い頃、宇宙戦争とか、100冊位続いている作品とか、
戦国武将の話とか、龍に変身する兄弟の話、中華風ファンタジーなどが、
人気あって、私も読んだものの、キャラクターにいれ込む方でもなく、
燃え上がる愛憎だの、耽美な世界だのも、興味がなかったため、
一緒に盛り上がれず寂しく思ってました。
(それぞれ、勢いがあり、作者の思い入れや、下調べがしっかりされていることは
 すごく感じましたし、人気なのは納得なのですが、
 それだけに、盛り上がれなくて悲しかったのです。)

最近だと、大人気らしいと知って買ったハルヒは、
明らかに、私が知っている日本語ではなかったので、
新鮮でしたが、作品が醸し出す独特な匂いのようなものが、どうも苦手でした。
(それだけ個性があるということなので、人気を否定するつもりは全くありません。)

でも、舞城王太郎さんはライトノベル出身と知らず、楽しく読みました。
桜庭一樹さんは、読書日記(?)を楽しく拝見しています。

あと、こちらで狼と香辛料(だったかな?)は
良くある旅物語なので、話の展開は大体読めちゃうのだけど、
中世の行商人という設定に工夫があって、新鮮でした。

また、ライトノベルっぽい作品にも好きなものは沢山あります。
ハルチカシリーズとか、一瞬の風になれとか。部活系青春物は大好物です。

せっかくだから、苦手意識を克服して、もっと沢山の素敵な作品に出会えたらと思ってます。
そこで、「ライトノベルって何かとっつきにくいなあ」と食わず嫌いしてしまっている、
大人にもお薦めなライトノベルを教えてください。
学園物でもファンタジーでもSFでも何でもOKです。

大人が読んでも面白いライトノベルを教えてください。
キャラ萌えに頼らない、下調べが綿密にされている、設定に工夫がある、
自家中毒に陥ってない作品が好きです。
読んだ後元気になれるような作品も好きです。
わくわくできる、勢いのある作品も大好きです。

実はライトノベルは苦手意識があります。
若い頃、宇宙戦争とか、100冊位続いている作品とか、
戦国武将の話とか、龍に変身する兄弟の話、中華風ファンタジーなどが、
人気あって、私も読んだものの、キャラクターにいれ込む方でもなく、
燃え上が...続きを読む

Aベストアンサー

NO.4です。

今勤務している中学校の生徒が借りている本は残念なモノが多いので、あまり参考にならないかな~と思います(笑)
西尾さんをPUSHしてくれたのはグッジョブですけど。

私の得意分野はYAとか青春小説です。生徒にも紹介してますがなかなか借りてもらえません。面白いのに・・・。
そんなYA(児童書)のおすすめは
天野頌子『陰陽屋へようこそ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4591122379.html

魚住直子『園芸少年』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062156644.html

ラウラ・ガジェゴ・ガルシア『漂泊の王の伝説』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4035404802.html

Q幻狼ファンタジアノベルは基本的にライトノベルだと思いますが、一般層にも

幻狼ファンタジアノベルは基本的にライトノベルだと思いますが、一般層にもクロスオーバーしているのでしょうか? しているとすれば刊行されている中でも一番一般層向けの作品を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「扇舞う」(駒崎優)は、一般向け時代ものかなと思います。とても面白かったです。

Qオススメの小説(ライトノベル含む)を教えてください。

タイトルの通りなのですが、皆さんのオススメの小説を教えてください。

ジャンルは問いませんが、通学電車内で読もうと思っているので文庫本が出ているものでお願いします。

Aベストアンサー

年やら性別やらぜんぜんわからないのでなんともいいにくいのですが…
通学ってことは学生さんですかね.
『十二国記』はどうでしょう.
講談社文庫(確か)は男でも買える装丁です.

ライトノベルならフルメタルパニックかな?
有名すぎますかね.

Qライトノベルのジャンルで時代小説を扱ったものを教えてください

ライトノベルのジャンルで時代小説を扱ったものを教えてください。

なるべく面白いものをお願いします!

Aベストアンサー

 コバルト文庫でもよろしいでしょうか?

 倉本由布さんの作品は、いかがですか?鎌倉時代から安土桃山時代ぐらいを舞台にした作品を多数書かれています。「夢紀行」シリーズ(いくつもの時代を書いています)や、「花くれない草紙-摩阿姫恋奇譚-」(前田利家の娘が主人公です)、「夢鏡(ゆめのすがたみ) 義高と大姫のものがたり」「雪の系譜 竹御所・鞠子」「鎌倉盛衰記」「千の夢を見る 義経転生幻想記」「華焔 義経の妻」といった、作品は鎌倉時代が舞台です。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

Qライトノベルについて

今、ライトノベルにはまっています。
といっても、読んだことがあるラノベは、
・狼と香辛料
・キノの旅
・学園キノ
・アリソン
・リリアとトレイズ
・メグとセロン
くらいです。
作風がこのような感じの、おすすめのラノベを教えていただけませんか?

