今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

會社で受けた健康診斷で、貧血と判斷されました。

私は男性です。確かに男性の基準範圍では範圍を下回っているの(範圍外)ですが、女性の基準範圍では範圍内です。
ここで疑問に思うのですが、なぜ男性と女性では基準範圍が異なるのでしょうか。
極端に言うと、女性は貧血の症状が現れないのに、男性には現れるということでしょうか。
男性で貧血なら女性で貧血だろうし、その逆も言えるだろうという氣がしてしまいます。
(人の體のことですから、そんなに數字どおりにはならないでしょうけれど。)
それとも、女性は血が薄くないと流れにくいということでしょうか。

例えば、赤血球數は、
私は412(×10の4乘)ですが、男性の基準範圍は427~570、女性の基準範圍は376~500です。
そうしたら、兩方を合わせた 376~570が基準範圍になっていないのはなぜでしょうか。

結局、基準範圍というのは、多くの人がその範圍に入るというだけのことで、健康・不健康の基準にはならないということでしょうか。

私の場合赤血球數のほかに、白血球數・ヘモグロビン・ヘマトクリットで、同樣に男性の範圍は下回っていますが女性の範圍にはおさまっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

参照URLによりますと、


やはり女性には月経があるというのが大きな理由のようです。
また妊娠中も血液が薄くなるそうです。

男性はケガとかでもないかぎり出血しませんが
女性は基本的に毎月出血するので・・・

これは、URL読んで思ったことなのですが
赤血球数412の女性も貧血なのかもしれないけど、
貧血の原因がわかってるので心配は要らない
ていうことなのではないでしょうか。

参考URL:http://www1.neweb.ne.jp/wa/opharm/PharmAssist/K1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>赤血球数412の女性も貧血なのかもしれないけど、
>貧血の原因がわかってるので心配は要らない

ここまでの回答の中では、これが最も納得できます。

お礼日時:2002/11/09 04:48

#5の回答で一部誤解される記述がありましたので訂正します。


>性ホルモンなどを除いて、基準値の男女差は簡単に言えば体格の差からきています。
kmu_0031さんはどちらかと言えば小柄な方でしょうか?

→「基準値に男女差のある検査は、男女の筋肉量・脂肪量など体格からきている要因、ホルモン代謝の相違による要因等があります。」に訂正します。

kmu_0031さんが問題とされている貧血に関する検査の男女差は、他の方も書かれているように、女性では毎月生理による出血があることが大きな要因です。
閉経した年齢では、男女差はなくなってきます。

赤血球系の検査値は、男女差だけでなく、比較的個体差が大きく変動しやすい検査です。
食生活・生活環境・身体活動などにより変動します。
kmu_0031さんの低値の原因は、そのような要因があるのかもしれません。体格だけで言えることではなかったでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>kmu_0031さんが問題とされている貧血に関する検査の男女差は、他の方も書かれているように、女性では毎月生理による出血があることが大きな要因です。
>閉経した年齢では、男女差はなくなってきます。

わかりました。私の疑問についてはこれで間違いなさそうですね。

お礼日時:2002/11/09 04:57

基準値というのは目安でしかありません。


おっしゃるように、「多くの人がその範囲に入るというだけのことで、健康・不健康の基準には”必ずしも”なりません」

基準値をどのように算出するかというと、多数の健康人を被験者に選び検査したデータから求めた平均値±2SD(標準偏差)を基準値としています。
(ややこしくなるので省きますが、腫瘍マーカーなどは別の計算になります)
データを分布曲線で表すと、左右対称の山型になり、一番分布の多い山のトップが平均値、そこから左右に二標準偏差というのは、全体の95%にあたります。
健康人の95%を基準値としていることになります。
左右の低く外れた2.5%と高く外れた2.5%、合計5%は基準値を外れていると計算上はなってしまうのです。
つまり健康人として選んだうちの5%は基準値を外れるということです。

検査データには個人差があります。
常に基準値の高めで安定している人、低めで安定している人など人それぞれです。
高め安定な人が、急に低いデータが出たらたとえそれが基準値内だとしても異常といえるかもしれません。

kmu_0031さんが、男性の基準では赤血球数が少なかったとしても、イコール貧血とは必ずしもなりません。
常に低めで安定していて自覚症状がなければ、治療が必要な貧血とは言えないかもしれません。
他の検査データを総合して診断されますので。

性ホルモンなどを除いて、基準値の男女差は簡単に言えば体格の差からきています。
kmu_0031さんはどちらかと言えば小柄な方でしょうか?