Aベストアンサー

こんばんは

この辺りを薦めようかな。

ホーンテッド!/平坂読著


MF文庫Jから刊行された全4巻の作品。
亡くなった人の中にはゴーストという肉体を持たずとも実体化できる存在になるという世界。
そのため、ゴーストになりたがる過激な宗教団体がテロを行い、建築物に護符を貼り付けて、ゴーストの侵入を避ける手立てをしている。
主人公の久遠悠紀は、ただ一点を除いて、ごく普通の高校生である。ただ一点とは、自分が女であることを隠し、男として生活していることだ。
そんなある日、幼馴染の白咲深春に学校の屋上で告白され、悠紀は返事を保留する。
告白の後、深春は学校から帰る途中、暴走したトラックに撥ねられ、亡くなってしまう。
そこへ駆けつけた悠紀は、血溜まりの中にあった深春の亡骸に縋りついて、「好きだ」と救援することを忘れ、絶叫していた。
その願いが叶ったかのように、悠紀の前にゴーストとなった深春の姿が現れ、共に生活していくことになる。
こうして、周りを巻き込んだり、巻き込まれたり、ゴーストを殺しても罪にはならないから殺してしまえと主張する人間と対峙したり、悲観的な考えを持つ少女との出会いがあったりと、主人公の視点から描いたパラレルワールドストーリー。


かのこん/西野かつみ


こちらもMF文庫Jの作品で、現在15巻まで刊行されました。
人間だけでなく妖怪までもが通う学校「薫風高校」
この学校には、知られてはならない秘密として、妖怪がこの学校に通っていることが存在する。
その上、この学校に通っている妖怪は、何らかの理由で人間社会に溶け込めない、もしくは人間社会で大問題を起こした人間における落ちこぼれの存在で、人間社会で問題を起こさず、溶け込めるよう再教育されなければならない。
この学校教育でも改善が見込めない妖怪は、妖怪刑務所へ送り込まれるという。
そんな高校に、田舎から転校してきた人間、小山田耕太が主人公の物語である。
彼が転校初日にある人物に呼び出され、告白を受けた。
ある人物とは、400年以上生きてきた狐の妖怪で、学校一の美少女と言われる源ちづる。
彼女からの告白された時、彼は彼女が妖狐であるという秘密を知ってしまう。
その日から、妖狐と人間の交際が始まり、様々な出来事に巻き込まれていく。
アニメ化の際に、「こどものじかん」の内容をはるかに超えて、放送不能にまで陥れた過激な内容が話題になり、関係者が放送不能を謝罪する事態になったそうだ。
ちなみに、「こどものじかん」では、オリジナルそのままでは放送できず、放送できない個所を「の」の字を回す絵や、鳥の鳴き声や、車の警笛音などの環境音を被せて放送したそうだ。
というわけで、アニメ版はお薦めできないけど、小説だけなら大丈夫かな?
アニメのホームページ http://www.kanokon.com/index-n.html


渚フォルテッシモ/城崎火也


こちらもMF文庫Jで、全5巻の作品。
主人公の山ノ上大地は、UMA好きという変わった趣味の持ち主の高校生。
変な生物がいるという噂を聞きつけた彼は、深夜の高校に忍びこんでいた。
ある教室を覘いてみると、全裸でびしょぬれになってた麻生渚の姿があった。
その時、彼は慌てて逃げ出すが、翌日彼女に、呼び出されて、彼女の秘密を知る。
それは、彼女が普段、猫をかぶっていて、本当は怪力の暴力女であること、人魚と人間のハーフであると告げられたのである。
あの時、彼女は魔の海からやってくる怪物を密かに退治していたのである。
この街には、魔の海に繋がっているという伝説があり、海の怪物に纏わる話が多いのである。
彼女のもう一つの顔が、正体公表NGの謎の人気歌手としての顔も存在する。
そして、クラスメイトの多彩な顔触れもあり、主人公とヒロインとのどのような物語が紡がれていくのか、気になるところです。


神様のメモ帳/杉井光


電撃文庫から7巻まで刊行されている作品。
東京都心部を舞台に、ごく普通の高校生が見た目が小学生のような探偵や、ラーメン屋の女主人、そこへ集まるニートなどと出会って、色々な事件に巻き込まれていくことで、自身の成長を描いていった物語。
主人公は探偵との関わっていく内に、彼女の方から恋を抱くもその性格ゆえに、付き返されてしまうこともある。
彼女はコンピューターに長けているので、それを駆使して情報を引き出したり、最後には亡くなった者、いなくなった者の代弁者として、喪服を模して黒い服を着て外に出ることもある。
さて、アニメ化されて、2011年7月から放送されているそうだけど、実際にどのようになっているのでしょうね。
アニメのホームページ http://www.kamimemo.com/


質問者様の好みに合うか分からないのですが、よろしかったら参考までにどうぞ。
あらすじもたっぷりと載せちゃったけど、もしかしたら、勘違いも混じっているかも……。

こんばんは

この辺りを薦めようかな。

ホーンテッド!/平坂読著


MF文庫Jから刊行された全4巻の作品。
亡くなった人の中にはゴーストという肉体を持たずとも実体化できる存在になるという世界。
そのため、ゴーストになりたがる過激な宗教団体がテロを行い、建築物に護符を貼り付けて、ゴーストの侵入を避ける手立てをしている。
主人公の久遠悠紀は、ただ一点を除いて、ごく普通の高校生である。ただ一点とは、自分が女であることを隠し、男として生活していることだ。
そんなある日、幼馴染の白咲深春に学校の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報