また基準値は病院や検査会社など施設によって異なります。
これは、測定方法・測定機器・検査試薬などが違うからです。
    • good
    • 0

最初に余談から、


このメール もしかして国外の中国とかで 出してますか??
漢字が、日本の字では無いのが多いので
それか、中国語用の 辞書ソフトかな??

それでは  本題です。血液の比重も女性の方が軽めです。
生理とか有るので、血が薄いのでしょうね。?
赤血球の数や、 ヘモグロビンやヘマクリットでも違いが有ります。

それでは 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>生理とか有るので、血が薄いのでしょうね。?

No.3の回答に近いようですね。

お礼日時:2002/11/09 04:51

 女性の方は生理があるために、そのときには数値が下がることがあるため


男女で基準範囲に差を持たせてあるのではないかと思います。
 ただ、血液検査などの正常値の範囲は、検査機関によっても異なりますので、ご質問の内容の程度の差でしたら、他の検査機関では正常と判断されるかもしれません。
 No1の方が、男性の方が血液を多く必要としているとおっしゃっていますが、私はむしろ反対ではないかと思います。
 数年前、母が大手術を受ける際、なるべく多くの方に血液を提供してもらうようにいわれたのですが、その際にも、「なるべく男性の方に提供していただくように」という、主治医の先生からの指示がありました。

この回答への補足

>女性の方は生理があるために、そのときには数値が下がることがあるため

なるほど、そういうことですか。納得できます。

>No1の方が、男性の方が血液を多く必要としているとおっしゃっていますが、私はむしろ反対ではないかと思います。
> 数年前、母が大手術を受ける際、なるべく多くの方に血液を提供してもらうようにいわれたのですが、その際にも、「なるべく男性の方に提供していただくように」という、主治医の先生からの指示がありました。

「【同じ量】を提供する場合に、女性よりも男性のほうがカラダにかかる負擔が少ない」
という意味でしょうか。

補足日時:2002/11/09 04:37
    • good
    • 0

男と女では体の仕組みが違うということでしょう。


例えば、大量出血した時、女性は5割、男性は4割(数値は正しくないかも)を失う死にます。1割のさで生死を分けるわけですから、基準範囲の
違いのも合致しませんか?

このことからも、男は多くの血液を必要としていることがわかりますよね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>女性は5割、男性は4割(数値は正しくないかも)を失う死にます。

女性と男性とで違うんですか。初めて聞きました。
なるほど、そうすると、男性のほうが血液が多く必要だということになりますね。

お礼日時:2002/11/09 04:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非動化の目的を教えて下さい。

非動化の目的を教えて下さい。

あまりしっかり把握できていないので詳しく教えて下さい。
血清などを”非動化する目的”は何でしょうか。

もうひとつ、非動化と言わず”不活化”という場合もありますが
この2つは同じ意味でしょうか。


初歩的な質問ですみません。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

非「働」化ですね。inactivationの訳語ですので、不活化、不活性化でもいいはずですが、なぜか特定の場面に限り不働化という用語があります。

血清に含まれる補体群を、他の成分(成長因子、免疫グロブリンなど)を失活させないように56℃程度の温和な熱処理によって、不活性化することです。補体は細胞障害性などの生理活性があるので、それを排除したいときに行います(たとえば細胞培養に使うときなど。それでも最近は、可能であれば(とくに影響がないかぎり)非働化処理はしないほうがいいという記述も多い)。


人気Q&Aランキング